苔花堂古本目録・福音館書店 たくさんのふしぎ(月刊冊子絵本)

いらっしゃいませ 古本屋の苔花堂書店です。 


ページ内検索

検索語を入れて一度Enterキーを押すと、何故か一度検索語が消えることがあります。その時はもう一度チャレンジすると検索が出来るようです。検索ワードを消すと元の一覧に戻ります。


福音館書店・月刊「たくさんのふしぎ」バックナンバー
書名・書影
リンク先には大きな写真や、詳しい解説があります
価格 著者・挿絵・写真 出版社 発行年 状態、目次抄
月刊たくさんのふしぎ4号(1985年7月号)-庭にできたウサギの国 -「かがくのとも」小学生版
庭にできたウサギの国
¥1,500 河合雅雄・文/図子光俊・絵/高橋幸子、やぎゅうげんいちろう(柳生弦一郎)、根岸和弘、他・ふしぎ新聞執筆、談 福音館書店 1985(昭60)年7月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、とくべつインタビュー「名前は大輪菊先紅銀乱・打ち上げ花火玉製作・根岸和弘」、やぎゅうげんいちろう「空飛ぶじゅうたんのできるまで4」、他) 
-飼育箱のなかでは、毎日草を食べてねそべってばかりいるものぐさウサギ。でも、庭にはなされるとすっかりヘンシン!思いもかけない生き生きとしたすがたを見せてくれます。動物学者で動物たちとすぐなかよしになれる河合雅雄さんが、野生にかえったウサギたちがひきおこす、いくつものおもしろい事件を、きみたちにしょうかいします。絵は画家の図子光俊さん。この本のために自分の家の庭で二頭のウサギを飼って、スケッチをつづけ、かわいくて元気なウサギの絵ができあがりました。
月刊たくさんのふしぎ5号(1985年8月号)-恐竜はっくつ記 -「かがくのとも」小学生版
恐竜はっくつ記
¥1,500 長谷川善和・文/夏目義一・絵/
高橋幸子、やぎゅうげんいちろう(柳生弦一郎)、児玉征太郞、堤規至、他・ふしぎ新聞執筆、談/オロス・イシュトバン・ふろく絵
福音館書店 1985(昭60)年8月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、とくべつインタビュー「ぼくはアニメーター・児玉征太郞、堤規至」、特集・水、色鉛筆のひみつ、やぎゅうげんいちろう「空飛ぶじゅうたんのできるまで5」、他) 
8月号付録「虫たちのまほうじん」(オロス・イシュトバン・絵) 
-きみたちは恐竜の化石を見たことがあるかな?恐竜は大昔に生きていた大きな動物だ。古生物学者の長谷川善和さんは、アフリカ大陸の東「化石の島」マダガスカルで、恐竜の化石のはっくつ調査をした。このはっくつのことをていねいにきみたちにかたってくれるのだ。それにきみたちがぜったい気にいってしまうと思うのは、画家の夏目さんがかいた恐竜のふくげん図。だんぜんかっこいい絵です。
月刊たくさんのふしぎ6号(1985年9月号)-バッタのオリンピック -「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ6号(1985年9月号)-バッタのオリンピック
¥2,000 日浦勇・案/宮武頼夫・文/中西章・絵 福音館書店 1985(昭60)年9月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ7号(1985年10月号)-どうくつをたんけんする -「かがくのとも」小学生版
どうくつをたんけんする
¥1,500 堀内誠一・作/庫本正・協力/
高橋幸子、やぎゅうげんいちろう(柳生弦一郎)、庫本正、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1985(昭60)年10月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 庫本正「洞窟とわたし」、みみずの学校、「忘れ物は生きている・東京駅遺失物取扱所」、やぎゅうげんいちろう「空飛ぶじゅうたんのできるまで7」、他) 
-どうくつの中は真っ暗闇で、草や木もなく、石と水ばかりの世界。でもそこは夢の御殿とよびたくなるような美しさです。世界各地のどうくつをもぐった画家が、みなさんをご案内します。そのたんけんを本にするにあたって、秋吉台科学博物館の庫本正館長に、いろいろお教えいただきました。-鍾乳洞を探険する。
月刊たくさんのふしぎ9号(1985年12月号)-ことばをおぼえたチンパンジー -「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ9号(1985年12月号)-ことばをおぼえたチンパンジー
¥1,500 松沢哲郎・文/藪内正幸・絵 福音館書店 1985(昭60)年12月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ11号(1986年2月号)-夢ってなんだろう -「かがくのとも」小学生版
夢ってなんだろう
¥1,500 村瀬学・文/杉浦範茂・絵/
高橋幸子、やぎゅうげんいちろう(柳生弦一郎)、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1986(昭61)年2月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、「天文学者のふしぎだな」、やぎゅうげんいちろう「空飛ぶじゅうたんのできるまで11」、他)  
-きみたち、夢が出てくるお話の本は、いろいろ読んでいると思う。でも、「なぜ夢を見るのだろう?」とか「夢はなんでできているんだろう?」とか、夢の正体について考える本は、読んだことがないにちがいない。そんな本は今まで日本にはなかったのだから・・・・。2月号は、日本ではじめての、子どものための夢の本だ。科学者はねている人のようすを夜もねないでしらべたりして、おもしろい事実を発見した。そのこともこの本にはかいてあるけれど、かんじんのことはまだ科学者にもわかっていない。そこで、この本では、子どもが見たゆかいな夢、昔の人が見たふしぎな夢など、いろんな夢をしょうかいしながら、夢ってなんだろうと考えてゆく。ぜひ、きみも、いっしょに考えてほしい。夢を見ているような気がしてくるおかしな夢の絵がいっぱいのっていて、とってもたのしいよ。
月刊たくさんのふしぎ13号(1986年4月号)-外国の小学校-「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ13号(1986年4月号)-外国の小学校
¥1,000 斎藤次郎・文/西山悦子・写真/春名徹・付録解説 福音館書店 1986(昭61)年4月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 頁スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 4月号一枚絵付録「日本図皿」(茅原元一郎・所蔵 春名徹・解説)
月刊たくさんのふしぎ14号(1986年5月号)-おしっこの研究-「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ14号(1986年5月号)-おしっこの研究
¥1,000 柳生弦一郎 福音館書店 1986(昭61)年5月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁 「ふしぎ新聞」欠)
月刊たくさんのふしぎ15号(1986年6月号)-町のスズメ 林のスズメ-「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ15号(1986年6月号)-町のスズメ 林のスズメ
¥1,500 石城謙吉・文/薮内正幸・絵 福音館書店 1986(昭61)年6月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 頁スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ16号(1986年7月号)-ブラックバス-「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ16号(1986年7月号)-ブラックバス
¥1,000 森秀人・文/飯尾京子・絵 福音館書店 1986(昭61)年7月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 頁スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ18号(1986年9月号)-アメリカ・インディアンはうたう -「かがくのとも」小学生版
アメリカ・インディアンはうたう
¥1,500 金関寿夫・文、訳詩/堀内誠一・絵/
高橋幸子、フックス美千代、他・ふしぎ新聞執筆/川原田徹・ふろく絵
福音館書店 1986(昭61)年9月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、フックス美千代「スイスだより 小さくて大きい国」、他) 
9月号付録「子どもたちのかぼちゃ浄土」(川原田徹・絵) 
-ヨーロッパの人びとがアメリカ大陸にうつりすむようになるずうっと前から、アメリカ大陸には、アメリカ・インディアンとよばれる人びとがすんでいました。アメリカ・インディアンとひとくちにいってしまいますが、ほんとうにさまざまな生活をし、さまざまなことばをはなす人びとなのです。かれらがうたった歌を、この本では十数へん紹介してあります。一つ一つ、声にだして読んでみてください。アメリカ・インディアンの考え方や、感じ方が、とてもよくつたわってくるでしょう?
月刊たくさんのふしぎ21号(1986年12月号)-ヒツジのおくりもの-「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ21号(1986年12月号)-ヒツジのおくりもの
¥1,000 宇土巻子・文/沼野正子・絵 福音館書店 1986(昭61)年12月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 頁スレ 本文32頁+「ヒツジの毛であんでみよう」1枚型紙+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ22号(1987年1月号)-カメラをつくる-「かがくのとも」小学生版
海保洋司・月刊たくさんのふしぎ22号-カメラをつくる・福音館書店
¥2,000 海保洋司・文/太田大八、太田大輔・絵 福音館書店 1987(昭和62)年1月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 頁スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 1月号一枚絵付録「9つの迷路」
月刊たくさんのふしぎ23号(1987年2月号)-鬼が出た-「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ23号(1987年2月号)-鬼が出た
¥1,000 大西広・文/梶山俊夫・絵 福音館書店 1987(昭62)年2月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 頁スレ 
月刊たくさんのふしぎ24号(1987年3月号)-雑木林の1年 -「かがくのとも」小学生版 ¥1,500 菅野徹・文、写真/鶴見雅夫・絵 福音館書店 1987(昭62)年3月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ25号(1987年4月)-2本足と4本足-「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ25号(1987年4月)-2本足と4本足
¥1,500 香原志勢・文/U・G・サトー・絵 福音館書店 1987(昭和62)年4月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 表紙シミ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 4月号一枚絵付録
月刊たくさんのふしぎ27号(1987年6月)-音楽だいすき -「かがくのとも」小学生版
音楽だいすき
¥1,000 翠川敬基・文/堀内誠一・絵/
高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆/堀内誠一・表紙デザイン
福音館書店 1987(昭62)年6月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、他) 
-ノコギリ、弓、ブーメラン、フライパン、ドラム缶、羊のあごの骨……。みんな楽器になります。音符がちょっと苦手でも平気、平気! 現役のジャズマンが楽しく愉快に音楽とつきあうコツを伝授します。 -サティおじさんが案内する楽器の世界 
-音楽の3要素について1・メロディー、音楽の3要素について2・リズム テンポ、音楽の3要素について3・ハーモニー、楽器の話、楽譜の話、楽譜のいろいろ
月刊たくさんのふしぎ28号(1987年7月号)-サンゴしょうの海-「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ28号(1987年7月号)-サンゴしょうの海
¥1,000 本川達雄・文/松岡達英・絵 福音館書店 1987(昭62)年7月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 頁スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ30号(1987年9月)-つばさをもった恐竜族 -「かがくのとも」小学生版
つばさをもった恐竜族
¥1,000 重井陸夫・文/夏目義一・絵/
高橋幸子、奥本大三郎、他・ふしぎ新聞執筆/茶谷正洋・ふろく/堀内誠一表紙デザイン
福音館書店 1987(昭62)年9月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、奥本大三郎「なぞなぞ昆虫館」、他) 
9月号付録「折り紙建築・入門」(茶谷正洋) 
-120年ほど前にドイツの石切場で発見された始祖鳥の化石。この化石をもとに絵解きの気分でなぞに挑戦します。 -大むかしの地球上には、翼竜と始祖鳥という、つばさのある動物がいました。いったいどんな動物だったのでしょう。
月刊たくさんのふしぎ31号(1987年10月)-ドキドキドキ心ぞうの研究-「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ31号(1987年10月)-ドキドキドキ心ぞうの研究
¥1,000 柳生弦一郎・作 福音館書店 1987(昭和62)年10月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ33号(1987年12月)-粉がつくった世界-「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ33号(1987年12月)-粉がつくった世界
¥1,000 三輪茂雄・文/西村繁男・絵 福音館書店 1987(昭和62)年12月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ34号(1988年1月)-青函連絡船ものがたり-「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ34号(1988年1月)-青函連絡船ものがたり
¥2,000 宮脇俊三・文/黒岩保美・絵 福音館書店 1988(昭和63)年1月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 1月号一枚絵付録「わんだぁらんど-犬の世界」(井上厚・絵)
月刊たくさんのふしぎ35号(1988年2月)-ナイル川とエジプト-「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ35号(1988年2月)-ナイル川とエジプト
¥1,000 赤地経夫・文、写真/屋形禎亮・監修 福音館書店 1988(昭和63)年2月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ36号(1988年3月)-言葉はひろがる-「かがくのとも」小学生版
月刊たくさんのふしぎ36号(1988年3月)-言葉はひろがる
¥1,000 鶴見俊輔・文/佐々木マキ・絵 福音館書店 1988(昭和63)年3月 月刊冊子絵本 表紙折れ痛み 端スレ ページシミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ37号(1988年4月)-日本じゅうの4月1日
日本じゅうの4月1日
¥1,500 4月1日しらべ委員会編(高橋喜平、菅原良、浜口哲一、内藤利朗、渡辺隆一、大木茂、春田親邦、天野明、亀崎直樹、嘉納辰彦)/
高橋幸子、たかどのほうこ、他・ふしぎ新聞執筆/スズキコージ・ふろく絵
福音館書店 1988(昭63)年4月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、たかどのほうこ「プンとわざわいのたね1」、他) 
4月号付録「空飛ぶ木馬カレンダー」(スズキコージ・絵) 
-日本は南北にほそ長い国です。冬、長いあいだ雪にうもれる北国もあれば、ぜんぜん雪のふらない南の島もあります。北海道と九州では、サクラがさきだす日がふた月ほどもちがいます。この日本を、もし一日で旅することができたら、ずいぶんいろいろなちがいを体験することができるでしょう。でも、1日のあいだに1人で日本じゅうをまわることはとてもできません。そこで、おおぜいのひとに協力してもらって、北から南まで、“ある日”の日本列島の自然のようすをしらべ、それを1冊の本にまとめてみようと考えました。“ある日”としてえらんだのは、春のはじめで、春休みのさいちゅうの4月1日です。今年の4月1日には、きみも外に出て、家のまわりや野山や海辺を観察してみませんか。そして、ちがう土地に住んでいる小学生たちがどんな4月1日をむかえているか、想像してみてください。 
-二年にわたる読者アンケート「春のしょうこさがし」をまとめた北から南まで『ある日』の日本列島の自然の様子 
-高橋喜平・文、写真、菅原良・写真「雪国の春-岩手県沢内村」/
特派員だより くらしのようす・このふくをきていました/
浜口哲一・文、内藤利朗・写真「聞こうよ春、見つけよう春-神奈川県平塚市」/
写真日記 平塚のサクラの一か月/
渡辺隆一・文、大木茂・写真「峠のむこうも春だった-岡山県牛窓から鳥取県鳥取市」/
特派員だより しぜんのすがた・ツバメがとんでいました/
春田親邦・文、天野明・写真「みどりのいそで春をさがした-熊本県水俣市湯の児島」 
亀崎直樹・文、嘉納辰彦・写真「うりずんの季節-沖縄県八重山郡黒島」
月刊たくさんのふしぎ38号(1988年5月)-拝啓・手紙です
月刊たくさんのふしぎ38号(1988年5月)-拝啓・手紙です
¥1,000 天野祐吉・文/辻本洋太朗・絵 福音館書店 1988(昭和63)年5月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 裏表紙シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ39号(1988年6月)-鳥の目から見たら
月刊たくさんのふしぎ39号(1988年6月)-鳥の目から見たら
¥2,000 黒沢充夫・文、絵/中田昭・写真 福音館書店 1988(昭和63)年6月 月刊冊子絵本 端スレ、シミ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ40号(1988年7月)-コククジラの旅
月刊たくさんのふしぎ40号(1988年7月)-コククジラの旅
¥1,000 水口博也・文、写真 福音館書店 1988(昭和63)年7月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ44号(1988年11月)-100まで生きる?
月刊たくさんのふしぎ44号(1988年11月)-100まで生きる?
