苔花堂古本目録・庭園、造園雑誌「庭別冊」「庭」(龍居竹之介・編集/建築資料研究社)

いらっしゃいませ 古本屋の苔花堂書店です。 

書名のリンク先には大きな写真や詳しい目次など本の詳細を記載しています。

「庭別冊」 「庭」(龍居竹之介・編集 建築資料研究社・刊)
書名・書影 価格 出版社 発行年 状態、目次抄
庭 別冊1−すまいの庭  すまいの庭日本縦断/人と作品 荒木芳邦の世界/住宅展示場の庭から ¥3,000 建築資料研究社 昭和51年10月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み 表紙スレ −すまいの庭日本縦断 北海道・天羽正愛、岸村茂雄 山形・今野仁一、奥山靖男 那須・斎藤孝雄、幸和建設造園部、多田栄 近畿・木戸雅光 福岡・辻長次郎、松永重次郎、前崎寿 龍居松之助「庭園の地方色」(再録)/随筆 向井潤吉「わが庭とは」 西川友孝「生活の庭」 清水友雄「苦肉の策」 町春草「いろ花のない庭」/人と作品・荒木芳邦の世界(10箇所) 荒木芳邦「私のデザインのポイント」/作品集のある造園家/デパート造園部競作集
庭 別冊2−ふろあの庭 −岩城亘太郎の世界/ふろあの庭 日本縦断/テレビスタジオの庭から
庭 別冊2−ふろあの庭 −岩城亘太郎の世界
¥3,000 建築資料研究社 昭52年1月 192頁 背ヤケ、スレ有 小口記名印有 −ふろあの庭日本縦断/人と作品・岩城亘太郎の世界/ふろあの庭デパート競作集/室内の庭デザイン競作集
庭 別冊3−うえきの庭 −人と作品 飯田十基の世界/沖縄・南九州うえきの庭/木を選ぶ・描く
庭 別冊3−うえきの庭 −人と作品 飯田十基の世界
¥5,000 建築資料研究社 昭和52年4月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み 表紙スレ シミ有−うえきの庭 −人と作品 飯田十基の世界/沖縄・南九州うえきの庭/木を選ぶ・描く
庭 別冊4−おぶじぇの庭 −人と作品 中島健の世界/街のなかのおぶじぇ/おぶじぇのある庭 ¥3,000 建築資料研究社 昭52年7月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み 表紙スレ −おぶじぇのある庭−練馬区・F邸、展示場の庭から、新宿区・龍生会館、など10箇所 龍居竹之介「庭の中の「おぶじぇ」考」 西川浩「造園展見たまま感じたまま」(再録) 半世紀前の創作燈籠コンペ(大正11年『庭園』4巻4月号より再録)/随筆 北村信正「オブジェ」 大山陽生「庭と造形」他/人と作品・中島健の世界(日本芸術院会館の庭園、玉堂美術館、世界救世教光明神殿、他) 中島健「これからの造園と私のデザイン」/田籠善次郎「おぶじぇの描き方」他
庭 別冊5−すまいの小庭 −すまいの小庭日本縦断/人と作品 東梅里の世界/住宅展示場(関西)の小庭 ¥3,000 建築資料研究社 昭和52年10月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み 表紙スレ −すまいの小庭日本縦断−宮城・高島一雄、大場義雄 新潟・石川昇造、霜鳥節三、加藤忠 愛知・日比野富夫、天野勝美、豊田ガーデン 京都・小野陽太郎、橋本光雄/随筆 前島康彦「御家人造り」 東貞三「庭と私」 田畑貞寿「共用の庭づくり雑感」 越路吹雪「古火鉢の池とベコニア」/人と作品・東梅里の世界(三原記念館の庭、合楽=金光教の庭、他) 東梅里「私の庭づくり」 内山忠雄・田村輝夫「東梅里先生と私」 作品解説 東梅里プロフィール/小形研三「飯田十基先生とその庭」
庭 別冊6−みせと宿の庭 −みせと宿の庭12題/人と作品 井上卓之の世界/庭のある宿のガイド
庭 別冊6
¥3,000 建築資料研究社 昭53年1月 192頁 背ヤケ色褪せ、シミ有 表紙色褪せ 水シミ
庭 別冊7−垣根と庭 −人と作品 小形研三の世界/日本縦断=垣根と手入れ/竹垣をつくる ¥3,800 建築資料研究社 昭53年4月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み 表紙スレ −御所・離宮の垣(京都御所、仙洞御所、桂離宮、修学院離宮 カラー写真27点) 付垣詳細図/日本縦断 垣根のいろいろ(カラー写真67点) 垣根と手入れ/垣根をつくる 「沼津垣」付「網代垣づくり」 田籠善次郎「模型でつくる古書の袖垣」他/平山勝蔵「竹垣の形態と構造」 岸村茂雄「垣−その考え方と設計図集」/人と作品・小形研三の世界(カラー写真45 志村邸、児玉邸、捧邸、石郎崎遊園、など14箇所) 小形研三「私の庭造り」他
庭 別冊9−楽しいすまいの庭 −すまいの庭・気鋭作家集/人と作品 大村他吉の世界/日本縦断・庭木ガイド
庭 別冊9
¥3,000 建築資料研究社 昭53年10月 192頁 背ヤケ、スレ −すまいの庭・気鋭作家集(板倉武幸、田籠善次郎、山本勲、関屋俊和、小口基実/人と作品・大村他吉の世界
庭 別冊11−下草と庭  −人と作品 中瀬操の世界/下草・地被アラカルト ¥3,000 建築資料研究社 昭和54年4月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み 表紙スレ −人と作品 中瀬操の世界(姉ヶ崎ゴルフ場迎賓館、世田谷区・今井邸、新宿区・田中寺、箱根強羅・西陣、港区・料亭=高井など 15箇所) 中瀬操「私の庭づくり−その技法と提言」、作品解説、プロフィール/下草・地被アラカルト−そのいろいろと扱い カラー写真55点 相関芳郎「和庭の下草−ミニガイド139選」/下草のある庭5題 カラー写真 井上卓行、荒木芳邦・設計/日本縦断・下草ガイド/小形研三「私のグランドカバー論」/古書に見る下草の扱い(『作庭記』他)他
庭 別冊12−水の庭
庭 別冊12
¥3,000 建築資料研究社 昭54年7月 192頁 背ヤケ色褪せ −街の中の水と庭/人と作品 矢田喜一の世界
庭 別冊14−庭づくり代々
庭 別冊14−庭づくり代々
¥3,500 建築資料研究社 昭和55年1月 192頁 表紙スレ ヤケ、シミ −庭づくり代々その作品集−吉田正吾作品 永井信明作品(豊華園) 柴田元之助・悦雄作品(柴田集花園
庭 別冊16−滋賀すまいの庭
庭 別冊16
¥3,000 建築資料研究社 昭55年7月 192頁 背ヤケ 表紙スレ −現代滋賀の庭25選 −近江庭園、川下造園、吉田造園、上田造園、高木造園、花文造園土木・作品
庭 別冊18−和風京の庭
庭 別冊18−和風京の庭
¥3,000 建築資料研究社 昭56年1月 192頁 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み −京都の現代造園作家集(京の庭29選)/他
庭 別冊19−現代東京の庭
庭 別冊19
¥3,000 建築資料研究社 昭56年4月 192頁 背ヤケ、色褪せ、シミ有 −現代東京の庭37選
庭 別冊20−桂離宮の石燈籠
庭 別冊20−桂離宮の石燈籠
¥3,800 建築資料研究社 昭和56年7月 192頁 背ヤケ、端スレ 裏表紙シミ 頁シミ ムレ有 −カラー80頁(信原修・撮影)・桂離宮の石燈籠24点/実測と写真による桂離宮の石燈籠/他
庭 別冊21−すまいの庭 日本・アメリカ
庭 別冊21
¥3,000 建築資料研究社 昭56年9月 192頁 背ヤケ、色褪せ −ロスアンゼルスの住宅庭園/ロスアンゼルスすまいの庭/人と作品・鈴木昌道の世界
庭 別冊22−すまいの庭 北信24選/人と作品・和田作治郎の世界 ¥3,000 建築資料研究社 昭56年11月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み −現代=長野の庭24選(北信編)−第一緑地、あかね苑、おらが園、園建、庭林荒井造園、大夢園、下倉園、松鳳園、更埴造園、昭和ガーデン作品 解説/長野造園事業協同組合結成十周年記念庭園/長野造園協会の作品から/小口基実「信州の庭ガイド1」−興善寺庭園、大宝寺庭園、極楽寺庭園、旧・真田氏別邸庭園、龍洞院庭園、草間晶三氏庭園、など23箇所)/人と作品・和田作治郎の世界 作品12箇所 和田作治郎「北信の庭づくりと庭師の系譜」 聞き書き他
庭 別冊23−すまいの庭 東・中南信作品37選(東信の作品6選、中南信の作品31選)
庭 別冊23
¥3,000 建築資料研究社 昭57年1月 192頁 背ヤケ、端スレ 頁端折れ
庭 別冊24−現代出雲の庭 精選作品23題と垣・石燈籠
庭 別冊24
¥3,500 建築資料研究社 昭57年3月 192頁 背ヤケ端スレ 
−現代・出雲の庭23選−
永野造園作品(松江市大庭町・武田邸、松江市砂子町・幸野邸)、
園山松雲園作品(江津市渡津・室崎邸、松江市雑賀町・米田邸)、
池田造園作品(簸川郡大社町・林邸、出雲市塩冶町・宮本邸)、
永田造園作品(松江市本庄町・大谷邸、八束郡美保関町・小谷邸)、
福島造園作品(松江市西川津町・中島邸、松江市奥谷町・松浦邸、松江市浜乃木町・久谷邸)、
庭の川島作品(松江市田町・辻邸、八束郡美保関町・赤山邸)、
福田造園作品(松江市黒田町・山口邸、松江市薦津町・福田邸)、
野津作品(松江市下東川津町・野津邸)、
寿美造園コンサルタント作品(松江市西津田町・景山邸、八束郡東出雲町・門脇(A)邸、門脇(B)邸)、
もちだ造園作品(松江市北堀町・又賀邸、松江市東津田町・持田邸、松江市西津田町・三島(A)邸、三島(B)邸) 
解説−現代・出雲の庭23選/
リスト・島根の主な庭/
持田安雄「出雲の庭と『島根庭園協会』/
永田啓助蔵「永田屋信三郎手写『庭垣本』」全頁写真掲載・解説/
旧文再見・出雲の石燈籠 『山陰特産石燈籠案内』から(松江市来待加工石普及会「来待石(一名 出雲石)の由来」 岡田庄作・談「山陰特産 石燈籠の真価」 
38種抜粋・前書き、写真とそれを元にしたイラストを掲載(大正形、春日形、若葉形、丸雪見形、濡鷺形、丸雪見形、角立雪見形、富士雪見形、朝鮮雪見形、最明寺形、與次郎形一号、與次郎形二号、虚無僧形、丸山形一号、丸山形二号、丸山形三号、残月形一号、残月形二号、蘭渓、常盤形、宗和形一号、宗和形二号、方行形、八雲形、褄破風、明神形一号、水螢形、珠光形、新玉形、唐金形、墓前形、置燈籠、地蔵形、銀月形、忠兵衛形、難波寺、彫刻品)/
持田安雄「出雲燈籠考」/
アドレス・島根の造園人/編集後記
庭 別冊25−住宅庭園選 東京の26作品
庭 別冊25
¥3,000 建築資料研究社 昭57年5月 192頁 背ヤケ −東京の庭 住宅庭園26選(田籠善次郎、川谷内映一、河村素山、寺田小太郎、上野周三、信太秀夫、三橋一夫、鈴木賢二、杉浦健一郎、雨宮徳治・作品)
庭 別冊26−ぶんごの庭50選 人と作品・糸永末夫の世界ほか
庭 別冊26
¥3,000 建築資料研究社 昭57年7月 192頁 背ヤケ 
現代・大分の庭29選 
梶原康生作品(別府市山手町・赤星邸、別府市南石垣・荒金邸) 
中村宏作品(大分市二又・原邸、別府市上田の湯・旅館もみや、別府市上田の湯・酒井邸) 
手島一作品(速見郡山香町大字向野・赤木邸、大分市宮河内ハイランド・後藤邸) 
久士目隆作品(別府市西野口・清家邸、別府市上人西町・中嶋邸) 
梶原敬司作品(別府市南須賀・梶原邸、別府市荘園・友永邸) 
小川三郎作品(大分市萩原新町・石川邸、別府市上片面・うおせい別邸) 
加藤正雄作品(別府市荘苑・明谷邸、別府市上原町・藤本邸、別府市田の湯町・田乃湯寮) 
栗木修一作品(大分市東津留・堀邸、大分市上野丘・今川邸、大分市金池町・吉村邸、大分市田尻・高橋邸) 
小松貞徳作品(速見郡日出町・倉田邸、東国東郡安岐町・加藤邸) 
阿部一利作品(別府市実相寺・河野邸、別府市上平田町・佐藤邸) 
後藤貞夫作品(大分市明磧・河野邸、大分市大字玉沢・大分県立雄城台高校、大分郡挾間町大字挾間・久保邸) 
山口正義(大分市舞鶴町・寺司邸、別府市荘園町・安東邸) 
解説・現代大分の庭29選/
大分の造園コンクール−第15回大分生活文化展協賛 植木造園展より
(戸次緑化建設、御手洗造園、ぶんごつつじ、松楽園、柴松園、柳井緑地建設、光吉造園、石川造園、林興産、広瀬造園、栗木精華園) 作品紹介と批評/
原千砂子「豊後の庭めぐり」(月桂寺、香林寺、喜楽庵本館、喜楽庵別館、喜多屋、伊藤邸、坂本邸、森邸、伝来寺、英彦山亀石坊、宇佐神宮、大貞八幡薦神社、長昌寺、安住寺、妙経寺(15箇所))/
人と作品・糸永末夫の世界
(別府市南石垣・後藤邸、大分市南王子町・杉田邸、別府市若草町・野田邸、別府市北石垣・宮本邸、別府市緑ヶ丘・岩崎邸、別府市新別府・井上林業保養所、別府市南立石・山口邸)  
聞き書・糸永末夫「私と庭づくり」(小松ていとく・聞き手) 
作品解説 糸永末夫さんプロフィール/
アドレス 大分の造園人/
ランドスケープ・ジャーナル 
右田順子「あの旅この庭−埼玉・奥武蔵を行く」 
えつらん室・白幡洋三郎「私の書架から」他
庭 別冊27−京の庭選集 京都の10作家が近作庭園を競う ¥3,000 建築資料研究社 昭57年9月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み −10人の作家による京都の庭−橋本光雄、河原巖、小島喜八郎、久保篤三、小野陽太郎、久保義信、川島武彦、山口茂、高橋利次、茨木茂信作品 作品解説/京の鋏鍛冶−庭師の道具をつくる 野中鉄治郎/180分熱と汗の庭づくり −京の庭に新しい息吹(京都造園高等職業専門学校実習作品28点)/豊藏均「庭の真贋とは−現代の京の庭から」/トピックス 全国造園デザインコンクール入選作品 右田順子「あの旅この庭−信州の鎌倉を行く」他
庭 別冊28−住宅の庭27選 東北新幹線をめぐる庭々ほか
庭 別冊28
¥3,000 建築資料研究社 昭57年11月 192頁 背ヤケ、シミ有 裏表紙端折れ −東北新幹線と陸奥(みちのく)の庭27選
庭 別冊29−加賀の庭17題/庭の冬化粧 雪吊り/コケづくりと魅力 ¥3,500 建築資料研究社 昭和58年1月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み −現代 加賀すまいの庭−立花武志、市村冨五、竹林臣夫、竹林繁二、中川清志、城至勝嘉、松本啓二、山本鉄治、根布信一、松本清吉作品(17箇所)/加賀の露地から(蔵六園庭園、ぼうてん庵露地) わが庭を語る(中越良隆邸、今森久雄)/加賀のコケづくり 大石鉄郎・談「これからの庭のコケ」/兼六園の冬化粧 雪吊り、目で見る庭の冬化粧(作業過程写真付き)−雪吊り、石燈籠のコモ巻 吉村金男「庭の冬化粧−関東を中心に」(わら細工福寿草)他
庭 別冊30−東京近郊の庭 小江戸の世界/緑づくりの町を行く
庭 別冊30
¥2,500 建築資料研究社 昭58 192頁 
−東京近郊すまいの庭から−
北澤周平(北本市・山本邸、文京区・西浦邸、熊谷市・古賀邸、熊谷市・藤野邸) 
富田重直(行田市・中川邸 寄居町・白石邸) 
松山春峯(川越市・西雲寺 川越市・市野川邸 川越市・中原邸) 
松本孔志(川口市・N邸 川口市・吉祥寺 江戸川区・M寺) 解説/
津田類「早春のさいたま路を行く」(埼玉県立博物館、多福寺、平林寺、七曲井、川越城本丸御殿、時の鐘、蔵造り街並みと大沢家住宅、仙波東照宮、能仁寺、高麗郷、龍隠寺、慈光寺、吉見百穴、大聖寺・石造法華経供養塔、野上下郷石塔婆、少林寺の羅漢石像、酒樽の墓(17箇所))/
人と作品・中村青岳の世界(蓮馨寺、多福寺、喜多院、岩堀邸、佐久間邸、誉田邸、小山邸、斉藤邸、中村邸、松寿司、伊藤邸(11箇所)) 
中村青岳「私の庭づくり考」 作品解説/グリーンガイドマップ 植木村・安行/他
庭 別冊32−水と緑の庭(街の中の水空間/人と作品 伊藤邦衛の世界)
庭 別冊32
¥3,000 建築資料研究社 昭和58年7月 192頁 背ヤケ
庭 別冊33−にいがたの庭(若手造園家15選/庭匠・後藤石水3代)
庭 別冊33
¥3,000 建築資料研究社 昭和58年 192頁 背ヤケ、スレ痛み −現代にいがたの庭《若手5人に見る》/人と作品・後藤石水3代の世界
庭 別冊34−えちご路の庭(日本海に沿う15邸/後藤石水再見)
庭 別冊34−えちご路の庭
¥3,000 建築資料研究社 昭和58年11月 192頁 背ヤケ −現代にいがたの庭/後藤石水再見−二代目石水の残した庭垣本をめぐって/他
庭 別冊35−室内・屋上の庭(住宅作品11選/店舗と宿作品5選)
庭 別冊35
¥3,000 建築資料研究社 昭58 192頁 背ヤケ 
−特集1・人工地盤の庭 すまいの庭11選−
川谷内造園作品(新宿区市谷薬王寺町・鹿島邸) 
東海造園作品(品川区北品川・中村邸) 
三越グリーンセンター作品(港区高輪・西村邸、小金井市緑町・佐々邸) 
山本造園作品(港区赤坂・宇佐美邸、川崎市高津区・佐野邸) 
吉村造園作品(大田区田園調布・引地邸) 
川谷内造園作品(世田谷区船橋・大東学園) 
岩城造園作品(世田谷区深沢・双松庵、江東区亀戸・亀戸図書館、文京区小石川・古流アカデミー会館) 
人工地盤の庭すまいの庭11選解説/
特集2・人工地盤の庭 店と宿の庭5選−
成和造園作品(港区六本木・瀬里奈) 
中瀬庭芸事務所作品(新宿区歌舞伎町・車屋) 
植祐作品(港区高輪・ホテル東京) 
山本造園作品(港区赤坂・皆美) 
岩城造園作品(横浜市西区・ホテルリッチ横浜) 
人工地盤の庭店と宿の庭5選解説/
インドアガーデンとしてジオラマセットを見る 村松数正「ジオラマとは」 ジオラマのできるまで−岩手県立博物館のイヌワシのジオラマの場合 豊藏均「ジオラマセットは近未来性に富んだ室内庭園だ」/
輿水肇「屋上庭園から人工地盤へ」/
上田耕治「野外博物館としてよみがえった久保泉丸山遺跡の記録」 
吉田恵介「ニューヨーク・マンハッタン紀行」/
旧文再見 屋上の庭 戦前派
(屋上庭園小論(昭和九年『庭園と風景』より)−井下清「第二の自然時代」 関口^太郎「屋内庭園」 東後壽三「屋内造園建造物の新材料について」/作品3題−後藤健一設計・O信託ビル屋上庭園(昭和十四年『日本造園士』より)、美松の入選2作 石本喜久治「美松屋上庭園懸賞設計図案審査の要点」 田村剛「屋上庭園設計図案を見て」(昭和七年『庭園と風景』より)/
あの人・その作品 西川浩−美校出身の造園家 
龍居竹之介「はじめに」 論調抄(「これからの門とその内外」「修学院御苑など−私の好きな庭園の一つ」「築庭上の失敗」) 作品抄(某写真師の新庭、朗らかな洋風庭園、池と花壇のある庭、住宅の庭、小木町城山公園紅葉亭、或る山荘の茶庭、鎌倉・岩戸邸、山口蓬春画伯邸庭園、池のある庭園、洋風の泉水、橋と噴水いろいろ」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 東京・武蔵野−都民憩いの園三題」他
庭 別冊37−続 室内の庭特集(インテリアと庭−〈談話室滝沢〉にみる/屋上庭園のできるまで)
庭 別冊37
¥3,500 建築資料研究社 昭59年5月 192頁 背スレ痛み ヤケ −特集1・インテリアと庭−〈談話室滝沢〉にみる(星進「談話室滝沢の設計について」)/特集2・屋上庭園のできるまで/他
庭 別冊38−特集・室内を飾る
庭 別冊3
¥3,000 建築資料研究社 昭59 192頁 −
特集1・室内の庭5題−
港区・N邸(江守奈比古・設計、上野周三・文)、港区・渋沢邸(作者不明)、港区高輪・今枝邸(東海造園・設計、野村松太郎・文)、武蔵野市吉祥寺・葡萄屋(今中征治・設計)、港区高輪・つきじ植むら高輪茶寮(羽山造園・羽山陽太郎・文) 作品解説/
各地の庭園 インドアガーデン日本縦断(千葉恭一「岩手」 諸井道雄「福島」 野俣正之「新潟」 久保義信「京都」石井忠彦「高知」 長谷川浩哉「福岡」 尚詮「沖縄」) 資料に見る人工地盤の意匠と防水/
特集2・意匠と素材インドアガーデン 
