古本新着情報 苔花堂新聞 最新号

いらっしゃいませ 古本屋の苔花堂書店です。 


ページ内検索

検索語を入れて一度Enterキーを押すと、何故か一度検索語が消えることがあります。その時はもう一度チャレンジすると検索が出来るようです。ページを読み込むのに時間がかかるのかと思います。検索ワードを消すと元の一覧に戻ります。


10月30日号
書名・書影
書名のリンク先には大きな写真や詳しい目次など本の詳細を記載しています
価格 執筆者、挿絵画家 出版社 発行年 状態、目次抄
成蟲樓隨筆 正・續・續續 3冊揃 ¥15,000 天沼俊一 一條書房/髙桐書院/明窗書房 昭和18・21・22年 初版 3冊揃 カバースレ痛み、シミ有 ヤケ、シミ 古建築、四天王寺の燒失と復興に関する報告記、石塔・石燈籠、昆虫そのほか随筆 -正編(23編 文中挿入写真、図版99図 南禅寺方丈椽の欄間、佛岩攀登記、石燈籠見物旅行談の筆記、文展の国寶建築、二條城二の丸御殿欄間の蟷螂、官弊中社嚴嶋神社末社荒胡子神社本殿、圓光寺本堂柱の銘文、朝鮮全北金山寺石塔、忠靈塔計畫圖、英語唱歌、昆蟲採集漫談、他) 續編(20編 口絵14点(昭和20年3月14日四天王寺伽藍焼失、他写真) 文中挿入写真、図版102図 敦賀市及び近郊の古建築、和歌山紀行、朝鮮の雙獅石燈、本遠寺釋迦堂、松殿山荘、四天王寺の燒失と復興(上)/索引、他) 続々編(7編 文中挿入写真、図版52図 錦織神社と兵主神社、甲信旅行記、村社志那神社本殿、四天王寺の燒失と復興(下)、他)
石燈籠 復刻版 全4巻揃 ¥65,000 天沼俊一 思文閣 昭和48年 復刻版 全4冊揃 二重箱 箱シミ有 初版は昭和8年 図版(石燈籠、石塔他モノクロ写真、実測図、拓本)と解説 -新羅・奈良・平安・鎌倉・室町 1図から155図/桃山・江戸 156図から292図/江戸・補遺 293図から400図・補遺20図/総論・年表 -談山神社、宇佐神宮、京都・北野神社、京都・八阪神社、京都・吉田神社、南禅寺、善導寺、京都・清水寺、成就院、京都・西大谷、京都・御香宮、本派本願寺、桂離宮、石清水八幡宮、松花堂庭園、京都・松尾神社、京都・金胎寺、京都・御霊神社、京都・智恩寺、春日神社、奈良・氷室神社、東大寺二月堂、法隆寺、奈良・菅原天神、奈良・喜光寺、奈良・九頭神社、延暦寺、大津・義仲寺翁堂、園城寺、滋賀・竹田神社、滋賀・小泉重之助氏方、滋賀・高木神社、滋賀・豊国神社、大阪・坂上新次郎氏別邸、大阪・住吉神社、大阪・四天王寺、大阪・大融寺、大阪・大蓮寺、大阪・高鷲村、高野山、他
古建築の細部意匠 ¥2,000 近藤豊 大河出版 昭和50年 重版 小口ヤケ カバーヤケ、シミ、端スレ 昭和42年刊行『古寺細見-細部意匠と時代判定』を増補、改題し訂正6版 口絵モノクロ写真40頁 文中図解多 31章 -日本建築のながれ、日本建築の性格、伽藍配置、金堂(本堂)・仏殿、方丈・客殿・書院、塔(塔婆)、門、基壇と基石、柱、斗キョウ、蟇股、笈形および間斗束の装飾、木鼻、手挾、虹梁、天井、屋根、軒まわり、妻飾、懸魚、鵄尾・鬼瓦、露盤宝珠・相輪、窓、扉、欄間、高欄、須弥壇、格狭間、金具(金物)、平面的装飾文様、神社の本殿、鳥居/索引
増訂 図説 日本木工具史-日本建築工具の史的研究 ¥2,000 中村雄三 大原新生社 昭和49年 増訂版 小口シミ カバーヤケ、シミ、破れ痛み 蔵書印有 口絵モノクロ写真8頁 文中図解多 4章構成 -まえがき/第1章 木工具の変遷、第2章 個別的にみた木工具の歴史(従来の木工具研究、矩と曲尺、規、尺丈(間竿)、準縄、墨縄(縄墨)・墨壺(墨斗)・墨シロ(白+番)、木槌と鉄鎚、鑿、斧と与岐、手斧(釿)、鋸・大鋸・鑢、カナ(鎗鉋)と台鉋)、第3章 木工具の信仰-儀式用「大工道具」の成立と意義を中心に、第4章 木工具の伝世品(日光東照宮蔵「大工道具」(儀式用)、東京芸術大学蔵「墨斗と墨サシ」(実用品)、恵林寺蔵「大鋸」(実用品)、根来寺蔵「泥鏝」(実用品)など26点/あとがき