¥1,000 柳生弦一郎 福音館書店 1988(昭和63)年11月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ45号(1988年12月)-カレーライスがやってきた
月刊たくさんのふしぎ45号(1988年12月)-カレーライスがやってきた
¥1,000 森枝卓士・文、写真 福音館書店 1988(昭和63)年12月 月刊冊子絵本 表紙端折れ 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ47号(1989年2月)-ズボンとスカート
ズボンとスカート
¥1,000 松本敏子・文・写真/西山晶・絵/
高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1989(平1)年2月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、他) 
-男の人用のスカートのある国、女の人がいつもズボンとスカート両方いっしょにはく国、男の人も女の人も大きな袋のようなものをはく国。世界じゅう旅して出会ったふしぎな服を紹介。世界の民族服を見ていきます。 -みなさんといっしょに、世界のズボンやスカートを見てゆきましょう。 
-スコットランド、ハンガリー、モンゴル、ウズベク、イタリア・サルデニア島、インドネシア・バリ島、台湾・ツオー族のまきスカートの着方、ハンガリーとタイ・ミャオ族のまきスカート、インド・デリー地方のサリーの着方、インドネシアの巻きスカート、インド・ドウチイの着方、台湾・ルカイ族、世界に広がるシャルワール、トルコ・シャルワールの作り方
月刊たくさんのふしぎ48号(1989年3月)-ぼくらの天神まつり
ぼくらの天神まつり
¥1,000 田沼武能・文、写真/
高橋幸子、宮田直、たかどのほうこ、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1989(平1)年3月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、宮田直「冬の山手線 気分は駅長さん」 たかどのほうこ「プンとわざわいのたね2」 たかどのほうこ「ベルリンだより エーミールの街で」他)  
-岐阜県の、富山県との県ざかいにある小さな村に、むかしからつたわっているおまつり、「天神まつり」をしょうかいします。てんぐを先頭に、奴さんや獅子や山車などで行列をつくり、舞をまいながら、村はずれの天神さんにおまいりをし、そのあと2日がかりで、村じゅうの家いえをまわる、というおまつりですが、いちばんのみどころは、舞いのけいこから、山車づくり、おまつりの日の夜食の用意など、おまつりごと全部を、子どもたちだけでやることです。村の小学校一年生から、中学校三年生までが、夜おそくまでじつに楽しそうに、準備をすすめて、おまつりは大成功でした。このようすをみなさんに、すばらしい写真でおつたえします。
-岐阜県上宝村本郷の「本郷子ども会」による天神まつり(大人の助けをかりないで、子どもだけで行う伝統)の記録
月刊たくさんのふしぎ49号(1989年4月)-なぜまるい?
月刊たくさんのふしぎ49号(1989年4月)-なぜまるい?
¥1,000 木下是雄・文/今村昌昭、他・写真 福音館書店 1989(平成1)年4月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 4月号一枚絵付録「にゃんだあらんど-世界のねこカレンダー」(井上厚志・絵
月刊たくさんのふしぎ50号(1989年5月)-やねはぼくらのひるねするばしょ
やねはぼくらのひるねするばしょ
¥1,000 小野かおる/森史夫・協力/
高橋幸子、スズキコージ、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1989(平1)年5月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、スズキコージ「コージズキン氏のハンガリー旅行記2」、他)  
-もしも家に屋根がなかったら? ネコが昼寝できなくて困ってしまう。屋根ってたいせつ。世界の屋根をいろいろ訪ねます。 
-もしも屋根がなかったら、よこあな・たてあな、むかしの家と今の家その1(京都)、むかしの家と今の家その2(プラハ)、東洋と西洋の家のたて方-木と石、いろいろな土地に人が住んでいる、どうやって屋根をつくる?、屋根の材料(木・タイル・かわら・石・竹・日本がわら、草の屋根、編んだ屋根、いろいろなテント、かわった形の屋根、美しい屋根、家のおまもり、天然の屋根、屋根のひっこし、今まで出てきた屋根のあるところ
月刊たくさんのふしぎ51号(1989年6月)-ヒグマのくる川
月刊たくさんのふしぎ51号(1989年6月)-ヒグマのくる川
¥1,000 稗田一俊・文/夏目義一・絵 福音館書店 1989(平成1)年6月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ52号(1989年7月)-分類ごっこ
月刊たくさんのふしぎ52号(1989年7月)-分類ごっこ
¥1,000 森毅・文/村井宗二・絵 福音館書店 1989(平成1)年7月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 頁端折れ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ53号(1989年8月)-あっ、流れ星!
あっ、流れ星!
¥1,000 庄司絵里子・文/村上康成・絵/長沢工・協力/
高橋幸子、スズキコージ、宮部寛、犬丸研吉、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1989(平1)年8月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、スズキコージ「コージズキン氏のユーゴスラビア旅行記5」、宮部寛「八丈島だより 木の実とりと海水浴」、犬丸研吉「犬丸博士の夏休み」、他)  
-どんな大きさ? どこから来るの? たくさん見つけるには? 流れ星のことが知りたいという願いがかなう本。
月刊たくさんのふしぎ54号(1989年9月)-きみの楽器はどんな音
きみの楽器はどんな音
¥1,000 繁下和雄・文/藤枝つう・絵/
高橋幸子、スズキコージ、他・ふしぎ新聞執筆/上村次敏・ふろく絵、解説
福音館書店 1989(平1)年9月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、スズキコージ「コージズキン氏のユーゴスラビア旅行記6」、他) 
9月号付録「どこから見ればいいんだろう 聖女ウルスラ伝説より」(上村次敏・画、解説) 
-糸電話をはじめ、笛やトランペットなどの楽器を、身近にある道具をつかって作ってみましょう。なぜ音が出るのかを考えながら。楽器の工作をとおして、音のふしぎを探険していきます。
-音、声のしくみ、楽器の話 -糸電話をつくる、聴診器をつくる、メロディー笛をつくる、カズーをつくる、ログ・ドラムをつくる、サムピアノをつくる、トランペットをつくる、スピーカーをつくる、(エジソンが考えた)プレーヤーをつくる」
月刊たくさんのふしぎ55号(1989年10月)-アイヌネノアンアイヌ
月刊たくさんのふしぎ55号(1989年10月)-アイヌネノアンアイヌ
¥1,500 萱野茂・文/飯島俊一・絵 福音館書店 1989(平成1)年10月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ56号(1989年11月)-本のれきし5000年
本のれきし5000年
¥1,500 辻村益朗・作 福音館書店 1989(平成1)年11月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 表紙スレ
月刊たくさんのふしぎ57号(1989年12月)-クリスマス、クリスマス
月刊たくさんのふしぎ57号(1989年12月)-クリスマス、クリスマス
¥1,500 角野栄子 福音館書店 1989(平成1)年12月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ58号(1990年1月)-森の小さなアーティスト
月刊たくさんのふしぎ58号(1990年1月)-森の小さなアーティスト
¥1,000 今森光彦・文、写真 福音館書店 1990(平成2)年1月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ60号(1990年3月)-手紙で友だち 北と南
手紙で友だち 北と南
¥500 斎藤次郎・文/山下寅彦、嘉納辰彦・写真/北谷町立北谷第二小学校、北見市開成小学校、富士ゼロックス・協力/
高橋幸子、スズキコージ、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1990(平2)年3月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文48頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、イギリスだより・消えたサッカーボール、スズキコージ「コージズキン氏のハンガリー旅行記12」、他) 
-日本の北と南の小学校の生徒が1年間、毎週手紙を交換しました。学校や家のことを報告しあうと、北と南とでいろいろな違いがあってびっくりします。 
-沖縄・北谷町立北谷第二小学校3年1組と北海道・北見市開成小学校との4月25日から3月24日まで1年間のファクシミリ通信
月刊たくさんのふしぎ61号(1990年4月)-風はどこからくるのだろう
月刊たくさんのふしぎ61号(1990年4月)-風はどこからくるのだろう
¥1,000 吉野正敏・文/夏目義一・絵 福音館書店 1990(平成2)年4月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 4月号一枚絵付録「たくさんのふしぎどうぶつカレンダー」
月刊たくさんのふしぎ62号(1990年5月)-海藻はふしぎの国の草や木
海藻はふしぎの国の草や木
¥1,000 横浜康継・文、写真/三芳悌吉・絵/杉田徹・写真 福音館書店 1990(平成2)年5月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有
月刊たくさんのふしぎ63号(1990年6月)-アナログ?デジタル?ピンポーン!
月刊たくさんのふしぎ63号(1990年6月)-アナログ?デジタル?ピンポーン!
¥1,500 野崎昭弘/タイガー立石・絵 福音館書店 1990(平成2)年6月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ64号(1990年7月)-地下につくられた町・カッパドキア
月刊たくさんのふしぎ64号(1990年7月)-地下につくられた町・カッパドキア
¥2,000 大村次郷・文、写真 福音館書店 1990(平成2)年7月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ65号(1990年8月)-花がえらぶ 虫がえらぶ
月刊たくさんのふしぎ65号(1990年8月)-花がえらぶ 虫がえらぶ
¥1,000 山下恵子・文/松岡達英・絵 福音館書店 1990(平成2)年8月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ66号(1990年9月)-飛びたかった人たち
月刊たくさんのふしぎ66号(1990年9月)-飛びたかった人たち
¥1,500 佐々木マキ 福音館書店 1990(平成2)年9月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 9月号一枚絵付録「ふしぎな四面体」
月刊たくさんのふしぎ67号(1990年10月)-ゆうれいをみる方法
月刊たくさんのふしぎ67号(1990年10月)-ゆうれいをみる方法
¥1,000 柳生弦一郎 福音館書店 1990(平成2)年10月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ68号(1990年11月)-ガラス 砂の宝石
月刊たくさんのふしぎ68号(1990年11月)-ガラス 砂の宝石
¥1,500 井上暁子・文/池田尊彦他・写真/西山晶・絵 福音館書店 1990(平2)年11月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ70号(1991年1月)-アマゾン・アマゾン
アマゾン・アマゾン
¥800 今森光彦 文・写真/
高橋幸子、ひらいでまもる(平出衛)、鎌澤久也(鎌沢久也)、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1991(平3)年1月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、鎌澤久也「中国だより イ族の村をたずねて3」、ひらいでまもる「とっておきのくしゃみ10」、他) 
-アマゾンの村で、ある一家と一緒にくらし、子どもたちとも仲良くなりながら、めずらしい昆虫をもとめて撮影をつづけた旅の記録。1987年12月から88年3月まで四ヶ月にわたって、めずらしい昆虫を求めてアマゾンに取材した記録をまとめる。 -アマゾンに住む人たちの生活と自然(昆虫・植物)
月刊たくさんのふしぎ71号(1991年2月)-劇団ふしぎ座まもなく開幕!!
劇団ふしぎ座まもなく開幕!!
¥1,000 朝倉摂、原田一樹・文/朝倉摂・絵/
高橋幸子、ひらいでまもる(平出衛)、鎌澤久也(鎌沢久也)、他・ふしぎ新聞執筆/朝倉摂・ふろく絵
福音館書店 1991(平3)年2月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、鎌澤久也「中国だより イ族の村をたずねて3」、ひらいでまもる「とっておきのくしゃみ10」、他) 
2月号付録「ふしぎ劇場ただいま準備中!」(朝倉摂・絵) 
-劇団ふしぎ座がみなさんの町にやってきます。今回のだしものはマルシャークの「森は生きている」です。たくさんのふしぎの読者のみなさんにかぎり「たくさんのふしぎ劇場」にご招待いたします。けいこ場、舞台裏、照明室、そして楽屋にもご案内します。しっている俳優にあえるかもしれませんよ。さあそろそろ幕があきます。座席におすわりください。 
-芝居をつくるとは?-舞台設置から幕がおりるまで -立ち稽古、舞台装置、衣装、大道具、仕込み、セット組み立て、照明、ゲネプロ、舞台の仕組み、マルシャーク「森は生きている」(第一幕第一場、第一幕第二場、第一幕第三場、第二幕第一場、第二幕第二場、第三幕、第四幕)
月刊たくさんのふしぎ72号(1991年3月)-海鳥の島
海鳥の島
¥1,000 寺沢孝毅 文・写真/
高橋幸子、さがらあつこ、ひらいでまもる(平出衛)、犬丸研吉、タイガー立石、カワキタ・カズヒロ、山口琢也、藤枝つう、シロタニヒデオ、日野十成、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1991(平3)年3月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 扉シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 みみずの学校「みみずの校腸-おもしろすぎてはじめてあやまる!!」、さがらあつこ「遺跡発掘おじゃま日記 日帰りタイムトラベル!」 、ひらいでまもる「とっておきのくしゃみ12」、犬丸研吉・文と絵「まっさかーリポート18」、タイガー立石・文と絵「フシギドンのコーナー」、カワキタ・カズヒロ「ふしぎてんし」、天才なぞなぞ小僧のパズル(山口琢也・案、藤枝つう・絵)、シロタニヒデオ「おもしろマシーン」、ふしぎギャラリー「これがわたしでーす」、日野十成「猫マタの名作とんちん館12」、ふしぎ記者の天売島訪問記) 
-毎年3月になると、たくさんの海鳥が子育てをしにやってくる北海道天売島(てうりとう)。春から夏にかけて、周囲12キロほどの小さな島は、海鳥たちで大にぎわい。ウミネコのひなが巣立っていくまでをおいながら、島の人びとと海鳥のかかわりあいを語ります。
月刊たくさんのふしぎ73号(1991年4月)-10才のとき
月刊たくさんのふしぎ73号(1991年4月)-10才のとき
¥1,500 高橋幸子・聞き手/西村繁男・絵/大木茂・写真 福音館書店 1991(平成3)年4月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 頁シミ有 本文48頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ74号(1991年5月)-はしをわたらずはしわたれ
月刊たくさんのふしぎ74号(1991年5月)-はしをわたらずはしわたれ
¥1,500 小野かおる 福音館書店 1991(平成3)年5月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 頁シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ75号(1991年6月)-かぼちゃ人類学入門
月刊たくさんのふしぎ75号(1991年6月)-かぼちゃ人類学入門
¥2,000 川原田徹・作 福音館書店 1991(平成3)年6月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁 「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ76号(1991年7月)-うまれる
うまれる
¥1,000 越智典子・文/大塚高雄、吉野雄輔、G・ロバートソン他・写真/
高橋幸子、日野十成、タイガー立石、岡野杏子、きうちかつ、ひろのたかこ、カワキタ・カズヒロ、越智典子、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1991(平3)年7月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 扉シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 みみずの学校「なみだ天気予報、晴れのちどしゃぶり!!」、日野十成「猫マタの名作とんちん館14」 タイガー立石「フシギドンのコーナー」 きうちかつ「カンタンおもちゃ工場」 岡野杏子「フィリピンだより1 ポンプの水と子どもたち」 ひろのたかこ「銀色の自転車4」 カワキタ・カズヒロ「ふしぎてんし」 作者の言葉・越智典子「はじまりとおわり」、他) 
-生まれるのはだれ? 生きものみんな。生まれるのはいつ? 春、雨季、満潮の夜……。どんなふうに? いろいろ。生きものの数だけ、生まれ方がある?!-いろいろな「うまれる」-トノサマバッタ、マウンテンゴリラ、アオウミガメ、エンペラーペンギン、モリアオガエル、ヤリイカ、他
月刊たくさんのふしぎ78号(1991年9月)-アリジゴク百の名前
アリジゴク百の名前
¥1,500 斎藤たま・文/吉武研司・絵/
高橋幸子、ひろのたかこ、岡野杏子、タイガー立石、他・ふしぎ新聞執筆/杉山亮・ふろく作
福音館書店 1991(平3)年9月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、岡野杏子「フィリピンだより バナナとこどもたち3」、ひろのたかこ「銀色の自転車6」、タイガー立石「フシギドンのコーナー」他) 
9月号付録「おはなしめいろ」(杉山亮・作) 
-すり鉢のような穴を掘り、落ちたアリを食べるアリジゴク。日本各地で「サルコ」「アリジャリムシ」「ショウトメ」「チイチイコッテ」など、さまざまな名前で呼ばれています。著者の調査カードは358枚・それにひきかえ成虫のウスバカゲロウは3枚。 
-青森・秋田・岩手「サルコ」 広島「ショウトメ」 山口「グルグルモンジ」 岐阜「ゼンコウジムシ」他 日本各地での「アリジゴク」の呼び方とそのいわれ
月刊たくさんのふしぎ79号(1991年10月)-ノラネコの研究
月刊たくさんのふしぎ79号(1991年10月)-ノラネコの研究
¥2,000 伊澤雅子・文/平出衛・絵 福音館書店 1991(平成3)年10月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ80号(1991年11月)-アンデスのリャマ飼い
月刊たくさんのふしぎ80号(1991年11月)-アンデスのリャマ飼い
¥1,000 稲村哲也 文・写真/ハイメ・ロサン絵 福音館書店 1991(平3)年11月 月刊冊子絵本 裏表紙スレ痛み 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ81号(1991年12月)-ミクロの世界
ミクロの世界
¥1,000 田中敬一 文・写真/
高橋幸子、ひろのたかこ、角田公子、岩波基樹、他・ふしぎ新聞執筆、談
福音館書店 1991(平3)年12月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、角田公子「八丈島だより 島は呼んでいる」、ふしぎインタビュー「木のお医者さん・岩波基樹さん」、ひろのたかこ「銀色の自転車9」、カッパドキアに行ってきた!他) 