東海造園作品(杉並区上荻・大漁苑、豊島区西池袋・ひょうたんや、杉並区下高井戸・トヨタ東京オートショールーム) 
インドアガーデンのできるまで 絵で見るインドアガーデン 吉田幸夫「インドアガーデンの製作法」 
インドアガーデンの素材(植物プランツ99選、室内を飾るプラスチック製品) 大石鉄郎「室内の苔庭づくり」 吉田幸夫「(株)日本インドア・グリーン協会 その十年の歩み」 あしたのプラントデザイナーを育てる−東京グリーンサービス高等職業訓練校 アドレス・日本のインドアグリーンサービス/
特集3・心のふるさと花と緑 園芸文化展’84 小山清・文/
旧文再見 室内の庭二題(橋本桔梗「明治の温室をのぞく」 関口^太郎「京の室内庭園」)/田中正大「中国庭園の樹形について」/
あの人・その作品−後藤朝太郎−中国庭園を愛し続けた碩学
(龍居竹之介「はじめに」 後藤朝太郎「中国庭園の特異性」「自然と時が生む中国の庭」「中国大陸らしい庭と景色」)/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 秩父緑蔭散策《祭りと名画と巡礼と》他
庭 別冊39−特集・小住宅の庭 ¥3,000 建築資料研究社 昭59年9月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み −特集1・住宅庭園8題−岩沢利之、川谷内映一・作品 作品解説/鈴木昌道作品にみる小住宅の庭近作4題 鈴木昌道「私の住宅庭園づくり」/特集2・小住宅の庭 プラン競作集(石井忠彦、小野里宏、北澤周平、柴田正文、杉浦健一郎、右田順三、他)/あの人・その作品−明治の庭の先人たち 再録・横井時冬「前栽考ほか」 小沢酔園「旗本屋敷の庭園崩壊」 長岡安平「庭園の必要ほか」 杉本文太郎「庭園設計の要義」 近藤正一「庭園図説抄」/他
庭 別冊40−新進作庭家特集
庭 別冊40−新進作庭家特集
¥3,000 建築資料研究社 昭和59年11月 192頁 背ヤケ、色褪せ色とび −若手によるすまいの庭(神奈川県立相原高校出身者の庭園作品抄)/新進の生んだ庭7選/あの人・その作品−清水友雄・時代を超えたデザイナー/他
庭 別冊41−特集・個性派の庭 ¥3,500 建築資料研究社 昭60年1月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み −人と作品・岡田茂吉の世界 カラーで見る作品の四季(箱根〈神仙郷〉の庭、熱海〈瑞雲郷〉の庭、京都〈平安郷〉の庭) 人と作品論(龍居竹之介「岡田茂吉師の作庭術」 対談・勝俣芳太郎×森元勲「偉大なオーナー造園家」他/特集1・個性派の庭園論 斉藤勝雄「日本庭園技能考」 野中松太郎「北海道造園の歩みと私」/特集2・四国の個性派作品アラカルト 泉久(香川)、石井忠彦(高知)作品/特集3・海外造園レポート4題/旧文再見 小寺駿吉抄訳「近代庭園抄」
庭 別冊42−特集・日本の庭園作家 ¥3,500 建築資料研究社 昭和60年3月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み −特集・日本の庭園作家 10作家32箇所 岩城亘太郎(古峯神社、他) 伊藤邦衛(椿山荘、秋田県立中央公園ファミリーゾーン他) 荒木芳邦(大正海上火災本社ビル、他) 小形研三(リマの日本庭園、他) 斉藤勝男(館林文化会館、他) 中島健(啓愛社軽井沢山荘、他) 中根金作(足立美術館、中国・北京市・翠石園、他) 中瀬操作品(フィリピン戦没日本人慰霊園他) 箱根植木(海晏寺、ザ・モニュメント・オブ・サダムズ・カデッサ・マーターズ) 蛭田貫二(湯河原すぎなみ荘他)
庭 別冊43−特集・現代の茶庭 ¥3,000 建築資料研究社 昭和60年5月 192頁 背ヤケ、スレ −遠州流茶道の露地 小堀宗慶家元邸(新宿区信濃町) 江守奈比古「二つの茶室について」 座談会「庭園の美しさ−茶庭を中心に」(小堀宗慶、中村昌生、風間宗丘、龍居竹之介) 吉田正吾「露地づくりへの提案」/河村素山の現代露地(6箇所) 河村素山「現代露地のつかい勝手」 作品解説/続・ある庭園作家の一日 吉田正夫さんを追って/若手造園家とお茶(神田松太郎、柴田正文、中嶋清志、平井孝幸、三宅秀俊)/借りられる茶室 帝国ホテル東光庵の露地/他
庭 別冊44−特集・路地のパターン ¥3,000 建築資料研究社 昭60年7月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み −日本料理 鴨川にみる室内空間の構成(新宿店、銀座店、室町店、日比谷店) 高松武夫「設計者のことば」 井上卓之「庭づくりを担当して」/北陸の宿の庭にみる 屋内路地のパターン−(石川県山中温泉・花紫、石川県山中温泉・紫水園ホテル、富山県宇奈月温泉・ホテル延楽、石川県片山津温泉・あたかや佳水郷) 解説 岩谷浩三「旅館の庭作りを考える」/日本縦断 各地の飛石・敷石/西川友孝「昭和初期の造園家たち3−都市公園と緑化の井下清先生」/他
庭 別冊46−特集・岩城造園作品抄 ¥3,500 建築資料研究社 昭60年11月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み −岩城造園の世界 伊勢神宮の茶庭美(カラーとモノクロで見る露地/茶庭平面図)/緑と心のスペース構成 カラー(次郎丸氏邸庭園、松下政経塾、シンガポール駐日大使館、札幌市役所庁舎、ホテルニューオータニ、椿鶯山荘、など24箇所) モノクロ(御器谷氏邸、料亭胡蝶、ホテルリッチ横浜、デュッセルドルフ市ノルドパーク日本庭園など11箇所)/米寿の庭匠・岩城亘太郎聞き書/旧文再見・小川白楊の人と仕事(『考古聚英』から46点の石燈籠写真と説明文再録)他
庭 別冊47−京都若手の庭づくり
庭 別冊47
¥3,000 建築資料研究社 昭61 京都の庭・若手作品選集−京都造園協同組合青年部の世界1 
5人12箇所 
藤井稔作品(左京区西京極・北尾邸、左京区岡崎・明道寺)、
曽根三郎作品(右京区嵯峨天龍寺・妙智院、ホテル嵐亭)、
岡本耕蔵作品(左京区岡崎・観世会館、左京区鹿ケ谷・中西邸、左京区八瀬野瀬町・高山邸)、
北山安夫作品(伏見区深草・樋口邸、大阪府寝屋川市・上田邸、京都府八幡市・宮口邸)、
猪鼻昌司作品(奈良県天理市・上田邸、左京区岩倉・森邸) 
作品解説/
京都の庭・若手作品選集−京都造園協同組合青年部の世界2 
6人7箇所 
津田秀夫作品(左京区吉田神楽岡町・黎明教会研修所)、
小林正典作品(左京区下鴨・宅間邸)、
寺崎幸雄作品(京都府宇治市・神居邸)、
佐野晋一作品(右京区龍安寺・太田邸、右京区嵯峨鳥居本中筋町・飛鳥井邸)、
久保義信作品(北区上賀茂・杉崎邸) 
井上剛宏作品(京都府八幡市・丸岡邸) 
作品解説/
津田秀夫「青年部設立十五周年を迎えて」 
林田悠紀夫「お祝いのことば」 
今川正彦「ごあいさつ」 
中原正治「ごあいさつ」 
井上剛宏「記念事業を終えて」 
京都府造園協同組合青年部結成一五周年のつどい きょうと増改築フェア’85の作庭展示/
レポート・オクラホマの庭づくり 
座談会・オクラホマの庭つくりに参加して(井上剛宏、猪鼻昌司、上田文勇、大平建三、加藤末男、川勝武彦、北山安夫、久保義信、佐野晋一、寺石克巳、藤井稔、安田吉次・出席 豊蔵均・司会、構成)  
武居二郎「京都の若手たちへ」 
西村建依「二十一世紀の造園界に望む」 
アンケート・京都の若手造園人 アドレス・京都の若手造園人/
龍居竹之介「おりおりの庭園論5−見下しムードに包まれて」/
西川友孝「雑草的人生の自分史 昭和初期の造園家たち6−M・L・D戸野琢磨先生」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭−ミナト・ヨコハマ 開港の歴史を歩く」他
庭 別冊48−特集・駿河の庭
庭 別冊48
¥3,000 建築資料研究社 昭61年3月 すまいの庭 駿河15選/駿河の名園めぐり/沼津垣のテクニック
庭 別冊49−特集・すまいの庭
庭 別冊49
¥3,000 建築資料研究社 昭和61年5月 すまいの庭9題(千葉編)/鈴木昌道造園展・空間+造形/誌上ギャラリー現代庭芸写真展/他
庭 別冊50−特集・庭の水景 ¥3,500 建築資料研究社 昭和61年7月 192頁 裏表紙スレ痛み 背ヤケ色褪せ有 −水の庭14選・若手の作品から(野村修、木下照信、内野均、井上富雄、田旗光、上野周三、渡部定男、三橋一夫、廣瀬慶寛、平井孝幸) 作品解説 中村恒雄「水辺の植物」 吉田幸夫「植物を水と組み合わせる−室内を飾る方法の一つとして」/水琴窟アラカルト 水琴窟のできるまで 平山勝蔵「庭の水音の秘密」 三つの水琴窟から/皆でつくった水の庭 静岡県立沼津東高等学校校内庭園/田中正大「龍居松之助先生の業績を拾う」 
庭 別冊51−特集・荒木芳邦作品抄 ¥3,500 建築資料研究社 昭61年9月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み −特集・荒木芳邦作品抄 花と緑のスペース構成(箕面市・勝尾寺、池田市・久安寺、吹田市・関川邸、渋谷区・今里邸、大阪市・クラブ関西、、など11箇所)/海外の作品3選(アウスブルク市日本庭園、ハンブルク大学植物園、イタリア・フラワーショウ出展作品)/都市の外部空間(三井物産本社ビル、東池袋中央公園、大正海上火災本社ビル、新宿N・Sビル)/荒木芳邦「私の庭づくりのポイント」(聞き手龍居竹之介)/イギリス人の庭師見習 W・レイ・スミス「日本庭園の渋味」他
庭 別冊52−近作の庭を追う
庭 別冊52
¥3,000 建築資料研究社 昭61 192頁 背ヤケ色褪せ 
−近作の庭・5人の作者の6作品−
中瀬操(世田谷区・神田きくかわ、中野区・野村邸) 
伊藤邦衛(新宿区・ステーキハウスふじた) 
鈴木昌道(文京区・白河邸) 吉村金男(足利市・本経寺) 
市川鉄雄(静岡市・海野邸) 田籠善次郎(府中市・富樫邸) 
作品解説 
安達磋登至、大貫誠一、菊池好己、三船健吉「若手によるプランの庭づくり」 
小形研三「作品をめぐっての対話」/
浜松城にできた日本庭園 伊藤邦衛氏設計の浜松城公園 伊藤邦衛「浜松城公園日本庭園」/
街中のリサイクル 蚕糸の森公園、馬橋公園、駒場野公園、文理台公園 付・緑の公園/
ボランティアの庭づくり 現代庭園研究会の奉仕研修 及川玄「特別養護老人ホーム七峰荘・緑化奉仕研修会に寄せて」 高橋永郎「七峰荘の庭園」 奉仕庭園と現代庭園研究会/
2つの造園コンクールから(東京都造園コンクール、庭園設計表現コンクール) 龍居竹之介「明日への庭の手がかりに」/
お庭拝見・造園コンクールで注目の植光作品(狛江市・石原邸、葛飾区・西光寺、狛江市・青山邸) 鈴木一光「造園コンクールで見た私」/
旧文再見 大正期の庭園論から(再録・黒田鵬心「自然と芸術と庭園」 長岡安平「別荘庭園の話」 逸名宗匠「茶庭雑話」)/
龍居竹之介「おりおりの庭園論8・何が庭を支えるのか」/他
庭 別冊53−すまいの庭技法
庭 別冊53
¥3,500 建築資料研究社 昭62年1月 192頁 背ヤケ、色褪せ、背痛み有 
−金子直作作品によるすまいの庭6選(神奈川県厚木市・小瀬村邸、横浜市港北区・窪田邸、横浜市緑区・工藤邸、横浜市緑区・金子邸、世田谷区・宮崎邸、川崎市高津区・大島邸) 作品解説・金子直作作品によるすまいの庭6選/
平山勝蔵「目黒で盛んに行われていた芝の栽培」/
斉藤勝雄の庭技−卒寿を過ぎてなお旺盛な制作ぶりを
(調布市・多田邸、大宮市・増田邸、茂原市・正林邸、杉並区・観泉寺、東金市・本松邸、熱海市・渡辺別邸、鹿島郡・向山邸(7点)) 作品解説・斉藤勝雄の庭技 自伝・九十四歳のあゆみ斉藤勝雄 
著書拝見『小庭園』にみる庭技(再録『小庭園』−小庭園というもの/新時代庭園の方向とその基本方式/のき先にすぐ塀のある庭/一坪−五坪の庭) 
斉藤勝雄・その人と庭技(阿島七郎「庭師というより哲学者」 小口基実「斉藤勝雄先生の人柄」 大平暁「斉藤先生の風体」 金子直作「市井の学究の徒であり職人気質の人」 序文にみるそにの人と庭技) 作品リスト/
龍居竹之介「おりおりの庭園論9 思いつきからの展開」 現代庭園のありかた−西田富三郎氏の論考から/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅 この庭−愛知・一宮、稲沢周辺《美術館と歴史の香り》」他
庭 別冊55−特集・小形研三作品抄 ¥3,800 建築資料研究社 昭62年5月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み −特集・小形研三作品抄 雑木の庭の四季−福武書店迎賓館庭園 小形研三「私の作庭術」/住宅庭園8選(江戸川区・三井邸、港区・レブロン社庭園、他) 住宅庭園17題/水と緑のスペース構成(栃木県公館、山梨市万力公園、沖縄県・熱帯ドリームセンター、他)/海外作品4選(ボンベイの日本庭園、リマの日本庭園、ワシントン日本大使館の茶庭、他) 小形研三「私の履歴書」/小形研三 その人と作品(飯島亮「小形研三氏の雑木の庭」他)他
庭 別冊56 −瀬戸内の庭特集
庭 別冊56
¥3,000 建築資料研究社 昭62 背シミ有
現代福山の庭・福山の作庭グループ「庭朋会」その16人 庭朋会の作庭から1−
池下照年作品(福山市宮前町・小林邸)、
小畠卓治作品(福山市神村町・国本邸)、
松本義光作品(深安郡神辺町・宮部邸)、
栗村実生作品(福山市・M邸) 
作品解説 熊谷潔「私と庭朋会」 小形研三「福山・庭朋会の人たち」/
庭朋会の作庭から2 作者自身によるモノクロ写真と解説−
池下照年(福山市松永町・吉村邸) 
小畠卓治(尾道市山波町・福岡邸)、
松本義光(深安郡神辺町・定藤邸) 
栗村実生作品(福山市葛西町・粟村邸) 
河野堅(沼隈町・吉岡邸) 
佐藤滋雄(福山市三吉町・安部邸) 
竹本卓二(御調郡久井町・小林邸) 
北村智志(福山市千田町・K邸) 
小坂和生(福山市御幸町・角田邸) 
洲崎賢次(福山市東吉津町・森近邸) 
藤井宏之(岡山県井原市・岡本邸) 
田中泰正(福山市加茂町・石井邸) 
加藤久太郎(福山市多治米町・高蓋邸) 
猪原昭造(深安郡神辺町・猪原(邦)邸) 
小野登身(府中市中須町・吉川邸)/
庭朋会の作庭から3−
河野堅作品(沼隈町・連石邸) 
佐藤滋雄作品(福山市曙町・藤原邸) 
竹本卓二作品(三原市田野浦町・中川邸) 
北村智志作品(福山市野上町・岡本邸) 
小坂和生作品(福山市横尾町・丸竹邸) 
洲崎賢次作品(芦品郡・T邸) 
三好裕則作品(岡山県笠岡市・加藤邸) 
藤井宏之作品(深安郡神辺町・白川邸) 
田中泰正作品(福山市多治米町・北村邸) 
加藤久太郎作品(福山市・H邸) 
猪原昭造作品(深安郡神辺町・猪原(角)邸) 
小野登身作品(福山市紅葉町・登葉亭) 
作品解説 佐藤滋雄「福山の庭園材料」/
備後ところどころ−庭と名所と 福山城、明王院、日本はきもの博物館、尾道古寺めぐりなど22箇所/
作庭グループ「庭朋会」 私の庭づくり/
庭園産業とまちづくり1−沼津コミ研主催のシンポジウム記録/
龍居竹之介「おりおりの庭園論12・庭の幸せ不幸せ」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この旅 東京・町田市を行く『都市化の中のオアシス』他
庭 別冊57−近作の庭特集 5人の作者の12作品−上野周三、平井孝幸、寺田小太郎、野村修、雨宮徳治 ¥3,500 建築資料研究社 昭62年9月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み −近作の庭・5人の作者の12作品−上野周三、平井孝幸、寺田小太郎、野村修、雨宮徳治 私の作庭論(上野周三「職人になってはいけない」 平井孝幸「住宅庭園」 寺田小太郎「雑感」 野村修「『師の恩』」 雨宮徳治「雑木の庭」/旧文再見 小庭造りのポイント(近藤正一『小庭園築造法』)/アメリカで庭を彫る 伊藤邦衛「イーストガーデン迎賓館の引き算技法」 針ヶ谷鐘吉「開化期海外渡航者の西洋庭園観」/
庭 別冊58−特集・すまいの庭を競う ¥3,000 建築資料研究社 昭62 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み 背上部痛み有 −にいがたの庭 越後の庭作品パネル展(池田昭平、石川昇造、猪股俊雄、遠藤太一、神田松太郎、後藤石水、竹内嘉造、野俣正之作品(22箇所) 解説 図面で見るパネル展の庭 小形研三「作品展を見て」 私たちの見た庭研とパネル展/土沼隆雄「ポートランド・レポート」/池谷大三郎 庭景展−すまいの庭フォト87,秋冬編(8箇所) 池谷大三郎「すまいの庭を競う」 作品解説/東風(こち)庭園研究会作品展/岩谷浩三「パリで庭を語り茶を点てる」他
庭 別冊59−茶庭2人集 金綱重治作品・吉田正吾作品
庭 別冊59
¥3,500 建築資料研究社 昭63年1月 192頁 背痛み 
−特集1・金綱重治作品に見る用(茶事)の露地 −
神奈川県川崎市・竹本邸、埼玉県入間郡・石井邸 金綱重治「大和絵と雑木の出合い」 作品解説・用(茶事)の露地/
借りられる茶室ガイド 名席100選/
旧文再見 −老茶室師の絵と露地古書 秋井繁之助・茶室関係スケッチ 古書『露地聴書』/
特集2・吉田正吾作品に見る景(すまい)の露地 −
北区上中里・城官寺、文京区白山・奥野邸、豊島区駒込・平邸 作品解説・景(すまい)の露地/
露地アラカルト 1・吉田正吾「露地の植栽とその技法」 2・蹲踞とそれにまつわる小道具 3・『茶道寶鑑』に見る露地と茶室の小道具/
龍居竹之介「おりおりの庭園論15・古きと新しきと、そして・・・」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅 この庭 東京・葛飾柴又《帝釈天・矢切の渡し・水元公園》」/他
庭 別冊61−雑木の庭の系譜 ¥5,000 建築資料研究社 昭63年5月 192頁 背ヤケ色褪せスレ痛み −雑木の庭の系譜 初台余影−飯田十基作品から(渋谷区初台・飯田邸、府中市多摩町・南山亭、他)/幡ヶ谷余情−小形研三作品から(大田区田園調布・松岡邸他) 飯田十基「雑木中心の数奇屋式庭園」 小形研三「私の雑木論」/湘南蕭々−大胡隆治作品から(横浜市金沢区・大胡邸、二松庵、他) 大胡隆治「庭づくりその思い出」/雑木ガイド48種・スケッチで見る雑木の姿/小形研三遺作2題(福武書店迎賓館庭園、国際レジャー博覧会政府出展日本庭園) 座談会「これからの小形イズム」他
庭 別冊62−特集・現代すまいの庭
庭 別冊62
¥3,000 建築資料研究社 昭63 住宅と庭の融合(足立丈夫・住宅設計、金子文治・造園設計)
−(文京区本駒込の庭、文京区小日向・茗荷谷の庭、文京区大塚の庭、杉並区和泉の庭、文京区千石・林町の庭、文京区千石・丸山町の庭、杉並区荻窪の庭)(7箇所) 
作品解説・建築家と造園家による住宅と庭の融合 
足立丈夫、金子文治・対談「すまいづくりから街づくりへ」/
御殿場の庭2題(福川成一・設計、照井造園・施工、梶原造園・管理)
−レストランの庭(静岡県御殿場市萩原・オーベルジュスミ)、別荘の庭(静岡県御殿場市萩原・I邸) 
福川成一「作品解説・二つの庭の物語」 福川成一「住宅の庭考」/
庭のいまむかし1 小形純一「ブリスベーンに咲く庭 88年レジャー博覧会から」/
アンケート・小形スクール卒業生たちの今・続(12名)/
庭のいまむかし2 「1910年代名園のおもかげ『茶室庭園画帖』から」−庭園美8景(松浦伯爵邸・蓬莱園、細川侯爵家・浜町別邸庭園、木戸侯爵家・駒込別邸庭園、酒井伯爵邸庭園、大倉氏邸庭園、海部氏邸端之寮庭園」) 
茶室美の6態(松浦伯爵邸心月庵、井上公爵邸・八窓庵、東京帝室博物館・六窓庵、吉野氏別墅茶室、平岡氏邸湛浩庵、太宰府天満宮・燕庵) 