テキヤ稼業のフォークロア ¥2,000 厚香苗 青弓社 2012年 初版 カバー -路上や寺社の境内で商売をして祝祭空間を立ち上げる専業的な露店商=「テキヤ」とはどのような職業であり、ルールや縄張りなどの慣行をどう作り上げているのか。名所スカイツリーがある東京・墨東地区などでの詳細なフィールドワークから迫る。(紹介文) 6章構成 -序章 露店のなかへ(本書の目的、墨東地域の露店商い、研究対象、露店商の研究史、研究方法とその限界、補足・用語リスト)、テキヤの社会-集団構造とその維持原理、一人前の商人になる-名乗り名の継承方法と機能、縄張りを使う-商圏の運用と地域社会、備忘録テイタを読む-記録される祝祭空間、終章 民間伝承の力(調査協力者、テキヤはヤクザなのか、東京会の「伝統」の文化的特徴、テキヤ稼業のフォークロア)/資料1 御神絵、資料2 子育地蔵尊縁日再開許可願、資料3 GHQ占領期における露店商の活動を示す資料(東京都調布市野口家史料)/初出一覧、あとがき
苗字と名前の歴史 ¥1,000 坂田聡 吉川弘文館 歴史文化ライブラリー 2007年 重版 カバー -日本人の多種多様な苗字と名前は、何に起因するのか。古代中国や奈良時代の氏姓(しせい)制度に源流を探りながら、日本独特の苗字が姓に取って代わるまでの歴史をたどる。家名と家制度、身分・階層との関わり、男性と女性の違い、現代の夫婦別姓問題など、様々な視点から分かりやすく説いた薀蓄(うんちく)あふれる書。(紹介文) 5章構成 -「名づけ」の今日と過去(「名づけ」をめぐる諸問題、中世・近世の庶民の一生と人名の変化)、姓と苗字(姓・苗字そして氏、古代貴族の姓、中世武士の苗字、姓と苗字の違い、庶民も名のった姓と苗字)、男性の名前(中世男性の名前の種類、近江国菅浦住民の人名、紀伊国粉河荘東村住民の人名)、女性の名前(平安~鎌倉時代の女性名、夫婦別姓から夫婦同苗字へ、室町時代の女性名)、名前と社会(家名と家制度、名前からわかる社会秩序と習俗)/あとがき、参考文献
装丁家で探す本-古書目録に見た装丁家たち 正続2冊 ¥18,000 かわじもとたか(川地素崇)・編/芦田康秀・装丁/林哲夫・続編序文 杉並けやき出版/星雲社 2007・2018年 初版 2冊揃 カバー 帯 -正編337頁 装丁家1000名収録 -はじめに、第1章 装本・装幀・装丁・装釘・装訂?、第2章 装丁の好きだった作家たちもいる、第3章 装丁家で探す本-装丁家一覧、第4章 装丁に関する文献、第5章 「古書目録にみた~」シリーズについて/続装丁家で探す本 追補・訂正版456頁+「装丁挿話」167頁  装丁家537名収録 前著の追記と訂正に力を注ぎ、訂正・削除の項目以外の重複はないつもりだ(はじめにより) -林哲夫・序文「がかさがしがさがか」、はじめに、続装丁家で探す本-装丁家一覧/装丁挿話(106編)、装丁展ほか開催一覧 
江戸の泥絵展-渡辺紳一郎コレクション ¥2,000 渡辺紳一郎、黒田源次、小野忠重、栗原直、大熊喜邦、吉田小五郎・執筆 北海道立近代美術館 昭和53年 156頁図録 背ヤケ、シミ有 出品点数・眼鏡絵228点、古版木、覗眼鏡9点 -黒田源次「円山応挙の眼鏡絵について」 渡辺紳一郎「私のコレクション」 小野忠重「泥絵考」 栗原直「どろ絵年代雑考」/図版 カラー図版12点 モノクロ図版129点/出品目録/大熊喜邦「泥絵と大名屋敷」 吉田小五郎「泥絵の話」/関係年表、参考文献
ガラス絵と泥絵 幕末・明治の庶民画考 ¥1,500 小野忠重 河出書房新社 1990年 初版 カバーヤケ、シミ 蔵書印有 -見捨てられていく民衆絵画をテーマに、もう一つの日本美術史をえがこうとした著者独自の仕事。「眼鏡絵」「写真絵」「小絵馬」を合わせて考察する幕末明治の自由で不思議な美の世界。(紹介文より) 口絵カラー図版4頁 5部構成 -泥絵考(泥絵の三系統、江戸系泥絵、長崎土産絵)/眼鏡絵(ヨーロッパ眼鏡絵の旅、中国の西洋画法、和製眼鏡絵の出現、江戸の眼鏡絵1、江戸の眼鏡絵2)/小絵馬考(絵馬の起源、絵馬の盛衰)/ガラス絵(海の向うからきたガラス絵、中国のガラス絵、ヨーロッパのガラス絵、日本のガラス絵)/写真絵(絵と写真、写真から版へ)
