苔花堂書店・ひっそり日記

1月14日(月)
一日店。「マリ・クレール」バックナンバーアップロード終了。それにしても、この頃の「マリ・クレール」まさにゴージャスな文芸誌、という風である。お昼、夫と散歩がてら近所のモスバーガーでお昼。モスバーガー久しぶりに行く。モスバーガーに行くと、他のハンバーガー屋さんよりも少々豪華な気分になる。
1月13日(日)
一日店。「マリ・クレール」バックナンバーアップロード作業。昨年暮れに、遅まきながら買った矢野顕子のCD「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」(ヤマハミュージックコミュニケーション)をエンドレスで聞きながら仕事をする。「デイ・ドリーム・ビリーバー」が、連れ合いを亡くした人の唄に聞こえて泣けてくる。「セラピー」も初めて聞く曲だが泣けてくる。歳取ったんだなぁ。忌野清志郎と二人で唄っている「ひとつだけ」も入っていて「忌野清志郎も、もう居ないんだよなぁ」と改めて思う。
いけばな作品・松、梅お正月の花を活け替えてみる。松、梅。梅が咲いた!
いけばな作品・野ばらの実、椿、コブシこちらもスッキリと。野ばらの実、椿、コブシ
1月12日(土)
学生時代の友人と、府中で待ち合わせ、お昼ご飯を食べ、大國魂神社を参拝し、お茶をする。友人の内一人が歴史系の国文(?)研究者なのでいろいろ説明してくれて有難い。そして夕方、本日のメインイベント「早稲田吹奏楽団」の定期演奏会を聞く。いけばな友だちの息子さんが楽団に入っていてチケットをいただいていた。吹奏楽の演奏会を聞きに行くなんて初めてなので少々ドキドキする。三部構成で、やはり第三部が一番好かった。言葉が適切かどうかわからないが「滑舌が好くなっていく」という感じでしょうか。スペシャルゲストの東京佼成ウィンドオーケストラのパーカッション奏者秋田孝訓氏のアンコールでのドラムが無茶苦茶かっこよかった。開演は4時半だったが終演は8時近くになっていた。時間を感じさせない楽しいひとときでした。私自身は、こういう真面目に練習する団体というのに所属した事がないので、それだけでもすごいなぁと思っている。

配られたパンフのアンケートなど書いて、どこに出すんだとウロウロしていたら「こちらでいただきます」と声をかけてくれた青年がなんと、友だちの息子さんだった。驚きついでに、その友だちと会った時に渡そうと思っていたささやかなお年賀を渡してしまう。

1月11日(金)
午前中、店。午後から神田。市場は今週7日から始まっているが、当店にとっては本年初市。今日を逃すと、古本屋さんに新年の挨拶をするチャンスがなくなるのでいく様にしている。いくつか入札、いくつか落札。手で持てる量だったので自分で持って帰る。
1月10日(木)
日中、店。夕方から神田で会議。
1月9日(水)
一日店。ポチポチと入力。
1月8日(火)
一日店。ポチポチと入力。
1月7日(月)
午前中、店。
いけばな作品・日本水仙一式午後からお花。本年初稽古。毎年新春、第一回目は水仙一式。