石造美の8姿(蓬莱庵石燈籠、東京帝室博物館化燈籠・湯屋石燈籠、松平伯爵邸太秦石燈籠・伝豊太閤遺愛石燈籠、三渓園石燈籠、東京帝室博物館四方仏水鉢、松月斎庭園車輪形水鉢)/
庭のいまむかし3 日光江戸村の庭2題(黄金の茶室路地、旗本屋敷の庭)/
石彫家・浜田彰三さんの近況から/
平山勝蔵「目黒の古い田舎ことば」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論18 造園の興廃は何にかかる?」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅 この庭−名古屋市周辺《緑と芸術・市美術館など》/
50−61号総目次/他
庭64−住宅庭園7選/水・光・緑のリゾート空間
庭64
¥2,000 建築資料研究社 昭63年11月 192頁 背ヤケ、色褪せ 裏表紙折れ 
−住宅庭園7選・
中村寛(小田原市・小澤邸 中野区・塩津邸)、
北澤周平(上尾市・永倉邸、文京区・A邸、横浜市・平岡邸)、
廣瀬慶寛(船橋市・船橋邸、鎌倉市・進藤邸) 
作品解説 作庭私論−中村寛「作庭随想」 北澤周平「造形的作庭私論」 廣瀬慶寛「主観的表現としての庭」/
近作誌上展 
松本邦博(上尾市・大久保邸、浦和市・北村邸) 
藤野三樹(世田谷区・仁谷邸、中野区・松井邸、新宿区・真壁邸) 
作品解説 松本邦博「私の庭作りと原風景」 藤野三樹「心を遊ばせる仕事」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論20 作意と作風に思う」/
水・光・緑のリゾート空間 
鈴木昌道「リゾートホテルのランドスケープ」 
9人が語る 浦安・シェラトンのリゾート空間 服部正也「参加する庭」 ピーター・トンプソン「くつろぎの空間」 福士勝夫「計画のプロセス」 石井弘「シェラトン・ホテルの庭園」 池田朴山「星晨」 野口美知子「作品との出会い」 安元英行「施工裏話」 国谷正三「仕事を終えて」 吉村純一「完成までのプロセス」/他
庭65 −ニイハオ天寿園/近作誌上展
庭65
¥1,500 建築資料研究社 昭63 ニイハオ天寿園 中国庭園、天寿園その細部と夜景、日本庭園 谷村貴「天寿園の構想」 中根金作「谷村繁雄とその庭」 北村信正「中国庭園技術の日本でのみごとな結晶 天寿園」 天寿園みてある記 川崎にもある中国庭園「瀋秀園」/
井上花子「造園シンポジウムのあゆみと課題 日本造園アカデミー会議の事業から」/
西桂「国の文化財になった旧大岡寺庭園(兵庫)」/
山下純一「茅門の葺き替えと厚生園」 葺き替えの手順(モノクロ写真32点図解)/私の作庭ノート−全国からの6作品(向川外樹園、守口造園、もちお造園)/
龍居竹之介「おりおりの庭園論21 「わざ」の見きわめ方」/
近作誌上展 矢島茂作品(北葛飾郡・小川邸、春日部市・須田邸) 木下照信(浦和市・京佳楽) 作品解説  矢島茂「俳句と庭」 木下照信「私の庭作り」/
シェラトンのリゾート空間2 市原博文「庭園工事物語」
庭66−特集・都市空間の演出/中瀬操作品集
庭66−特集・都市空間の演出/中瀬操作品集
¥2,000 建築資料研究社 平成1年3月 192頁 背ヤケ 色褪せ −典座坊八山西湖庵に見る建築と庭−都市空間の演出/中瀬操作品集−現代の庭造り考他
庭68−特集・暮らしの中の水と庭/庭の空間構成
庭68
¥2,000 建築資料研究社 平1年7月 192頁 
特集・水庭舎−暮らしの中の水と庭(西野建築研究所・建築設計、熊谷組・施工、東和植物園・造園) 
現代住宅と水、民家の庭と水 西野善介・作品解説 西野善介「水庭舎 作水記」 高橋光夫「水庭舎 作庭記」/
異色の庭アラカルト−国内外の作品をひろう(
1・R・ボーモント作のゴルフ場の庭(R・ボーモント「塩河ゴルフコース庭園の構想」 大平暁「R・ボーモント氏のこと」) 
2・スミス作の日本風の庭(W・レイ・スミス「庭に「渋み」を植える」) 
3・沢野多加史のロンドン便り(沢野多加史「イギリスの日本庭園」) 
4・荒木芳邦のキューバの日本庭園(オルフィリオ・ペライエス「ハバナに日本公園生れる」)/
私の作庭ノート−甲府・横浜などの庭 
田中造園(甲府市湯村)・作品(甲府市・東光寺(庫裏)、甲府市古府中町・小野邸、甲府市・吉村邸、東山梨郡勝沼町・前田邸、甲府市山宮町・永田邸) 田中徳夫・解説、
昭風苑鈴木(川崎市多摩区)・作品(東京都練馬区・廣徳禅寺、横浜市緑区・大曽根邸(株式会社丸善、ギャラリー夢生庵)) 鈴木昭次・解説/
白幡洋三郎「日本庭園史研究のゆくえ−大山平四郎さんの投稿「半身不随の日本庭園史学界」を読んで」/
あしたの造園へのステップ−第15回全国造園デザインコンクールから(18図)/
江戸川区から2つのたより−下小岩親水緑道、フラワーロード/
平野侃三「レジャー博日本庭園おもいつくまま(再掲載)/
龍居竹之介「おりおりの庭園論24 人工の自然、その悲喜劇」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 南信州・伊那路の旅−《飯田から駒ヶ根、高遠へ》」他/
特集・待季荘に見る庭の空間構成(信原修・撮影 星進・設計、北澤造園株式会社・施工) 
待季荘に見る庭のディテール 星進・作品解説「待季荘(友延邸)の庭 「星さんの作庭論」(北澤周平・聞き手)
庭72−特集’90ぶんごの庭の世界/人と作品 山口正義の庭技
庭72
¥2,000 建築資料研究社 平2年3月 192頁 表紙ヤケ、シミ 
1990ぶんごの庭の世界−
久士目隆作品(別府市扇山町・荒金邸、大分市青葉台・喜多嶋邸) 
梶原康生作品(別府市南立石・料亭とみなが、大分市南春日町・藤田邸) 
御手洗達雄作品(大分郡湯布院町・山のホテル夢想園、大野郡三重町・佐藤邸) 
加藤正雄作品(別府市駅前町・三昧堂、臼杵市祇園洲・春光園) 
小松ていとく作品(速水郡日出町・工藤邸、速水郡山香町・伊藤邸) 
庄司利行作品(別府市東荘園・高橋邸、大分市高崎・草場邸) 作品解説 作者の横顔/
ねんりんぴっく’89おおいた大会に見る大分造園人のパフォーマンス 豊の国の庭づくり展 藤田洋三「大分の庭と庭師たち」/
大山平四郎「半身不随の日本庭園史学会 その3」/
進士五十八「歴史的庭園の保全と活用への潮流」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論28・思い入れは正しく」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 はとばす見聞記『花のお江戸を行く』」他/
人と作品 山口正義の庭技(わざ)
−別府市山ノ手町・林(S)邸、別府市新別府・林(Y)邸、別府市荘園町・安東邸、大分市牧・幸邸、大分市舞鶴町・寺司邸 作品解説 「山口さん、その庭技を語る」 人と作品評−中根金作「庭師山口正義氏との出逢い」 山口正義プロフィール/他
庭73−4人の造園家by岡山/春からの下草18種
庭73
¥2,500 建築資料研究社 平2 192頁 背ヤケ色褪せ 
−4人の造園家by岡山−福田義勝、斉藤澄夫、三宅秀俊、岩本敏男/
大山平四郎「半身不随の日本庭園史学会 その4」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論29・庭に求めるもの」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 武蔵野散歩『雑木林と美術館二題』」他/
久保篤三さん京の技を東京で披露/
野々村通雄「春からの下草18種」−ヒマラヤユキノシタ、カンアオイ、スハマソウ、ハラン、ツルニチニチソウ、ヒトリシズカ、ムサシアブミ、オモト、タツナミゾウ、ホタルブクロ、アカンサス、ヤブミョウガ、フッキソウ、ミズヒキ、ヤブコウジ、ゲンノショウコ、ホトトギス、キチジョウソウ/他
庭78−特集・長崎の庭の世界/湧水の街島原の伊東家庭園
庭78
¥2,000 建築資料研究社 平3年3月 192頁 
長崎の庭の世界(信原修・写真)−宮本秀利、今冨志伸、引地和信、富永和博、元川義規・作庭/座談会「これからの長崎の庭園を考える」/湧き水の街・島原の伊東家庭園」/ほか
庭79−特集・海と都市に広がる公園/文化財の庭にしひがし
庭79
¥2,000 建築資料研究社 平3 特集1・海と都市に広がる公園(信原修・写真)−千葉県立幕張海浜公園見晴園、神奈川県立大磯城山公園 作品解説・海と都市に広がる公園 
私見魅力ある公園とは(石井鬼十「デザインは進化しているか」 小林治人「「公共造園」を考える」 鈴木昌道「魅力ある公園を造るためには」 戸田芳樹「もっと過激な公園作りを!!」 
中田広和・文、写真「街中のリサイクル公園2−北区・滝野川公園、文京区・教育の森公園、小平市・小平市立中央公園、東村山市・東村山中央公園」 
座談会「私の見た公園(匿名)/
国宝の茶室「如庵」ストーリー 南篤治「国宝茶室如庵と露地」(昭和51年『造園』第7号より再録)/名席100選4/図面で見る数寄屋の外観/中田広和「取材を終えて」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論35・まず平面ありき」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 南房総・千倉『黒潮に育まれた文化とお花畑』」他/
特集2・文化財の庭にしひがし−長崎県福江市・石田城五島氏庭園、福井県福井市・一乗谷朝倉氏庭園、新潟県新発田市・清水谷庭園/他
庭80−特集・香川の庭の世界 ¥2,000 建築資料研究社 平3 特集1・香川の庭の世界(信原修・写真)−
高畑健一・作庭(三豊郡詫間町・粟島の庭、善通寺市上吉田町・上吉田町の庭) 
水本隆信・作庭(高松市中間町の庭、高松市木太町の庭) 
北嶋正美・作庭(綾歌郡綾歌町の庭、綾歌郡飯山町の庭) 
森川久・作庭(三豊郡詫間町の庭、観音寺市植田町・観音寺市の庭) 
今田正廣・作庭(丸亀市山北町・丸亀市の庭) 
堀家正俊・作庭(善通寺市上吉田町・善通寺市の庭、仲多度郡多度津町の庭) 作庭の解説・香川の庭の世界/
特集2・座談会「これからの香川の庭園を考える」
(今田正廣、北嶋正美、高畑健一、堀家正俊、水本隆信、森川久、信原修) 水本隆信「研究グループ紹介 香川県造園研究会」 アドレス・香川の造園人/
香川の異色作庭家・泉久さんの2作品(ストーン・サークルのある風景、自邸の庭) 解説 泉久さんプロフィール「自由な精神の持ち主」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論36・バランスを考える」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 神奈川・大山詣で『山岳信仰のメッカを歩く』」ほか/
特集3・交歓室−アンケート・ザ80−「庭」へのメッセージ(『庭別冊』から80号を迎えて79人回答) 庭とそれをめぐる世界へ−本誌メッセージから(加藤平一「大事な技術確立」 吉村金男「技量は燻銀のごとく」 門倉光正「地方植木屋の一考察」 下山重丸「『庭』誌の英訳談義」 創刊時代の〈交歓室〉再見/
特集4・讃岐の気候と風土が生んだ名園・栗林公園の風景(信原修・写真) 水本隆信「栗林公園のメンテナンス」/豊藏均「取材後記」
庭81−古都に花咲く法の庭/蛭田貫二作庭抄拾遺
庭81
¥3,000 建築資料研究社 平3 古都に花咲く法の庭−阿含宗総本山総本殿 釈迦山大菩提寺庭園(北山造園・作庭、信原修・写真)
−枯山水の庭、ひぐらしの庭、大仏の庭、ひぐらしの庭本庭 
作品解説 北山武三「阿含宗総本山の庭園について」 阿含宗と北山武三さん/
龍居竹之介「おりおりの庭園論37・水は生きている」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 山形県米沢市『上杉氏の城下町』」他/
蛭田貫二作庭抄拾遺(杉並区荻窪・大田黒公園、小金井市貫井南町・滄浪泉園、杉並区和田・立正佼成会法輪閣主庭、品川区豊町・戸越公園、神奈川県湯河原 町・湯河原すぎなみ荘、品川区東五反田・池田山公園、品川区大井・品川歴史館、西ドイツボン市・西ドイツガーデンショウ日本庭園 
作品解説 蛭田貫二「私の庭づくり」 
蛭田さんと私(佐藤昌「蛭田貫二君を偲ぶ」 宇埜正純「ピカピカに磨かれた靴」 村越善男「三十余年の呑み友達」 関昌俊「社長との四十一年」) 
蛭田植物園作品リスト、略歴/他
庭82−特集・水の庭 4人の世界/水との対話 ¥2,000 建築資料研究社 平成3年11月 192頁 特集・水の庭 4人の世界 河西力、伊藤良将、糟谷護、福田義勝(13箇所) 作品解説・水の庭 4人の世界/座談会・水の庭を考える(河西力、伊藤良将、糟谷護、福田義勝)/ランドスケープ・ジャーナル 西桂「城之越遺跡の発掘遺構について」他/庭を考える 特別研究会IN多賀全記録 吉田克朗「夏の刺激」/水との対話 茂庭弘、信原修−水と対話する二人の男の記録 茂庭弘「自然と造形」 信原修「水との対話」 豊藏均「人口と自然と」/他
庭83−京が育む6人の庭/スペース・アート・コンテスト ¥2,000 建築資料研究社 平成4年1月 192頁 表紙端折れ筋有、スレ有 京が育む6人の庭 藤井稔、猪鼻昌司、野田勉、玉井肇、比地黒義男、江夏大三郎・作庭(12箇所) 作品解説 作者からのメッセージ 座談会「京での庭づくり」(藤井稔、猪鼻昌司、野田勉、玉井肇、比地黒義男、江夏大三郎)/海外から2つの話 猪鼻昌司「私のロンドン紀行」 北村信正「西湖に遊ぶ」/新潟発・伝統庭園技塾通信「伝統をふまえた公園の庭づくり」/若者に募る スペースアートコンテスト 第一回ジャパン・アート・スカラシップ作品発表展覧会から グランプリ受賞(赤坂知也)他
庭84−特集・民家の庭 ¥2,000 建築資料研究社 平成4年3月 192頁 四國民家博物館に見る民家の庭(信原修・写真) かずら橋、農村歌舞伎舞台、旧河野家住宅、砂糖しめ小屋、楮蒸し小屋、水と石垣、めがね橋、醤油蔵、丸亀藩番所、漁師の家、他/写真と図で綴る民家のにわ探訪 ガイド・四國民家博物館 「なぜ今、民家なのか」−四國村へのプロセスを加藤達雄理事長にきく/体験博物館・房総のむらとニワ 武家屋敷、上総の農家、農村歌舞伎舞台/幻の庭蘇る・長崎オランダ村ハウステンボスから 幻の庭を三百年ぶりに再現(パレス・ハウステンボスとその時代背景)他
庭85−肥後の庭・水前寺成趣園から現代まで
庭85
¥2,000 建築資料研究社 平4 肥後の庭・水前寺成趣園、大久保邸、梅香苑、他 作庭解説 肥後の庭の由来 作者からのメッセージ 岩下徳雄、上野信義、永田良朗、中山新之助、中野和文他/
熊本で行われている二つの植木市から/
国際的な緑の技術者を育む学校
庭86−土佐の庭の世界/石井鬼十の仕事6選 ¥2,500 建築資料研究社 平4 土佐の庭の世界(信原修・写真)−
川竹文男・作庭「安芸市伊尾木、安芸市土居」 
佐々木馨・作庭「香美郡土佐山田町、土佐市宇佐町」 
西原正、西原俊男・作庭「高知市幸崎、高知市瀬戸西町」 
植田隆雄・作庭「南国市小籠、南国市小蓮」 
宮地誠一・作庭「高知市横浜新町、高知市天神」 
岡崎証・作庭「高知市横浜新町、高岡郡佐川町」 
作庭の解説−土佐の庭の世界 
座談会「土佐の庭を語る」(石井鬼十、岡崎証、川竹文男、佐々木馨、西原正、西原俊男、宮地誠一)/
庭園と公園を考える 石井鬼十の仕事6選−
R邸(高知市知寄町)、R邸(高知市大津)、高知園芸高校中庭(吾川郡春野町)、なはり中央公園(安芸郡奈半利町)、大原緑地(高知市大原町)、ほたるの里河川公園(安芸郡安田町) 解説 
石井鬼十「庭園が文化として甦る時」 インタビュー・石井鬼十「庭園(にわ)から風景(ランドスケープ)までを考える」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論42−海外に見る「日本の庭」」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 蔵の町・喜多方−昔ながらの暮らしが今に生きる町」他/
土佐の古庭園探訪(池本家庭園、浦家庭園、小川家庭園(旧吉野園)、清美荘庭園、関川家庭園、青源寺庭園、乗台寺庭園、竹林寺庭園、山田家庭園)(9箇所)/随想再見 楠瀬洋吉「庭の話−随筆『麦般若』より」/
文化的所産としての庭を求めて 川添隆也「高知県庭園文化の会」/豊藏均「かたり草−取材を終えて」他
庭88−甲斐の作庭者5人の仕事/昇仙峡に育つ田中松男の仕事3選 ¥2,000 建築資料研究社 平成4年11月 192頁 甲斐の作庭者5人の仕事−川口浩の作庭(南巨摩郡身延町・身延町の庭、上沢の庭) 田中徳夫の作庭(中巨摩郡若草町、甲府市湯村) 梶原照久の作庭(中巨摩郡白根町、甲府市伊勢) 渡邊政文の作庭(南都留郡西桂町、都留市桂町) 名取満の作庭(中巨摩郡田富町、甲府市大里町) 座談会「甲斐の作庭を語る」 写真で綴る甲斐の自然と風土/昇仙峡に育つ田中松男の仕事3選(甲府市東光寺・誓願寺の庭、北巨摩郡白洲町・武井さんの庭、甲府市幸町・ヒロセさんの庭)/他
庭89−会津の庭 御薬園から現代まで/麟閣ものがたり
庭89
¥2,000 建築資料研究社 平4 背ヤケ色褪せ 
会津の庭 御薬園から現代まで(信原修・写真)
−会津若松市花春町・御薬園、喜多方市松山町・ほまれ酒造(雲嶺庵)、喜多方市字西町・大善、会津若松市大戸町・丸峰観光ホテル、他(関本造園土木、福島造園、大島造園、会津創苑、安達造園・作庭) 会津の庭、その流れ 長谷川秀一「御薬園の管理とイベント」 会津の名所と自然を訪ねて 庭の冬化粧・雪から植木を守るその技法(雪吊りのできるまで、雪囲いのいろいろ)/麟閣ものがたり/他
庭90−九州・宮崎の<庭の会>9人の作庭 ¥2,000 建築資料研究社 平成5年3月 192頁 表紙スレ有 九州・宮崎の<庭の会>9人の作庭・長友三郎(鹿野田の庭、浮田の庭) 川添和則(綾町の庭) 植田敏裕(船塚の庭) 服部裕昭(オフィスの庭、大塚町の庭) 真子司朗(生目台西の庭、生目台東の庭) 久富正哉(芳士の庭) 長友利信(平和が丘の庭、下北方町の庭) 水城哲昌(西都市の庭、右松の庭) 竹内勝彦(自邸の庭) 座談会「宮崎の庭の世界」/北川義男「大衆のめ・目・眼) 村田文雄「宮崎の造園概史」 豊藏均「写真で綴る日向の自然と風土」/他
庭91−現代阿波の庭 5人の作庭から
庭91
¥2,000 建築資料研究社 平5 現代阿波の庭 5人の作庭から−鈴江基倫 阿部ヒロ明 関口徹 春藤誠夫 金井博文 座談会「阿波の庭の今」 阿波の庭−その流れから材料まで/徳島アラカルト 古庭園を訪ねて/他
庭94−庭の中の自然 自然の中の庭 ¥2,000 建築資料研究社 平成5年11月 192頁 庭の中の自然 自然の中の庭(信原修・写真) 庭の中の自然・田中松男の世界 自然の中の庭・田中松男の昇仙峡  庭の中の自然・福田義勝の世界 自然の中の庭・福田義勝の鬼ノ城  対談「自然から得た作庭観」/井上花子「住宅庭園の花と緑のデザイン−日本造園アカデミー会議のシンポジウムから」/対談随想「自然に学んで」(野々村通雄、岩田勝之助)/香・クレセント「アメリカのライティング・テクニック」/杉並区の知る区ロードに見る都市の中の自然
庭95−水心苑の景観美/現代秋田の庭9選
庭95
¥1,500 建築資料研究社 平5 水心苑の景観美 
山本繁雄「嗚呼『水心苑』」 安田静男「我が心の水心苑」 小西一三、小西由紀子「秋田を訪ねて」 名所めぐり 会田元吉「竹と私−竹に魅せられて」 男鹿石と秋田の庭 猪股和夫「秋田県造園緑化協同組合の活躍」/現代秋田の庭9選(信原修・写真)他
庭96−伊予の庭の世界/伊達家庭園天赦園24景
庭96
¥2,000 建築資料研究社 平6年3月 192頁  
伊予の庭の世界(信原修・写真)−