叫び ¥1,500 インゲビョルグ・イッヅティ・編集/土山亮子・翻訳/オイヴィン・ストルム・ビャルケ、グリー・ランドルー、ビリヤナ・トパロヴァ・カサディエゴ、マグダレーナ・ウフナレフスカ・ゴチミルスカ、インゲビョルグ・イッヅティ・執筆/エドワルド・ムンク・作品掲載 ムンク美術館 2008年 裏表紙スレ痛み有 盗難にあった「叫び」と「マドンナ」を修復し展示したオスロ市ムンク美術館「マドンナと叫び」展(2008年5月23日から9月26日)関連出版 カラー図版57点と論考 105頁 -トールゲル・オーデゴール「ごあいさつ」/インゲビョルグ・イッヅティ「はじめに」/オイヴィン・ストルム・ビャルケ「美術史的規範の一部としての《叫び》」 グリー・ランドルー、ビリヤナ・トパロヴァ・カサディエゴ、マグダレーナ・ウフナレフスカ・ゴチミルスカ「ムンク美術館所蔵《叫び》の保存修復 調査と観察」 インゲビョルグ・イッヅティ「ムンク美術館所蔵《叫び》の制作年特定」 ビリヤナ・トパロヴァ・カサディエゴ「《叫び》の二つの絵画バージョン 技法比較への試み」/図版一覧/主要参考文献
モダンデザインの父 ウィリアム・モリス ¥3,000 ウィリアム・モリス・作品掲載/リンダ・バリー、藤田治彦、藪亨、金子賢治・論文執筆/ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(ダンテ・ガブリエル・ロセッティ)、エドワード・バーン=ジョーンズ、フィリップ・ウェッブ、他作品 京都国立近代美術館、東京国立近代美術館、愛知県美術館・巡回 1997年 204頁展覧会図録 重版 出品点数234点 全点カラー図版 -アラン・ボルグ「展覧会開催にあたって」/リンダ・バリー「序論」 藤田治彦「バーン=ジョーンズが人を、ウェッブが鳥を、そしてモリスが野の花を描いた」 藪亨「「美しい書物」についての伝説」 金子賢治「ウィリアム・モリスとスタジオ・クラフト」/図版 1・モリスの生活と初期作品(モリスの生活、ケルムストッコ・マナー、レッド・ライオン・スクエア、レッド・ハウス、聖堂のための仕事 -自画像、写真、立面・平面図、調度品、、他 ウィリアム・モリス、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、エドワード・バーン=ジョーンズ、フィリップ・ウェッブ、他作品) 2・モリス・マーシャル・フォークナー商会の活動(1862年の万国博覧会、 初期の仕事1861-75年 -カタログ、ステンドグラス、家具、タイル、テキスタイル・カーペット、壁紙デザイン、彩飾手稿本、他) 3・モリス商会とマートン・アビー そしてモリスの多彩な活動(染色、ステンドグラス、壁紙、タイル、刺繍、内装用ファブリック、織物、カーペット、タペストリー、家具、セント・ジェイムジズ宮殿用デザイン画・試作品、古建築物保護協会の活動に関するスケッチ、書簡、他) 4・ケルムスコット・ハウスでの活動とケルムスコット・プレス(ケルムスコット・ハウス写真、タペストリー、モリス刊本、飾り文字、ケルムスコット・プレス・ブック、他)/リンダ・バリー「ウィリアム・モリスの仕事」 藤田治彦「ロマンティシズム・反修復運動・講演活動」 /関連人名、関連用語、略年譜、作品リスト
KATAGAMI Style ¥5,000 三菱一号館美術館、京都国立近代美術館、三重県立美術館・編/長崎巌、生田ゆき、高木陽子、馬渕明子、シャンタル・ブション、池田祐子、クラウディア・デランク、ヨハネス・ヴィーニンガー、マリヤン・グロード、阿佐美淑子、ジュヌヴィエーヴ・ラカンブル・論文執筆/ウィリアム・モリス、エドワード・ウィリアム・ゴドウィン、ウォルター・クレイン、T・W・シャープ、クリストファー・ドレッサー、リバティ商会、シルヴァー・スタジオ、チャールズ・レニー・マッキントッシュ、オーブリー・ヴィンセント・ビアズリー、ルイス・コンフォート・ティファニー工房、ウィリアム・ブラッドレー、モーリス・ドニ、フランク・ブラングイン、フェリックス・ヴァトロン、アルフォンス・ミュシャ、エミール・ガレ、エクトール・ギマール、ルネ・ラリック、マリアノ・フォルテュニー、アンリ・ヴァン・ヴェルド、ブリノルフ・ヴェンネルベルク、エミール・ルドルフ・ヴァイス、ルートヴィヒ・ホールヴァイン、リヒャルト・リーマシュミット、アーデルベルト・ニーマイヤー、フーゴー・レヴェン、ハインリヒ・フォーゲラー、アルビン・ミュラー、ペーター・ベーレンス、マックス・ロイヤー、オットー・エックマン、コロマン・モーザー、オットー・ヴァーグナー、ヨーゼフ・ホフマン、他作品掲載 