-きみたちを、目にはみえないほど小さい「ミクロの世界」に案内します。身のまわりのものを電子顕微鏡で百倍とか千倍に拡大して見ると、花も虫もおばけのように大きくなって、大人国に行ったガリバーのような気分。「あ、こうなっているのか」と納得することもあれば、「どうして?」と新しい疑問がわいてくることもあります。ゼッタイおもしろいと思うよ。 
-走査電子顕微鏡で見た世界・とがったもの(松葉、サボテン、鉛筆の先、ハチのトゲ、イヌノミのアシ他)、線維、胞子、花粉、ガン細胞、エイズウィルス、蚊の頭他
月刊たくさんのふしぎ82号(1992年1月)-日本の自動車の歴史
月刊たくさんのふしぎ82号(1992年1月)-日本の自動車の歴史
¥2,000 山本忠敬 福音館書店 1992(平成4)年1月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 頁シミ有 本文48頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ83号(1992年2月)-龍をおう旅
月刊たくさんのふしぎ83号(1992年2月)-龍をおう旅
¥1,500 大村次郷・文、写真 福音館書店 1992(平成4)年2月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ84号(1992年3月)-バルセロナ建築たんけん
月刊たくさんのふしぎ84号(1992年3月)-バルセロナ建築たんけん
¥1,500 森枝雄司・文、写真 1992年3月 福音館書店 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ85号(1992年4月)-似たもの動物園 ¥1,000 川道武男・文/田中豊美・絵 福音館書店 1992年4月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 4月号一枚絵ふろく・「今日は?(なん)の日カレンダー」(古川タク・絵) -タヌキとアライグマは体つきも顔つきも、そっくり似ているね。だって、かれらはしんせきなんだから。でもしんせきじゃないのに似ている「そっくりさん」どうしの動物もいるんだよ。カンガルーに似ているネズミとか、プレーリードッグにそっくりのうさぎとか。動物の「そっくりさん」大会を見に動物園にいこうよ。楽しみにしててね。(紹介文)  -「ハリモグラ」と「ハリネズミ」、「アルマジロ」と「センザンコウ」-そっくりだけれどしんせきではない(ちがった祖先をもつ)動物-真獣類の「目(もく)」と収斂現象
月刊たくさんのふしぎ86号(1992年5月)-虫こぶはひみつのかくれが? ¥1,500 湯川淳一・文/松岡達英・絵 福音館書店 1992年5月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 -サクラとかカエデの葉っぱにイボイボがたくさんついているのを見つけたこと、ないですか?このイボイボ、ただの葉っぱの病気なんかじゃない。一つ一つのイボイボの中は部屋のようになっていて、そこには昆虫(幼虫)が住んでいます。(だから「虫こぶ」というんだ)。ちょっと考えると、虫こぶほど住みごこちのよい家はなさそうに思えます。ほかの昆虫にねらわれにくいし、雨風の心配はないし、まわりのかべに口をさしこんで植物の汁をすえばいいんだから食べ物もたっぷり。でも、観察を続けるうちに、意外なことがわかってきます。(紹介文) -虫こぶ1989年4月27日から1990年5月12日の調査・シロダモタマバエなど
月刊たくさんのふしぎ87号(1992年6月)-河童よ、出てこい
月刊たくさんのふしぎ87号(1992年6月)-河童よ、出てこい
¥1,500 武田正・文/梶山俊夫・絵 福音館書店 1992(平成4)年6月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ89号(1992年8月)-大きなヤシの木と小さなヤシ工場 ¥1,500 福家洋介・文/平野恵理子・絵 福音館書店 1992年8月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁 -南のアジアの人たちは、ヤシをとても上手にくらしに役立てています。インドネシアの農村を訪ね、その様子をすてきな絵入りで報告。(紹介文)-インドネシア・ジャワ島スカルワンギ村の生活-ココヤシをどうくらしに役立てているのか-「ヤシ油の作り方」「赤砂糖の作り方」「デンプンの作り方」「カゴの作り方」「ホウキの作り方」
月刊たくさんのふしぎ90号(1992年9月)-ヤマネはねぼすけ? ¥1,500 湊秋作・文、写真/中川雄三・写真 福音館書店 1992年9月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁 9月号一枚絵ふろく「こんなうら山があったらいいな ムリネモの森」(今泉吉晴・監修 河本祥子・絵)-ヤマネって知ってる?ネズミやリスのような小さなどうぶつで、山の森にすんでいる。今月号は、そのヤマネを和歌山県のある小学校で飼って観察した話です。ヤマネはどんなものを食べるか、どれだけ知恵があるか、どんなふうにして冬眠するかなど。ヤマネの生活がだんだんわかってきます。ヤマネはねぼすjけだって思われているらしいけど、この本を読んで、きみは、どう思うかな。-ヤマネの生態
月刊たくさんのふしぎ92号(1992年11月)-小麦・ふくらんでパン
月刊たくさんのふしぎ92号(1992年11月)-小麦・ふくらんでパン
¥1,000 中西敏夫・文/米本久美子・絵 福音館書店 1992(平成4)年11月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ93号(1992年12月)-フレ!フレ!100まんべん ¥1,500 野崎昭弘/タイガー立石・絵 福音館書店 1992年12月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁 -タカシ、ナオキ、アサコの3人は、お祭りにでかけました。そこでウマさんがクジを売っていたのですが、問題は100円のクジ。2枚なげてオモテとウラがでたらアタリ、だというのだけど、さて、何回に1回当たるのでしょう?まず、でかたが何通りあるか考えなくちゃ。オモテとオモテ、ウラとウラ、オモテとウラ、・・・。考えれば考えるほどややこしくなるクジのなぞが、少しずつあきらかになっていきます。(紹介文) 「起こりやすさを考えよう-確率のはなし」
月刊たくさんのふしぎ95号(1993年2月号)-魔女に会った ¥1,000 角野栄子・文、写真 福音館書店 1993(平成5)年2月 月刊冊子絵本 端スレ 表紙折れ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ96号(1993年3月号)-絵とき ゾウの時間とネズミの時間
月刊たくさんのふしぎ96号(1993年3月号)-絵とき ゾウの時間とネズミの時間
¥1,000 本川達雄・文/あべ弘士・絵 1993年3月 福音館書店 月刊冊子絵本 表紙スレ 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ97号(1993年4月号)-浜辺のたからさがし
月刊たくさんのふしぎ97号(1993年4月号)-浜辺のたからさがし
¥1,500 浜口哲一・文/松岡達英・絵 1993年4月 福音館書店 月刊冊子絵本 表紙スレ 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 4月号・1枚絵付録「4月1日(エイプリールフール」)逆転日本地図」
月刊たくさんのふしぎ98号(1993年5月)-ニレの中をはじめて旅した水の話
ニレの中をはじめて旅した水の話
¥1,000 越智典子・文/トメク・ボガツキ・絵/高橋幸子、平田伊都子、ひのかずなり、さがらあつこ、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 1993(平5)年5月 月刊冊子絵本 端スレ、表紙・裏表紙痛シワ有 ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、平田伊都子「フランスだより ジプシーが集まる町」、ひのかずなり「ケムリ家の人びと・序」、さがらあつこ「長靴をはいたぼく2」、他) 
-空中の水蒸気が集まって雨粒になり、地面におりてから根に引き寄せられて木の中に。驚きと発見でいっぱいの冒険が始まります。
月刊たくさんのふしぎ100号(1993年7月号)-空とぶ宝石トンボ
月刊たくさんのふしぎ100号(1993年7月号)-空とぶ宝石トンボ
¥1,500 今森光彦・文、写真 1993年7月 福音館書店 月刊冊子絵本 表紙スレ 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ103号(1993年10月)-シャボン玉は生きている
月刊たくさんのふしぎ103号(1993年10月)-シャボン玉は生きている
¥1,500 上平恒、石井淑夫・文/朝倉俊博・写真 1993(平5)年10月 福音館書店 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ104号(1993年11月)-うたがいのつかいみち
うたがいのつかいみち
¥1,000 清水哲郎・文/飯野和好・絵/
高橋幸子、ひのかずなり、さがらあつこ、いわしろみやこ、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1993(平5)年11月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、ひのかずなり「ケムリ家の人びと6」、さがらあつこ「長靴をはいたぼく8」、いわしろみやこ「どうしましょこうしまショー」、他) 
-みなさん、世界で一番うたがいぶかい人、ゴフムさんを紹介します。どれくらいうたがいぶかいかというと、「世界はずうっとむかしからある」なんていうのはあやしくて、「世界は、ゴフムが生まれる5分前にできたばかり」なんて言うんですよ!ネ、そんなばかな、といっても、「じゃ、世界がむかしからあるって証拠を見せろ」だって。さあ、どうする?化石や古い書物をもってくる?ゴフムのお母さんに聞く?うーん、それでうまくいくかな?奇妙でゆかいな考えごと絵本。 
-ゴフムさん登場、現在のことをうたがう、みなさんへの質問、ソルテスさん登場、ものの名前、『ある』ということ、わたしはうたがいなく存在する、過去のことをうたがう、証拠は役にたたない?、記憶も役にたたない?、時間旅行、すべてのことのもとになる考え、本気でうたがえる?、言葉が通じなくなる、時の流れ、現在には幅がある、時の流れをこえるあり方、すぎゆく人生と永遠、ゴフムさんがわかったこと
月刊たくさんのふしぎ105号(1993年12月号)-森へ
月刊たくさんのふしぎ105号(1993年12月号)-森へ
¥1,500 星野道夫・文、写真 1993年12月 福音館書店 月刊冊子絵本 表紙スレ 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ107号(1994年2月)-南極のスコット大佐とシャクルトン
月刊たくさんのふしぎ107号(1994年2月)-南極のスコット大佐とシャクルトン
¥1,500 佐々木マキ 1994年2月 福音館書店 月刊冊子絵本 表紙スレ 端スレ ヤケ、シミ有 表紙シミ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ109号(1994年4月)-6つの国から「わたしの絵です」 ¥1,000 西村繁男・編 福音館書店 1994年4月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 4月号一枚絵ふろく「不思木」(U・G・サトー・作) -アラスカ、サハリン、韓国、中国、ベラウ、チリの小学3-4年生が登場。絵といっしょにどんな毎日かも話してくれます。(紹介文) -エラセル・カミラ・カズオ(ベラウ共和国 聞き手・武田ゆり子)、サーシャ・パローク・アレクサンドル・ニコライヴィッチ(ロシア共和国・サハリン 聞き手・中島洋)、チョ・ソンミ(大韓民国 聞き手・小園弥生)、カレン・アンドレア・イサベル・パスミーニョ・オリバレス(チリ 聞き手・ベロニカ・サラス・モンテス 高橋正明・通訳)、鄧功成(ドン・ゴンチャン)(中華人民共和国 聞き手・斎藤次郎 呉怡・通訳)、マヤ・ペダーソン(アメリカ合衆国・アラスカ 聞き手・星野道夫、写真とも)
月刊たくさんのふしぎ110号(1994年5月)-ムクドリの子育て日記 ¥1,500 河本祥子・作/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 1994年5月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 裏表紙シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 「消えた幽霊病院」 高橋幸子・校腸「みみずの学校 発明者さがし・たくあん」 作者の言葉・河本祥子「四年目のムクドリおばさん」、他) -家の戸ぶくろにムクドリが巣を作った! 5羽のヒナが無事巣立つまで、家族ははらはらどきどきの毎日。朝早くからにぎやかなヒナの鳴き声に寝不足になることも。楽しい観察絵日記。(紹介文) -3月24日から6月1日までの絵日記
月刊たくさんのふしぎ111号(1994年6月)-キッピスの訪ねた地球
キッピスの訪ねた地球
¥1,000 新宮晋・作/
高橋幸子、ひのかずなり、犬丸研吉、いわしろみやこ、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1994(平6)年6月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、雨がふれば○○屋がもうかる、みみずの学校「おせんべいのウラ表」、犬丸研吉「まっさかーリポート・東京都小笠原村父島」、ひのかずなり「あめのちはれ元気予報3」、いわしろみやこ「どうしましょこうしまショー13」、他) 
-空気や水に初めて触れた時の驚き……。遠い星からやってきたキッピスが綴る「地球体験記」。
月刊たくさんのふしぎ112号(1994年7月)-太平洋横断ぼうけん飛行 ¥1,500 高頭祥八・文、絵 福音館書店 1994年7月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 -はじめて大西洋を横断して飛んだのはだれだか、みなさんはよく知っているでしょう。そう、チャールズ・リンドバーグです。でも、日本の青森県を飛び立ってアメリカまで、はじめて太平洋を横断して飛んだふたりのパイロットの名前を知っている人は、少ないかもしれませんね。クライド・パングボーンとヒュー・ハーンドンのふたりは、何人ものパイロットたちがしっぱいしていた太平洋横断を、だれも思いつかないような工夫をこらすことによって、みごとにやってのけました。かれらのぼうけんものがたりをお楽しみに。(紹介文) -1931年、クライド・パングボーンとヒュー・ハーンドンのミス・ビードル号による太平洋横断飛行
月刊たくさんのふしぎ113号(1994年8月)-象使いの少年スッジャイとディオ
使いの少年スッジャイとディオ
¥1,000 小河修子・文/田村仁・写真/
高橋幸子、ひのかずなり、犬丸研吉、いわしろみやこ、林康子、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1994(平6)年8月 月刊冊子絵本 端スレ痛み疲れ有 裏表紙シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、静かなのは鐘の中?、みみずの学校「犬さんネコさんにしつもん!」、犬丸研吉「まっさかーリポート・東京都小笠原村父島」、いわしろみやこ「どうしましょこうしまショー15」、林康子「ルクセンブルクだより 小さな国のおおきなやさい」、ひのかずなり「あめのちはれ元気予報5」、他) 
-タイの東北部に「象の村」と呼ばれる村があります。昔から象を飼い慣らし、象とともに生活している村です。象使いの息子を通じて、その村の生活を紹介します。 
-3人の象使い、タクラーン村へ、大きなおとし物、ふたごの子象チムとチュム、チムとチュムはいたずらっ子、象使いのウン一家、村の朝、村の小学校、稲刈りと野ネズミとり、蚕を飼って絹を織る、魚とりのしかけを作る、たんぼで魚とり、村の結婚式、年老いた象の死、象まつりの訓練がはじまった、スリンへ出発、町は象でいっぱい、小さな象使いのたんじょう
月刊たくさんのふしぎ114号(1994年9月)-かべかべ、へい! ¥1,500 小野かおる・作/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆/高頭祥八・ふろく絵作、安池和也・ふろく絵作図 福音館書店 1994年9月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 「ネズミとの対決」 高橋幸子・校腸「みみずの学校 きみは先派、後派?」 作者の言葉・小野かおる「かべってなんだ?」、他) 9月号一枚絵付録「『太平洋横断ぼうけん飛行』(7月号)のミス・ビードルを作ろう」(高頭祥八・作、安池和也・作図) -壁ってなあに? 建物の壁から、物事をへだてる境としての壁まで、めずらしい壁、おもしろい壁がいっぱい。(紹介文) -かべってなんだ、かべむかし(ヨーロッパの城と町、日本の城と町)、かべのしゅるい、どんなかべがあるかな、お話をするかべ(大むかしのお話、神さまたちのお話、王さまたちのお話)、カリジェの壁画、いたずらかべ、地球上でいちばん長いかべ・万里の長城、地球上でいちばん小さいかべ・細胞壁、宇宙でいちばん大きいかべ・グレートウォール、ベルリンのかべ・つくってはいけなかったかべ、かべをこわす、かべってなんだ
月刊たくさんのふしぎ115号(1994年10月)-きになる みがなる
きになる みがなる
¥1,000 越智典子・文/横山敏子・絵/羽生田忠敬、北村泰三、市川一二男・協力/
高橋幸子、秋山亜由子、ひのかずなり、犬丸研吉、いわしろみやこ、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1994(平6)年10月 月刊冊子絵本 端スレ 表紙シミ有 ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、秋山亜由子「じいさんグモの旅」、みみずの学校「秋休みの宿題は?」、犬丸研吉「まっさかーリポート・東京都小笠原村父島」、いわしろみやこ「どうしましょこうしまショー17」、ひのかずなり「あめのちはれ元気予報7」、他) 
-芽吹きから実が大きく育つまで、1本のリンゴの木を見守りました。こまやかな観察をふまえた文と絵。
月刊たくさんのふしぎ116号(1994年11月)-人形はこころのいれもの
月刊たくさんのふしぎ116号(1994年11月)-人形はこころのいれもの
¥1,500 松川八洲雄・文/小川忠博・写真 1994(平6)年11月 福音館書店 月刊冊子絵本 端スレ シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ117号(1994年12月)-パリ建築たんけん ¥1,500 森枝雄司・写真、文/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 1994年12月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 「電気人間クラブ結成!!」 高橋幸子・校腸「みみずの学校 カレーとラーメン、どっちがえらい?」 ピエール・タケノコーシ伯爵「ピエールのとまこまいだより 霧につつまれる町」 作者の言葉・森枝雄司「古さと新しさが同居する町 パリ」、他) -子どもたちといっしょにカメラで訪ねるパリの街角。“華の都”の古くて新しい魅力をビジュアルにとらえます。(紹介文) -町のまん中につき出したパイプの山(ポンピドー・センター)、宮殿とガラスのピラミッド(ルーブル美術館)、古いのに新しい!、新しいのに古い?、ヒントはノートルダム大聖堂、二つのオペラ座、新しいパリの顔はほかにもいっぱい!、それでもやっぱりパリは古い町、新しい建物が集まったラ・ヴィレット、エッフェル塔にのぼる、未来都市のようなデファンス
月刊たくさんのふしぎ119号(1995年2月)-ジプシーの少女と友だちになった
ジプシーの少女と友だちになった
¥1,000 平田伊都子・文、絵/
高橋幸子、星野和訓、犬丸研吉、ひのかずなり、いわしろみやこ、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1995(平7)年2月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 扉シミ有
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 星野和訓「マダガスカルだより・後編 さかさまの季節の島」、みみずの学校「ヤドカリの家」、犬丸研吉「まっさかーリポート」、ひのかずなり「あめのちはれ元気予報11」、いわしろみやこ「どうしましょこうしまショー21」、作者のことば、他) 
-南フランスの町でジプシーの少女に出会いました。彼女と友だちになって垣間見た、あるジプシーの家族のくらし。 
-ジプシーに会いに、ニームのジプシー、ロメディオのキャンプ、オルテガ一家、いそがしい いそがしい、父さんの仕事、ロメディオの結婚、チョロたちがきた、伝説のサラ、プロヴァンス見物、カマルグ、ジプシー親族大集合、歌えや踊れや、父さんの話、聖サラばんざい、祭りが終わって、新しい妹チョロ、大学って?