丸山耕太・作庭「東伊予市国安、越智郡菊間町」 
越智将人・作庭「越智郡大西町、今治市上徳」 
佐伯泰樹・作庭「新居浜市八幡町、周桑郡丹原町」 
久保雅宣・作庭「松山市南久米、伊予郡松前町」 
座談会「伊予の庭を語る」(越智将人、久保雅宜、佐伯泰樹、丸山耕太)/
伊達家庭園天赦園24景 河野傳「幕末に作庭した天赦園」/
頑張ってます!女性たちの庭の世界 
小泉千尋「コケの美しさに魅せられて」 
土田祐子「地球大好き!!庭は身近な緑です」 
大野圭子「心和む庭をつくっていきたい」 
藤本邦子「花がいつでも咲いている庭が好き」 
井口百合香「「女性庭師講座」の手ごたえ」 
河村講師参加による座談会「今は庭に夢中」(河村素山、小澤美恵、小町佐知子、夏川千鶴)/
龍居竹之介「おりおりの庭園論52 庭のせつなさ辛さ」/
ランドスケープ・ジャーナル 
右田順子「あの旅この庭 山梨・昇仙峡探勝 渓谷美と宝石と美術館」他/
探訪伊予路の自然と風土(清流のある風景−滑川の集落・海上、木蝋で栄えた町−内子町の街並み、伊予路の手仕事−和蝋燭一筋五十年(五代目大森弥太郎さん)、石垣は人のまことのつみかさね−石垣の村・外泊) 
豊藏均「かたり草−取材を終えて」
庭98−長州の庭の世界/萩藩御用商人菊屋家の庭園
庭9
¥2,000 建築資料研究社 平6年7月 192頁 
長州の庭の世界(カラー写真30頁 信原修・写真) 4人8箇所 
森和義・作庭「日の出町の庭、中土居本町の庭」 
山下清見・作庭「安養寺の庭、新田の庭」 
平尾照美・作庭「宮野下の庭、吉敷の庭」 
廣兼聡・作庭「福栄の庭、土原の庭」 
作庭の解説 座談会「長州の庭を語る」(平尾照美、廣兼聡、森和義、山下清見) 作庭者プロフィール/
萩藩御用商人・菊屋家の庭園(カラー写真32頁モノクロ写真1頁 信原修・写真) 
西桂「菊屋家住宅と庭園」 百田昌夫「庭の伝承・庭の記録(山口県の場合)」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論54 庭と旅とのからみ合い」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 信州・松本散歩」他/
探訪 長州の古庭園33選(常栄寺庭園、毛利邸庭園、宗隣寺庭園、普賢寺庭園、福正寺庭園、松巖院庭園、通化寺庭園、高山寺庭園、太陽寺庭園、正覚寺庭園、山崎八幡宮庭園、阿弥陀寺庭園、桂家庭園、瀧谷寺庭園、妙喜寺庭園、善生寺庭園、禅昌寺庭園、大内氏館跡庭園、本覚寺庭園、旧長府毛利邸庭園、諏訪家庭園、妙青寺庭園、神上寺庭園、大寧寺庭園、明林寺庭園、常徳寺庭園、了性院庭園、萩城東園、花の江茶亭庭園、大島家庭園、大照院庭園、桂太郎旧宅庭園、旧湯川家庭園)/
豊藏均「かたり草−取材を終えて」
庭99−「ホテル ニドム」の美/札幌芸術の森逍遥
庭99
¥1,500 建築資料研究社 平6年9月 192頁 端スレ 
「ホテル ニドム」の美 
ホテル ニドムのあらまし 岩城庄次郎氏に聞く「「ホテル ニドム」の造園について」 北の大地と庭のありよう 北海道の造園事情 北方造園資料館がオープン/
戸田芳樹「三ツ池に咲く無窮花(ムングンファ)の国の庭−コリア庭園との2年8か月」 
小口基實「海印寺形石灯篭(韓国)の復元−柚子の木形石灯篭の源流」/
石彫で緑道の雰囲気づくり−篠田堀と浜田彰三作品/
中村和文「私の壁面利用」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論55・趣味家と専門家」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 静岡県・伊豆高原『小さな美術館めぐりでほのぼの気分』/
札幌芸術の森逍遥・ガイド札幌芸術の森/
札幌周辺を訪ねて(国営滝野すずらん丘陵公園、野幌森林公園、百合が原公園、北海道大学)/他
庭100−特集・作庭の源流を探る ¥2,000 建築資料研究社 平6 特集・作庭の源流を探る(信原修・写真)−豊藏均「憧れの夢の風景」(樹の景、水の景、石の景) 
自然の中の優美な世界、庭と自然の対話(茂庭弘、信原修・座談 豊藏均・聞き手)/
龍居竹之介「おりおりの庭園論56 庭の美しさとは何か」/
柳生流作庭術(豊藏均・写真) 柳生博・作庭(山梨県北巨摩郡大泉村・K邸の庭、山梨県北巨摩郡大泉村・F邸の庭、山梨県北巨摩郡大泉村・八ヶ岳倶楽部の庭) インタビュー・柳生博「柳生流 作庭のフィロソフィー」(聞き手・豊藏均)/他
庭101−「十彩回廊」の匠
庭101
¥1,500 建築資料研究社 平7 − 「十彩回廊」の匠・「錦」「雅」「風流」「傾奇」「宴」「粋」「侘」「幽玄」「山紫水明」「悠久」/
第11回全国都市緑化フェア「十彩回廊」について 吉 田昌弘/平安建都にちなむ庭「平成の庭づくり−1200年の挑戦」井上剛宏/緑化フェア会場めぐり/東西に見るスポット・ガーデン
庭102−美しさを育む自然への同化 九年庵庭園/現代佐賀の庭8選
庭102
¥2,000 建築資料研究社 平7 美しさを育む自然への同化 九年庵庭園(信原修・写真) 吉川需「旧伊丹別邸庭園(九年庵)の指定」/現代佐賀の庭8選(大坪九州男、緒方義憲、高嶋親則、山口孝司)/他
庭104−佐賀有田其泉荘の庭と自然/伊万里庭園研究会6人の仕事
庭104
¥2,000 建築資料研究社 平7 佐賀有田其泉荘の庭と自然−オーナー、建築家、作庭家の語る其泉荘 オーナー・蒲地昭三「友、遠方より来たる、又楽しからずや」 建築家・川橋理俊「風土の中に根づく其泉荘」 作庭家・石丸春光「庭と自然と建築が結ぶもの」/伊万里庭園研究会6人の仕事(石丸春光、仲尾光法、中島利夫、福島信弘、宮崎三誉、山口幸夫)/伊万里・唐津の奇観(伊万里のミステリースポット−白蛇山岩陰遺跡、柱状節理の造形−唐津の七ツ釜)/インタビュー・庭をめぐる人々2「向島百花園内茶亭さはら佐原洋子さん」/他
庭107−杜の都・すまいの庭/庭師 伊藤義明がつくる自邸の庭
庭107
¥1,500 建築資料研究社 平8 杜の都・すまいの庭(信原修・写真)/広瀬川・ケヤキ並木ウォーキング/庭師 伊藤義明がつくる自邸の庭/他
庭110−広島岩国・山陽の庭の世界/広島の悲劇から51年 名勝縮景園のすべて
庭110
¥2,000 建築資料研究社 平8年7月 192頁 背ヤケ、スレ、色褪せ 
−広島岩国 山陽の庭の世界(信原修・写真) 
岡野正造・作庭(広島市東区・馬木の庭) 
山田秀二・作庭(広島市安佐北区・落合南の庭、山口県岩国市・海土路町の庭) 
有江淳二・作庭(広島市安佐南区・安東の庭、広島市佐伯区・海老園の庭) 
村田卓雄・作庭(広島市安佐南区・上安の庭、広島県双三郡・吉舎町の庭) 
村重徳保・作庭(山口県玖珂郡・美和町の庭、山口県光市・光井の庭) 
庭と作庭者の横顔 座談会「広島と岩国の庭を語る」(有江淳二、岡野正造、村重徳保、村田卓雄、山田秀二)/
広島の悲劇から51年 名勝縮景園のすべて(信原修・写真) 『縮景園史』再見−築造から昭和の復旧まで/
針ケ谷鐘吉「北原白秋が詠んだ東京の公園」/
インタビュー・庭をめぐる人々8・大正・昭和の庭匠と歩んで 樋沼恕(中)/
龍居竹之介「おりおりの庭園論66 よい眺めを保つには・・・」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 山梨・河口湖畔『ハーブと美術工芸館でメルヘンの装い』」他/
豊蔵均・写真、文「時を越えて輝く 木と石と泥の美」/
豊蔵均・写真、文「日本のピラミッドか?葦嶽山・謎の巨石群」/豊蔵均「取材余話 ひこばえ」他
庭111−紀州・御坊の庭/紀伊の名園を訪ねて
庭111
¥2,000 建築資料研究社 平8 紀州・御坊の庭 
岡谷造園・作庭(有田市・小池邸) 
山西造園・作庭(日高郡・志賀邸) 
作庭プランツ・作庭(御坊市・万楽寺) 
樋口造園・作庭(有田郡・平松邸) 
茂樹造園・作庭(有田郡・山本邸) 
清水造園・作庭(御坊市・大川邸) 
作庭解説 
作庭者4人からのメッセージ(岡谷善博「庭と私」 樋口明「親しみのある庭づくり」 清水保「心やすらぐ空間を」 山西幸夫「自然とともに考える」)/
和歌山花と庭園の祭典 林弘一「「きのくに花まつり」に参加して」/
ガンバッています「こもれび会」(岡谷善博、原吉平、古瀬達也、志賀健。塩路和志)/
紀州の渓谷と奇岩類/
施主とともにつくる庭−第二回東京の庭コンクール受賞者の作品から(森次郎、高須健文)/
市民のために開放された「発想の森」/
インタビュー・庭をめぐる人々9 樋沼恕(下)「大正・昭和の庭匠と歩んで」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論67 「日本の庭園」と「日本庭園」」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 兵庫・龍野『詩情漂う播磨の小京都』」他/
紀伊の名園を訪ねて1 養翠園の美と課題 
藤井清「養翠園とわが家」/
紀伊の名園を訪ねて2 
粉河寺庭園(逸木盛修「粉河寺の庭と歩んで」) 根来寺庭園 和歌山城西ノ丸庭園(紅葉渓庭園)、番所庭園などなど/
中田広和「取材を終えて」他
庭114 −東梅里門下4人による筑後の庭/久留米の作庭家 東梅里遺作集
庭114
¥2,000 建築資料研究社 平9 東梅里門下4人による筑後の庭(信原修・写真) 
馬場岩男・作庭(福岡県筑後市北長田の庭) 
高嶋幸雄・作庭(福岡県八女市中道端の庭) 
栗原龍男・作庭(福岡県大牟田市日の出町の庭)
鳥越孝俊・作庭(福岡県山門郡瀬高町の庭) 
作庭解説・東梅里門下4人による筑後の庭/
久留米の作庭家 東梅里遺作集
(福岡県久留米市・合楽・金光教の庭、福岡県小郡市・蒲池邸、福岡県京都郡・三原邸、福岡県京都郡・永末邸、福岡県久留米市・富安邸) 
作品解説・東梅里自作を語る 
再録・東梅里「私の庭づくり」 
東梅里プロフィール・作家的人生を歩んだ稀有な作庭家 
座談会・門下が語る 師・東梅里の世界(鹿毛英治、栗原龍男、行徳晴惠、執行善司、執行秀樹、高嶋幸雄、鳥越孝俊、馬場岩男、東昭 司会・進行 豊藏均) 
東梅里作・復刻版「ひねり人形展覧会」 自然の美しさを人形に表現/
インタビュー・庭をめぐる人々12・東京の造園界を支える 村越善男(下)/
龍居竹之介「おりおりの庭園論70 眺めを盛りあげることとは」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 東京・谷中七福神『上野−日暮里−田端 江戸の風流を偲ぶ』」他/
豊蔵均「筑後の小京都 秋月を歩く」/
豊蔵均「取材余話 ひこばえ」他
庭115−三河の庭9選/甦った三河の名園・尚古荘
庭115
¥2,000 建築資料研究社 平9 三河の庭9選(信原修・写真) 
鈴木富幸・作庭(額田郡幸田町・鈴木邸) 
今井淑夫・作庭(岡崎市本宿町・手島邸) 
名倉重光・作庭(西尾市小間町・永田邸) 
鈴木利行・作庭(高浜市二池町・神谷邸) 
高須政之・作庭(西尾市矢曽根町・高須邸) 
住田孝彦・作庭(西尾市伊藤町・池内邸) 
稲垣猛・作庭(西尾市永吉町・横山邸) 
高山男成・作庭(西尾市駒場町・新の家) 
柵木伸一・作庭(西尾市細池町・岩瀬邸) 
作庭解説・三河の庭9選 
座談会「庭への思いと私の夢」(鈴木富幸、今井淑夫、名倉重光、鈴木利行、高須政之、住田孝彦、稲垣猛、高山男成、柵木伸一) 
緑西会と私たちの思い 緑西会が見た三河の横顔 変化に富む平原の瀧と沢/
インタビュー・庭をめぐる人々13・東京の町家の庭づくり 野村松太郎さん/
中澤利江「日の出町の庭 緑の森の一角獣座のゆくえ」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論71 大切な「庭園設計」の設計」/
ランドスケープ・ジャーナル 
右田順子「あの旅この庭 栃木・蔵の街散策『巴波川のほとりを歩く』」他/
甦った三河の名園 尚古荘(信原修・写真) 
岩崎明三郎に聞く尚古荘(牧富也、美津子・聞き手) 
牧富也、牧美津子「父、明三郎と尚古荘の思い出」 
高須清仁さんに聞く「松と苔と笹の名園」 
アルバムに見る尚古荘/
中田広和「取材を終えて」他
庭116 −緒方繁二郎の世界/日向景修園の風景づくり
庭116
¥2,000 建築資料研究社 平9 九州・佐賀が生んだ天衣無縫の作庭家・緒方繁二郎の世界
(福岡県甘木市・福岡センチュリーゴルフクラブの景観、佐賀県神埼郡・八谷邸の庭、福岡県久留米市・山田邸の庭) 
作品解説・緒方繁二郎自作を語る 
緒方繁二郎「作庭は、男の生きざま」 
緒方繁二郎プロフィール・奔放磊落な佐賀っぽ/
宮崎県の景勝地を一堂に修める 日向景修園の風景づくり 下村清「景勝地を修めた庭」/
鼎談「地域の庭づくりを語る」(黒木博、下村清、緒方繁二郎)/
豊藏均・文、写真「探訪・日向の国宮崎の風景(天孫降臨ゆかりの地・高千穂峡、日向の小京都・飫肥の城下町、神々の造形?・えびの高原、鬼たちの造形?・青島の隆起海床と奇形波蝕痕、アメニティに根ざした道づくり・沿岸修景の極致)」/
インタビュー・庭をめぐる人々14・いまを生きる造園家 中島健(前)/
龍居竹之介「おりおりの庭園論72 庭は言葉の自由広場」/
ランドスケープ・ジャーナル 
小口基實、戸田芳樹「ウィーン・シェーンブルン宮殿内、日本庭園発見の記」 
右田順子「あの旅この庭 岩手・遠野めぐり『「民話のっふるさと」を訪ねる』」他/
豊蔵均「筑後の小京都 秋月を歩く」/
鈴木誠「庭園デザイナー ジャック・ウィルツの世界」/
風景の修復を考える 景観を取り戻した龍王岬/
豊蔵均「取材余話 ひこばえ」他
庭119 −人と作品 田中松男の自然と造形
庭119
¥1,500 建築資料研究社 平9 人と作品 田中松男の自然と造形(甲府市・淨正院、円光院、など6点) 田中松男作品から探る自然と造形 作庭の源流を行く 山の学校 田中松男作庭語録「庭と自然に魅せられて」/
メルヘンチックな公園誕生/
住民参加で甦った都市の中の小川
庭120−火の国 中野和文の挑戦
庭120
¥1,500 建築資料研究社 平10 192頁 −火の国 中野和文の挑戦(中野和文・作庭6点) 中野作品にみる石の加工と壁面造園/渓流の美 菊池川を訪ねて/石と文化の街熊本/天草の島々と自然の造形美/他
庭121−造園家・大北望の装景/作庭家・森内正樹の造形
庭121
¥2,000 建築資料研究社 平10 造園家 大北望の装景(信原修・写真) 
大北望・作庭3点(兵庫県宍粟郡安富町・植木野の庭、兵庫県龍野市・龍野の庭、兵庫県加古川市・加古川の庭) 
解説・大北望作品から探る装景 大北望プロフィール・造園家たるゆえん/
作庭家 森内正樹の造形(信原修・写真) 
森内正樹・作庭3点(兵庫県神崎郡市川町・下瀬加の庭、兵庫県神崎郡市川町・牛尾の庭、兵庫県西脇市・西脇の庭) 
解説・森内正樹作品から探る造形 森内正樹プロフィール・生野石一筋の作庭家/
対談・大北望、森内正樹「心技一体の庭づくり」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論77 新鮮よし枯淡よし、されど」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 滋賀・建築の荘厳『MIHO MUSEUM−石山寺−三井寺』」他/
青柳均「作庭グループ 楽庭連と海外の庭づくり」 篠原あや子「バングラディシュの造園事情」/
多様化するガーデン 日本フラワー&ガーデンショーから(花の魅力がガーデンの魅力?、ライフスタイルの多様化に応える)/
豊蔵均・写真、文「但馬・播磨地方の光と影(兵どもの夢の跡・但馬の古城 武田城跡/
泥壁の美・但馬の小京都 出石の酒蔵/心を打つ職人技・播磨の城下町 龍野の町並み)/
豊蔵均「取材余話 ひこばえ」他
庭122−肥後の庭師 徳永新助の仕事/奥日田観光上津江シャクナゲ園に見る深山の自然
庭122
¥1,500 建築資料研究社 平10 肥後の庭師 徳永新助の仕事(信原修・写真) 
徳永新助・作庭3点(熊本市・久保田邸、大分県日田郡・奥日田観光上津江シャクナゲ園、熊本市・たけだや城見亭) 
作庭解説・肥後の庭師 徳永新助の仕事 
徳永新助「私の松づくりと幹曲げのポイント」 
庭づくりの原点となる冷牟田邸(大囿了、徳永新助・話) 
徳永さんが薦める「熊本の自然と風景」(御船七瀧/矢部、高森周辺/天草の島々/熊本城の石垣) 
徳永新助さんが語る「松から教わる人生と庭づくり) 徳永新助(松龍園)プロフィール/
花と夢の祭典・花園フラワーショー −フラワーショーの夢を追って/
龍居竹之介「おりおりの庭園論78 型を考える」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 福井・若狭小浜「『海のある奈良」に文化財を訪ねる」他/
奥日田観光上津江シャクナゲ園に見る深山の自然 上山正寿「奥日田観光上津江シャクナゲ園のルーツ」 シャクナゲ園五十年の歩みを追って 
深山の自然と風景(信原修・写真 中田広和・文)「シャクナゲ園のある上津江村の自然を訪ねて(集落と畑の景/暖流の景/杉林とケヤキ林の景)」/
中田広和「取材を終えて」他
庭123−現代美濃の庭5選/美濃の蔵元・小坂家の庭園
庭123
¥2,000 建築資料研究社 平10 現代美濃の庭5選(信原修・写真) 
小泉造園・作庭(多治見市宮前町・宮前町の庭、多治見市虎溪町・虎溪町の庭) 
平澤造園・作庭(岐阜市福冨・福冨の庭、岐阜市殿町・殿町の庭) 
愛和庭苑・作庭(各務原市蘇原・各務原の庭) 
解説・美濃の庭の横顔 
私の庭づくりと考え方(小泉茂章「織部の心を作庭に」 平澤稔郁「自然の中で」 石原和広「緑と鉄への思い」)/
美濃の蔵元・小坂家の庭園 古田和正「小坂家の庭を守る」/
ウダツが残る町・美濃の歴史的景観/
探訪民家の庭・飛騨高山編/
龍居竹之介「おりおりの庭園論79 広げたい庭の輪」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 福井・続・若狭小浜『仏像巡拝−鯖街道』」他/
山に樹を植える漁民たち(森は海の恋人、森の栄養が海の生物を育てる、山の民と海の民の交流、森なくして漁民は生きられなかった、なぜ海にとって森は大切なのか!?、流域に暮らす人々の思いやりは植林によって深まった)/
豊蔵均「取材余話 ひこばえ」他
庭124−小泉八尋の庭園美
庭124
¥2,000 建築資料研究社 平10 小泉八尋の庭園美(信原修・写真) 
小泉八尋・作庭5点(岐阜県土岐市泉町久尻・土本邸の庭、岐阜県土岐市泉五斗蒔・石黒邸の庭、岐阜県土岐市泉町久尻・長養禅寺の庭、岐阜県土岐市泉岩畑町・竜庵の庭、岐阜県可児市川合・渡辺邸の庭) 
解説・小泉八尋の庭園美を探る 作庭家 小泉八尋プロフィール・庭園美への探究 
対談「オーナーと語る庭園美」(土本公平、小泉八尋)/
美濃の名石匠 原幸夫さんの世界 石造美を味わう 原幸夫「石に打ち込む美」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論80 庭の生き方をめぐる課題」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 山形市と山寺『名刹−古庭園−瀟洒な建築郡』」他/
山本繁雄「大仙院庭園考」/
オランダから庭園美を求めて ケース・オーウエンスさんの世界 −オランダから愛媛の宇和町へ渡る ケース・オーウエンス「庭は空間の美」/
豊蔵均・写真、文「探訪 石垣の聚落(エキゾチックな村・名取の石積/青石垣の村・井野浦の青石文化)」 
岡崎直司・写真、文「伊予國・佐田岬 岬十三里の石垣群」/
豊蔵均「取材余話 ひこばえ」他
庭125 −NIWA’98
庭125