三菱一号館美術館、京都国立近代美術館、三重県立美術館・巡回 2012年 382頁展覧会図録 日本語版 出品点数456点 全点カラー図版 -図版(5章構成) 1・型紙の世界-日本における型紙の歴史とその展開(型紙70点、裃・着物・浴衣12点、雛形・見本帳8点、錦絵12点、紅型型紙6点、紅型衣装4点、他)、2・型紙とアーツ・アンド・クラフツ-英米圏における型紙受容の諸展開(ウィリアム・モリス、エドワード・ウィリアム・ゴドウィン、ウォルター・クレイン、T・W・シャープ、クリストファー・ドレッサー、リバティ商会、シルヴァー・スタジオ、チャールズ・レニー・マッキントッシュ、オーブリー・ヴィンセント・ビアズリー、ルイス・コンフォート・ティファニー工房、ウィリアム・ブラッドレー他関連 壁紙、型紙、ファブリック見本、テキスタイル、家具、調度品、挿絵、ポスター他) 3・型紙とアール・ヌーヴォー-仏語圏における型紙受容の諸展開(モーリス・ドニ、フランク・ブラングイン、フェリックス・ヴァトロン、アルフォンス・ミュシャ、エミール・ガレ、エクトール・ギマール、ルネ・ラリック、マリアノ・フォルテュニー、アンリ・ヴァン・ヴェルド、他 絵画、下絵、型紙、建築、ポスター、家具、調度品、バルコニー装飾、花器、アクセサリー、テキスタイルなど)、4・型紙とユーゲントシュティール-独語圏における型紙受容の諸展開(ブリノルフ・ヴェンネルベルク、エミール・ルドルフ・ヴァイス、ルートヴィヒ・ホールヴァイン、リヒャルト・リーマシュミット、アーデルベルト・ニーマイヤー、フーゴー・レヴェン、ハインリヒ・フォーゲラー、アルビン・ミュラー、ペーター・ベーレンス、マックス・ロイヤー、オットー・エックマン、コロマン・モーザー、オットー・ヴァーグナー、ヨーゼフ・ホフマン他 ポスター、家具、調度品、食器、花器、、テキスタイルなど)、5・現代に受け継がれる”KATAGAMI”デザイン(型紙、テキスタイルデザイン、他)/論考 長崎巌「日本の型紙と型紙染の歴史」 生田ゆき「型紙は語る 海を越えた型紙をたずねて」 型紙関連用語解説 高木陽子「英国におけるジャポニズムと型紙」 馬渕明子「アメリカにおけるジャポニスムと型紙」 馬渕明子「フランスの美術工芸における型紙の影響」 高木陽子「ベルギーにおける型紙とジャポニスム」 シャンタル・ブション「パリ装飾美術館の型紙コレクション」 池田祐子「「型」を求めて-ドイツにおける型紙受容とその背景」 クラウディア・デランク「クレフェルトにおける芸術家による絹織物、型紙そしてジャポニスム」 ヨハネス・ヴィーニンガー「世紀転換期ウィーンにおける日本の型紙の意味について」 マリヤン・グロード「型紙とオランダのジャポニスム」 阿佐美淑子「受け継がれる“KATAGAMI”デザイン-現代の欧米のプロダクトから」/作者・工房解説、海外における型紙所蔵先一覧、年表・19世紀から21世紀にかけて西洋に見出される日本の「型紙(Katagami)」(ジュヌヴィエーヴ・ラカンブル・監修)、主要参考文献、出品リスト