本年初稽古は、テクニカルチャレンジのつもりで、「お稽古場では初めて使う」が「普通のご家庭でもわりあいによく見かける形」の「ガラス花器」に「投げ入れ」でいける。

いやー、正直大変でした。新春早々、前途多難だよこれは、と思いました。辛うじて仕上げた様なものですが、これで2時間以上かかってます。大丈夫なのか私。

いけばな作品・日本水仙一式家でも復習のつもりで似た様な器に入れましたが、少々くたんとなってしまいました。
1月6日(日)
よくwebサイトの右下の所に「上に戻る」のボタンがふわーっと浮かんでいるのを見かける。「あれ、入れたいなー」と思っていた。検索してみると、いろいろ出てくる。理解は全く出来ないにもかかわらず、コピー&ペーストで出来るらしい。チャレンジしてみる。何となくできた。頁をスクロールすると、判る様な判らない様な「▲」がふわーっと浮かんでいるかと思います。
1月5日(土)
一応、休みということにはなっているが、ボチボチ始動するかあ、という感じで、ボチボチと作業を始める。
1月4日(金)
夫と、毎年恒例の七福神巡り。今年は下谷七福神。日比谷線三ノ輪駅そば寿永寺から出発して、鴬谷駅・元三島神社へおおよそ一時間ぐらい。どのお寺・神社も地元密着型できらびやかな感じはあまりなくて、かえってしみじみする。とはいうものの、入谷鬼子母神はさすがに大きいし、元三島神社に至っては、まさに「世俗のど真ん中」にあり、その立地に驚く。お昼は浅草で、ということで浅草まで歩く。4日とはいえお正月の浅草はたいそうな人出である。なるべく早くお昼にしたいね、と新仲見世通りを歩いて行くと「銀座 ブラジル」という喫茶店のメニューが非常に美味しそうで、そこに入る。レトロな雰囲気の喫茶店で「元祖フライドチキンバスケット」と「元祖浅草ロースカツサンド」を注文。美味しかったが、「食べ物は二人で『フライドチンバスケット』だけでも好かったね」と思うくらいボリューム満点。お店のオバサン達が、本当に普通の「オバサン」なのだが、みんなキビキビして素敵だ。きっと「浅草女将さん会」とかに名を連ねているんだろうな、と思わせる様な方々だった。その後浅草をブラブラ。夫の雪駄などを買い、次はどうしようかね、と言いながら、とりあえず地下鉄に乗る。

上野広小路で降りて湯島まで歩き、湯島天神にお参り。境内のあちこちに、大きめのテーブルの様な台がある。境内でお茶したりする時に使って良いのかなー、親切だなー、と思っていましたが、それは絵馬を書くための机でした。そうです、そういう方々の神社でした、ここは。

淡路町までさらに歩き、丸ノ内線で新宿へ。新宿オカダヤで生地を買ってから、再び丸ノ内線で新高円寺へ。「せんなり」という焼き肉屋さんで晩ご飯。開店直後に入ったが、30分もすると予約も含めて満席。早く入って好かったね、と囁き合う。東京メトロ24時間券が大活躍の一日でした。

1月3日(木)
日中、家。駅伝など見てぼんやりと過ごす。夕方浦和で、大学時代の友人と久しぶり会い、新年会。本日は来られなかったものの地元浦和にお住まいの共通の友人にお勧めされた刀削麺酒家 浦和店に行く。5時半開店という事で、少し前に待っていたら、御常連らしき中国の方が、スープというのか鍋を持ってお持ち帰りのために並んでいた。何となくお話しして「どれがお勧めですか?」などと聞くと色々教えてくれ、「これは量が多いからハーフで大丈夫」など有益な情報までいただく。そのお勧めに従って注文する。西安料理ということで、北京や広東の、いわゆる「中華料理」よりもスパイシー。お腹いっぱい飲み食いしてお一人三千円ちょっと。

散々食べたというのに「まだあそこのミスタードーナツあるかねー」と昔よく、飲み会の後に行っていたミスタードーナツに行く。果たしてあった。「きゃー、まだある!。すごい」ということで、更にドーナツとコーヒー。コーヒーおかわりまでしておしゃべりは尽きず。

1月2日(水)
実家に挨拶、お墓参り。本日も着物。お墓参りの事務所にお花もお線香もあったよなぁ、と手ぶらで行ったら、なんということでしょう。昨年ぐらいから水曜日定休となっていて、まさに「定休日」。致し方ないので、掃除道具の中にあった蝋燭をつけてお参りする。お彼岸は水曜日でも営業していたのですっかり忘れておりました。どうもすみません御母上様。後日、弟が改めていってお花を供えてくれたそうです。
1月1日(火)
2019年初日の出あけましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいいたします。写真は、夫が近所の運動公園で撮影した今年の初日の出です。私はこの時間グーグー寝ていました。
元旦、着物を着て、おせちを食べて、大宮八幡にお参り、五本木父のお墓参り、散歩、方南町マクドナルドでお昼、妙法寺に寄って帰宅。昨年新調した下駄のお蔭で快調快調。何の気がねもなくどんどん歩く。帰宅後、年賀状を確認して、2枚ほど追加で投函。そうこうするうちに晩ご飯。夜寝る前に、岡本綺堂を読む。穏やかなお正月である。
着物姿でお参り写真は、お寺の門松を写していた夫の写真に偶然写っていた私である。写した当人も、写された本人も全く気づいていなかった。なんだか「砂かけ婆」のような姿である。