¥2,000 建築資料研究社 平11 庭NIWA’98(作庭家 福田義勝、作庭家 鈴木直衛、写真家 信原修・誌上展) 
河口聖「庭NIWA’98展について」 
夢の世界であそぶ庭(福田義勝・作庭、信原修・写真)−岡山県・神泉ビル、岡山県・三宅邸、岡山県・岡田邸 福田義勝のインスタレーションと庭のテーマ/
庭・造形の軌跡(鈴木直衛・作庭、信原修・写真)−静岡県・聚光院別院、静岡県・ホテル桂川、静岡県・リゾ・ランテ 季 一遊(とき いちゆう)、静岡 県・若竹の庄、栃木県・光厳寺、静岡県・島田の庭、静岡県・割烹しもむら、静岡県・函南の庭、静岡県・韮山の庭、静岡県・外原の庭、静岡県・鈴木邸、静岡 県・三島の庭(12箇所) 鈴木直衛のインスタレーションと庭のテーマ/
河口聖「1998「庭」展より」/
座談会「「庭NIWA’98」その心と出会い」(河口聖、福田義勝、鈴木直衛、信原修) 
作品展に寄せる五人の想い(並木英美「庭と絵画が共有するもの」 平瀬貴代「『庭’98』のもたらしたもの」 中野和文「NIWA’98作品展と私の想い」 K・岡田「福田さんの熱き心」 山下弘美「私の中の鈴木直衛の世界」 ギャラリーのイベントだより/
都市に見る国際芸術祭と彫刻街(立川国際芸術祭’98/彫刻の街「ファーレ立川」)/
安諸定男の海外と国内の話題から(フランスで「心」の日本庭園をつくる/庭を通して自然を学ぶ課外授業から)/
中田広和「取材を終えて」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論81 地域が庭を左右する」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 奈良・今井町『中世から現代に続く古民家の町並み」他
庭126−里山の風景/この人 詩人の庭づくり 小松貞徳の世界
庭126−里山の風景/この人 詩人の庭づくり 小松貞徳の世界
¥1,500 建築資料研究社 平成11年3月 里山の風景/九州・大分・国東半島の石造美術/この人 詩人の庭づくり 小松貞徳の世界/他
庭127−みちのくの庭をめぐる
庭127−みちのくの庭をめぐる
¥2,000 建築資料研究社 平11 みちのくの庭9選/奥会津に見る渓谷と渓流の美/福島市民家園に見るすまいと自然 街でみつけたすてきな街路/他
庭128−九州・長崎 雲仙旅亭・半水慮の庭/誌上公開「野生からの思考」展
庭128−九州・長崎 雲仙旅亭・半水慮の庭/誌上公開「野生からの思考」展
¥1,500 建築資料研究社 平11 九州・長崎 雲仙旅亭・半水慮の庭/誌上公開「野生からの思考」展−作庭家・田中松男と美術家・河口聖の織りなす叙景詩的空間
庭129−越路 富山すまいの庭
庭129
¥2,000 建築資料研究社 平11 越路 富山すまいの庭(信原修・写真)10点 
河合耕一・作庭(高岡市・岩黒邸、東砺波郡福野町・水尾邸) 
池田作治・作庭(富山市・高田邸、富山市・山田邸) 
渡邊明夫・作庭(富山市・亀谷邸、富山市・浅野邸) 
宗景昭・作庭(砺波市・安藤邸、砺波市・村上邸) 
堀田泰介・作庭(富山市・松寿庵、富山市・石坂邸) 
作庭解説・越路 富山すまいの庭 
私の庭づくりとその思い(河合耕一「庭の道」 池田作治「庭とともに六十数年」 渡邊明夫「私の庭への姿勢」 宗景昭「人との出会いで心を磨く」 堀田泰介「「最後の庭」」) 
作庭者5人のプロフィール/
堀田泰介「富山の庭の流れと古庭園」(造園の始まりとその流れ/富山の古い庭から) 
幻の庭「磯部の御庭」を探る 
思い出の「自然と竹垣の庭」展(千代嘉男「イベント回想記」 中田正道「あの時を思う」 堀田泰介「講習会の思い出」 宗景昭「あの日の思い出」) 
河合耕一「屋敷林の手入れ」 
富山に見るさまざまな活動から(城積みと桂垣を学ぶ、金沢の剪定を知る、その他の講習会) 
富山の庭を築いた久郷家代々(談話・池田作治、渡邊明夫、堀田泰介) 
北山台杉の魅力と剪定/
中田広和「取材を終えて」/
シェーンブルン宮殿 日本庭園の発足とその後 
中隆裕「シェーンブルン宮殿石庭の修復」 
戸田芳樹「ウィーン、シェーンブルン宮殿日本庭園の修復と新作庭園」 
小口基實「シェーンブルン宮殿の作庭」 
修復、作庭に参加して(滝柳嘉市、伊藤大也)/
龍居竹之介「おりおりの庭園論85 庭に見る「思うがまま」」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 長野・妻籠−馬籠『木曽路を歩けば歴史の記憶が甦る』」他/他
庭130−技術の取得から意識改革へ挑む 越智将人の庭/モノづくりとして作庭を捉える 丸山耕太の庭
庭130
¥1,500 建築資料研究社 平成11年11月 技術の取得から意識改革へ挑む 越智将人の庭 作庭3点/モノづくりとして作庭を捉える 丸山耕太の庭 作庭2点/探訪 瀬戸内の異空間 知られざる島々の風景(芸予要塞小島砲台跡、石切り場のある島 大島)」/
庭131−池下照利、小野登身・福山の庭から/広島に見る若手2人の庭づくり4題
庭131
¥1,500 建築資料研究社 平12 池下照利、小野登身・福山の庭から(信原修・写真) 
池下照利・作庭(福山市・吉岡邸、芦品郡新市町・有木邸) 
小野登身・作庭(御調郡御調町・渕山邸、福山市・佐藤邸) 
作庭解説・福山の庭から 作庭者2人のプロフィール 庭と自然と創造と(小野登身「庭づくりに思う」 池下照利「我が心のモノづくり」)/
中田広和・写真、文「瀬戸内に見る海岸線の美と瀧の景」(仙酔島と海岸線の美/さまざまな姿を見せる瀧の景)/
古墳が語る石の加工と石積みの技/
串柿とともに半世紀、柿の木の魅力(後藤和人、澄子夫妻)/
みろくの里の夢づくり(伝統庭園技塾に学ぶもの/雑木の庭の夢づくり)/
三好国秀「岩見沢市文化のまちづくり事業」/岩谷浩三「第35回国際技能競技会 造園部門エキスパート体験録」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論87 仕掛けと趣向」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 滋賀・坂本−比叡山『古刹と石積みと里坊の庭』」他/
広島に見る若手2人の庭づくり4題(信原修・写真)
 田中政則・作庭(福山市・堤邸、沼隈郡沼隈町・山根邸)
 広岡尉志・作庭(三原市・松寿寺、三原市・砂原邸)
 作庭解説・庭づくり4題 庭を学び人格を磨く(田中政則「庭にかかわった自分と将来」 広岡尉志「作庭に関する「臥薪嘗胆」」) 作庭者2人のプロフィール 庭美連一座と私(田中政則、広岡尉志、池下照利)/
公園を飾る華道の作品たち(立川市昭和記念公園 第3回「よみがえる樹々のいのち」展−草月会東京西支部)/
中田広和「取材を終えて」他
庭132−『波動1999−2000』/庭の源流を探る旅 韓国・光州編
庭132
¥1,500 建築資料研究社 平12 『波動1999−2000』(国際現代美術展−作庭家 福田義勝、写真家 信原修、作庭家 鈴木直衛・出展) 
国際現代美術展「波動1999−2000」に寄せて(金鐘一「多くの注目を浴びた二人の作庭家」 呉二良「深い友好を予想させる二人の作品」) 
高橋勝「「波動1999−2000」へのプロセス 地域性を越えてムクゲの花に」 
中島けいきょう「「百済残映の記」−朝鮮半島を想う」 
河口聖「海峡を越えて新世紀の文化は花開く」 
座談会「創造の志は海峡を越えて」(河口聖、鈴木直衛、信原修、福田義勝 豊蔵均・司会)/
庭の源流を探る旅 韓国・光州編(信原修・写真) 
−韓国屈指の名園・瀟灑園(ソセエウオン)、石仏と石塔の宝庫・雲住寺(ウンジュウサ) 
自由奔放な構想と手法・瀟灑園 
千仏千塔という伝説・雲住寺 
稲次敏郎「作庭されない庭園」/
作庭界の2000年問題(アンケート回答55人)/
龍居竹之介「おりおりの庭園論88 露地が語るもの」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 三重・伊勢散策『「お伊勢さん」とその町並み』他/
豊藏均「取材余話 ひこばえ」他
庭133−奄美に見る庭と自然
庭133
¥2,000 建築資料研究社 平12年5月 192頁 
−奄美の楽園 魅惑の薗邸庭苑(信原修・写真) カラー写真27点 
モノクロで見る薗邸のたたずまい(写真16点) 薗博明「自然に囲まれた庭苑の魅力」/
嘉鉄の集落とすまいの庭(信原修・写真) 
泉邸の庭と石垣、さまざまな石垣の表情、奄美を代表する高倉の庭 現代すまいの庭(栄吉光・作庭)−龍郷町大勝・川元邸、笠利町赤木名里・益満邸、笠利町平・中村邸) サンゴ石灰岩の石垣が残る嘉鉄の集落、奄美独自の建築様式である高倉とその庭 現代すまいの庭解説 栄吉光「奄美とさまざまな庭への思い」/
自然から庭を学ぶ奄美の海と植生(サンゴ礁と変化に富む海岸/亜熱帯の原生林/コバルトブルーに輝くサンゴの海/亜熱帯特有の植生とその魅力) 
中田広和・構成「奄美の自然環境とその問題点」 琉球石垣が残る秋名の里 奄美大島全図と島の紹介/
野山北・六道山公園にみる里山の再現/
龍居竹之介「おりおりの庭園論89 庭の価値を考える」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 静岡県・袋井−掛川『遠州三山をめぐり、掛川城へ』」他/
中田広和・写真、文「花の島 淡路で開く夢と緑」 淡路花博ジャパンフローラ2000から(花と緑のにぎわいゾーン、庭と花のフローラゾーン、水景が織りなす夢舞台ゾーン) 中田広和「淡路花博を訪ねて 花博印象記」/
中田広和「取材を終えて」他
庭135−加賀・庭守の系譜
庭135
¥2,000 建築資料研究社 平12 192頁 加賀・庭守の系譜(松本啓二、松本清吉、松本佐吉・作庭)/匠心庵−加賀の技と心の伝承
庭136−但馬・城崎温泉 西村屋ホテル招月庭 人と自然を結ぶ宿の庭/国際現代美術展『波動1999−2000』新世紀の美術
庭136
¥2,000 建築資料研究社 平12 192頁 但馬・城崎温泉 西村屋ホテル招月庭 人と自然を結ぶ宿の庭 その魅力を徹底解明/国際現代美術展『波動1999−2000』
庭137−個性派3人による鳥取の庭7題/サイエンスアート展 次世代へのアート
庭137
¥2,000 建築資料研究社 平13 個性派3人による鳥取の庭7題(信原修・写真) 
尾崎洋一・作庭(気高郡気高町・尾崎邸、八頭郡八東町・山根邸) 
青木清輝・作庭(気高郡気高町・青木邸、鳥取市・滝山邸) 
田中節照・作庭(鳥取市・平田邸、鳥取市・林邸、鳥取市・時本邸) 
作品解説・個性派3人による鳥取の庭7題 
個性派の作者が語る庭と思いと夢と(尾崎洋一さんが語る「庭と岩組と風」 青木清輝さんが語る「庭と絵と美学」 田中節照さんが語る「庭とブラジルと人の心」) 
作庭者3人のプロフィール 
私が見た3人の庭づくりと人柄(浅中孝次「我が、手のひらの出会い−尾崎洋一」 田中當子「作庭家青木清輝その人と心」 安陪寿恵「心優しき雪松さん」 畑山洋子「「宇宙人?」田中節照さんを思う」)/
中田広和・文、写真「砂が織りなす芸術と岩盤の気勢(自然が描く砂丘の美しさ、富浦海岸に見る岩盤の気勢)」/
中田広和・文、写真「雨瀧の優雅さと六方石の奇岩(優雅さと迫力のある瀧、異星人が刻んだ石の彫刻)」/
鳥取東部に見る文化財の横顔/
「花と緑のフェア」庭へのこだわり/
岩田俊郎「中国での植林と雪松さんという人」/
サイエンス・アート展 次世代へのアート 河口聖「作品展を開催する意義と思い」/
中田広和「取材を終えて」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論93 庭のリフレッシュ世紀へ」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 静岡県・湧水を訪ねる『柿田川と源兵衛川』」他
庭138−信原修写真展 現代・日本の庭 自然と造形
庭138
¥2,000 建築資料研究社 平13 192頁 信原修写真展「現代・日本の庭 自然と造形」(福田義勝、田中徳夫、中野和文、茂庭弘、斉藤澄夫、大北望、鈴木直衛・作庭)/オーストラリア特集1 庭園都市メルボルン探訪/オーストラリア特集2 大富豪の邸宅と庭園−リッポンリー/オーストラリア特集3 岩を削って生まれた街−シドニー・ロックス/オーストラリア特集4 シドニーのガーデン市場めぐり−シドニー郊外
庭139−草月野外インスタレーション「よみがえる樹々のいのち」展/国営昭和記念公園 日本庭園の景趣 ¥2,000 建築資料研究社 平13 草月野外インスタレーション第4回「よみがえる樹々のいのち」展
(信原修・写真、草月会東京西支部・作成) 作品解説・草月野外インスタレーション「よみがえる樹々のいのち」展 
高木水染「自然と、樹々と、人と」 
各作品の解説と作品展に参加して(石井星苑、江口玉枝、酒寄蘭染、藤井悠香、上條蓉芳、渡邊好美、富田双康、宮下透翠、田中杏f、北村青葭、坂本貴世、福田寿寛、荒井榮園、高田凉庭、大久保雅永、山田榮水、高木水染、保科公麗、清水紫洸、桑原康介、赤地恭映、澤朋炎、岩田ひろ志、落合陵瑛)/
中田広和・文、写真「空からの小旅行 モノレールで名所めぐり」(パルテノン多摩・多摩中央公園、一本杉公園とその周辺、向島用水新水路、高幡不動尊、根川緑道、ファーレ立川・国営昭和記念公園、玉川上水、狭山丘陵・多摩湖・狭山湖とその周辺)/
雑木林の苑地 平山城址公園植生更新の試み/
龍居竹之介「おりおりの庭園論95 変幻自在な世界を生む」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「あの旅この庭 奈良・古寺、古道『當麻寺−竹内街道を経て大阪・太子町へ』」他/
国営昭和記念公園 日本庭園の景趣(信原修・写真) 井上忠佳「国営昭和記念公園の日本庭園」 小形彰次「国営昭和記念公園日本庭園の設計」 榊原八朗「日本庭園の設計監理について」 広大な敷地を有する国営昭和記念公園早めぐり(カナール、渓流広場、みんなの原っぱ・水鳥の池、子供の森・森の家・霧の森、彫刻類)/
中田広和「取材を終えて」
庭140−本州最西端 下関の庭の世界/修復・整備で蘇った長府 毛利邸庭園
庭140−本州最西端 下関の庭の世界/毛利邸庭園
¥2,000 建築資料研究社 平13 本州最西端 下関の庭の世界/修復・整備で蘇った長府 毛利邸庭園 長府毛利邸庭園と修復・整備の記録 西桂「蘇る庭園」/ガーデンショーという庭の世界−静岡県が開いたワールドガーデンショー『しずおか緑・花・祭』から/他
庭141−山陰 伝統の技と庭/鳥取中部に見るやすらぎの庭3選
庭141−山陰 伝統の技と庭/鳥取中部に見るやすらぎの庭3選
¥2,000 建築資料研究社 平13 山陰 伝統の技と庭/鳥取の古庭園から−深田、尾崎両氏の庭をさぐって/鳥取中部にみるやすらぎの庭3選/倉吉・米子の街並み文化/他
庭142−アジアの形と心
庭142−アジアの形と心
¥2,000 建築資料研究社 平13 特集・アジアの形と心1−樂安邑城(ナカヌプソン)民俗村を行く/特集・アジアの形と心2−国際現代美術祭・亜細亜の精神展(会場=韓国・寶城郡立白民美術館) 作庭家・鈴木直衛作品−A・wave、作庭家・福田義勝作品−風が伝えた言葉) 聞き書き・゙圭逸「百済の民に芸術を」/特集・アジアの形と心3−石と泥の聚落/論文紹介 ロバート・マンリー「東洋からの衝撃」/座談会 造園界に女性文化を!/座談会「飯田十基の精神(こころ)」/他
庭143−遠藤太一の作庭美/新潟が育む2人に見る潤いを生む庭
庭143−遠藤太一の作庭美/新潟が育む2人に見る潤いを生む庭
¥2,000 建築資料研究社 平14 192頁 背ヤケ色褪せ
遠藤太一の作庭美(信原修・写真) 新潟が生んだ庭匠 田中泰阿弥とその足跡 新潟が育む2人に見る潤いを生む庭(信原修・写真 田中光義、渡部彦夫・作庭) 金沢に露地をつくる−伝統庭園技塾での試み
庭144−庭の中の光と彩り/佛頭と野良茶会
庭144
¥2,000 建築資料研究社 平14 192頁 下野の庭・宇都宮在住 池田幸司の作庭 庭の中の光と彩り/下野の国・光と影/作庭家・田中松男の佛頭と野良茶会/百回目を迎えた『おりおりの庭園論』
庭145−草月野外インスタレーション2001−冬から「樹と竹の造形」/美を慈しむ武相荘 白洲正子の庭
庭145
¥2,000 建築資料研究社 平14 草月野外インスタレーション2001−冬から「樹と竹の造形」(信原修・写真、草月会東京西支部・主催)/江戸東京たてもの園 甦る〈江戸・東京〉の庭(中田広和・文、写真)/白洲正子の庭
庭147−京の心を伝える庭
庭147−京の心を伝える庭
¥2,000 建築資料研究社 平成14年9月 192頁 −京の心を伝える庭/梅小路公園庭園作品展に見る技と創造の競演/庭園素材を探る 魅力ある北山台杉をつくる/他
庭148−GIFU創庭会 現代の庭を創る/地域の庭紹介 伊勢の庭3選
庭148
¥2,000 建築資料研究社 平14年11月 192頁 −GIFU創庭会 現代の庭を創る(平澤稔郁、近藤恭啓、古田和正・作庭)/地域の庭紹介 伊勢の庭3選(陽幸園、熊澤庭苑・作庭)/小出九六生さんと竹の世界
庭149−樹木が生み出す潤いの庭 廣瀬慶寛の仕事/地域の庭紹介 相模の庭6選
庭149
¥2,000 建築資料研究社 平15年1月 192頁 表紙色褪せシミ有 樹木が生み出す潤いの庭 廣瀬慶寛の仕事/地域の庭紹介 相模の庭6選(生沼誠、清水哲也)/公園を彩る草月会の作品群−第6回「よみがえる樹々のいのち」展から(草月会東京西支部)
庭150−彩の国特集 ¥3,000 建築資料研究社 平成15年3月 192頁 −彩の国の人が創る庭(信原修・写真) 野村光宏、厚沢秋成、高橋良仁作品 7点 三人の作品に見る土塀と垣根のつくり方(徳雲寺、光明寺、他)/地域のスペシャリストに学ぶ埼玉県立いずみ高等学校・庭づくりはモノづくり 土塀と茶席の造形 座談会「庭づくりの基本はモノづくりの楽しさ」/植木職人姿再発見 平井孝幸「身なり半人足」 多彩な印半纏三十八種 職人姿をつくる豊多屋足袋店を訪ねる
庭152−宮崎の庭特集
庭152−宮崎の庭特集
¥2,000 建築資料研究社 平成15年7月 192頁 −九州・宮崎からの発信 心を豊かにする暮らしの庭7選/鎚を振るって五十年 日向の鍛冶職人・浜砂昭和さんの仕事/アート的な感性と左官技術のコラボレーション・美術左官という世界
庭153−東京の庭特集 ¥3,000 建築資料研究社 平成15年9月 192頁 −4人の作者に見る 東京・すまいの庭 上野周三、平井孝幸、木下照信、河村素山・作庭8箇所 作品解説/韓国に見る石文化・名石造品が伝える魅惑の美(石正園・文、写真) 淨恵寺址・十三層石塔、弥勒寺址・石塔、扶餘定林寺址・五層石塔、慶州南山七仏庵と神仙庵・磨崖仏、など27点/菅野義男「個人住宅の屋上緑化 ホウライ庭苑に見る新素材の工法」/対談・槇秀幸、角田憲一「環境を生かして庭をつくる」/山本繁雄「上田宗箇にまつわる作庭秘話 意地の作庭」/
庭154−豊の国特集
庭154
¥2,000 建築資料研究社 平15 コンクールで培ったおおいたの庭の力 第20回全国都市緑化おおいたフェアの庭から4作品紹介(信原修・写真) 御手洗達雄作品、堀英雄作品、手島一作品、庄司利行作品/御手洗達雄、庄司利行 二人の普段の仕事に見る 大分の庭3選/出来事としての庭を追う ソフトパワーな庭づくり−特別養護老人施設の中庭ができるまでのドキュメント 澤治彦・文、写真「みんなで風通しがいい庭を」 対談・原田進、澤治彦「人とモノを混ぜくる」/生徒と職人の協働作業で生まれた泥の茶席(埼玉県立いずみ高等学校)/他
庭156−播州の庭特集
庭156−播州の庭特集