おじいさんがかぶをうえました -月刊絵本「こどものとも」50年のあゆみ ¥2,000 福音館書店編集部・編/塚田和敏、松居直、中村柾子、松岡享子、金井美恵子、今江祥智、小川洋子、谷川晃一、松本猛、草森紳一、天野祐吉、岸田衿子、筒井頼子、中川正文、神沢利子、西内ミナミ、松野正子、わたりむつこ、長谷川摂子、谷川俊太郎、中川李枝子、山脇百合子、渡辺茂男、山本忠敬、石井桃子、横内襄、内田莉莎子、斎藤惇夫、大槻あかね、田中清代、西村温子・執筆、談/堀内誠一、丸木俊、長新太、土方久功、中川李枝子、山脇百合子、小野かおる、赤羽末吉、林明子、スズキコージ、中谷千代子、田島征三、佐々木マキ、瀬川康男、太田大八、加古里子、井上洋介、梶山俊夫、他作品掲載 福音館書店 2005(平成17)年 初版 255頁 -2006年3月号で50周年を迎えた月刊物語絵本「こどものとも」のバックナンバーすべてを紹介した図録 3章構成 -松居直「「こどものとも」創刊のころ」 中村柾子「絵本からもらったたくさんの贈り物」 松岡享子「初期の「こどものとも」」 金井美恵子「縞の回転」/たくさんの絵本(日本の昔話、世界の昔話、字のない絵本、動物がいっぱい、乗り物、もっとひろがる絵本の世界、生活を描く)/絵本、さまざまな軌跡(19人作品紹介 堀内誠一、丸木俊、長新太、土方久功、中川李枝子と山脇百合子、林明子、スズキコージ、中谷千代子、田島征三、佐々木マキ、加古里子、井上洋介、他) 絵本の前の絵/絵本誕生のひみつ(自作を語る、他) 岸田衿子「かばくん」 筒井頼子「はじめてのおつかい」 中川正文「ごろはちだいみょうじん」 神沢利子「ぽとんぽとんはなんのおと」 西内ミナミ「ぐるんぱのようちえん」 中川李枝子と山脇百合子「ぐりとぐら」 渡辺茂男と山本忠敬「しょうぼうじどうしゃじぷた」 石井桃子と横内襄「ちいさなねこ」 内田莉莎子「私の絵本履歴」 斎藤惇夫「瀬田貞二さんの仕事」他 大槻あかね、田中清代、西村温子・座談会/書名索引/月刊絵本「こどものとも」の50年・603作品 「こどものとも年中向き」200作品/「こどものとも」をめぐる年表
トコトン!神沢利子展-いのちの水があふれだす ¥2,000 神沢利子展プロジェクト実行委員会、三鷹市・編/神沢利子関連/今江祥智、菅原啓州、唐亜明、平山英三、あべ弘士、長新太、片山健、瀬川康男、スズキコージ、山田ルイ、津田五十鈴、土田有砂、富岡直子、他・執筆、談、再録 三鷹市美術ギャラリー/神沢利子展プロジェクト実行委員会、三鷹市・」主催 2007年 110頁展覧会図録(本文80頁+巻末資料30頁) 裏表紙ラベル剥がし跡有 附録「みたか・おさんぽマップ」付 出品点数279点 2007年12月8日-2008年1月13日開催 -神沢利子「神沢さんからのメッセージ」/第一部 ことばと絵でみる神沢利子展(カラー図版 著作、写真、関連作品など ようこそ!神沢ワールドへ、作品の中に神沢さんがいる!?、書くことは生きること、そしてこれからも書きつづける)/第二部 神沢さんにつながるこえ 作家・編集者のこえ(今江祥智「神沢利子展に寄せて」 菅原啓州「北の卵」 唐亜明「シベリアの画家 パヴリーシンさんを訪ねて」)、画家のこえ(平山英三「ぽとんぽとんはなんのおとが生まれた日」(再録) あべ弘士「オットセイ見ーつけた」(再録) 長新太「井の頭池の弁天様で、神沢さんに教えたいこと」(再録) 片山健「『いいことってどんなこと』の取材」(再録) 瀬川康男「『流れのほとり』を描いたころ」 スズキコージ(カード再録))、特別企画・孫たちが語るおばあちゃん神沢利子(山田ルイ、津田五十鈴(司会)、土田有砂(進行)、富岡直子/ミオ、ユウ、マナ、ナオ、ユウ、カナ)、ブックレビュー・わたしの好きな本(実行委員が神沢作品を個々の自由な感想として書く)、神沢さんからのおくりもの/第三部 資料(略年譜、教科書で出会う神沢作品、作品目録、もっと神沢利子さんを知りたい人のために(エッセイ・評論・対談・インタビューなど)、出品目録(原画、図書、資料)/神沢利子展プロジェクトとは
