古本新着情報 苔花堂新聞 最新号

いらっしゃいませ 古本屋の苔花堂書店です。 


ページ内検索

検索語を入れて一度Enterキーを押すと、何故か一度検索語が消えることがあります。その時はもう一度チャレンジすると検索が出来るようです。検索ワードを消すと元の一覧に戻ります。


古本新着情報5月14日号
書名・書影
書名のリンク先には大きな写真や詳しい目次など本の詳細を記載しています
価格 執筆者、挿絵画家 出版社 発行年 状態、目次抄
最新 満洲寫眞帖 附・旅順戦蹟 ¥15,000 山崎キン一郎(キンは均+金 インイチロウ?) 弘文堂書店 昭和7年 重版(第5版) 縦14×横20センチ 表紙スレ、痛みシミ有 扉日付記入有 頁シミ、折れ、端破れ痛み  写真86点内彩色写真11点 英文解説付
開拓科学生活圖説 第二冊 満人の営農と生活 ¥5,000 暉峻義等・編(労働科學研究所) 大阪屋號書店 昭和18年 初版 72頁 裸本 表紙スレ、痛み 頁シミ -北安村の生活状況 写真図版多  -序/北安村、北安村の営農状況、北安村の食生活、満洲農家の住居、満洲農民の衣服、婦人の農業運動、婦人の家事作業、生活断相
北満三河露人の住居と生活 ¥10,000 南満洲鉄道株式会社調査部北満経済調査所・編 博文館 昭和18年 初版 カバー端スレ破れ痛み 141頁 写真、図版有 -序/三河地方略図、三河地方概略、調査地の概略、敷地と家屋(敷地と家屋の配置、間取り、構造と材料、換気と採光と採暖、室内諸装置と生活用器具、附属建物)、農家の実例/附図・写真 敷地と家屋102図、農家の実例84図 附属屋の実例17図
本という不思議 ¥2,000 長田弘 みすず書房 1999年 重版 カバー - ル=グウィンやランダル・ジャレルの世界から『悪魔の辞典』へ、アパラチアのアリーおばさんからジョージ・オーウェルの人生へ。本と読書と人をめぐる詩人による極上のエッセーを集成。 -本の本と本の話(極上の時間、本屋という場所、世界一馬鹿げた職業、ものを書かない人、本を燃やす恋、一生の読書の量、蔵書の楽しみ、本という鏡、本は循環する、自筆の楽譜、時代は変わっても、後世から見れば、詩の中の本)/ソクラテス以前の言葉/いつ、どこで、誰が、どのように/言葉の贈りもの/詩は友人を数える方法/ル=グウィンの三つの詩/ランダル・ジャレル紹介/物語は伝説と日常をつなぐ/子どもの本の秘密/アパラチア・ストーリー/もう一つのアメリカ/本は読む人を語る/他
わたしの取材余話 ¥1,500 吉村昭/水上英子・装幀 河出書房新社 2010年 初版 カバー 帯 -単行本未収録エッセイ集。樺戸集治監、丹那トンネル、心臓移植、・・・。記録の人・吉村昭が、執筆のために全国各地を訪れ、関係者に徹底的に取材した爪跡。吉村文学を愛する読者に送る、感動の追体験。(帯文より) 23編 -舞台再訪 戦艦武蔵、戦艦・陸奥とQ二等兵曹、高熱隧道をゆく、心臓移植と狂気、「心臓移植」取材ノートから、「事実」と「虚構」の視座 戦争や心臓移植を書いたことの意味、プロボクサーの心理と生活、ふた昔前の短篇、八百屋の店主、「赤い人」について、石狩川、中川五郞治について「北海道取材ノート」から、『破獄』の筆をとるまで・・・、『破獄』の取材で出会った人々、青函連絡船と『破獄』の脱獄囚、丹那トンネル取材余話、光ノ玉、「逃亡者」の誘惑 「關遠就縛始末」、江戸城そして皇居、 雪、そして下田 、小説の舞台としての岩手県、歴史はくり返す、私と歴史小説