¥2,000 建築資料研究社 平16年3月 いま播州で活躍する作庭家3人による 現代・兵庫の庭選集/播州・赤穂の名家 田淵家庭園に見る数寄の庭8景/チャレンジ稲毛 ふれあいパーク ボクたちワタシたちの公園−小学校5年生の子供たちが取り組んだ地域の公園プランが実現/石の造景−越智将人さんの《庭空間の創造》展より
庭157−愉しみの庭
庭157−愉しみの庭
¥2,000 建築資料研究社 平成16(2004)年5月 192頁 −神奈川の2作庭家による愉しみの庭/根回しのテクニック・研修会に見る技の伝承(根回しの基本作業、フジの追掘根回し、古木の支柱の仕方)/樹々たちの躍動−国営昭和記念公園開園二十周年記念野外造形展 草月会東京西支部「第7回「よみがえる樹々のいのち」展」/勝田守彦が残した安らぎの庭
庭158−大北望の庭特集
庭158−大北望の庭特集
¥2,000 建築資料研究社 平16 造園家・大北望の形と心
庭159−花博の庭特集
庭159
¥2,000 建築資料研究社 平16年9月 浜名湖花博 グローバルな庭の世界探訪(信原修・写真) 
With Garden(グループ出展)、酒井賀津子、村田卓雄、鈴木直衛、ジェミー・デュエリー、ジュリー・トール、ディビッド・ステョーブンス、マーサ・シャピロ・作品 
作品解説・庭の世界を競う 花博とワールドコンペ 
座談会・外国人デザイナーが語る日本と庭(ジェミー・デュエリー、ジュリー・トール、ディビッド・ステョーブンス、マーサ・シャピロ 原田誠治・進行)/
浜名湖花博で見つけた創造への試み(信原修・写真) 
展示説明・新しい試みと伝統の結実/
魅力あふれる会場を探る(花の街ゾーン、水の園ゾーン、緑の里ゾーン、タワーと運河)/
国際色満ちる庭の競演(アメリカ、インドネシア、オーストラリア、ネパール、オランダ、オーストリア、ハンガリー、ケニア、インド、カナダ、ベリーズ、イギリス、タイ、デンマーク、ドイツ、チュニジア、トルコ、イタリア、韓国、中国) 
吉田幸夫「花博に学ぶもの 夢のある花々の世界」 人の心を豊かにする花博を訪れてみよう/
中田広和「取材を終えて」/
龍居竹之介「おりおりの庭園論115 時は過ぎ庭も過ぎ行き」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「旅に味合う四季 パリ再訪−パリのぶらぶら歩きとヴェルサイユ」他
庭160−庭に暮らす
庭160
¥2,000 建築資料研究社 平16年11月 192頁 
備前・岡山4人の作庭による・庭に暮らす心地よさ(カラー写真48頁 信原修・写真) 
武田正二郎作品(岡山市今在家・「き」なりの家モデルハウス) 
倭年男作品(倉敷市大島・杉本邸) 
三宅秀俊作品(岡山市三浜町・伊藤邸) 
亀田孔之作品(岡山市国富・藤田邸) 
作品解説・衣・食・住に庭は欠くべからず 
座談会「多彩な庭は多才な人から−岡山の四人、大いに語る」(亀田孔之、武田正二郎、三宅秀俊、倭年男)/
棲み人が庭を育てる・童謡の里、龍野(兵庫県)に暮らす女流陶芸家・池川みどりさんの庭を訪ねる(信原修・写真) 
池川みどり「凛とした日々の暮らし」(豊藏均・聞き手)/
庭の樹々たちと暮らす 僅か四坪弱の小庭に H&T「我家の作庭記」/
『木を植えましょう』の著者正木高志さんを訪ねて・木を植えることは生命を植えること 
正木高志「地球文明の種」(豊藏均・聞き手)/
未知との遭遇・熊本県阿蘇の押戸ノ石石群(豊藏均・写真、文)/
龍居竹之介「おりおりの庭園論116 庭の眺めをめぐる演出」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「旅に味合う四季 屋久島入門 水の循環が育む千古の森」他/
豊藏均「新庭園評論 樹・土・愛・楽」
庭161−古平貞夫の庭と筑波
庭161−古平貞夫の庭と筑波
¥2,000 建築資料研究社 平成17年1月 192頁 −古平貞夫が生む土屋邸の庭の姿・夢広がる庭の景/三億年の造形美・筑波山自然の神秘/他
庭162−山梨と土の庭特集
庭162
¥2,000 建築資料研究社 平17年3月 作庭グループ《庭研やまなし21》4人による住宅の庭5題(信原修・写真) 
梶原照久・作庭(西八代郡上九一色村・佐野邸) 
奥田二郎・作庭(韮崎市O町・A邸) 
鈴木一紀・作庭(甲府市池田・秋山邸、塩山市下萩原・菊島邸) 
名取満・作庭(南アルプス市十日市場・加藤邸) 
作品解説・作庭グループ《庭研やまなし21》4人による住宅の庭5題(豊藏均「4人四色の庭」) 
座談会「《庭研やまなし21》四人の庭の捉え方・観方」(奥田二郎、梶原照久、鈴木一紀、名取満)/
植木屋の紺袴(信原修・写真) 名取満・自邸の庭 名取満さんに聞く自邸の庭づくり「親方、旦那となる」(聞き手 豊藏均)/
龍居竹之介「おりおりの庭園論118 時代が生む庭の形」/
ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「旅に味合う四季 滋賀・五個荘−醒井 潤いの町並み散策」他/
造園人がつくった土と石と木の家(豊藏均・文、写真)−筑波山麓(茨城県・八郷町)に建つ瀬川邸を訪ねる 瀬川正明「自由な創造と反逆の「棲み処」づくり」/
環境デザイン科の教育環境をつくる 泥の茶席(高校生(埼玉県立いずみ高等学校)と職人が取り組んだ茶席が完成/
投稿作品ピックアップ 版築工法で地層を表現/
写真家・藤田洋三の物の見かた・感じ方1(石を積む−台風銀座の土佐で/伊勢と三和土)/
街路樹は泣いている 中沢けい「街路樹受難の時代」(読売新聞再録) 作家・中沢けいさんが語る「街路樹受難の背景」/
豊藏均「新庭園評論 樹・土・愛・楽」
庭164−名古屋&万博の庭
庭164−名古屋&万博の庭
¥2,000 建築資料研究社 平17年7月 192頁 愛知万博に活気づく名古屋で活躍・庭園作家五人集(5人10箇所 伊藤良将、溝口一三、野村勘治、糟谷護、岡田憲久)/愛・地球博《自然の叡智》出展 日本庭園を巡る
庭165−特集さぬきの庭
庭165−特集さぬきの庭
¥2,000 建築資料研究社 平成17年9月 192頁 −さぬきの庭のいま・京都で修業した5人による庭を紹介(カラー写真36頁 5人11箇所) 心に残るさぬきの景(五色台、来栖渓谷、根香寺、庵治石採掘場)/藤井稔作品に見るさぬきの庭/盆栽から見た植物の美しさ/他
庭166−北海道特集
庭166−北海道特集
¥2,000 建築資料研究社 平成17年11月 192頁 −巨星の庭誕生・地球庭園・札幌モレエ沼公園(カラー写真44頁) 解説・巨匠が夢見た芸術空間−イサム・ノグチと札幌モレエ沼公園誕生秘話/北の大地に見る楽園の創造(カラー写真16頁) 集団によるデザインは可能か/北海道のランドスケープを考える(ダン・ピアソン、高野文彰セミナー)/特別座談会・《愛知万博》出展 日本庭園のすべてを語る「人と庭と自然の叡智」
庭167−新潟の庭特集
庭167−新潟の庭特集
¥2,000 建築資料研究社 平成18年1月 192頁 −ベテラン若手9人の作品・現代えちごの庭/後藤石水の作庭テキスト−2代目の後藤石水の残した作庭本から(「松造方石組」「石組図」「石組 半胴 燈篭」「燈籠ノ図」「垣根五拾通図」から)/越後が生む庭芸 相澤熊蔵の仕事/貞観園の風光−そのたたずまいと情趣/新潟の古庭園アラカルト/他
庭168−特集 但馬の庭 ¥2,000 建築資料研究社 平成18年3月 192頁 美庭求真−風土と伝統から発想を得た《播磨屋本店》の庭園巡り (信原修・写真) 農の庭を留める・生野総本店、広大な枯山水庭園・豊の岡工園、山野に融け込む・和田山通販本部、贅沢な敷地利用・姫路店、日本人の心の故郷・朝来山荘)/地域の庭紹介 但馬の庭3選 作庭=植虎造園/但馬の古庭園16選(西桂・文、写真) 但馬地方の略史と概観 旧大岡寺庭園、宗鏡寺庭園、観正寺庭園、護念寺庭園、古茂池庵庭園、比曾寺庭園、光顕寺庭園、頼光寺庭園、帝釈寺庭園、細田邸庭園、蓮華寺庭園、玉田寺庭園、願成寺庭園、圓明寺庭園、光福寺庭園、甘棠亭庭園/龍居竹之介「おりおりの庭園論124 掌編四題 地域の庭そして花と水 」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「大阪・富田林 寺内町の町並みと龍泉寺庭園」他/作庭者の十字路 福岡徹・文、写真「庭鏡の中の自分」 高田宏臣・文、写真「心の模索が形を生む」/街路樹は泣いているパート4 問題視されてきたその剪定方法、いま 街路樹がトラブルに、他/
庭169−特集 関東の露地 ¥2,000 建築資料研究社 平成18年5月 192頁 特集・関東の露地(信原修・写真) 1・金綱重治の露地 3箇所(神奈川、東京個人邸) 作品解説・ 金綱重治の露地「目ニ頼ラズ、心ニ知ルベシ」 聞き書・金綱重治「茶と庭の背後に在るもの」 2・吉田正吾の露地 3箇所(東京都江戸川区・妙勝寺、東京都荒川区・寳藏院他個人邸) 作品解説・ 吉田正吾の露地「天然閑雅の景趣」 吉田正吾「茶庭の基本とテクニック」/龍居竹之介「おりおりの庭園論125 自在であることの大事さ 」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「四国・安芸〜高知 歴史の残映を留める南国の町」他/街路樹は泣いているパート5 山佳雄「街に樹を植えるのは何のため」他/再発見!名も無き民が築いた日本の石造文化パート1(中山辰夫・文、写真) 安土城、安楽律院 阿部寧「民が築いた石の文化」
庭170−特集 京都の庭の底力 ¥2,000 建築資料研究社 平成18年5月 192頁 千年の都に誕生・京都迎賓館庭園(信原修・写真) 京都迎賓館庭園の設計者が語る・三谷康彦「庭園意匠のハイブリット化」 鼎談 京都の伝統と伝承(尼ア博正・佐野藤右衛門・西村金造)/今の京都の庭6選(猪鼻昌司、田島友実、中原茂・作庭) 解説・京風ではなく、今日の庭を/京都の伝統に育まれながら石燈籠一筋50年・西村金造の世界(自邸の庭、西村石灯呂店の置場、コレクションの中の逸品) 聞き書・西村金造「石に永遠(とわ)の命を」/座談会「京都で作庭を学び、学んだ若者たち六人の弛(たゆ)む心に喝っ!」(五十川 歩・小笠原 哲・小椋美由紀・鈴木里美・田部浩介・山口陽介) /龍居竹之介「おりおりの庭園論126 先人の言葉に魅せられて 」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「奈良・吉野 哀史を秘めた花の山」他/再発見!名も無き民が築いた日本の石造文化パート2(中山辰夫・文、写真) 熊野古道/他
庭171−北国・福島、宮城、山形の庭
庭171−北国・福島、宮城、山形の庭
¥2,000 建築資料研究社 平成18年9月 192頁 福島、宮城、山形−東北3県・北国の庭12選(カラー写真40頁 5人12箇所)/北国・山形からの発信 横山英悦の仕事3選・住宅からパブリック空間への展開(カラー写真20頁)
庭172−特集 新感覚 和の庭 ¥2,000 建築資料研究社 平成18年11月 192頁 美濃の国から発信 32歳の熱と力(信原修・写真) 山田雅人、堀部佳彦・作庭 個人邸3箇所 作品解説 32歳、2人のよこがお/近藤恭敬の仕事5選 和のモダニズム 個人邸5箇所 聞き書・近藤恭啓「アグレッシブな仕事と趣味」/我が悦楽の隠れ庭 インタビュー兵藤正臣「自分を取り戻す 家と庭」/龍居竹之介「おりおりの庭園論128 庭との交わりさまざま」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「岩手・平泉探訪 奥州藤原氏三代の夢の跡」他/写真パネル展 和の響き 庭と花のコラボレーション ・日本庭園協会千葉県支部主催による誌上展/再発見!名も無き民が築いた日本の石造文化パート4(中山辰夫・文、写真) 巨石で始まり巨石で終わる 箕作山、湖北の大廃寺 菅山寺/他
庭173−今の金沢の庭7選/加賀の時を刻む庭 ¥2,000 建築資料研究社 平成19年1月 192頁 今の金沢の庭7選 松井清造、向川茂、宮本広之、東山重由・作庭 台場 鞍月店、レクサス金沢御影、専行寺、他個人邸 作品解説・金沢すまいとみせの庭 座談会「明日の金沢の庭を語る」(東山重由・松井清造・宮本広之・向川 茂)/加賀の時を刻む庭 成巽閣、玉泉園、辻邸、兼六園/金沢市の古庭園調査 中谷裕一郎「金沢市における庭園保存調査」 寺島藏人邸跡庭園、心蓮社、本泉寺/野澤清さんの園学論 野澤清さんの作品から/曽根将郎「クリンゲンダール日本庭園」/久保篤三さんの技 5箇所(遣迎院、他個人邸) 自身が語る作庭術 遺された作品から5題/龍居竹之介「おりおりの庭園論129 機知の数々に学び思う」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「青森・白神山地 ブナの森に点在する湖と瀧」他/再発見!名も無き民が築いた日本の石造文化パート5(中山辰夫・文、写真) 平泉寺白山神社、明通寺/他   
庭174−長州の庭の世界 −萩と下関の庭6題/萩焼窯元の露地/旧毛利藩御用商人 熊谷家の庭 ¥2,000 建築資料研究社 平成19年3月 192頁 長州の庭の世界 1・萩と下関の庭6題 田中耕二、笹尾 創、殿井正敏、森和義、廣兼聡・作庭 幸陽園、他個人邸 作者5人が綴る現代・山口の庭の世界/2・萩焼 窯元の露地 三百五十年の風格と景趣を味わう 萩焼第十五代目 坂倉新兵衛家露地探訪 三乃瀬川から生まれた露地/3・旧毛利藩御用商人 熊谷家の庭 老松と剛毅な蘇鉄・藩政時代の萩の庭を伝える 廣兼聡「熊谷家住宅と庭」/萩の古庭園探訪(西桂・文、写真) 萩市の概観と庭園  萩城東園、花の江茶亭庭園、志都岐山神社庭園、大照院庭園、菊屋家住宅庭園、旧湯川家屋敷庭園、桂太郎旧宅庭園、東光寺庭園、金谷神社庭園、大島家庭園、大岡家庭園、森田家庭園、梅岳寺庭園、大薀寺庭園、大谷家庭園、旧田中別邸庭園、旧久保田家住宅庭園、野田家庭園、木戸孝允旧宅庭園/座談会・下関のジュニアたち「これからの庭を考える」(田中耕太郎・畑間悠介・濱田陽介・森 和子・殿井正敏)/投稿《これからの庭を考える》 古川乾是・文、写真「美容師と床屋さん」 丸山耕平「建築サイドから庭を捉える」/街路樹は泣いているパート7 秋田の大地に一人立つ! 福岡徹「私の街路樹奮闘記」/再発見!名も無き民が築いた日本の石造文化パート6(中山辰夫・文、写真) 石山寺、穴太衆と坂本/龍居竹之介「おりおりの庭園論130 庭にのぞくマイペース」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「枯山水の妙 融合する伝統とモダン」他/他
庭175−京都の作庭家 久保篤三遺作集 一作入魂 作庭家魂に溢れる18作 ¥2,000 建築資料研究社 平成19年5月 192頁 京都の作庭家・久保篤三遺作集 18箇所(泰勝寺、卒啄園、料亭 わだ亀、岐阜護国神社、遣迎院、寂圓寺、他個人邸) 一作入魂 作庭家魂に溢れる18作/レクイエムrequiem―久保篤三を想う 小森秀恵 「久保篤三氏の思い出」 小林祖承「久保篤三氏を偲んで」 佐野藤右衛門「庭の本筋を探求」 永井正「近代造園の先駆け」 井上剛宏「空間の美」 小西清作「モノを見る眼の確かさ」 久保義信「父への追想」 作品年譜 久保篤三の全仕事/樹の形から生まれるカタチ 持続可能な文明のために、手斧(ちょうな)という道具、木取り、柱と棟木をつくる、垂木を載せる、ひしぎ竹をつくる、屋根を載せる、撞木(しゅもく)のつくり方/長崎剛志展−木を切る答え/龍居竹之介「おりおりの庭園論131 さりげなさもまたよし」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「鎌倉 谷戸に生まれた個性的景観」他/他
庭176−水の庭の世界/豊の国 湯布院・雑木の宿 ¥2,000 建築資料研究社 平成19年7月 192頁 豊の国・大分が生んだ現代の名工、御手洗達雄が創る水の庭の世界 6箇所(臥牛山荘、竹田市茶屋の辻、山のホテル夢想園、他) 庭づくり二人三脚 御手洗達雄・節子夫妻の庭師は夢をつくって何ぼ/豊の国・湯布院 雑木の宿 鼎談「《極上の宿》の条件」(田徳明・手島 一・平田泰彦)/街路樹は泣いているパート8 秋田のサムライたち決起する 福岡徹「次世代に残すもの 私の街路樹奮闘記PART2」/今どきの ガーデニングショウ(グリーンプラン厚澤、高橋造園、タカハシ園芸、作庭処落合、secret garden、涼仙・作品) 北澤周平「ガーデニングショウ 四つの疑問点」/投稿作品 園児たちに楽園を 山口陽介「《な〜もの森 》との出会い」/龍居竹之介「おりおりの庭園論132 遊び心のありやなしやと」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「東京・再開発に想う 未来志向の街に残る土地の記憶」他/他
庭177−現代の作庭家5人の仕事 日本の庭を創る/昭和の庭を創った先人たち10人の作庭語録 ¥2,000 建築資料研究社 平成19年9月 192頁 現代の作庭家5人の仕事・日本の庭を創る(高橋良仁、横山英悦、廣瀬慶寛、鈴木直衛、河西力・作庭) 10箇所(久伊豆神社、谷山荘 別館 音信、世界救世教 グァラピランガ聖地、他個人邸) 作庭家五人が語る 私の作庭流儀 高橋良仁「大和心の本質」 横山英悦「新たな情景」 廣瀬慶寛「未完の仕事」 鈴木直衛「石積三年、石組・・・何年?」 河西力「作庭の線上にて2」/小口基實の庭づくり本づくり・庭文化の再生 松本・白船グランドホテル、東京都板橋区・さやの湯処 小口基實「郷土の庭から海外へ−私の庭調査と出版の歩み」/海外からの寄稿文《日本庭園への一試論》 大草広和「庭は舞台の如く」(カナダ・バンクーバー在住)/昭和の庭を創った先人たち十人の作庭語録集 荒木芳邦「見て描いて覚える」 飯田十基「自然風の庭をつくるには」 井上卓之「「にわ」とは何であるか 」 岩城亘太郎「人格以上の庭はつくれない」 大村他吉「自然の美を人工的に」 小形研三「現代が求める庭」 斉藤勝雄「自分の身を修める」 中島健「日本的な庭を」 中根金作「作庭は民族の文化なり」 蛭田貫二「言葉で伝える事」/龍居竹之介「おりおりの庭園論133 憩いの園のせめぎあい」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「小江戸・川越 蔵造りの町の情趣と庭園の品格」他/他
庭178−北海道の〈ニワ〉を予感する ¥2,000 建築資料研究社 平成19年11月 192頁 特集 北海道の《 ニワ 》を予感する 1・千年後の森へ 日高山脈と十勝平野の接点に人と自然との交流を取り戻す 対談・人と森が仲睦ましく交わって生まれる 林 光繁・高野文彰「北海道の庭園文化創世記」/2・森の美術館 カシワの原生林に新たな価値を インタビュー・六花亭製菓株式会社 小田豊社長に聞く「六花亭文化の真髄」/3・森人・泉幸洋さんが創った 《 太四郎の森 》 森の中の不思議な居場所 森人、泉 幸洋さんに聞く 森は生命の故郷/4・我が故郷に緑の楽園を 一人の男がつくった大庭園・水と緑の楽園 聞き書・外山正幸「大地に刻んだ生きざま」/5・森の中の秘湯 インタビュー・銀婚湯の主人、川口忠勝さんが語る そこに“そぐわない”もの/鼎談「永遠の流れを表現−フランスショーモン国際庭園フェスティバル」(赤嶺太紀子・小川秀二郎・村田周一)/sakutei graphic 若者たちの熱と力 心に打ち立てた金字塔 投稿 第五回 国際日本庭園シンポジウムに思う 高田宏臣「作庭者が果たす役割とは」/龍居竹之介「おりおりの庭園論134 地域に根づく庭の力強さ」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「福島・会津若松 豊かな歴史を伝える城下町」他/他
庭182 −手島一のモダニズム/歌びとの庭/長友利信の生き形 ¥2,000 建築資料研究社 2008(平成20)年7月 192頁