ディズニーの国4巻5号(昭和38年5月) ¥3,500 山元護久、瀬川康男、手塚治虫、坂本直行、柚山憲一、水藤春夫、岩崎ちひろ、野村加根夫、立原えりか、渡辺藤一、前川康男、赤坂三好、飯沢匡、土方重巳・作、絵、写真 ・文・絵 日本リーダーズダイジェスト社 昭和38年5月 98頁児童向け雑誌 マンガと読み物(マンガページはカラー) 端スレ痛み 頁端折れ 付・「ウオルト・ディズニーの快傑ゾロ」(表紙共38頁冊子カラー漫画 最終頁ラベル貼り跡本文スレ有) -マンガ(「長編マンガ ドナルドダックの算数教室」 「スキャンプ-友情はうつくし」 「グーフィー-すてきなペンキ屋の巻」 「チップとテール」/童話 山元護久・作、瀬川康男・絵「やつにまかすな!」/手塚治虫「ほんのちょっぴり物語-黒い王子の巻(3)」/坂本直行・文、柚山憲一・写真「子馬のおいたち」 水藤春夫・文、岩崎ちひろ・絵「のっぽ探偵ちび探偵 終編(作者・岡本良雄死去により中断を伝える挨拶文)」/マンガ 「ミッキーマウス-銀のおうむの巻」 「プルート-さいみんじゅつの巻」/野村加根夫・写真と文「かわった建物」 立原えりか・作、渡辺藤一・絵「童話 大男のねむりぐすり」 前川康男・文、赤坂三好・絵「ふたりのまほうつかい・最終回」 飯沢匡・作、土方重巳・絵「プーポン博士・7」/他
ディズニーの国4巻7号(昭和38年7月) ¥3,000 長谷川四郎、赤羽末吉、合田佐和子、大石真、久米宏一、飯沢匡、土方重巳、福永武彦、長新太、田島征三、茨木のり子、和田誠・作、絵 日本リーダーズダイジェスト社 昭和38年7月 98頁児童向け雑誌 マンガと読み物(マンガページはカラー) 背スレ痛み 端歪み有 端スレ痛み 頁端折れ 付録欠 数字を繋いで絵を描くページ赤エンピツ書込有 -マンガ(「長編マンガ 巨人ポール・バニヤン」 「チップとテール-めい探偵の巻」/童話 長谷川四郎・文、赤羽末吉・絵「ねずみの浄土」/マンガ 「スキャンプ-子守りのの巻」/合田佐和子・人形制作と文「ロボットくんコンニチワ」 大石真・作、久米宏一・絵「虫の国のひみつ・2」 飯沢匡・作、土方重巳・絵「プーポン博士・9」 福永武彦・作、長新太・絵「猫の太郎・2」/マンガ 「ドナルドダック-山車そうどうの巻」 「ミッキーとプルート」/田島征三・絵と文「さる山のさるえもん」 「グーフィーミステリー」 茨木のり子・詩、和田誠・絵「ビスケット工場」
ウオルト・ディズニーの快傑ゾロ-ディズニーの国4巻6号付録 ¥1,000
日本リーダーズダイジェスト社 昭和38年6月 表紙共38頁冊子カラー漫画 端スレ痛み、シミ有
ベトナムのダーちゃん ¥1,000 早乙女勝元・文/遠藤てるよ・画/加茂徳治・解説 童心社 1992年 重版 カバー 72ページ 22.5×20センチ -ベトナムのダーちゃん/早乙女勝元・あとがき(1992年初夏)/加茂徳治「この作品のために」
がんばれダーちゃん ¥1,000 早乙女勝元・文/遠藤てるよ・画 童心社 1992年 重版 カバー 72ページ 22.5×20センチ
ほらふきじゅうたん ¥1,000 デイヴィッド・ルーカス/なかがわちひろ(中川千尋)・訳 偕成社 2009年 初版 カバー 77頁絵本 24×22センチ -長いねむりからさめた大理石像の女の子にトラのじゅうたんが語りかけます。世界はなんと不思議にみちていることか・・・。(紹介文)
いつまでも大切なもの ¥1,000 ヘルヤ・リウッコ=スンドストロム・文、陶板/稲垣美晴・訳 猫の言葉社 2014年 初版 32頁絵本 22×26センチ 陶板による挿絵 3話収録 -ぬいぐるみの涙/青い天国へ行った猫/すてられた洗濯機
人形劇であそびましょう! ¥1,500 マイヤ・バリチ・文/クリスティーナ・ロウヒ・絵/稲垣美晴・訳 猫の言葉社 2015年 初版 86頁絵本 21.5×26.5センチ -身の回りのもので作る人形、舞台、道具を紹介します。家庭で、幼稚園で、学校で人形劇を楽しんでみませんか?じゃがいもや、森で拾った木で作る人形など、フィンランド人の知恵や楽しいヒントがいっぱい詰まっています。(紹介文) -人形劇の材料、指人形、片手使い人形、テーブル劇場、飛びだし人形、素肌の人形、外で楽しむ人形劇、紙人形、じゃがいも人形、棒使い人形、マリオネット、影絵
ふしきなボタン ¥1,000 ミルヤ・オルヴォラ・文/サッラ・サヴォライネン・絵/稲垣美晴・訳 猫の言葉社 2010年 初版 40頁絵本 26×15センチ -ボタン作りの名人プアンは、ある日、王女マリアにきれいなボタンを贈ります。それは、生きる力や美しいものを感じる力を授けてくれるふしぎなボタン。王女はそれをティアラにつけてもらいますが、パレードの最中にボタンが落ちてしまい、見つかりません。いったいボタンはどこへいったのでしょう。(紹介文)