話 -日本の名随筆52 ¥1,500 木下順二・編/藤井貞和、戸板康二、西江雅之、別役実、寺山修司、佐江衆一、北杜夫、吉田健一、高橋安光、堀口大學、島尾敏雄、井上ひさし、岩淵悦太郎、丸谷才一、高橋義孝、杉本つとむ、寿岳章子、川崎洋、三代目三遊亭金馬、徳川夢聲、種村季弘、開高健、室町京之助、青柳瑞穂、稲垣吉彦、筒井康隆、堀口九萬一、小林善彦、関川夏央、小田島雄志、岸田國士、千田是也、木下順二・作品収録/菊池信義・装丁 作品社 1999年 重版 函 口絵カラー図版1頁 33編 -巻頭詩 藤井貞和「あけがたには」/戸板康二「人の噂」 西江雅之「伝え合い」 別役実「おいとけさま」 寺山修司「言友会」 北杜夫「口まめについて」 吉田健一「チャーチルと沙翁の台詞」 高橋安光「大正デモクラシーと雄弁」 堀口大學「スピーチぎらい」 島尾敏雄「電話恐怖症」 井上ひさし「話半分、嘘半分」 岩淵悦太郎「東京弁の語彙は貧弱か」 丸谷才一「江戸明渡し」 寿岳章子「遠まわしの表現」 川崎洋「悪口の衰弱」 三代目三遊亭金馬「昔の言葉と悪口」 徳川夢聲「落語少年」 種村季弘「声色人生」 開高健「口八丁の紳士-予想屋」 室町京之助「ガマの油売り」 関川夏央「朝鮮語のレッスン 抄」 岸田國士「物言ふ術」 千田是也「ことばの感覚」 木下順二「 ことばづかれ」他/あとがき、執筆者紹介、話随筆ブックガイド
翻訳 -日本の名随筆 別巻45 ¥1,500 別宮貞徳・編/堀口大學、田邊貞之助(田辺貞之助)、田中美知太郎、小林秀雄、寺田透、河盛好蔵、福原麟太郎、二葉亭四迷、戸川秋骨、幸徳秋水、萩原朔太郎、千野栄一、内村剛介、西江雅之、朱牟田夏雄、中野好夫、福田恆存、澁澤龍彦、辰野隆、渡辺一夫、井上究一郎、林達夫、河野與一、竹内好、辻由美、長谷川四郎、谷川俊太郎、田中小実昌、清水俊二、沼野充義、別宮貞徳・作品収録/岡部一彦・口絵/菊池信義・装丁/本く仁子・装画 作品社 2008年 重版 カバー 口絵カラー図版1頁 31編 -堀口大學「翻訳こぼれ話」 田邊貞之助「翻訳雑感」 田中美知太郎「名訳」 小林秀雄「翻訳」 寺田透「誤訳懺悔」 河盛好蔵「誤訳の効用」 福原麟太郎「誤訳の問題など」 二葉亭四迷「余が翻訳の標準」 戸川秋骨「翻訳製造株式会社」 幸徳秋水「翻訳の苦心」 萩原朔太郎「詩の翻訳について」 千野栄一「翻訳者は文扼者」 内村剛介「ワンの発見」 西江雅之「アフリカの社会人の会話 多言語使用 抄」 福田恆存「『ハムレット』の翻訳」 澁澤龍彦「思想の良導体 齋藤磯雄氏の翻訳について」 辰野隆「銷夏漫筆」 渡辺一夫「知らぬが仏」 林達夫「辞書の盲点」 河野與一「翻訳と字引」 竹内好「訳語の運命 『中国を知るために』四十六 抄」 辻由美「ジェレニスキーという人」 長谷川四郎「私の翻訳論」 谷川俊太郎「マザー・グースと私」 田中小実昌「さいしょの訳」 清水俊二「ベバリーヒルズにこだわるわけ」 沼野充義「誤解について」 別宮貞徳「固有名詞がこわい」/あとがき、執筆者紹介(収録作品出典)、翻訳ブックガイド
まなざしの記憶-誰かの傍らで ¥2,000 植田正治、鷲田清一 TBSブリタニカ 2000年 初版 カバー背ヤケ茶変 -本書は、この夏に突然逝かれた植田正治さんの写真の傍らに鷲田清一の文章を添えるかたちで作られた。生前ついにじかにお目にかかることはなかったが、ホスピタリティというものを考えるときにいつも浮かんでくるのが、植田さんが撮られた砂丘とその周辺の情景だった。いつもだれかがいるその情景だった。選ばれた写真は鷲田がこよなく愛するものばかりである。(跋文より) 植田正治・写真75点収録 6部構成27編 -前から、脇から、後ろから/1 顔(あなたはうつくしい、顔の渇き)、2・跡(花を贈る、土を殺す、心のたなびき、墓標としての〈わたし〉)、3・肌理(まさぐる、タッチング、身をくるむものを失って、とりとめのない話、寂しい光景、ときめく時間)、4・空(風に弔う、身をほぐすということ、死なないでいる理由、スポーツはいい)、5・間(間ぬけの正ちゃん、うろちょろ、聴くということ、屋久島の宿)、6・距離(親密な空間、力をもらう、ささえあいの形、もたれあうのではなく、ホスピタブルな夏、おんぶ、他人の背中)/すすんで盲になること、掲載作品リスト