−庭園を楽園に転換させる大分の作庭家 手島一のモダニズム 手島一・作庭 3箇所(湯の里 葉山、他個人邸) 対談・手島一、平田泰彦「悦楽の庭のフィロソフィーを語る」/大分・国東半島に誕生した 歌びとの庭 対談・長峰美和子、手島一「緑よ萌えよ大樹の杜に」/

庭づくりに命を賭けて逝った男 長友利信の生き形 未完の庭(自邸の庭)、技を超えた何かを模索・長友邸の露地 作品解説・石に宿る生命 追悼鼎談・長友利信、命がけで作庭に挑んだ男 その”生きざま”を語る(植田敏裕・竹内勝彦・長友清敏) 長友利信 遺作再見 作庭美を求めし生涯(個人邸4箇所) 追悼 長友利信さんを偲ぶ 真子司朗「生命を削り取る」 藤本成男「凄い石積」 高橋良仁「熱い人」 越智將人「同志を失った」 高津泰秀「庭は聖域だった」 長友勇樹「俺は庭バカだ!」/

庭は自己表現の場・第10回目を迎えた《国際バラとガーデニングショウ》出展作品の傾向を探って 涼仙、誠和造園、(有)たかはし園芸、やまぎわ夢想園・出展 ガーデニングショウ取材後記「出展作品は、確かに変わってきた」/