木の音をきく ¥1,000 リーッタ・ヤロネン・文/クリスティーナ・ロウヒ・絵/稲垣美晴・訳 猫の言葉社 2012年 初版 47頁絵本 26×24センチ -父親が亡くなり、遠くの町へ引っ越すことになりました。母親の仕事や二人の住むところを探すために、今日は電車に乗って引っ越す町を見にいきます。母親が切符を買っているあいだ、少女は、駅のそばにある木の下で、カラスを見ながら静かに待っています。木からいっせいにカラスが飛びたつと、少女には、愛するものを失う木の気持ちが痛いほどよくわかり、少女の心に、父親の思い出が次から次へとよみがえってきます。さびしさとは何か?死とはなにか?モノローグで語られる少女の孤独、そして新しい生活への不安と期待。香り高い絵と文章で読者を深い世界へと誘う渾身の作品。(紹介文)
枕草子-少年少女古典文学館4  ¥1,500 大庭みな子/新井苑子・絵/津本信博・解説/清少納言・原作 講談社 1991年 初版 カバー端スレ、ヤケ -現代の少年少女に日本の古典文学をおもしろく、やさしく鑑賞してもらいたいとの目的で編集。原点の味わいを失わないよう、またわかりやすさを増すため、筆者の自由な解釈を入れ、短い解説も加えた現代文。 底本は岩波書店版・日本古典文学大系19「枕草子」を基本とし、段の分け方もこれにならう。適宜諸本を参照し解釈の助けとする。(凡例より) 底本では319段、別本29段だがそのうち116段を抜粋 口絵カラー図版4頁、文中挿絵、参考図有 
堤中納言物語・うつほ物語-少年少女古典文学館7 ¥1,500 干刈あがた、津島佑子/ひらいたかこ、藤川秀之・絵/津本信博、室伏信助・解説 講談社 1992年 初版 カバー端スレ、ヤケ -現代の少年少女に日本の古典文学をおもしろく、やさしく鑑賞してもらいたいとの目的で編集。原点の味わいを失わないよう、またわかりやすさを増すため、筆者の自由な解釈を入れ、短い解説も加えた現代文。 (凡例より) 口絵カラー図版4頁、文中挿絵、参考図有 -堤中納言物語(底本は新潮社版・新潮日本古典集成「堤中納言物語」を基本とし、適宜諸本を参照する。干刈あがた・文、ひらいたかこ・絵、津本信博・解説) うつほ物語(底本は角川文庫版・「宇津保物語」を基本とし、前田家本その他を参照する。津島佑子・文、藤川秀之・絵、室伏信助・解説)
雨月物語-少年少女古典文学館20 ¥1,500 佐藤さとる/蓬田やすひろ・絵/高田衛・解説/上田秋成・原作 講談社 1992年 初版 カバー端スレ、ヤケ -現代の少年少女に日本の古典文学をおもしろく、やさしく鑑賞してもらいたいとの目的で編集。原点の味わいを失わないよう、またわかりやすさを増すため、筆者の自由な解釈を入れ、短い解説も加えた現代文。 底本は新潮社版・新潮日本古典集成「雨月物語」を基本とし、小学館版「日本古典文学全集48」の中の「雨月物語」も参考とする。(凡例より) 口絵カラー図版4頁、文中挿絵、参考図有 
アイヌ童話集 ¥1,000 金田一京助、荒木田家寿/池田仙三郎・挿絵、カット 講談社 講談社文庫 昭和59年 重版 カバー背スレ痛み 3部構成16話 -金田一京助・まえがき/よもやま昔話(口のきけない子と熊の話、流れてきた子どもの話、鬼が島せいばつの話、雲の船と男の子の話、チャランケの話、砂でつくった鯨の話、おばけ鳥の話、センタカイヌの話、鬼鹿毛どのの話)/パナンペ・ペナンペ昔話(鬼のわなの話、金と銀の小犬の話、腹のなかの小鳥の話)/オキクルミの昔話(日の女神を救いだす話、ききん魔を退治する話、神々がざんげ話をする話、生いたちと晩年の話)/荒木田家寿・解説/著者略歴
童話集 白いおうむの森 ¥1,000 安房直子/天沢退二郎・解説/赤星亮衛・本文カット 筑摩書房 ちくま文庫 1986年 初版 カバー背ヤケ、端スレ 7編収録 -雪窓/白いおうむの森/鶴の家/野ばらの帽子/てまり/長い灰色のスカート/野の音/天沢退二郎・解説「悲しさと親和」