「待つ」ということ ¥1,000 鷲田清一 角川書店 角川選書 平成20年 重版 カバー端スレ 頁端折れ -「待たない社会」そして「待てない社会」 いつしか失った「待つ」ことの意味を問う 現代は待たなくてよい社会、待つことができない社会になった。私たちは、意のままにならないもの、どうしようもないもの、じっとしているしかないもの、そういうものへの感受性をなくしはじめた。偶然を待つ、自分を超えたものにつきしたがう、未来というものの訪れを待ちうけるなど、「待つ」という行為や感覚からの認識を、臨床哲学の視点から考察する。(紹介文) 19章 -まえがき/焦れ、予期、徴候、自壊、冷却、是正、省略、待機、遮断、膠着、退却、放棄、希い、閉鎖、酸欠、倦怠、空転、粥状、開け/あとがき
臨床瑣談 ¥1,500 中井久夫/中井玲子・題字 みすず書房 2008年 重版 カバー背ヤケ -「〈臨床瑣談〉とは、臨床経験で味わったちょっとした物語というほどの意味である。今のところ、主に精神科以外のことを書こうとしている」(まえがきより) 『みすず』誌の不定期連載「臨床瑣談」の第一回から第六回(2007年7月-2008年5月)を単行本化 -まえがき/1・虹の色と精神疾患分類のこと、2・院内感染に対する患者自衛策試案、3・昏睡からのサルヴェージ作業の試み、4・ガンを持つ友人知人への私的助言、5・SSM・通称丸山ワクチンについての私見、6・軽症ウイルス性脳炎について
現代作家デッサン 小絲源太郎 ¥5,000 小絲源太郎/中村渓男・編集、解説 芸艸堂 昭和32年 初版 表紙・裏表紙とも36頁冊子図録 表紙スレ、シミ有 裏表紙折れ有 色刷木版画1点「海」 モノクロ図版31点
現代作家デッサン 海老原喜之助 ¥5,000 海老原喜之助/中村渓男・編集、解説 芸艸堂 昭和34年 初版 表紙・裏表紙とも36頁冊子図録 表紙スレ、シミ有 裏表紙折れ有 色刷木版画1点「母子像」シミ有 モノクロ図版47点
現代作家デッサン 曽宮一念 ¥5,000 曽宮一念/中村渓男・編集、解説 芸艸堂 昭和36年 初版 表紙・裏表紙とも36頁冊子図録 表紙スレ、シミ有 色刷木版画1点「中禅寺湖」 モノクロ図版40点
洋書 THE LOVE FOR THREE ORANGES The Glyndebourne Version(三つのオレンジへの恋 グラインドボーン音楽祭版) ¥5,000 Frank Corsaro・Text,Maurice Sendak・Illustrations(フランク・コルサロ・テキスト、演出/モーリス・センダック・舞台美術、衣裳) The Bodley Head Ltd/London 1984年 裸本 シミ有 カラー図版
アラビアン・ナイト 全3冊-トッパンの絵物語 ¥4,500 川端康成・文/村上松次郎、木全直、永井保・画 トッパン 昭和30・31年 重版 縦20.5×横18センチ 40頁絵本 3冊揃い 2のみカバーあるも破れ痛み多く有 ヤケ、端スレ痛み 1・アリババと四十人のどろぼう(村上松次郎・画) 2・アーマッド王子ものがたり(杉全直・画) 3・シンドバッドのぼうけん(永井保・画)
イソップ 全3冊-トッパンの絵物語 ¥4,500 川端康成・文/村上松次郎、杉全直・画 トッパン 昭和29・30年 重版 縦20.5×横18センチ 40頁絵本 3冊揃い 3のみカバーあるも破れ痛み多く有 ヤケ、端スレ痛み 1(村上松次郎・画 12編 北風と太陽、よくばり犬、ねずみのそうだん、ありのおんがえし、かえるのおかあさん、おろかなろば、おくびょうなうさぎ、くまと旅人、つるのしかえし、かにのよこばい、うそつきのひつじかい、こうもり/イソップについて) 2(杉全直・画 12編 馬とろば、金のたまごをうむがちょう、かえるの王さま、ありとこおろぎ、みえぼうなからす、きつねのまけおしみ、ろばを売りにいく親子、しかの病気、ちょうちょうになったさなぎ、一ぽんのぼうとぼうのたば、ししとねずみ、かしの木とあし/イソップのちえ) 3(村上松次郎・画 12編 ししのかわをきたろば、からすときつね、しかのつの、ししのよくばり、畑の中のたからもの、金のつぼと土のつぼ、村ねずみと町ねずみ、つぼにいれた手、弱虫のうさぎ、子ひつじとおおかみ、きこりのおの、空を飛んだかめ/イソップの話について)