月刊たくさんのふしぎ120号(1995年3月)-ひと・どうぶつ行動観察じてん ¥1,000 池田啓・文、柳生弦一郎・絵、久保敬親、ほか・写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 1995年3月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 ひのかずなり「ツァラツストラがやってきた」 高橋幸子・校腸「みみずの学校 雪ダルマをたすけよう!!」 カンタンレストラン取材記 作者の言葉・池田啓「となりのひとウォッチング」、他)-ひとと動物の行動がこんなに似かよった行動をしているなんて! ひとと動物の10の行動をとりあげて、動物の場合は写真で、ひとの場合はユーモラスな挿し絵で紹介します。(紹介文) -間おき、擬死、毛づくろい、しるしつけ、利己的集合、身ぶり語、誇示行動、転位活動、行動域、分散
月刊たくさんのふしぎ121号(1995年4月)-皮をぬいで大きくなる ¥1,000 奥本大三郎・文、村上康成・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆/相羽高徳・ふろく絵 福音館書店 1995年4月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 ひのかずなり「ツァラツストラがやってきた かかしのほんとうの名をさがせ」 高橋幸子・校腸「みみずの学校 ランドセルがカメに変身。どうする?!」 作者の言葉・奥本大三郎「変身の方法」 村上康成「釣れない日」、他) 4月号一枚絵付録「MAZEふしぎCALENDAR」(相羽高徳) -春だ、洋服をきがえようっと。あれっ、去年の服がこんなに小さくなってるよ。どうしよう!?そうだ、春には服をきがえるアメリカザリガニに聞いてみよう!どうして服、いや皮をぬぐの?流行おくれになった?ボロになった?それとも、大きくなるためには、小さい服をぬがなくちゃいけない・・・?ザリガニだけでなしに、トンボやセミ、アゲハなどにも聞いてみよう。「まるっきり新しい服で、ヘンシンしてみたい!」なんていってるムシもいるよ。じゃあ、ヒトはどうかな?すばらしい虫たちの知恵に学んで、さあみんなで「脱皮」してみよう!(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ122号(1995年4月)-カンタンレストラン 世界のおやつ ¥1,500 平野恵理子・文、絵/高橋幸子、石渡一彦、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 1995年5月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 石渡一彦「ふしぎ大博士の話」 高橋幸子・校腸「みみずの学校 コイのぼりの食事」 作者の言葉・平野恵理子「おやつで世界旅行」、他) -日本でくらしている10か国のひとをたずねて、じまんのおやつの作り方をおしえてもらいました。もちろんかんたんでおいしいものばかり!それぞれの国のおやつ情報も満載。(紹介文) -イランのおやつ(イラン式紅茶、ボラニ、ハギネマスティ、他)、中国のおやつ(ファーコー、餅(ビン)、中国のお茶、他)、インドネシアのおやつ(トマトジュース、ルジャ、ピサン・ゴレン)、ハワイのおやつ(スムーディー(スムージー)、ライスクリスピートリート、ポキ)、ペルーのおやつ(ポリョ、アボガドのつめもの、チョコラテ)、ザンビアのおやつ(タンバ、カペンタ、ゴタペラ、レモンジュース)、ドイツのおやつ(カルターフント、カルトーフェルンズッペ、プレッツヒェン)、韓国のおやつ(ヘームル・パ・ジョン、タンミョンチャプチェ、キムチポックムバ、ビビンバップ)、タイのおやつ(ウンカイ、ファクトーンブァッド、サーク-ピァグ)、ロシアのおやつ(モロコ、ピチュニアボイキヤ、サラト)
月刊たくさんのふしぎ123号(1995年6月)-ノイバラと虫たち ¥1,500 藤丸篤夫・文、写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 1995年6月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 校腸 地震にあう」 作者の言葉・藤丸篤夫「わくわくする時間」、他) -ノイバラには、春になるとたくさんのアブラムシがつきます。アブラムシは茎からしるをすって成長し、子どもをつぎつぎとうんでふえ、あっという間にノイバラの茎をうめつくします。ノイバラがかれてしまう!でも、アブラムシを食べるテントウムシや、ミイラにしてしまうハチがやってきて・・・ある一株のノイバラの木と、そこにあつまる虫たちの、小さいけれどふしぎがたくさんつまった世界をおみせします。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ124号(1995年7月)-わたしが外人だったころ ¥1,500 鶴見俊輔・文、佐々木マキ・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 1995年7月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 ひのかずなり「ツァラツストラがやってきた3 若者よ鼻をきたえよ」 高橋幸子・校腸「みみずの学校 天の川をわたろう」 作者の言葉・佐々木マキ「外の人」、他) -よその国にいったら、知らない言葉を話すひとたちにかこまれて「わたしが外人なんだなあ」って思うでしょう。では、日本にいるときは?自分の国にいるのにそんなふうに思うのはへんでしょうか?16歳のときにひとりでアメリカに渡った鶴見俊輔さんが「外人だったころ」のことを語ります。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ125号(1995年8月)-海はもうひとつの宇宙 ¥1,500 高頭祥八・文、絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 1995年8月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 なかにしけいこた「実録!これがはいいろりすだ!!」 高橋幸子・校腸「みみずの学校 朝顔とひまわりどっちがすき?」 「『ぼくは盆栽』って何だ」 作者の言葉・高頭祥八「海と人のつながり」、他) -海は青いな大きいなあ、と歌に歌われているおおきな海の中が、いったいどうなっているのか、どんな生きものがすんでいるのか、人間はおおむかしから知りたがってきました。だから海にもぐるための工夫をいろいろ重ねました。それはどんな工夫だったんでしょうね。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ127号(1995年10月)-ほら、きのこが・・・ ¥1,500 越智典子・文、伊沢正名・写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 1995年10月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 「鯨の骨と大きな根っこ」 高橋幸子・校腸「みみずの学校 あしたから給食が毎日焼きいもになったらどうする?」 作者の言葉・伊沢正名「きのことウンチ」、他) -雨上がりの雑木林。きのうまではなかったのに、ひょっこり顔を出しているきのこ。どこからやってきたんだろう? きのこのふしぎな世界に出会う、うつくしい写真絵本です。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ128号(1995年11月)-水中さつえい大作戦
水中さつえい大作戦
¥1,000 中川雄三・文、写真、絵/
高橋幸子、カワキタカズヒロ、きうちかつ、いわしろみやこ、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1995(平7)年11月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 裏表紙傷有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 「鯨の骨と大きな根っこ」、いわしろみやこ「どうしましょこうしまショー30」、みみずの学校「遠足遠足どこへ行く?」、きうちかつ「カンタンおもちゃ工場」、カワキタカズヒロ「ふしぎてんし」、作者のことば、他) 
-水鳥たちの水面下の姿を、なんとか写真にとりたい! 「カモぼうし作戦」「カモロボット作戦」「べんとうばこ作戦」など、身近な野鳥の水中の生活を知るためのゆかいな工夫。
月刊たくさんのふしぎ129号(1995年12月)-あけるしめる でるはいる
あけるしめる でるはいる
¥1,000 赤地経夫・文、写真/
高橋幸子、ひのかずなり、廣瀬裕子(広瀬裕子)、犬丸研吉、カワキタカズヒロ、歌田典子、いわしろみやこ、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1995(平7)年12月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 ひのかずなり「ツァラツストラがやってきた5 笑いを学べ」、廣瀬裕子(広瀬裕子)「飛んだ油揚げ」、みみずの学校「あっ、サンタクロース!」、犬丸研吉「まっさかーリポート」、カワキタカズヒロ「ふしぎてんし」、歌田典子「ブー先生 スケート教室の巻」、いわしろみやこ「どうしましょこうしまショー31」、作者のことば、他) 
-君の家には、いくつ「穴」があいてますか。えっ、穴なんかあいてない?じゃあ、どこから出入りするの?そう、穴というのは「出入り口」のことですよ。世界じゅうをまわって遺跡や建物の写真をとってきた著者が、自分の家を建てながら、大むかしから現代までの「家の穴」をしらべます。穴を通るのは、人だけじゃないんだってさ。
月刊たくさんのふしぎ130号(1996年1月)-大草原のノネコ母さん ¥1,500 伊澤雅子・文、平出衛・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆/あきやまあゆこ(秋山あゆ子)・ふろく絵 福音館書店 1996年1月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 岸正世・文、とりごえまり・絵「これって夢かしら?-トイレ博士のつぶやき」 高橋幸子・校腸「みみずの学校 タコ、イカ。どっちがえらい?」 作者の言葉・伊澤雅子「ワルモノにしないで」、他) 1月号一枚絵付録「どんぐりがえしすごろく」(あきやまあゆこ・作) -ノラネコの研究者伊澤さんがオーストラリアへ。誰一人いない大草原で狩りをして生きているネコたちに会ってきました。実はこのネコたちの先祖は、ヨーロッパからつれてこられた町のネコ! すむ場所にあわせて、しなやかに暮らしを変えていくネコたちの姿が見えてきます。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ131号(1996年2月)-みらくるミルク
みらくるミルク
¥800 中西敏夫・文/米本久美子・絵/高橋幸子、秋山亜由子、犬丸研吉、カワキタカズヒロ、いわしろみやこ、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 1996(平8)年2月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 秋山亜由子「ピコタの虫ずかん アリの巻」、犬丸研吉「まっさかーリポート」、カワキタカズヒロ「ふしぎてんし」、いわしろみやこ「どうしましょこうしまショー33」、みみずの学校「ああ鬼くんどこへ行く?」、作者のことば、他) 
-ミルクは世界でいちばん生産量の多い農産物です。牛のほかにも、ヤク、ヒツジ、ヤギ、ウマ、ラクダ……。新鮮なお乳として飲むだけではなく、乳製品として利用されています。では、そのままでは日持ちしないミルクは、どうやってバターやチーズに変わるのでしょうか? ミルクの誕生から変身までのふしぎにせまります。 
-あかちゃんとおっぱい、人とミルク、ミルク利用のはじまり、牧畜の分布、搾乳(ミルクをしぼる)動物1(ヒツジ、ヤギ、ラクダ、ウマ)、搾乳動物2(スイギュウ、トナカイ、ヤク)、ウシ、牧場の一年、牧草・飼料・サイロ、ウシの胃、ウシのミルクができるまで、搾乳(ミルクをしぼる)、加熱殺菌、ヨーグルト、バターとチャーン、チーズ、作ってみよう(バター、ヨーグルト、杏仁豆腐、ヨーグルトチーズ、アイスクリーム)、ミルクあれこれコーナー
月刊たくさんのふしぎ134号(1996年5月)-まるいはマリモ
月刊たくさんのふしぎ134号(1996年5月)-まるいはマリモ
¥1,500 阿寒マリモ自然誌研究会(横浜康継、若菜勇)・文/稗田一俊、他・写真 福音館書店 1996(平8)年5月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ133号(1996年4月)-方言どこどこ? ¥1,000 大谷峯子・文、飯野和好・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆/西山晶・ふろく絵 福音館書店 1996年4月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 廣瀬裕子・文、写真「イルカと泳ぐ」 高橋幸子・校腸「みみずの学校 今日からきみが校長先生!?どーするどーする」 作者の言葉・大谷峯子「おしばいに招待してください」、他) 4月号1枚絵付録「年がら年じゅうおまつりだーカレンダー」(西山晶・絵) -ミーちゃんが、魔法のゲタをみつけたことから、日本各地の方言に出会う旅がはじまります。「するってえと、なにかい?」と江戸っ子・雷門ちょうちんがいえば、「どがんしたとね」と長崎の水たまりがたずね、沖縄のデイゴの花は歌をうたいます。さて金のちゃちほこやシマフクロウ、タコヤキくんたちは、なんていうんでしょうか?(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ135号(1996年6月)-ダーウィンのミミズの研究 ¥1,000 新妻昭夫・文、杉田比呂美・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 1996年6月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 秋山亜由子「ピコタのずかん」 高橋幸子・校腸「みみずの学校 鬼の逆襲!?ツノが生えたよ!!」 作者の言葉・新妻昭夫「ダーウィンにつづけ」、他) 4月号1枚絵付録「年がら年じゅうおまつりだーカレンダー」(西山晶・絵) -土の中に住むちっぽけな生き物、ミミズ。だれもが知っているのに、だれからも注目されることはありません。ところが、そのミミズの研究になんと40年、ほとんど生涯を賭けた人がいました。それは、進化論を説いてあまりにも有名なダーウィンです。家の裏庭につづく牧草地の一角に白亜をばらまき、観察と実験を重ねること29年。そこを掘ってみると、ダーウィンの仮説どおり、ミミズは地面の表面を耕していたのでした。(紹介文) -ミミズの本との出会い、ミミズの研究のはじまり、ダーウィンとおじさん 近所の牧草地を掘る、地質学会で新説を発表、もういちどミミズの研究をはじめる、ミミズの仕事をこの目でみたい、ダーウィンとミミズのきそく正しい毎日、ミミズはどんなふうに土をたがやすか、土の中にミミズは何びきいるのか?、ミミズはどのくらいフンをするか?、29年後 ついに掘る!、ミミズの感覚と知能を調べる、さいごの本を書きあげる、ダーウィンにつづけ、ロンドンへ、ダーウィンのミミズを見る、ダウン・ハウスをたずねる、ダーウィンの白亜はどこだ?!、もっとしらべたい!