サイト内検索



ご注文方法他

ご注文は、できましたらメール、ファクシミリ、葉書にてお願いいたします。メールは、 へご送信ください。携帯電話からのメールは、パソコンから送信されるメールが受信できる設定にしてください。電話でもお受けいたしますが、一人でやっているため留守がちにしており つながりにくく、電話でのご連絡や、「お急ぎ」のご要望には失礼することも多くございます。申し訳ございませんが何卒ご了承下さい。ご注文の際は お名前、ご住所、お電話番号、ご注文の本の書名、金額 を明記してください。

ご注文をいただきましたら在庫の有無と送料、ご送金方法などをお知らせするメールをさしあげます。原則として先払い、代金引換、PayPal(ペイパル)を通してのクレジットカード決済にて承ります。恐れ入りますが振込手数料はご負担下さい。

取扱金融機関は 郵便振替(ゆうちょ銀行当座預金口座)です。

通常の送料は日本国内185円から3000円です。同時に複数点ご注文いただき同梱包で発送する場合は、そのうち最も高く設定された送料のみ頂戴いたします。(送料510円+185円→510円、185+185+185→185円)

代金引換でのご送付の際、大きな荷物や、金額が大きい場合はメール、電話等で確認の連絡をする場合があります。

クレジットでのお支払いを希望される方は注文時にお書き添え下さい。クレジットの手続きはPayPal(ペイパル)を通して行います。

PayPal(ペイパル)ロゴマーク Paypal会員でなくても VISA(ビザカード)・MasterCard(マスターカード)・JCBカード(ジェーシービーカード)・American Express(アメリカン・エキスプレス)のカードにてお支払いいただけます。お客様がペイパルのアカウントを取る必要はありません。また、当方にクレジットカード情報が伝えられることはありません。

公費注文も承ります。ご担当者名、必要書類、書式を併せてお知らせください。

海外へのご送本も承ります。PayPalを通してのクレジットカードをご利用ください。日本に銀行口座をお持ちの場合は銀行振込もご利用ください。海外への発送は日本郵便のEMS、国際e-パケット、国際e-パケットライト、またはヤマト運輸国際宅急便を利用いたします。原則として書留付にて承ります。送料・書留代金は実費を頂戴します。ご相談ください。

About overseas shipment
International shipping available.Please contact me.You can use only PayPal.Shipping fee / registered fee will be charged actual expenses.You can choose the shipping method from the following methods.Japan Post EMS shippment, international e-packet, international e-packet light, Yamato Transport international takkyubin (home delivery service).I recommend that you attach registered number.

目録掲載品は1点限りです。随時更新しておりますが 万一 品切れの際は 何卒ご容赦ください。(線の引いてある本は売約済み、または確認中の本です。)カバー、帯、函など基本的には、それがある場合のみ、その旨表記しております。表記していないときはそれが無い状態です。何卒ご承知おきください。

苔花堂書店(たいかどうしょてん)
168-0061 東京都杉並区大宮1-22-75
月見荘3号室
メールアドレス huruhon@taikado.jp 
電話・ファクシミリ 03-3315-8978
月曜日・祝祭日定休。
その他も留守にしてる事が多く失礼することも多くございます。
お電話、お急ぎのファクシミリ、ご来店の際は何卒ご承知おきください。
通信販売のみの営業です。
東京都公安委員会古物商許可番号 308899803776号
東京都古書籍商業協同組合加盟