昭和のキモノ-らんぷの本 ¥1,000 小泉和子・編/小泉和子、藤原里香、藤井健三、木島史雄、原田紀子、里村洋子、谷口こずえ、むらき数子、下中菜穂、常見紀美子、門松由紀子、岡部和代・執筆 河出書房新社 2006年 初版 カバー 143頁 写真図版多 -昭和の家族の思い出はいつもキモノとともにあった。割烹着姿で働くお母さん、丹前でくつろぐお父さん。金魚柄の浴衣、お風呂上がりのちゃんちゃんこ。もんぺ、ねんねこ半纏、黒の絵羽織。昭和のくらしを彩ったキモノの数々満載。(帯文) 3章12編 コラム6編 -小泉和子・はじめに/巻頭口絵 昭和のキモノ風景/1・昭和のキモノ史(小泉和子「我が家のキモノ物語」 藤原里香「よそゆきと普段着」 藤井健三「柄と流行」 木島史雄「百貨店の役割」) コラム(ある家族のアルバム、原田紀子「家で着るキモノ」、小泉和子「キモノの整理道具」) 2・人とキモノ 時とキモノ(里村洋子「働く人のキモノ」 谷口こずえ「子どものキモノ」 里村洋子「婚礼衣装と喪服」 むらき数子「戦争中のキモノ」) コラム(下中菜穂「背守り」 むらき数子「キモノの数」) 3・キモノのまわり(常見紀美子「大塚末子の改良キモノ」 門松由紀子「『主婦の友』に見る和装下着の変遷」 藤原里香「リサイクル」 むらき数子「昭和の和裁教育」) コラム 岡部和代「実験 キモノの窮屈さ」/参考文献、あとがき、昭和のくらし博物館案内
日本のおしゃれ 帯留/帯留2 手のひらの芸術-池田重子コレクション 2冊揃 ¥5,000 池田重子 ハースト婦人画報社 2015・2011年 1・重版 2・初版 カバー 2冊揃 写真図版多 -着物デザイナー池田重子収集アンティーク帯留カラー写真集 1巻200余点、2巻250余点掲載。-きものデザイナー、コーディネーター、そしてコレクターとして、きものファンのみならず、美を愛する人々を魅了し続ける池田重子。池田がきもの文化に強く魅かれ、心血を注ぐきっかけとなったものこそ「帯留」でした。時にさりげなく、またある時は上品なアクセントとなり、コーディネートに物語性を添える帯留。手のひらに収まるその小さな宇宙には、多彩な素材に精緻なる技法が凝らされ、ひとつひとつが唯一無二の輝きを放っています。明治、大正、昭和と日本の女性を彩り、粋を好み、洒落っ気に富む池田の心を捉えた帯留の傑作。さあ、ため息の出るような小宇宙をご堪能下さい。(紹介文) 
季刊 うかたま 1号(2006年 冬)-食べることは暮らすこと ¥1,500 森まゆみ、大田垣晴子、高畑勲、林弘子、山代陽子、江島雅歌、他・執筆、談 農文協(農山漁村文化協会) 2006年1月 食べることは暮らすこと 130頁雑誌 -おもちはエライ!(雑煮マップ、おもちカタログ、他)/100人の朝ごはん(『うかたま』とつながりのある100人の人たち、『うかたま』が気になるあの人の朝ごはん-森まゆみ、大田垣晴子、高畑勲、他)/地域限定このメニュー ここだから食べられるもの(青森市浅虫温泉・じゃがいもすいとん、益田市匹見町・うずめ飯、加美町中嶋・おにぎり、練馬区石神井台・武蔵野うどん)/連載・林弘子の四季旬菜食べものづくり1「いずしと切り干し大根」 山代陽子「タイマグラフィールドノート」 江島雅歌・みうたさんのおやつ/他