月刊たくさんのふしぎ136号(1996年7月号)-砂漠の虫の水さがし
月刊たくさんのふしぎ136号(1996年7月号)-砂漠の虫の水さがし
¥1,000 山口進・写真、文 福音館書店 1996(平成8)年7月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ137号(1996年8月)-小さなプランクトンの大きな世界
小さなプランクトンの大きな世界
¥1,500 小田部家邦・文/高岸昇・絵/
高橋幸子、田中更士、歌田典子、いわしろみやこ、犬丸研吉、カワキタカズヒロ、日野十成、小田部家邦、他・ふしぎ新聞執筆、談
福音館書店 1996(平8)年8月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 立体おじさんに会った-田中更士、みみずの学校「イルカと亀どっちに乗る?」、歌田典子「ブー先生 なつまつりの巻」 いわしろみやこ「どうしまこうしまショー39 ダイエットGOGO!」 お茶漬家の言いたい放題 犬丸研吉「犬丸はかせのまっさかーリポート」 カワキタカズヒロ「ふしぎてんし」 ふしぎギャラリー 日野十成「めいもんくセール せりふ百花店」 ポケットパズル 作者の言葉・小田部家邦「ミクロの世界を楽しもう」、他) 
-池や海の水の中にいる、ふしぎなかっこうをした小さな小さな生きもの、プランクトン。水一滴の中に、いろいろな形をしたたくさんのプランクトンがいます。顕微鏡で見たプランクトンのふしぎで美しい世界をたっぷり探険します。
月刊たくさんのふしぎ138号(1996年9月)-ぼくの島
ぼくの島
¥1,000 塩野米松・文/白石久美子・絵/
高橋幸子、きうちかつ、安田晴美、いわしろみやこ、カワキタカズヒロ、塩野米松、他・ふしぎ新聞執筆/田中更士・ふろく案、横山三七子・ふろく絵
福音館書店 1996(平8)年9月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 みみずの学校「われもの大会パート2!!あ?すをわすれてたあ!」、きうちかつ「カンタンおもちゃ工場」 安田晴美「オンブガエルって見たことある?」 いわしろみやこ「どうしまこうしまショー40 絵をかこう」 カワキタカズヒロ「ふしぎてんし」 お茶漬家の言いたい放題 作者の言葉・塩野米松「島へおいでください」、他) 
9月号付録「裏返立体(うらがえりったい)・ふしぎ町の昼と夜」(田中更士・案、横山三七子・絵) 
-ぼくは川の中に島を見つけた。ようし、この島の地図を自分で作ってみよう。カヌーで川をわたり、ヤナギのジャングルをこえて探険はつづく。あっ、底なし沼だ!大木がしげる島に分け入ってみると、そこにはスズメバチの巣やタヌキのため糞が……。知らないところへ踏み込んで、少しずつそこのことを知っていくという探険の喜びが味わえる絵本です。
月刊たくさんのふしぎ139号(1996年10月号)-水爆の島マーシャルの子どもたち
月刊たくさんのふしぎ139号-水爆の島マーシャルの子どもたち
¥1,000 島田興生・文、写真/津田櫓冬・絵 福音館書店 1996(平成8)年10月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ140号(1996年11月)-美術館にもぐりこめ!
月刊たくさんのふしぎ140号(1996年11月)-美術館にもぐりこめ!
¥1,000 さがらあつこ・文/さげさかのりこ・絵 1996(平8)年11月 福音館書店 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ143号(1997年2月)-古くて新しい椅子 イタリアの家具のしゅうりの話
月刊たくさんのふしぎ143号(1997年2月)-古くて新しい椅子 イタリアの家具のしゅうりの話
¥1,500 中嶋浩郎・文/パオラ・ボルドリーニ・絵 福音館書店 1997(平成9)年2月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ144号(1997年3月)-ぼくはカメレオン
ぼくはカメレオン
¥1,000 飯島正広・文、写真/
高橋幸子、ひのかずなり、歌田典子、杉山亮、カワキタカズヒロ、きうちかつ、秋山亜由子、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1997(平8)年3月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 みみずの学校「なぞなぞ大会なーんだ?なーんだ?」、ひのかずなり「めいもんくセール せりふ百花店」、歌田典子「ブー先生 つくしんぼの巻」、杉山亮「メキシコ旅だより メキシコシティーの交差点で」、カワキタカズヒロ「ふしぎてんし」、きうちかつ「カンタンおもちゃ工場」、秋山亜由子「ピコタの虫ずかん」、作者のことば、他) 
-体の色が変わったり、舌を矢のように発射して餌をとったり、左右の目がそれぞれ別のところを見られたり……。カメレオンという名はよく知られていても、その素顔は意外に知られていません。森の忍者といわれるカメレオンの忍法を紹介しながら、その謎に迫ります。 -マダガスカルのカメレオン
月刊たくさんのふしぎ147号(1997年6月)-パイロットが見た雲
月刊たくさんのふしぎ147号(1997年6月)-パイロットが見た雲
¥1,000 佐藤正雄・文、写真 福音館書店 1997(平成9)年6月 月刊冊子絵本 端スレ痛み ヤケ、シミ有 裏表紙折れ皺 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ149号(1997年8月)-貝ものがたり
月刊たくさんのふしぎ149号(1997年8月)-貝ものがたり
¥1,000 高山茂樹・文/楚山勇・写真 1997(平8)年8月 福音館書店 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ150号(1997年9月号)-お姫さまのアリの巣たんけん
月刊たくさんのふしぎ150号(1997年9月号)-お姫さまのアリの巣たんけん
¥1,500 秋山亜由子・作、絵 福音館書店 1997(平成9)年9月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 9月号一枚絵ふろく「ふしぎブーメラン」
月刊たくさんのふしぎ151号(1997年10月)-チューの夢 トゥーの夢 -難民キャンプの子どもたち
月刊たくさんのふしぎ151号(1997年10月)-チューの夢 トゥーの夢 -難民キャンプの子どもたち
¥1,000 安井清子・文、写真/降矢奈々・絵 福音館書店 1997(平成9)年10月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ153号(1997年12月)-ドイツの黒い森
月刊たくさんのふしぎ153号(1997年12月)-ドイツの黒い森
¥1,500 西森聡・写真、文 福音館書店 1997(平成9)年12月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ155号(1998年2月号)-ライオンタマリンの森
ライオンタマリンの森
¥1,000 鬼丸眞人、松林明・文/田村直巳・絵 福音館書店 1998(平10)年2月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
-このライオンタマリンというサル、名前はストライプとボビーです。動物園にいましたが、野生のライオンタマリンの数が減ったため、自然の森にもどされることになりました。野生で生きるための訓練をうけた後で、ブラジルのジャングルにはなされたストライプとボビー。2頭は生き残ることができるでしょうか?
月刊たくさんのふしぎ157号(1998年4月号)-じっけん きみの探知器
じっけん きみの探知器
¥800 山下恵子・文/杉田比呂美・絵/
溝呂木陽・付録イラスト/秋山とも子、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1998(平10)年4月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、秋山とも子「チンドン屋さん同行記1」他) 4月号付録「立体どうぶつ暦 るんちゃんサバンナへ行く」(溝呂木陽・作) 
-生活の中で何気なくつかっている、味覚やバランス感覚などの6つの感覚がどんなふうに活躍してくれているか、身近な道具をつかって、さあ実験だ! 
-音の探知器-聞こえる?聞こえる!、じっけん音はひびく、耳の中を探険しよう、音を聞くしくみ、バランスの探知器-回ってる?傾いてる?、じっけんバランス王はだーれ?、光の探知器-見える?見える!、じっけん手のひらにあながあく?、きき目はっけん!、味の探知器-あまい・にがい・すっぱい・しょっぱい、じっけんふしぎチョコレート、じっけんききジュース大会その1、じっけんききジュース大会その2、においの探知器-カレーのにおいはどこから?、においの探知器のしくみ、においの感覚は疲れやすい、いちばん大きな探知器-皮膚はきみをまもる、じっけん痛点さがし、温かいと冷たいはかんたんにだまされる!、じっけんどこが敏感?、手さぐりゲーム、探知器をとぎすましたプロたち、きみの探知器がはりきるとき、探知器がつくるきみの世界
月刊たくさんのふしぎ158号(1998年5月号)-手で食べる?
手で食べる?
¥800 森枝卓士・文、写真/
秋山とも子、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1998(平10)年5月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、秋山とも子「チンドン屋さん同行記2」他)  
-みんなが、もしごはんを手で食べたりしたら、すごくおこられるよね。でも世界には、手でごはんを食べる人たちもいっぱいいるんだ。その他にも、フォークやナイフを使ったり、世界中にいろんな食べかたがある。なぜそうなったのか、いろいろなものを食べてたしかめてみよう。
月刊たくさんのふしぎ159号(1998年6月号)-トンボのくる池づくり
トンボのくる池づくり
¥1,000 槐真史・文/松岡達英・絵/
秋山とも子、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 1998(平10)年6月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、秋山とも子「チンドン屋さん同行記3」他)
-「プールびらきの前だから、プールにはだれもいない」と思ったら大まちがい!みんなが使っていない間、プールにはさまざまな虫が住みついていたんだ。さあ、プールびらきの前に虫たちを助け出し、自分で作った池に放そう! 
-身近な池の絵地図づくり、虫たちのふるさとさがし、むかしのくらしと水辺、虫たちの救出、救出した虫たちの観察、自分の家の池づくり、1年め、2年め、ぼくの池のこれから
月刊たくさんのふしぎ160号(1998年7月号)-自転車ものがたり
自転車ものがたり
¥1,000 高頭祥八・文、絵/小林恵三・協力 福音館書店 1998(平10)年7月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) -足で地面をけってこいでいた最初の自転車から、マウンテンバイクまで、自転車はどのように発達してきたのでしょう。そして、これからの自転車は?すばらしい乗物、自転車のすべてを紹介します。
月刊たくさんのふしぎ161号(1998年8月号)-ぼくが見たハチ
ぼくが見たハチ
¥1,000 藤丸篤夫・文、写真 福音館書店 1998(平10)年8月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、『クマよ・・・』おたより特集、他) 
-ぼくは、ハチが大すきです。ハチのことを知れば知るほど、おどろいて感心してばかりいます。そんな、ぼくが見たハチたちの世界をしょうかいします。 
-ぼくの庭から(ハキリバチ、他)、寄生バチたち-ほかの虫に卵をうむ(ミズバチ、コブクモヒメバチ、タマバチ、他)、狩りのハチ-狩りのスペシャリストたち(キオビベッコウ、クロアナバチ、キアシアリガタバチ、他)、巣作りの名人たち(サムライトックリバチ、ヒメベッコウ、他)、集団でくらす(アシナガバチ、オオスズメバチ、他)、ハナバチたち-狩りをやめて花粉集めに(ウツギヒメハナバチ、他)
月刊たくさんのふしぎ163号(1998年10月号)-ナバホの人たちに聞く
ナバホの人たちに聞く
¥1,000 ぬくみちほ・文、写真/小川直樹・写真/塩浦信太郎・絵 福音館書店 1998(平10)年10月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他)
-長い間インディアンとよばれてきた、ナバホの人たちの、今の言葉を聞いて下さい。
-ナバホはね この大地からうまれたんだよ、ぼくはカウボーイになるんだ、ジュエリーには神話のシンボルを入れるのよ、いっしょうけんめい織ったものには織った人の魂がやどるの、イッヒコッシュ(おやすみなさい)、シャンプーはスーパーで売ってるもん、トルコ石はね幸せをはこんできてくれるの、こんどは投げなわの練習もしような、アッヒャヘ(ありがとう)、ナバホであるというのはどういうことだと思う?、いつかパウワオでおどるの、どうして ここからひっこしたの?、ぼく 大きくなったらメディスンマンになるんだ、心から願うならあなたの願いは太陽や自然の中の精霊たちがかならずかなえてくれるんだよ
月刊たくさんのふしぎ167号(1999年2月号)-舟がぼくの家
舟がぼくの家
¥1,000 島田興生・文、写真 福音館書店 1999(平11)年2月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他)
-小さな舟を家にして、一年じゅう海の上でくらしているフィリピンの家族のお話です。いったいどんな生活かみなさんは想像できますか?
月刊たくさんのふしぎ169号(1999年4月号)-世界の子ども きょうから友だち
世界の子ども きょうから友だち
¥1,000 小松義夫・文、写真/なかのまさたか・レイアウト 福音館書店 1999(平11)年4月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
4月号付録「毎月ハッピーカレンダー」 
-世界中のさまざまな場所で子どもたちが、元気に遊んだり仕事をしたり笑ったり・・・。さあ、世界中の子どもたちと友だちになりましょう! -朝だ学校に行こう、みんなの学校、宿題はどこでやる?、ノートと教科書 見せて、学校がおわって、さあ あそぼう、ぼくのわたしの乗りもの、こんなものみーつけた、泣いてわらってひと休み、ぼうし いろいろ、はたらく、おなかがすいた、家族と
月刊たくさんのふしぎ170号(1999年5月号)-カジカおじさんの川語り
カジカおじさんの川語り
¥1,000 稗田一俊・文、写真 福音館書店 1999(平11)年5月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
-「おばけー」なんて言ってるのはだれだ。わしはカジカ、れっきとしたお魚だ。わしが、同じ川にすむなかまを紹介するぞ。ウグイやカラフトマスの滝のぼり、サケの産卵、トゲウオのプロポーズ。どうだ、おもしろそうだろう?
月刊たくさんのふしぎ171号(1999年6月号)-球根の旅
球根の旅
¥1,000 さとうち藍・文/海野和男・写真 福音館書店 1999(平11)年6月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
-春、大きな花を咲かせるチューリップ。でも、球根栽培農家では、その花をつんでしまいます。なぜでしょうか?球根の謎を追います。  -球根の歴史をたどってみたい。わたしは、オランダへ旅をすることにしました。
月刊たくさんのふしぎ173号(1999年8月号)-糸あそび布あそび
月刊たくさんのふしぎ173号(1999年8月号)-糸あそび布あそび
¥1,500 田村寿美恵・文/平野恵里子・絵 福音館書店 1999(平11)年8月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ174号(1999年9月号)-ウミガメは広い海をゆく
ウミガメは広い海をゆく
¥1,000 吉野雄輔・文、写真/杉山晃・ふろく文、石森愛彦・ふろく絵 福音館書店 1999(平11)年9月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
9月号付録「R.P.Gめいろ なげ丸忍法帖」(杉山晃・文、写真 石森愛彦・絵) 
-だれも行かない広い海をおよぎ回っているので、ウミガメのくらしは、わからないことだらけ。そんなウミガメのなぞにせまります。ウミガメはどうやって息をして、何を食べているのだろう?