ひっそリンク

いけばな・お世話になってます・知人編

SOSHO TSUKAMOTO SOGETSU IKEBANA SCHOOL
私が月に3度お稽古に行っているお花の先生、塚本草昌のサイト。
最初にいけばなを教わった先生が塚本先生ではなければ、もしかしたら20年もたってから、再び始めよう、などとは思わなかったかもしれません。
アットホームではあるけれど節度あるお稽古では、活ける時の緊張感、意のままにならない悔しさも含めて、お花を活けることそのものの楽しさや充実感をいつも感じます。
いつまでもフレッシュな感性をお持ちなのは、いつも前向きにチャレンジする姿勢からでしょうか。本当に20年前と全く変わっていませんでした。いったい先生はおいくつなのか???
Kosho Shioda Flwer Studio
花で精進し続ける塩田光昌さんのサイト。
「Works」に発表されている作品を見て、「え、え、えーこれも「お花」なのー???」と思うかもしれません。でも使われている植物は案外身近にあるもの。普段見慣れている植物の新しい側面を引き出し、見る者をハッとさせてくれます。一見無茶しているように見えるのに決して痛々しくはなく、奇抜さだけが眼を引くわけでもない。これが塩田マジック。その作品を見ていると、緊張感、爽やかさとともに、なにやらホッとする感じも受けるのです。
Akiyo Sano-Ikebana Artist/Floral Designer
いけばなで自身を表現し、見る者に何かを伝え感じさせる佐野明世さんのサイト。
「Works」に発表されている作品を見ると、繊細さや丁寧さが集まると、こうも力強さが生まれてくるのか!?と不思議な気持ちになります。「植物の力を損なうことなく自身の心の動きを形にする。」そんな姿勢が隅々にまで行き渡っています。文学、音楽、絵画、彫刻、あるいはスポーツ、数学、科学、様々な自己表現方法がある中で「いけばな」も立派な自己表現なのだという事が再認識できます。現在ロンドン在住。様々な分野の芸術家とのコラボレーションを通して幅広い表現に磨きをかけている様子がうかがえます。
花の情報局
花職人seiさんのサイト。
花の買い方、飾り方、育て方、花の資格、花の仕事の裏話、映画・ミステリー・ウルトラマンの中における花、企業の花事業から植樹マン情報。新・花の情報局のブログでは花職人seiさんの使った花材事典、ベランダでこんなに育つのか!?と驚愕の「いい加減ガーデニング」など花と緑にまつわる情報が、真正面からあるいはちょっと斜めから、小気味よい文章で綴られます。研究ページ・勅使河原蒼風データー」は勅使河原蒼風氏が(そして興味ある事を調べる事が)本当にお好きなんだなーと感じられるコーナー。姉妹サイトでは、seiさんの教養と、好奇心と、あくなき探究心の一端が見られます。

いけばな・こっそり見させてもらってます・見知らぬ方編

TOKUSIMA COFFEE WORKS・カウンターの生け花
徳島の喫茶店(と言っていいのか?)TOKUSIMA COFFEE WORKSの店内にいけてある作品。
いけばなは本当は日々の暮らしのそこここにあるのですが、Webサイトの中でその様子を見られるのは稀なことのように思います。いけばな写真は、どうしても、場所の制約を受けない「作品」としての「いけばな」になってしまうからです。ところが実際には「場所の制約」を考えない生け花などありません。大きさ、奥行き、人の動き、人の視線、安全性、食べ物を扱う所か否か、掃除しやすいか・・・・その中で完成度を高め、場の雰囲気を変える。いける人、いける場所、そしてそこに居る人(もちろん楽しみにしている人もいるだろうし、特に意識せず受け入れる人もいるでしょう)がいての「いけばな」。そんなことを考えさせてくれる稀有なページです。活けている方のお名前はありませんが草月を勉強されている方のようです(しかも、かなり名のある方のように思える)。TOKUSIMA COFFEE WORKSはポリシーも店内も素敵なお店のようです。こんなお店が近くにあったら・・・と思いますが、コーヒー代もケチる私はおそらく月に一度の特別なお楽しみとしてのお客さんになる程度だろうなぁ。