季刊 うかたま 2号(2006年 春)-特集・今日はお弁当! ¥1,500 水野美紀、中島デコ、林弘子、山代陽子、江島雅歌、他・執筆、談 農文協(農山漁村文化協会) 2006年4月 食べることは暮らすこと 130頁雑誌 -水野美紀×中島デコ・対談/今日はお弁当!(シーン別おすすめお弁当レシピ-公園で・畑で・学校で、あなたのお弁当みせてください、301人聞きました!あなたの好きなお弁当のおかずは?、沖縄・清明祭、進化するキャラ弁、他)/桜の花を食べる/地域限定このメニュー ここだから食べられるもの(長野県坂城町・おしもりうどん)/連載・林弘子の四季旬菜食べものづくり2「花ご膳」 山代陽子「タイマグラフィールドノート」 江島雅歌・みうたさんのおやつ・よもぎ/他
季刊 うかたま 7号(2007年 夏)-特集・おかんメニュー ¥1,500 林弘子、山代陽子、江島雅歌、他・執筆、談 農文協(農山漁村文化協会) 2007年7月 食べることは暮らすこと 130頁雑誌 -海、行こう 食べに行こう/おかんメニュー 100人のおかんオリジナル料理/暑い夏のひんやり昼ごはん(山の冷や汁、海の冷や汁、だしごはん、パプリカのクロスティーニ、冷たいフォー、生春巻、ずんだばっと、蒸しなす、他)/夏は、ぬか漬け!/連載・林弘子の四季旬菜食べものづくり7「トマトソース」 山代陽子「タイマグラフィールドノート」 江島雅歌・みうたさんの野菜のおやつ/他
季刊 うかたま 11号(2008年 夏)-特集・島のごはん ¥1,500 林弘子、山代陽子、江島雅歌、他・執筆、談 農文協(農山漁村文化協会) 2008年7月 食べることは暮らすこと 130頁雑誌 -天然ぷるぷるおやつ(梅酒の葛きり、黒糖わらびもち、わらびもち入りチェー、杏仁寒天ジェラート、ところてん、他)/島のごはん(日振島のぶっかけごはん、図解・魚とイカのおろし方、島の海藻料理、全国版 島のおかず、他)/ニッポンの印度カレー/毎日、らっきょう三昧!/連載・林弘子さんに教わる「鉄火味噌」 山代陽子「タイマグラフィールドノート」 江島雅歌・みうたさんの雑穀おやつ/他
季刊 うかたま 14号(2009年 春)-特集・お茶の友 ¥1,000 梅﨑和子、林弘子、山代陽子、江島雅歌、他・執筆、談/MICAO・刺繍イラスト表紙 農文協(農山漁村文化協会) 2009年4月 食べることは暮らすこと 130頁雑誌 -特集・お茶の友 お菓子とお茶うけ(みたらし団子、大福、しょうが糖、えびせん、大根の酢漬け、山椒味噌、他) Hikaruさんのお茶時間(バナナのブリュレ、薔薇のミルクゼリー、一口干し果物、ジャムクッキー、シュケット、他) 「あっぱれ。日本のお茶」 手づくりのお茶っぱ・野草茶、他/春の昔おむすび/連載・梅﨑和子「季節の重ね煮-山菜混ぜご飯」 林弘子さんに教わる「白味噌」 山代陽子「タイマグラフィールドノート」 江島雅歌・みうたさんの雑穀おやつ 耕す女子たち 窓際プランター栽培記/他
季刊 うかたま 15号(2009年 夏)-特集・玄米食堂 ¥1,000 中島デコ、中川たま、梅﨑和子、林弘子、山代陽子、江島雅歌、他・執筆、談/MICAO・刺繍イラスト表紙 農文協(農山漁村文化協会) 2009年7月 食べることは暮らすこと 130頁雑誌 -特集・玄米食堂 中島デコ×中川たま・一日限りの玄米食堂(はと麦入りミネストローネスープ、魚とせん切り野菜の山椒蒸し、小豆のブラウニー、そばがきコロッケ、他) 玄米食堂おかずレシピ付 玄米の教室 玄米ご飯がおいしいカレーとどんぶり、他/日本のオモニごはん-夏の韓国料理(ごま風味のグリーンサラダ、サムパプ(包みご飯)と4種類の薬念醤、5種の煎(ジョン)、ピビム麺、簡単サムゲタン、他)/葉っぱの里へ(京都・南丹市)-朴葉めし、さんけら餅、ちまき/連載・梅﨑和子「季節の重ね煮-フランス風お煮しめ」 林弘子さんに教わる「夏のソース」 山代陽子「タイマグラフィールドノート」 江島雅歌・みうたさんの雑穀おやつ 耕す女子たち 窓際プランター栽培記/他