月刊たくさんのふしぎ175号(1999年10月号)-お姫さま、くもに会う
月刊たくさんのふしぎ175号(1999年10月号)-お姫さま、くもに会う
¥1,500 秋山亜由子・作、絵 福音館書店 1999(平11)年10月 月刊冊子絵本 端スレ 「ふしぎ新聞」の「作者のことば」マーカー線引 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ176号(1999年11月号)-聴導犬ものがたり ジェミーとペッグ
聴導犬ものがたり ジェミーとペッグ
¥1,000 有馬もと・文/MAYUMI(まゆみ)・写真 福音館書店 1999(平11)年11 月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
-「聴導犬」とは、耳の不自由な人の耳の代わりになってくれる犬のことです。日本にはまだ少ししかいないのですが、イギリスでは500頭もの聴導犬が、耳の不自由な人といっしょに生活しています。ジェミーといっしょに暮らす聴導犬ペッグの活躍する姿を紹介しながら、人と犬との関係を考えていきます。
月刊たくさんのふしぎ177号(1999年12月号)-海をこえてやってきた
月刊たくさんのふしぎ177号(1999年12月号)-海をこえてやってきた
¥1,000 野坂勇作・文、絵 福音館書店 1999年12月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ178号(2000年1月号)-巨鳥伝説
巨鳥伝説
¥1,000 羽田節子・文/藤井厚志・絵 福音館書店 2000(平12)年1 月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
1月号付録「よくばりおとし玉ぶくろ」 
-「ゾウをかるがると爪でつかみあげ、その肉を食べる巨大な鳥がいる!」巨大な鳥にまつわるお話は、『アラビアン・ナイト』や『東方見聞録』などに出てきます。つくり話かと思いきや、これらの巨鳥には、実際に生きていたモデルがいたのです。巨鳥の骨や卵が見つかって、巨鳥のお話が伝説から現実になっていくようすを描きます。モデルになった巨大な鳥の正体とは?
月刊たくさんのふしぎ181号(2000年4月号)-絵くんとことばくん
月刊たくさんのふしぎ181号(2000年4月号)-絵くんとことばくん
¥1,500 天野祐吉・文/大槻あかね・絵 福音館書店 2000(平成12)年4月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 4月号ふろく「毎度ご協力おねがいポスター」付。
月刊たくさんのふしぎ182号(2000年5月号)-こんにちは、ビーバー
こんにちは、ビーバー
¥800 佐藤英治・文、写真 福音館書店 2000(平12)年5月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他)  
-林に入り、木をかじりたおして運んで来ては、ダムを作り、巣を作るビーバー。アラスカの大自然のなかで、いきいきと活動するビーバーの暮らしを、美しく変わる四季折々の景色とともに、紹介します。
月刊たくさんのふしぎ184号(2000年7月号)-電子の虫めがね
月刊たくさんのふしぎ184号-電子の虫めがね
¥1,000 西永奨・写真/澤口たまみ(沢口たまみ)・文 福音館書店 2000(平12)年7月 月刊冊子絵本 表紙端スレ
月刊たくさんのふしぎ185号(2000年8月号)-ほらふきおじさんのホントの話
ほらふきおじさんのホントの話
¥1,000 松林明・文/長新太・絵/
星野直子、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 2000(平12)年8月 月刊冊子絵本 端スレ 裏表紙シミ有
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、星野直子「わたしのアラスカ物語」、他)
-ぼくのおじさんは、世界のあちこちを旅してきては、おもしろい話を聞かせてくれるんだ。動くサボテンの話とか、水の上を走るトカゲの話とか、マンモスのおしっこを飲んじゃった話とか。でも、みんなホントに本当の話なんだろうか?
月刊たくさんのふしぎ186号(2000年9月号)-地下にさくなぞの花
地下にさくなぞの花
¥1,000 山口進・写真、文 福音館書店 2000(平12)年9月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
-地面の下でさく花がある、と聞いたら、あなたはどう思いますか?まっさかぁ!土におしつぶされちゃうよ。虫がやってこられないじゃない・・・ でも、オーストラリアで、ほんとうに地面の下に花がさいているのを見つけたのです。いったいどんな花だったでしょう。それに、どうやって見つけたのでしょう。 
-西オーストラリアの蘭・リザンテラ・ガルドゥネリ
月刊たくさんのふしぎ187号(2000年10月号)-サボテンホテル
サボテンホテル
¥1,000 ブレンダ・Z・ギバーソン・文/メーガン・ロイド・絵/三河内彰子・訳 福音館書店 2000(平12)年10月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
10月号付録「スワロサボテン」モノクロ写真 
-スワロサボテンは南米のソノラ砂漠に生えています。別名がサボテンホテル。でも、どうしてホテルなのでしょう。それは、モリネズミやコウモリやキツツキやフクロウが、スワロサボテンに住んでいるからなのです。こんなにたくさんの動物がとげだらけのサボテンにどうやって住んでいるんでしょうね。
月刊たくさんのふしぎ189号(2000年12月号)-熱帯雨林をいく
月刊たくさんのふしぎ189号(2000年12月号)-熱帯雨林をいく
¥1,000 鬼丸眞人・文/荒井真紀・絵/湯本貴和・監修 福音館書店 2000(平成12)年12月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ190号(2001年1月号)-ジャンプ!ムツゴロウどろ干潟にとぶ
ジャンプ!ムツゴロウどろ干潟にとぶ
¥1,000 なかのひろみ・文/福田豊文・写真/佃二葉・付録作画 福音館書店 2001(平13)年1月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
1月号付録「数え方いろいろ」(佃二葉・作画) 
-ムツゴロウってご存じですか?魚のくせに泳ぎは苦手、ユーモラスな顔をした干潟の生きものです。干潟では毎年初夏になると、ムツゴロウがジャンプをはじめます。こっちでぴょん!あっちでひょいっ!一日に二回、数時間だけ出現する干潟を舞台に、ムツゴロウのジャンプ大会はつづきます。ムツゴロウのゆかいな表情と、元気いっぱいのジャンプをお楽しみください。
月刊たくさんのふしぎ191号(2001年2月号)-世界一の展覧会
月刊たくさんのふしぎ191号(2001年2月号)-世界一の展覧会
¥1,000 高橋直裕・文/杉浦範茂・絵 福音館書店 2001(平成13)年2月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ192号(2001年3月号)-写真の国のアリス
月刊たくさんのふしぎ192号(2001年3月号)-写真の国のアリス
¥1,000 飯沢耕太郎・文/早川司寿乃・絵/川島敏生、増村征夫、他・写真 福音館書店 2001(平成13)年3月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ193号(2001年4月号)-なんだかうれしい
月刊たくさんのふしぎ193号(2001年4月号)-なんだかうれしい
¥1,000 谷川俊太郎+だれかとだれか 2001(平13)年4月 福音館書店 月刊冊子絵本 端スレ 本文48頁+「ふしぎ新聞」4頁 増ページのため付録はお休み
月刊たくさんのふしぎ194号(2001年5月号)-マダコ
マダコ
¥1,000 奥谷喬司・文/楚山勇・写真 福音館書店 2001(平13)年5月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
-マダコの目。でもこんな目がタコのどこについてたっけ。そういえば、口はどこに?そして何を食べるの?タコは、わたしたちになじみのふかい生きものですが、その体のつくりや、くらしぶりにはよく知られていないことがいっぱいあります。海の忍者ともよばれるタコのふしぎな体とくらしを、写真で紹介します。
月刊たくさんのふしぎ196号(2001年7月号)-できたぜ!かくれ家
できたぜ!かくれ家
¥1,000 プチ・文/杉田徹・写真/後藤一磨・指導 福音館書店 2001(平13)年7月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
-ぼく、犬のプチ。裏山でふしぎなことが始まった。うちのご主人をはじめ、4人の小さい2本足と大きい2本足たちが、秘密のかくれ家を作り始めたんだ。材料はまわりにある草や木だけだって。ホントにできるのかな?かくれ家づくりを、記者犬プチがご報告します。
月刊たくさんのふしぎ197号(2001年8月号)-風車がまわった!
風車がまわった!
¥1,000 深井せつ子・文、絵/
八木剛、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 2001(平13)年7月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、八木剛「ふしぎ探検隊 森のホタル-ヒメボタルのふしぎ」、他)  
-目にはみえない風を受けて、羽根が大きくまわる風車を見たことがありますか? 遊園地やテーマパークなどで、見たことがある人がいるかもしれません。でも、実際にまわっている風車となると、日本ではなかなか見ることができません。この本には、デンマークの小さな島にある、1600年代のとても古い木の風車がでてきます。この風車は、風をいっぱいに受けるために、羽根だけではなく、風車小屋全体がまわるんですよ。風車を見るのが何より好きだったエーリックといっしょに、風車小屋の探険を楽しんでください。
月刊たくさんのふしぎ199号(2001年10月号)-カヌー 森から海へ
カヌー 森から海へ
¥1,000 船木拓生・文/高木啓志・写真 福音館書店 2001(平13)年10月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
-あの水平線向こうに、いったいなにがあるのだろう?大昔から、人はカヌーを作り、未だ見ぬ水のむこうへと漕ぎだしていきました。私たちは、今なおその思いをもちつづけています。さあ、森に生えていた木から、カヌーを作り、水の上へと漕ぎ出しましょう!風を感じながら、川を下る。その先にはいったい何が待っているでしょう。
月刊たくさんのふしぎ200号(2001年11月号)-落ち葉
落ち葉
¥800 平山和子・文と絵/平山英三・構成と写真 福音館書店 2001(平13)年11月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
-秋が深まると、赤や黄に色づいていた木の葉が散りはじめます。けれども、いったん、地面に落ちた木の葉に、目を留める人はそれほど多くはありません。長野県の黒姫山の麓で、その落ち葉ばかりを、原寸大で描きつづけている絵描きさんがいます。描かれた絵を見ていると、落ち葉がこんなにも美しいものだったかと、気づかされます。この秋、きっとあなたも落ち葉のコレクションをはじめたくなりますよ。
月刊たくさんのふしぎ201号(2001年12月号)-コウテイペンギン撮影記
コウテイペンギン撮影記
¥1,000 内山晟・文、写真/
先山徹、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 2001(平13)年12月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、先山徹「ふしぎ探検隊 石の色のふしぎ」、他) 
-コウテイペンギンは人気者。ヨチヨチ歩くすがたは、とてもかわいいですね。でもそんな親しみやすいイメージのコウテイペンギンが、じつは想像を絶する厳しい環境のもとでくらしているのです。どこで、どんなくらしをしているのか、さあ、コウテイペンギンに会いにいきましょう。
月刊たくさんのふしぎ203号(2002年2月号)-いろ いろ いろ いろ
月刊たくさんのふしぎ203号(2002年2月号)-いろ いろ いろ いろ
¥1,000 新谷雅弘・作 福音館書店 2002(平14)年2月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁。
月刊たくさんのふしぎ204号(2002年3月号)-どうして、お酒飲むの?
月刊たくさんのふしぎ204号(2002年3月号)-どうして、お酒飲むの?