楽しみに見せてもらってます・知人編

こぐま工房
イラストレーター・こやまけいこさんのサイト。イラスト、アニメーション、音楽、そして「のんびり ほのぼの 脱力 ニヤリ」な日常のひとコマ。そっと垣間見る、この楽しみ。
グルメリア~銀座を旅しよう
ランチを中心にした銀座案内。食べ歩き情報だけでなく文化的側面も(なんてったって「旅」ですから)。 「銀座の天使」がかわいい。
今は昔、銀座でお茶でも飲もうと軽ーい気持ちで洒落た喫茶店にひとりで入り、メニューを見て眼が点になり、一番安いブレンド1000円をようやく頼み、そそくさと出てきてしまった事があります。「外でお茶を飲むということは、お茶ではなく時間と空間を買っているのだなぁ。」としみじみ思った次第ですが、ランチなら時間と空間だけでなく、おいしいお食事も味わえます。しかも「普通の」お値段で。毎日行く方も、たまに行く方も、めったに行かない方も(私じゃ)一度ごらんあれ。ファミレスまで載っているのもご愛嬌。
現在は ブログで国内外の演劇、芸能に関する情熱あふれる感想、劇評を執筆中。グルメリアランチ版もブログへ移行。

楽しみに見せてもらってます・見知らぬ方編(きもの・裁縫・くらし)

うまこの家
お会いしたことも、メールのやり取りをしたこともありません。一朝一夕には こうはなりえませんが、心豊かな暮らしをされている市井の人。わが身のガサツさをふり返っては、おっとイカンイカンと一日一度見に行っています。ブログはその名も「うまこの天袋」。それにしても料理やお裁縫をしながら、よくうまく写真とれるなーといたく感心いたします。
わさいとバナー和裁人
プロの方から素人まで和裁に関する意見交換をみる事ができます。私が参考にできるレベルでは無い話から、「おー!一緒に頑張ろうねー。陰ながら応援してるよー。」と思える素朴な質問まで、どなたも真面目に質問し、どなたも丁寧に答えています。管理人hiraさんとそれに集う方々のお人柄を感じるサイトです。
お針大好き
この方も、お会いしたことも、メールのやり取りをしたこともありませんが、着物へ、布へ、裁縫へ、そしてなにより、お身内への愛情を目一杯感じるサイトです。和裁は独学とおっしゃいますが、お母様、お義母さまという良い師に恵まれ、謙虚に楽しく作る。昔 母親から「布は捨てるもんじゃないっていうんだよ」と言われ、今でも「いつかきっと」と何となく捨てずに布や端布が山積みになっている我が身は、間違っても「三度のご飯よりも裁縫が好き」とはいえませんが、「何でもそうですが、とにかく 数多く縫う」「いつも気にして着ているよりはさっさとやり直した方が早い。」「自分のものってなんて気楽なんでしょう!」の精神は見習いたいと思います。ブログへ移行されたようです。お針大好き

組合支部の仕事で、中央線支部の地図のデザインをこやまけいこさんに頼んだ際「はたきを持っているタヌキ」というキャラクターを入れてくれた。それを見た夫が非常に喜んで、ウキウキとこのようなものを作る。 タヌキはなぜか家にあった

ハタキを持つたぬきぬいぐるみハタキは夫の手作り ハタキを持つたぬきパソコン前パソコンを打つときも手放さない

苔花堂陰のオーナー・夫により、店主はタヌキ、妻は雇われ店長に降格。」と宣言されてしまう。名前は本田ポンタというらしい。



苔花堂書店(たいかどうしょてん)
168-0061 東京都杉並区大宮1-22-75 月見荘3号室
電話・ファクシミリ 03-3315-8978(留守がちにしており、失礼することも多くございます。申し訳ございません。)
月曜、祝祭日・休(ほかに臨時休業も多。一人でやっているため留守がちで、失礼することも多くございます。お電話、お急ぎのファクシミリ、ご来店の際は何卒ご承知おきください。通信販売のみの営業です。
東京都公安委員会古物商許可番号 308899803776号 五本木広子
日本の古本屋バナー「日本の古本屋」 東京都古書籍商業協同組合加盟
当店ご案内・ご注文方法など


サイト内検索