季刊 うかたま 18号(2010年 春)-特集・昔ごはん ¥1,000 浅生ハルミン、林弘子、山代陽子、江島雅歌、他・執筆、談/MICAO・刺繍イラスト表紙 農文協(農山漁村文化協会) 2010年4月 食べることは暮らすこと 130頁雑誌 -庭の夏みかん(レアチーズケーキ、白玉あんみつ、ゼリー、サイダー、他)/洋食屋さんのおいしい洋食 洋食屋さんでいただくハレの日の洋食 洋食屋さんに教わる台所の洋食(グラタン、ハンバーグ、カキのソテー、ポークソテー)/特集・昔ごはん 昔ごはんの台所 昔ごはんをつくる(すり鉢を使う、蒸し器・せいろを使う、おろし金を使う、半切・飯台と巻きすを使う) シチリニストに教わる七輪道、他/玄米・豆・旬の野菜でつくる桜の行楽弁当/連載・林弘子さんに教わる「だしの引き方」 山代陽子「タイマグラフィールドノート」 江島雅歌・みうたさんの野菜の和菓子 耕す女子たち 窓際プランター栽培記/他
季刊 うかたま 19号(2010年 夏)-特集・市場パラダイス ¥1,000 中川たま、林弘子、山代陽子、江島雅歌、他・執筆、談/MICAO・刺繍イラスト表紙 農文協(農山漁村文化協会) 2010年7月 食べることは暮らすこと 130頁雑誌 -中川たまさんの梅の食卓-8種の保存食と使い方(干し野菜のマリネ、梅のおにぎり6種、ゴーヤーと梅の炒飯、沢煮碗、サングリア、他)/特集・市場パラダイス 朝市へ・露店市へ行こう。(秋田、福岡、北海道、高知、神奈川、茨城) ここは田舎のデパート・農産物直売所(長野、福島、大分、茨城、大阪) 市場定食 全国の市&直売所40 あたらしいかたちの市-オーガニックとか手づくりとか、他/ベリーを摘みに。 初夏の弘前・岩木山へ/連載・林弘子さんに教わる「酢の使い方」 山代陽子「タイマグラフィールドノート」 江島雅歌・みうたさんの野菜の和菓子 耕す女子たち 窓際プランター栽培記/他
季刊 うかたま 20号(2010年 秋)-特集・旅ごはん ¥1,000 中島デコ、按田優子、パン・ウェイ、山代陽子、江島雅歌、他・執筆、談/MICAO・刺繍イラスト表紙 農文協(農山漁村文化協会) 2010年10月 食べることは暮らすこと 130頁雑誌 -特集・旅ごはん 中島デコさんの旅ごはん 旅ごはん(鳴子温泉、佐賀県唐津市) 農家レストランのおいしいご飯定食 日本のローカルごはん(はらこめし、かきめし、味噌カツ丼、押しずし、おいなりさん、五平餅、きりたんぽ鍋、ちりめん山椒、他) 世界のローカルごはん-按田優子さんのオリジナルレシピ(玄米パエージャ、塩ジャケのリゾット、ガパオ、メキシカンライスのブリトー、キムパブ、他) 米ジャーナル、他/パン・ウェイさんに教わる秋のうるおい薬膳レシピ(揚げナスの肉味噌がけ、冬瓜と肉団子の蒸しスープ、緑豆ぜんざい、他)/連載・地域限定この店このメニュー 山代陽子「タイマグラフィールドノート」 江島雅歌・みうたさんの野菜の和菓子 耕す女子たち 窓際プランター栽培記 豆ジャーナル/他
季刊 うかたま 21号(2011年 冬)-特集・おやつノート ¥1,000 按田優子、チェ・スンミ、山代陽子、他・執筆、談/MICAO・刺繍イラスト表紙 農文協(農山漁村文化協会) 2011年1月 食べることは暮らすこと 130頁雑誌 -特集・おやつノート おやつと飲みもの(カラメルプリン、あんドーナッツ、ブランデーケーキ、大福、くず餅、他) 毎日のおやつ(黒糖のおやつ、野菜と果物のおやつ、豆のおやつ、お餅とパンのおやつ) ハレの日のおやつ(涅槃会のやしょうま・長野県、クリスマスのクッキー・ドイツ) 憧れのケーキつくれます!(チョコレートロールケーキ、トライフル、いちごのデコレーションケーキ) 砂糖のはなし 世界のローカルケーキ-按田優子さんのオリジナルレシピ(ロスコン・デ・レイエス、ババ、パヴロヴァ、タルトタタン、ザッハトルテ、セルニック、他) あなたのアメちゃん見せてください、他/チェ・スンミ「オモニのあったかスープ(キムチチゲ、白菜スープ、かぼちゃ粥、他)/連載・地域限定この店このメニュー 山代陽子「タイマグラフィールドノート」 耕す女子たち 窓際プランター栽培記 豆ジャーナル/他