¥1,000 森枝卓士・文/古谷三敏・絵 2002(平14)年3月 福音館書店 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ207号(2002年6月号)-ほっぺたおちた
ほっぺたおちた
¥800 織田道代・文/古川タク・絵/
佐々木明子・ふしぎ新聞インタビュー談
福音館書店 2002(平14)年6月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、「こんなお仕事をしてみたい・アナウンサー 佐々木明子)」、他) 
-おいしいものを食べると、ほっぺたがおちる?めんどうくさいって、どんなにおい?えんぴつを入れるのに、なんでふでばこ?まっかなウソって、ほんとに赤いの?わたしたちがふだんなにげなくつかっていることばの中には、ゆかいなことばや、ふしぎなことばがいっぱいまぎれこんでいますよ。さあ、じっくり耳をかたむけて?みましょう。
月刊たくさんのふしぎ208号(2002年7月号)-石の中のうずまきアンモナイト
石の中のうずまきアンモナイト
¥1,500 三輪一雄・文、絵/松岡芳英・写真 福音館書店 2002(平成14)年7月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ209号(2002年8月号)-じいちゃんの自然教室
じいちゃんの自然教室
¥1,000 さとうち藍・文/関戸勇・写真/川村陽一郎・協力/
中村京蔵、大谷剛、他・ふしぎ新聞談、執筆
福音館書店 2002(平14)年8月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、「こんなお仕事してみたい・歌舞伎役者(中村京蔵・お話)」、大谷剛「なぜハチの巣は六角形?」、他) 
-たかひと、なおやの兄弟は、休みになると、いつも、じいちゃんと一緒に、川や山や海に出かけます。川や山や海のことなら、じいちゃんはなんでもよく知っていて、教えてくれるからです。そのうえ、じいちゃんと一緒だと、川や山や海からたくさんの自然のめぐみをいっぱい持ってかえることができるのです。さあ、みんなも、たかひと、なおやの仲間になって、じいちゃんと一緒に出かけてみよう。 -高知県のじいちゃん・川村陽一郎さんの知恵と体験の野外遊び
月刊たくさんのふしぎ210号(2002年9月号)-屋上のとんがり帽子
月刊たくさんのふしぎ210号(2002年9月号)-屋上のとんがり帽子
¥1,500 折原恵・写真と文/中村京蔵・ふしぎ新聞談 福音館書店 2002(平14)年9月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 9月号1枚絵付録
月刊たくさんのふしぎ213号(2002年12月号)-アジアの台所たんけん
アジアの台所たんけん
¥1,000 大村次郷・文、写真/木幡朋介・写真構成、レイアウト/
井上康生、三枝春生・ふしぎ新聞談、執筆
福音館書店 2002(平14)年12月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、「こんなお仕事してみたい・オリンピック選手になりたい(井上康生・お話)」、三枝春生「アフリカゾウの化石」、他) 
-アジアの多くの国では、台所の様子は、わたしたちの国とはずいぶん違います。けれども、そこは煮たきをする匂いがあり、食事のしたくをする母親がいて、かまどのぬくもりがありました。ですから、そこは、家のなかでいちばん人の集まるところになっています。アジアの6つの国の台所から、それぞれの国の有り様をうかがい知ることができます。
-トルコ・みんなでつくるパン〈ユフカ〉/スリランカ・夫婦で夕食づくり/インド・台所は料理の学校/ラオス・高床の下は台所/韓国・みそ、しょうゆの瓶/フィリピン・床下の夕食
月刊たくさんのふしぎ215号(2003年2月号)-シュヴァル 夢の宮殿をたてた郵便配達夫
月刊たくさんのふしぎ215号(2003年2月号)-シュヴァル 夢の宮殿をたてた郵便配達夫
¥2,000 岡谷公二・文/山根秀信・絵/柿沼綾子、高橋幸子、ひのかずなり、いしかわけん、カワキタ・カズヒロ、岡谷公二、他・ふしぎ新聞執筆、談 福音館書店 2002(平14)年12月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ219号(2003年6月)-変形菌な人びと ¥1,500 越智典子・文、伊沢正名・写真、牛尾篤・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2003年6月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 その正体は?校腸へのしつもん大作戦」 渡辺眞子・文、ムッシュ・ユキ・絵「ワンダフル the あにまる-ゾウ」 作者の言葉・越智典子「変形菌とくらしてみる?」、他) -「変形菌」なんて、知っている人は少ないでしょうね。でも、そんなにめずらしいものではないんですよ。落ち葉や朽ちた木があるようなところなら、都会の公園でだって見ることができます。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ221号(2003年8月)-ウミウシ ¥1,500 中野理枝・文、豊田直之・写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2003年8月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 2999年みみずの宇宙遠足」 佐藤裕司「シアノバクテリアがつくった地球環境」 渡辺眞子・文、ムッシュ・ユキ・絵「ワンダフル the あにまる-チンパンジー」 作者の言葉・中野理枝「ウミウシ捜しは愉しいよ」、他) -潮だまりや海底にいる小さな生物「ウミウシ」。ウミウシを見て、まず驚くのがその色と形の多様さ。とくに色はカラフルで鮮やかで美しく、「海の宝石」と呼ぶ人もいるほどです。じつはこの鮮やかな色もウミウシが生きのびるための秘密のひとつなのです。餌に含まれる色と毒とを巧みに利用したウミウシの秘密とは、いったいどんなものでしょう? 小さな生き物の見事な生存戦略に驚きます。生き物ってすごい!(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ222号(2003年9月)-大根はエライ ¥1,000 久住昌之・文、絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆/スズキコージ・ふろく絵 福音館書店 2003年9月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 どんなにおいが好き?」 ミドリ毛利ヴァルトネン「フィンランドいろいろ」 作者の言葉・久住昌之「歌より先に絵本になった」、他) 9月号一枚絵付録「スズキコージのドラゴン劇場」(スズキコージ・絵) -タイトルを見て、「なんでダイコンがえらいの?」って思ったきみ!たしかにダイコンはあまり目立っていないかもしれない。「今日の晩ごはんは?」ってお母さんに聞いたとき、「ダイコンよ」と答えがかえってくることはあまりない。でも、じつはさまざまな料理で大活躍!しかも日本でいちばん食べられている野菜なんだ。それでもあまり前に出ず、どこか奥ゆかしい感じがするダイコンに注目!(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ223号(2003年10月)-ガリヴァーがやってきた小さな小さな島 ¥1,000 明坂英二・文、太田大八・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2003年10月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 ひみつの××室を作ろう!!」 渡辺眞子・文、ムッシュ・ユキ・絵「ワンダフル the あにまる-犬」 作者の言葉・明坂英二「ガリヴァー氏の話のように」、他) -『ガリヴァー旅行記』の主人公ガリヴァーが日本に来たことを知っていますか?1709年6月9日、「ナンガサク」に着いたと書いてあります。「ナンガサク」というのは、いまの長崎のことです。その長崎に出島と呼ばれる人工の小さな島がありました。そこは、鎖国状態にあった日本のなかで、そこだけは、外国の風が吹き込んでいるところでした。ガリヴァーの見た出島はどんな島だったでしょう? また、そこからどうやって、外国の文化が日本じゅうに広まっていったのでしょう?(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ224号(2003年11月)-砂漠の花園 ¥1,000 野村哲也・写真、文/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2003年11月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 朝、目がさめたら虫に!!」 ミドリ毛利ヴァルトネン「フィンランドいろいろ」 作者の言葉・野村哲也「10歳の旅」、他) -南米・ペルーは、太平洋に面した国で、太平洋岸は雨が少なく砂漠地帯が広がっています。その砂漠が何年かに1度、海で生まれる霧〈ガルーア〉の水分によって花々が芽を出し、一面のお花畑に変わるのです。そのすばらしい世界にご案内します。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ225号(2003年12月)-好奇心の部屋デロール ¥1,500 今森光彦・文、写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2003年12月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 どうやってみみずの学校へ行く?」 渡辺眞子・文、ムッシュ・ユキ・絵「ワンダフル the あにまる-オルカ」 作者の言葉・今森光彦「好奇心の扉」、他) -家の中にたくさんの動物が!?ここはいったいなんでしょう? 博物館でしょうか?フランスの首都パリにあるこのふしぎな場所「デロール」は、約二百年前からあるそうです。そして昔から今にいたるまで、人々の好奇心をくすぐりつづけてきました。 さあ、いっしょに「デロール」探検に出かけましょう!(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ226号(2004年1月号)-なぞのサル アイアイ
なぞのサル アイアイ
¥1,000 島泰三・文/笹原富美代・絵/
ミドリ・毛利・ヴァルトネン・ふしぎ新聞執筆/長谷川直子・ふろく絵
福音館書店 2004(平16)年1月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、ミドリ・毛利・ヴァルトネン「フィンランドいろいろ」、他) 
1月号付録「招福さるつなぎ」(長谷川直子・絵) 
-アイアイって知っていますか。そう、あの歌に歌われた「南の島のおサルさん」です。南の島とはアフリカの側にあるマダガスカルという世界で4番目に大きい島。そこにすむアイアイは、18世紀に発見されてから、百年もの間、リスの仲間だと思われていた、リスとコウモリとサルを寄せ集めたような姿に、針金みたいに細長い中指まで持った、現地の人からは不幸をつれてくると言われている、とても奇妙なサルなんです。
月刊たくさんのふしぎ227号(2004年2月号)-エンザロ村のかまど
エンザロ村のかまど
¥800 さくまゆみこ・文/沢田としき・絵/岸田袈裟・協力 福音館書店 2004(平16)年2月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、他) 
-アフリカ・ケニア北西にあるエンザロ村では、「ジコ」がどこの家でも見られます。そればかりではありません。「パティパティ」は子どもたちにも大にんき。じつは、ふたつとも、日本人の生活の知恵が生みだした、かまどとぞうりのことなのです。日本から遠くはなれたアフリカの村に、なぜこういったものが見られるのでしょう? -ケニア・エンザロ村での人々の生活と岸田袈裟さんの活動
月刊たくさんのふしぎ228号(2004年3月)-ツバメ観察記 ¥1,000 孝森まさひで・文、写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2004年3月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 湯気の出るもの大集合」 ミドリ毛利ヴァルトネン「フィンランドいろいろ」 アトリエ拝見!みみず美術工房をさぐる-宇田川新聞さんをたずねて 作者の言葉・孝森まさひで「ふしぎな巡りあわせ」、他) -ツバメやスズメは私たちの身近に巣をつくる野鳥です。特にツバメは益鳥として大切にされて来ました。いまでも、駅の軒下など子育てをする姿を見かけたりします。しかし、その暮らしについて私たちはどれほど知っているでしょうか。長年、日本各地の野鳥を撮りつづけてきた写真家による、巣作りから巣立ちまでの52日間の貴重な観察記。ツバメたちの意外な暮らし。そして、かわいらしいヒナたちの写真満載です。(紹介文) 5月9日から6月26日までの観察記録
月刊たくさんのふしぎ229号(2004年4月号)-鳥の巣
鳥の巣
¥1,500 鈴木まもる・文、絵 福音館書店 2004(平16)年4月 月刊冊子絵本 端スレ 表紙スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 4月号付録
月刊たくさんのふしぎ230号(2004年5月)-おじいの海 ¥1,000 濱井亜矢・写真、文/中村善栄/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2004年5月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 いざ山登り!あ、アレ忘れちゃった?」 ミドリ毛利ヴァルトネン「フィンランドいろいろ」 作者の言葉・濱井亜矢「前世は恋人同士?」、他) -沖縄に住む87歳の“おじい”は漁師です。小さい頃から海が好きで、12歳のときお父さんについて漁を始めました。それ以来、毎日海に出ては漁をしています。50歳のとき病気になり、仲間といっしょに漁ができなくなった後も、おじいはたった一人で漁を続けました。家族が心配しても、「海に出るのが一番さあ」と言って、海に出かけるおじい。おじいにとって、漁とは、そして海とはどんなものなのでしょうか。おじいは今日も海に出ます。(紹介文) -おじいの名前は中村善栄。大正6(1917年)7月20日生まれの86歳。沖縄の海で漁をする海人(うみんちゅ・漁師)です。
月刊たくさんのふしぎ231号(2004年6月)-和菓子のほん ¥1,000 中山圭子・文、阿部真由美・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2004年6月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 6月らしいお祭りを考えよう」 作者の言葉・中山圭子「季節をあらわす美しさ」、他) -大福や団子だけが和菓子ではありません。春、夏、秋、冬という変化に富んだ四季を、美しい色と形で表すさまざまな和菓子があります。和菓子はどんな背景から生まれ、どんな特徴があるのでしょうか。おいしそうな和菓子の絵でつづる、和菓子の世界をお楽しみください。(紹介文) -春、夏、秋、冬、和菓子ごよみ、和菓子と年中行事、和菓子は何でできているの?、どうやって作るの?(菊の和菓子、じょうよまんじゅう、きんとん、茶巾しぼり、こはくかん(きんぎょくかん)、型を使った和菓子、和菓子と器、いろいろな香り、和菓子のデザイン、この和菓子は何を表しているのかな?、色合いを楽しむ、300年まえの和菓子の絵図帳
月刊たくさんのふしぎ232号(2004年7月号)-オルカの夏
オルカの夏
¥1,000 二川英一・文、絵/
ミドリ・毛利・ヴァルトネン・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 2004(平16)年7月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、ミドリ・毛利・ヴァルトネン「フィンランドいろいろ-ピッピのしょうがクッキー」、他) 
-夏のカナダ・ジョンストン海峡には、産卵前のサケを追いかけて、オルカの家族がたくさん集まってきます。そこでおこなわれている、音声による生態調査に、著者は毎年参加してきました。「音」をたどってゆくことで出会った、夏のオルカたち……。カナダのおだやかな海にひびきわたる、野生のオルカの力強い潮吹きの音や、ユニークな水中でのはなし声が、ダイナミックな木版画にのって聞こえてくる一冊です。
月刊たくさんのふしぎ233号(2004年8月)-種採り物語 ¥1,000 さとうち藍・文、関戸勇・写真/岩崎政利・協力/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2004年8月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 ミミズのオリンピックを開催しちゃおう!」 ミドリ毛利ヴァルトネン「フィンランドいろいろ」 作者の言葉・さとうち藍「種から野菜を見る」、他) -長崎県吾妻町で野菜栽培農家を営んでいる岩崎政利さんは、種採りおじさんです。野菜の収穫をするのはもちろんですが、そのとき、野菜の色や形を見比べ、選んだものを植えかえて、花を咲かせ種になるのを待ち、その種から野菜を育てるのです。つまり、岩崎さんの野菜づくりは、野菜の一生とつきあうことなのです。小さな種からこんなにもふしぎな形、色のものが生まれてくる驚き、喜びを伝えます。(紹介文) -ダイコンの種を採る、ニンジンの種を採る、ゴボウの種を採る、ネギの種を採る、菜っ葉の種を採る、トマトの種を採る、キュウリの種を採る、カボチャの種を採る、ジャガイモの種イモを採る
月刊たくさんのふしぎ235号(2004年10月号)-絵とき 生きものは円柱形
月刊たくさんのふしぎ235号(2004年10月号)-絵とき 生きものは円柱形
¥1,000 本川達雄・文/やまもとちかひと・絵 福音館書店 2004(平16)年10月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ237号(2004年12月号)-ロバのつくった道
月刊たくさんのふしぎ237号(2004年12月号)-ロバのつくった道
¥1,000 竹田鎮三郎・原案、絵/清水たま子・文 福音館書店 2004(平16)年12月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ238号(2005年1月)-ものまね名人ツノゼミ ¥1,000 森島啓司・写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆/瀬川康男・ふろく絵 福音館書店 2005年1月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 新春!かくし芸大会 あなたのとくいワザで参加しよう!」 作者の言葉・森島啓司「ふしぎな力」、他) 1月号一枚絵ふろく「ねことねずみ」(瀬川康男・絵) -ツノゼミは、セミの仲間ですが、セミと比べると体がとても小さく、それと、体の一部が変化して角状になっています。南米のツノゼミは、角の形が、特に変わったものが多く、その角を利用して他の昆虫や植物に、擬態といって自分の姿を似せているものがいます。植物では、若葉や枯れ葉、脇芽など、昆虫では、ハエや、変わったものでは虫の糞や抜け殻に似たものまでいます。ゆかいでふしぎなツノゼミたちを紹介します。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ240号(2005年3月号)-アザラシに会いたい
アザラシに会いたい
¥1,000 寺沢孝毅・文、写真 福音館書店 2005(平17)年3月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 作者のことば、みみずの学校、他) 
-北海道にある小さな島、天売島には、冬になるとゴマフアザラシの群れが上陸し、暖かくなるとふたたび北へと旅立っていきます。この島でアザラシの写真を撮りつづける著者は、天売島には赤ちゃんアザラシがいない、ということをふしぎに思っていました。赤ちゃんアザラシをさがすために真冬の知床を訪れた著者が、つめたい流氷の上で出会ったものは、生まれたばかりのまっ白な赤ちゃんアザラシでした。
月刊たくさんのふしぎ241号(2005年4月号)-春の妖精たち スプリング・エフェメラル
月刊たくさんのふしぎ241号(2005年4月号)-春の妖精たち スプリング・エフェメラル
¥1,000 奥山多恵子・文、絵/法貴信也・ふろく絵、福永信・ふろく解説 福音館書店 2005(平17)年4月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 4月号付録
月刊たくさんのふしぎ242号(2005年5月)-ぼくは少年鉄道員 ¥1,500 西森聡・写真、文/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2005年5月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 新学期!となりの席には透明人間が!どうやってなかよしになる?」 作者の言葉・西森聡「ベルリンの壁」、他) -ドイツの首都ベルリンの郊外に、子どもたちが中心になって列車を走らせている鉄道があります。少し小型だとはいえ、本物の黒い煙を吐く蒸気機関車だってあるんです。11歳から18歳くらいまでの子どもたちが、学校生活のあいまにここにやってきては、鉄道運行に必要なさまざまな仕事を、年齢と経験に応じてこなしています。この鉄道の仕組みや仕事の様子、歴史などを紹介します。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ244号(2005年7月号)-ウナギのふるさとをさがして
月刊たくさんのふしぎ244号(2005年7月号)-ウナギのふるさとをさがして
¥1,500 望岡典隆・文/狼林・絵 福音館書店 2005(平成17)年7月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ245号(2005年8月号)-プーヤ・ライモンディ 100年にいちど咲く花
プーヤ・ライモンディ 100年にいちど咲く花
¥1,000 野村哲也・文、写真 福音館書店 2005(平17)年8月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、他) -アンデスの標高4000メートルの山中に生える、100年に一度咲く花が、今ちょうど花の季節だという。その話を聞いた若い写真家がカメラにおさめようと出かけた。そこで出会ったのは、先住民の6歳の少女アン。100年にいちど咲く花、プーヤをめぐって、写真家と少女の家族とのあいだに繰り広げられる心あたたまる交流を描く。
月刊たくさんのふしぎ246号(2005年9月号)-ノースウッズの森で
月刊たくさんのふしぎ246号(2005年9月号)-ノースウッズの森で
¥1,000 大竹英洋・文、写真 2005(平17)年9月 福音館書店 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(作者のことば、他) 9月号付録「シマリスとベリー」(大竹英洋・写真)
月刊たくさんのふしぎ247号(2005年10月)-サーカスの学校 ¥1,500 西元まり・文、佐竹美保・絵/エコール・ナショナル・ドゥ・シルク・協力/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2005年10月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 すきな虫きらいな虫はなに?」 作者の言葉・西元まり「夢は、かなうもの」、他) -「シルク・ド・ソレイユ」という名前を聞いたことがありますか? 「キダム」や「アレグリア」など、新しいスタイルのサーカスを世界中で上演している、カナダのモントリオールに本拠地をもつサーカス団です。モントリオールには、めずらしいサーカスの学校もあるんです。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ250号(2006年1月号)-ぼくの南極越冬記
月刊たくさんのふしぎ250号(2006年1月号)-ぼくの南極越冬記
¥1,000 山内はじめ・文/三上登・絵 福音館書店 2006(平18)年1月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 1月号付録「空想動物迷路」
月刊たくさんのふしぎ251号(2006年2月号)-カステラ、カステラ
月刊たくさんのふしぎ251号(2006年2月号)-カステラ、カステラ
¥2,000 明坂英二・文/齋藤芽生・絵/保坂史郎・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2006(平18)年2月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ254号(2006年5月号)-小さな四角い海・谷津干潟
小さな四角い海・谷津干潟
¥1,000 斉藤弘子・文/長島充・絵/番場健司・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2006(平18)年5月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、番場健司「のりもの一番のり-水素の燃料電池車」他) -高速道路やマンション、ビルに囲まれ、けっして自然環境に恵まれているとはいえない場所に、百七十種類もの鳥が集まってくるのはなぜでしょう?変わりいく環境となんとか折り合いをつけながら生きている鳥たちのすがたを丹念に追っていきます。
月刊たくさんのふしぎ256号(2006年7月号)-クサレケカビのクー
月刊たくさんのふしぎ256号(2006年7月号)-クサレケカビのクー
¥1,500 越智典子・文/伊沢正名・写真/塩田雅紀・絵/出川洋介・監修 福音館書店 2006(平18)年7月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ258号(2006年9月号)-ポスター
月刊たくさんのふしぎ258号(2006年9月号)-ポスター
¥1,500 U・G・サトー・作 福音館書店 2006(平18)年9月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 9月号付録「うんどうかいのポスター」
月刊たくさんのふしぎ259号(2006年10月号)-どこでも花が・・・・・・
どこでも花が・・・・・・
¥1,000 増村征夫・文、写真/越智ひろみ・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2006(平18)年10月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、越智ひろみ「のりもの一番のり-交通情報を伝えるアナウンサー」、他) 
-花が咲く場所というと、花壇や公園など、人が育てた場所を思い浮かべます。でも花は、人の手を借りなくても、アスファルトのすき間や屋根の上、高い山の上、水の中、海辺など様々な場所で、懸命に花を咲かせています。
月刊たくさんのふしぎ260号(2006年11月号)-風を見たことある?