龍居竹之介「おりおりの庭園論138 憩いの庭あれこれ」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「滋賀・湖西散策 水上交通の要衝と神の島」他/他

庭183 −新進作庭者5人の仕事/瀑布を慈しむ ¥2,000 建築資料研究社 2008(平成20)年9月 192頁

−列島縦断 新進作庭者5人の仕事 塩野潤(東京)、福岡徹(秋田)、高田宏臣(千葉)、新肇(福島)、熊谷昌樹(岐阜)・作庭 個人邸14箇所 作品解説・オモウ意思とツクル意志 五人五色の作庭私論(塩野潤「旅の中」 福岡徹「ふるさと 秋田の庭をつくる」 高田宏臣「原点回帰」 新肇「臨機応変」 熊谷昌樹「たくさんの出逢いから」) 座談会・感情が庭を突き動かす(新肇、熊谷昌樹、塩野潤、高田宏臣、福岡徹)/

瀑布を慈しむ 雄渾な瀧に生命力を得る・人はなぜ、瀧に魅せられるのか/

投稿作紹介 一万四千坪の大庭園 神戸市に誕生/龍居竹之介「おりおりの庭園論139 庭に見る思いのたけあれこれ」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「美術館を散策 クレマチスの丘&横須賀美術館」他/他

庭185 −作庭家中野和文の流儀/市中の森に暮らす ¥2,000 建築資料研究社 2009(平成21)年1月 192頁

−火の国・熊本の住空間に自然を取り戻す・作庭家 中野和文の流儀 個人邸7箇所 作品解説・自然を再生した庭を歩く/作庭家とクライアントの共作・市中の森に暮らす 自ら木を植え続け八年、人が棲む以前の風景に戻す 対談・森口昭十四、中野和文「すまいに森を創る」/私の作庭理念・中野和文「辿る足は止まらじ」 聞き書・中野和文流作庭私論「有限から無限へ」/中野和文の軌跡 個人邸7箇所/中野和文・人と作品論−火の山阿蘇の如く(池上健次郎「驚きの連続」 大沢麗子「世のため、地球のため」 岡崎君子「一本のカリン」 富永マサ子「後ろ姿に感動」 藤原満寿子「人生、思い切りも大事」 中野和正「父と庭と師匠」)/

若き作庭者と高校生の力と熱で生まれた形/街路樹は泣いている パート10  続・拡がる共感の輪/龍居竹之介「おりおりの庭園論141 庭もまた昔は昔いまはいま」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「津軽の風土と庭園 大石武学流庭園を訪ねる」他/他

庭188 −夢は楽園づくり ¥2,000 建築資料研究社 2009(平成21)年7月 192頁

−夢は楽園づくり 真子司朗、服部裕昭、久富正哉・作庭 宮崎・アトリエ てお、cafe松本、クリニック草、他10箇所 作品解説・夢は楽園づくり 見る庭から感じる庭へ 鼎談「庭園を楽園に」(服部裕昭・久富正哉・真子司朗)/楽園のオーナー 書く・語りき 木佐貫ひとみ「庭に暮らし、庭で育つ」 河野よしえ「光と風にキラメク日々」 田坂由美子「生きることに悦びを」 座談会・ようこそ我が家の楽園へ(宇都宮由美子・蔵田充宏・黒田博司・新名れい子・馬原久年)/

街路樹は泣いている・最終回 岡本ィ明「貧すれば鈍す」/龍居竹之介「おりおりの庭園論144 庭に親しむ楽しさ悩ましさ」/ランドスケープ・ジャーナル 右田順子「和歌山の庭園 青石が創る個性的景観」他/他

庭 臨時増刊1990年4月−岩城亘太郎作庭90年 ¥3,000 建築資料研究社 平成2年4月 192頁 表紙端スレ端破れ痛み有 −90年の決算・鳳琳カントリー倶楽部の庭(カラー写真52点、平面図、モノクロ写真53点) 高橋幸雄「亡き岩城会長と鳳琳八景の思い出」 市川泰正「鳳琳大瀧工事のこと」他)/露地に見る岩城芸術(カラー写真22点、モノクロ写真21点−愛知・中埜邸、岐阜・大松邸、三重・伊勢神宮茶庭、栃木・古峯神社、静岡・椿鶯山荘、他)/岩城亘太郎「私の庭づくり」/90年の作品をふり返る(カラー写真17点、モノクロ写真17点)、岩城亘太郎聞き書(龍居竹之介・聞き手)、作品リスト他
庭 臨時増刊1996年10月−日本の庭園美
庭 臨時増刊1996年10月−日本の庭園美
¥2,500 建築資料研究社 平成8年10月 192頁 最終頁ラベル剥がし跡有
庭 臨時増刊1998年3月−茶の庭すまいの庭 ¥2,500 建築資料研究社 平10年3月 192頁 庭の美と豊かさ−カラー写真で見る茶の庭すまいの庭選集(62頁 37人作庭40箇所 門倉光正、福田義勝、藤井稔、遠藤太一、茂庭弘、古川三盛、古平貞夫、森内正樹、岡崎証、長友三郎、名取満、他) 作品解説・茶の庭すまいの庭40題(モノクロ写真、平面図、作庭家自身の解説) 作庭家リスト/龍居竹之介「茶の庭(露地)の形と演出(茶の庭(露地)というもの、多彩な顔、構成要素−蹲踞、園路、門・木戸、照明、植栽、垣根、添景物)」/名庭に見るテクニック−現代に伝わる作庭方法から
庭 臨時増刊1998年6月−日本の庭の魅力
庭 臨時増刊1998年6月−日本の庭の魅力
¥2,500 建築資料研究社 平10年6月 192頁 
日本の庭の魅力−現代に息づく庭の魅力(カラー写真38頁 26人作庭 
猪俣俊雄、金子直作、野村修、横山英悦、田籠善次郎、金綱重治、塩原健、小嶋正行、中村寛、後藤石水、平井孝幸、矢島茂、廣瀬慶寛、北澤周平、洲崎賢次、野俣正之、安達磋登至、三宅秀俊、粟村実生、上野周三、井上富雄、長谷川浩哉、高尾宗克、猪俣力、百瀬義和、安諸定男 作品解説・現代に息づく庭の魅力(モノクロ写真、平面図、作庭家自身の解説)/
先人の生んだ庭の魅力(カラー写真16頁 3人22箇所 
荒木芳邦、蛭田貫二、井上卓之」/
旧文再見・63年前の日米庭園親善記−アメリカガーデンクラブ日本での21日 ジョナサン・バークレー「米国ガーデン・クラブの歴史と活動」 YSY「米国ガーデン・クラブ一行と共に東京の庭園を見学して」 三島すみ江「京都に於ける米国ガーデン・クラブの一行」 編集部「歓迎園遊会の記」(『庭園と風景』17巻6号他から再録)/
庭 臨時増刊1999年2月−華麗と数奇の庭 岩城造園半世紀 ¥2,500 建築資料研究社 平成11年2月 192頁 岩城造園作品選(カラー写真60頁 8箇所(大本山成田山新勝寺 成田山公園、裏千家 新東京道場、古峯神社 静峯亭、丸紅本社ビル、他)/モノクロで見る岩城造園半世紀1948−1998  露地の美しさ・個人庭園の技・ホテルと店舗の庭園・公共的な空間の造景・他/再録・聞き書 私の庭づくり 岩城亘太郎、岩城庄次郎/座談会「岩城造園今昔物語」(『亘友』6号より転載 「工事部長・工事長今昔」「千葉支店今昔」/龍居竹之介「昭和の綺麗さび−岩城造園三代のながれ」/作品リスト抄
庭 臨時増刊1999年12月−現代庭園の造形美
庭 臨時増刊1999年12月−現代庭園の造形美
¥2,500 建築資料研究社 平成11年12月 192頁 現代庭園の潮流(カラー写真30頁) 8人作庭/庭園デザイナー4人による庭の世界(カラー写真24頁)/現代的造形美の先駆者・後藤石水の造形美(カラー写真8頁)/旧文再見 現代庭園の誕生を求めて止まなかった先人たちの声(日本庭園協会機関誌『庭園』の創刊号より/他

ご注文方法他

ご注文は、できましたらメール、ファクシミリ、葉書にてお願いいたします。メールは、 へご送信ください。携帯電話からのメールは、パソコンから送信されるメールが受信できる設定にしてください。電話でもお受けいたしますが、一人でやっているため留守がちにしており つながりにくく、電話でのご連絡や、「お急ぎ」のご要望には失礼することも多くございます。申し訳ございませんが何卒ご了承下さい。ご注文の際は お名前、ご住所、お電話番号、ご注文の本の書名、金額 を明記してください。

ご注文をいただきましたら在庫の有無と送料、ご送金方法などをお知らせするメールをさしあげます。原則として先払い、代金引換、PayPal(ペイパル)を通してのクレジットカード決済にて承ります。恐れ入りますが振込手数料はご負担下さい。

取扱金融機関は 郵便振替(ゆうちょ銀行当座預金口座)です。

通常の送料は日本国内164円から1000円です。同時に複数点ご注文いただき同梱包で発送する場合は、そのうち最も高く設定された送料のみ頂戴いたします。(送料500円+300円→500円、300+300+300→300円)

代金引換でのご送付の際、大きな荷物や、金額が大きい場合はメール、電話等で確認の連絡をする場合があります。

クレジットでのお支払いを希望される方は注文時にお書き添え下さい。クレジットの手続きはPayPal(ペイパル)を通して行います。

PayPal(ペイパル)ロゴマーク Paypal会員でなくても VISA(ビザカード)・MasterCard(マスターカード)・JCBカード(ジェーシービーカード)・American Express(アメリカン・エキスプレス)のカードにてお支払いいただけます。お客様がペイパルのアカウントを取る必要はありません。また、当方にクレジットカード情報が伝えられることはありません。

公費注文も承ります。ご担当者名、必要書類、書式を併せてお知らせください。

海外へのご送本も承ります。PayPalを通してのクレジットカードをご利用ください。日本に銀行口座をお持ちの場合は銀行振込もご利用ください。海外への発送は日本郵便のEMS、国際e-パケット、国際e-パケットライト、またはヤマト運輸国際宅急便を利用いたします。原則として書留付にて承ります。送料・書留代金は実費を頂戴します。ご相談ください。

About overseas shipment
International shipping available.Please contact me.You can use only PayPal.Shipping fee / registered fee will be charged actual expenses.You can choose the shipping method from the following methods.Japan Post EMS shippment, international e-packet, international e-packet light, Yamato Transport international takkyubin (home delivery service).I recommend that you attach registered number.

目録掲載品は1点限りです。随時更新しておりますが 万一 品切れの際は 何卒ご容赦ください。(線の引いてある本は売約済み、または確認中の本です。)カバー、帯、函など基本的には、それがある場合のみ、その旨表記しております。表記していないときはそれが無い状態です。何卒ご承知おきください。

苔花堂書店(たいかどうしょてん)
168−0061 東京都杉並区大宮1−22−75
月見荘3号室
メールアドレス huruhon@taikado.jp 
電話・ファクシミリ 03−3315−8978
月曜日・祝祭日定休。
その他も留守にしてる事が多く失礼することも多くございます。
お電話、お急ぎのファクシミリ、ご来店の際は何卒ご承知おきください。
通信販売のみの営業です。
東京都公安委員会古物商許可番号 308899803776号
東京都古書籍商業協同組合加盟

2011年3月11日に発生した東北地方の地震で被災された方、震災の影響を受けておられる方、お身内・お知り合いについて心痛めていらっしゃる方々へ蔭ながらお見舞いと、ご無事をお祈り申し上げます。時間はかかるとは思いますが、心身の安定、生活の落ち着きを取り戻せるよう願っております。古本など、不要不急の品ですが、どなたにとっても、幾ばくかでも心のハリとなりますことを願います。  苔花堂書店 五本木広子