季刊 うかたま 22号(2011年 春)-特集・男弁当・女子弁当 ¥1,000 枝元ほなみ、なかじ、按田優子、パン・ウェイ、山代陽子、他・執筆、談/MICAO・刺繍イラスト表紙 農文協(農山漁村文化協会) 2011年4月 食べることは暮らすこと 130頁雑誌 -春の道草、時々レシピ(野の花のちらしずし、つくしご飯、すいばの塩もみ、他)/特集・男弁当・女子弁当 かっこいい男弁当できる女子弁当(枝元ほなみ、なかじ、按田優子) 男も女もLet's弁当タイム!(アジア人留学生の弁当、猟師の弁当、美術モデルの弁当、カレーユニット・マサラワーラーの弁当、農家の親子弁当、寄り合いの弁当) 弁当・おむすび・ご飯Q&A 里山の弁当の友 郷土の弁当の友(にんじんの子和え、焼きだめ、昆布の佃煮、他) 世界のローカルDON弁当-按田優子さんのオリジナルレシピ(ビーフボウルDON、ロコモコDON、ケバブDON、鶏肉飯DON、他)/パン・ウェイさんの中国式ティータイム/連載・地域限定この店このメニュー 山代陽子「タイマグラフィールドノート」 耕す女子たち 窓際プランター栽培記 豆ジャーナル/他
季刊 うかたま 23号(2011年 夏)-特集・食べて体を調える ¥1,000 郷田美紀子、若杉友子、中島デコ、山内宥厳、パン・ウェイ、本多京子、按田優子、他・執筆、談/MICAO・刺繍イラスト表紙 農文協(農山漁村文化協会) 2011年7月 食べることは暮らすこと 130頁雑誌 -甘酒と麹のデザート(甘酒ぜんざい、甘酒杏仁プリン、かぼちゃの麹ピッツァ、納豆クラッカー、甘酒焼酎、他)/特集・食べて体を調える 郷田美紀子さんに教わる体をよくする食べ方 食べ方上手なあの人の“リセットごはん”(薬草料理の若杉友子さん、マクロビオティックの中島デコさん、東光寺住職の山内宥厳さん、中国薬膳のパン・ウェイさん、管理栄養士の本多京子さん) 夏をのりきる ふるさとの料理(冷や汁、たふぬあんだみす、おなぎ飯、どじょうの卵とじ、みょうがの田楽、だし、なすびのオランダ煮、他) インド式菜食カレーと小皿/按田優子さんに教わるつくる乾物・使う塩漬け/そうめんが一箱届いたら/連載・地域限定この店このメニュー 耕す女子たち 窓際プランター栽培記 食べるんだから知っときたい-食のライフラインを守る暮らし方とは 使うんだから知っときたい-持続可能なエネルギーで暮らすには 豆ジャーナル/他
季刊 うかたま 45号(2017年 冬)-特集・パンとパン友 ¥500 甲田幹夫、上野長一、白崎裕子、cimai、竹下晃朗、他・執筆、談/MICAO・刺繍イラスト表紙 農文協(農山漁村文化協会) 2017年1月 食べることは暮らすこと 130頁雑誌 -特集・パンとパン友 レシピ・パンとおいしい友だち(全粒粉のパン、白いパン、ライ麦のパン) 「パン友」対談(ルヴァンオーナー・甲田幹夫×農家・上野長一) レシピ・白崎裕子さんのかんたん丸パン(オーブンを使う、フライパンを使う、中華鍋を使う、蒸し器を使う) cimaiさんの天然酵母のパン(カンパーニュ、イングリッシュマフィン) 竹下晃朗さんの焼く スペルト小麦のパン パンジャーナル、他/津軽ほっこり冬めぐり/下栗の「そばだんご」/連載・この土地で暮らす・育てる・つくる(福島県飯舘村) 沖縄・大宜味村おばぁの昼ごはん 耕す女子たち 甲田幹夫の思っていること 豆ジャーナル/他

ご注文方法他

ご注文は、できましたらメール、ファクシミリ、葉書にてお願いいたします。メールは、 へご送信ください。携帯電話からのメールは、パソコンから送信されるメールが受信できる設定にしてください。電話でもお受けいたしますが、一人でやっているため留守がちにしており つながりにくく、電話でのご連絡や、「お急ぎ」のご要望には失礼することも多くございます。申し訳ございませんが何卒ご了承下さい。ご注文の際は お名前、ご住所、お電話番号、ご注文の本の書名、金額 を明記してください。

ご注文をいただきましたら在庫の有無と送料、ご送金方法などをお知らせするメールをさしあげます。原則として先払い、代金引換、PayPal(ペイパル)を通してのクレジットカード決済にて承ります。恐れ入りますが振込手数料はご負担下さい。

取扱金融機関は 郵便振替(ゆうちょ銀行当座預金口座)です。

通常の送料は日本国内185円から3000円です。同時に複数点ご注文いただき同梱包で発送する場合は、そのうち最も高く設定された送料のみ頂戴いたします。(送料510円+185円→510円、185+185+185→185円)

代金引換でのご送付の際、大きな荷物や、金額が大きい場合はメール、電話等で確認の連絡をする場合があります。

クレジットでのお支払いを希望される方は注文時にお書き添え下さい。クレジットの手続きはPayPal(ペイパル)を通して行います。

PayPal(ペイパル)ロゴマーク Paypal会員でなくても VISA(ビザカード)・MasterCard(マスターカード)・JCBカード(ジェーシービーカード)・American Express(アメリカン・エキスプレス)のカードにてお支払いいただけます。お客様がペイパルのアカウントを取る必要はありません。また、当方にクレジットカード情報が伝えられることはありません。

公費注文も承ります。ご担当者名、必要書類、書式を併せてお知らせください。

海外へのご送本も承ります。PayPalを通してのクレジットカードをご利用ください。日本に銀行口座をお持ちの場合は銀行振込もご利用ください。海外への発送は日本郵便のEMS、国際e-パケット、国際e-パケットライト、またはヤマト運輸国際宅急便を利用いたします。原則として書留付にて承ります。送料・書留代金は実費を頂戴します。ご相談ください。

About overseas shipment
International shipping available.Please contact me.You can use only PayPal.Shipping fee / registered fee will be charged actual expenses.You can choose the shipping method from the following methods.Japan Post EMS shippment, international e-packet, international e-packet light, Yamato Transport international takkyubin (home delivery service).I recommend that you attach registered number.

目録掲載品は1点限りです。随時更新しておりますが 万一 品切れの際は 何卒ご容赦ください。(線の引いてある本は売約済み、または確認中の本です。)カバー、帯、函など基本的には、それがある場合のみ、その旨表記しております。表記していないときはそれが無い状態です。何卒ご承知おきください。

苔花堂書店(たいかどうしょてん)
168-0061 東京都杉並区大宮1-22-75
月見荘3号室
メールアドレス huruhon@taikado.jp 
電話・ファクシミリ 03-3315-8978
月曜日・祝祭日定休。
その他も留守にしてる事が多く失礼することも多くございます。
お電話、お急ぎのファクシミリ、ご来店の際は何卒ご承知おきください。
通信販売のみの営業です。
東京都公安委員会古物商許可番号 308899803776号
東京都古書籍商業協同組合加盟

Yahoo! JAPAN

検索結果はヤフージャパンの別ページで開きます。