風を見たことある?
¥1,000 杉田徹・写真、井出隆夫・文/
井本直優・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 2006(平18)年11月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、井本直優「のりもの一番のり-航空整備士」、他) 
-写真家の杉田徹さんは、宮城県の南三陸町で豚飼いをしています。その杉田さんが、町に吹く風を写真に撮りました。その写真に詩をつけたのが、「北風小僧の寒太郎」の作詞をした、井出隆夫さん。本を開けば、風が吹きわたる、写真集です。
月刊たくさんのふしぎ263号(2007年2月号)-あみださま大修理
月刊たくさんのふしぎ263号(2007年2月号)-あみださま大修理
宮村田鶴子・文/牧野良幸・絵/浦野潔・監修/羅漢工房・協力/山中宏晃・ふしぎ新聞執筆 ¥2,000 福音館書店 2007(平19)年2月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ264号(2007年3月号)-消えたエゾシロチョウ
消えたエゾシロチョウ
¥1,000 竹田津実・文、写真/
内海俊介・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 2007(平19)年3月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、内海俊介「のりもの一番のり-エレベーターの設計者」、他) 
-ある年の夏の初めの夕方、北海道オホーツク海の海岸に広がる草原で、満開の花だと思ったのは、エゾノコリンゴの木にびっしりととまったチョウだった。チョウの名前はエゾシロチョウ。翌年から作者の竹田津さんはエゾシロチョウの観察を始めた。エゾノコリンゴを食草木にして増え続けるエゾシロチョウ、食べつくされることに抵抗するエゾノコリンゴの知恵、そして六年目の春、突然全滅した幼虫たち。キタキツネの研究で知られる竹田津さんが、エゾシロチョウのふしぎを追います。
月刊たくさんのふしぎ265号(2007年4月号)-ぼくたちのロボット
ぼくたちのロボット
¥1,000 瀬名秀明・文/影山徹・絵/加藤喜代子(加藤一郎夫人)・協力 福音館書店 2007(平19)年4月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、他) 
-二本足で歩くロボットは、いまやコマーシャルにも登場するほどふつうの存在です。しかし、今から四十年ほど前には、ロボットが人間のように歩くどころか、“ロボット”という言葉自体、SF小説かマンガの中だけのものでした。そんな時代に「人間のようなロボットをつくろう!」と考えた学者がいました。早稲田大学の加藤一郎教授です。加藤先生の夢は「心」をもつロボットをつくることでした。加藤先生のつくったロボットを見ていきながら、ロボットと一緒に生活する未来を考えます。
月刊たくさんのふしぎ266号(2007年5月号)-コアジサシ ふるさとをなくした渡り鳥
コアジサシ ふるさとをなくした渡り鳥
¥1,000 増田直也・文/荒川暢・絵/
長神風二、他・ふしぎ新聞執筆/キヨタヨシアキ・ふろく
福音館書店 2007(平19)年5月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、長神風二「ふーじんの空とぶオカピ追跡中-生物時計1」、他) 
5月号付録「「コアジサシ実物大ペーパークラフト」(キヨタヨシアキ) 
-日本で子育てをする渡り鳥コアジサシが、羽田空港近くの森ヶ崎水再生センターの屋上で、卵を産んでいるのが見つかったのは2001年6月だった。水再生センターの屋上が、河原や砂浜の産卵場所をうばわれ、絶滅のおそれがあるこの鳥の故郷になることを願い、コアジサシを絶滅から救おうとする人々の努力が、その時から始まった。
月刊たくさんのふしぎ267号(2007年6月号)-アリクイサスライアリ
アリクイサスライアリ
¥1,000 橋本佳明・文/稲田務・絵/
長神風二、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 2007(平19)年6月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、長神風二「ふーじんの空とぶオカピ追跡中-生物時計2」、他) 
-ボルネオの密林の朝、高い木々の間から、朝日がさしこむと、枯れ葉の下から、数えきれないほどたくさんのアリがはい出してきました。体長2ミリほどのツヤヒメサスライアリ。巣をもたず、隊列をつくり移動しながら暮らす、軍隊アリの仲間です。そして、彼らは小さい体ながら、ほかのアリを襲って食べるアリ喰いアリなのです。
月刊たくさんのふしぎ268号(2007年7月号)-西表島のマングローブ
月刊たくさんのふしぎ268号(2007年7月号)-西表島のマングローブ
¥1,000 横塚眞己人・文、写真 福音館書店 2007(平19)年7月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ270号(2007年9月号)-大きな巨きな木
大きな巨きな木
¥1,000 加藤則芳・文、写真/笹沼真人・絵/
長神風二、他・ふしぎ新聞執筆/いしかわけん・ふろく絵
福音館書店 2007(平19)年9月 月刊冊子絵本 端スレ 本文42頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、長神風二「ふーじんの空とぶオカピ追跡中-西洋ミツバチ」、他) 
9月号付録「ふしぎ冒険地図」(いしかわけん・絵) 
-この世でいちばん大きな生きものって、なんだと思いますか?それは木です!キリンよりも背が高く、クジラよりも大きな木-なかでも世界一の「巨樹」に出合うため、作者はカリフォルニア(アメリカ西海岸)へと旅立ちました。それ自体で雨を降らせ、その水分でみずからを育ててしまう木、人間の歴史をずっと見まもってきた、すごーくすごーく長生きの木など、アッとおどろく木々を、写真とイラストでご紹介します。 -コースト・レッドウッド-天然の高層タワー、メキシコラクウショウ-一本の“森”、ジャイアント・セコイヤ-巨樹の中の巨樹、ブリッスルコーン・パイン-地球の生き証人
月刊たくさんのふしぎ273号(2007年12月号)-りんごの礼拝堂
りんごの礼拝堂
¥1,000 たくぼひさこ(田窪恭二夫人)・文/HAYATO(はやと)・絵/田窪恭二・監修/
長神風二、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 2007(平19)年12月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文38頁+「ふしぎ新聞」8頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、長神風二「ふーじんの空とぶオカピ追跡中8-脳2」、他) 
-五百年前に建てられ、壊れかかっていた、フランス、ノルマンディー地方の、古い小さい礼拝堂を、日本人の絵描きのタクボさんが、村人と一緒に、よみがえらせました。今その礼拝堂は、「りんごの礼拝堂」とよばれています。えっ?なんで「りんご」かって?それは読んでのおたのしみ。 -日本人画家、田窪恭治の創作の秘密にせまる
月刊たくさんのふしぎ274号(2008年1月号)-しめかざり
月刊たくさんのふしぎ274号(2008年1月号)-しめかざり
¥1,500 森須磨子・文、絵 福音館書店 2008(平成20)年1月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 1月号1枚絵付録「クリスマス!お正月!めくってワクワクふしぎマンション」
月刊たくさんのふしぎ275号(2008年2月号)-じゃがいものふるさと
じゃがいものふるさと
¥1,000 山本紀夫・文、写真/
長神風二、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 2008(平20)年2月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、長神風二「ふーじんの空とぶオカピ追跡中10-宇宙人」、他) 
-ポテトチップスに肉じゃが、カレーの具……世界中で愛され、必要とされる“じゃがいも”は、南米・アンデスがふるさとです。富士山の頂上を越える高地に雑草のように生えていたジャガイモを、アンデスの人々は寒さに強い「作物」に改良し、かのインカ帝国が盛える土台を作ったのです。現在もアンデスの人々の生活に深く根ざしているジャガイモ。土のにおいを伝える写真絵本です。
月刊たくさんのふしぎ276号(2008年3月号)-ニワシドリ あずまやを作るふしぎな鳥
ニワシドリ あずまやを作るふしぎな鳥
¥1,000 鈴木まもる・文、絵/
長神風二、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 2008(平20)年3月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、長神風二「ふーじんの空とぶオカピ追跡中11-オカピ」、鈴木まもる「ニワシドリ探訪記」、他) 
-これは、家にある自慢の植木です。というのは冗談で、これはニワシドリという鳥が作ったものです。鳥が作ったなんて、とても信じられないでしょう?それも巣ではないのです。ではいったい何?何のために作られているの?ニワシドリを、漢字で書くと「庭師鳥」。このニワシドリ、木の実や枝を集めて「あずまや」というものを作ります。きれいに飾られて、まるで手入れされた植木のよう。このあずまやは、巣でも、子育ての場所でもありません。それはオスがメスにプロポーズするために作るものなのです。ニワシドリのオスが作るふしぎなあずまやを、どうぞご覧あれ。
月刊たくさんのふしぎ277号(2008年4月号)-ことば観察にゅうもん
ことば観察にゅうもん
¥800 米川明彦・文/祖父江慎・絵/
高橋幸子、長神風二、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 2008(平20)年4月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文48頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、長神風二「ふーじんの空とぶオカピ追跡中12-オカピ2」、他) 
増ページのため付録はお休み 
-「じぶん」をいうことばは、何種類くらいあるでしょう?おれ・ぼく・わたし・あたい・おら・あっち・わがはい・・・・たくさんありますね!では「すごくおいしい!」っていいたいときはなんていう?おなじものをいうのに、じつにたくさんのことばがあります。この本で、ことばのいろいろを観察してみましょう。おぎょうぎがいいかわるいかは、ひとまずタナアゲ。ことばウオッチングにゅうもんです。お気にいりのことばが見つかるかな?
月刊たくさんのふしぎ278号(2008年5月号)-夜へ行こう
月刊たくさんのふしぎ278号(2008年5月号)-夜へ行こう
¥1,500 中野純・文/中里和人・写真 福音館書店 2008(平成20)年5月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ279号(2008年6月号)-カーニバルがやってきた ¥1,000 白根全・写真、文/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2008(平20)年6月 月刊冊子絵本 端スレ、裏表紙折れ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、他)

-いまから500年以上前にヨーロッパ人に征服されたラテンアメリカでは、ヨーロッパ人、先住民インディオ、そしてアフリカから奴隷としてつれてこられた黒人の文化がまざりあい、全く新しい文化が創りだされた。ヨーロッパでは春を迎えるお祭りだったカーニバルも、インディオの風習やアフリカのリズムをとりいれて、明るく元気いっぱいのラテンのカーニバルとして生まれ変わり、各地で個性豊かに花開いた。

-トーキョー・アサクサ、ブラジル・リオ・デ・ジャネイロ、ブラジル・サルバドール、ブラジル・レシーフェ、ブラジル・オリンダ、コロンビア・バランキージャ、ボリビア・オルロ、ペルー・カハマルカ、ベネズエラ・カジャオ、トリダニード・トバゴ・ポート・オブ・スペイン、キューバ・サンティアゴ・デ・クーバ、ドミニカ・ラ・ヴェガ、メキシコ・トゥラスカーラ、ニューヨーク・ブルックリン、ロンドン・ノッティングヒル

月刊たくさんのふしぎ280号(2008年7月号)-ぼくの博物館
月刊たくさんのふしぎ280号(2008年7月号)-ぼくの博物館
¥1,000 さいとゆふじ・文、絵 福音館書店 2008(平20)年7月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ283号(2008年10月号)-ニホンミツバチと暮らす
ニホンミツバチと暮らす
¥1,000 飯田辰彦・文、写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2008(平20)年10月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、他) 
-日本人とニホンミツバチとのつきあいは、大変古いのですが、セイヨウミツバチとちがって、ニホンミツバチは家畜化されることがありませんでした。そのため、ハチ飼いの方法も原始的でとても手がかかります。でも一番の特長は、ニホンミツバチは野生の性格を残しても、性格はおだやかで攻撃的でないということです。手間ひまを惜しまない山のおじさんたちとミツバチとの交流をご紹介します。 -宮崎県日向市の「ブンコ」を使った丸洞養蜂
月刊たくさんのふしぎ285号(2008年12月号)-一枚の布をぐるぐるぐる
月刊たくさんのふしぎ285号(2008年12月号)-一枚の布をぐるぐるぐる
¥1,000 深井せつ子・文、絵 福音館書店 2008(平20)年12月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ286号(2009年4月)-キタキツネのおとうさん ¥1,000 竹田津実・文、あべ弘士・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆/竹田津実・ふろく写真撮影 福音館書店 2009年4月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 エイプリールフールが来た!!自慢のウソを披露して!」 作者の言葉・竹田津実「キツネからタヌキへ」、他) -日本の哺乳類でオスが子育てに協力するのは、キツネとタヌキと人間だけ。キタキツネのおとうさんは、家族にせっせと餌を運び、外敵から守り、子どもには危険な目にあわないよう教育し、餌の取り方を教え、子どもたちが独り立ちすると、静かに巣を後にします。どこか人間のおとうさんにも似た、キタキツネのおとうさんです。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ287号(2009年2月号)-漁師とヒグマ
漁師とヒグマ
¥1,000 寺沢孝毅・文、写真/
高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆
福音館書店 2009(平21)年2月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、他) 
-北海道の知床半島にある漁師の基地「番屋」のまわりには、ヒグマがたくさんあらわれます。サケ漁をする漁師と、サケを食べるヒグマとが、ともに邪魔をしないように距離をおきながら、生活しているようすを見ていきます。
月刊たくさんのふしぎ290号(2009年5月号)-砂漠のサイーダさん
砂漠のサイーダさん
¥1,000 常見藤代・文、写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2009(平21)年5月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、他) -7頭のラクダを連れ、たったひとりでエジプトの砂漠に暮らすサイーダさんは、小さなおばあさんです。朝、目覚めればラクダの放牧に出かけ、お腹がすいたらパンを焼き、暗くなったら眠る。サイーダさんの生活は、毎日そのくり返しです。単調なようですが、サイーダさんは砂漠から離れるつもりはありません。そんな自由で気ままな砂漠での生活を紹介します。
月刊たくさんのふしぎ291号(2009年6月)-あったよ!野山のごちそう ¥1,000 布施友子・文、棚橋亜左子・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2009年6月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 雨よ、やめ!おまじないを考えて!」 作者の言葉・布施知子「野山のごちそうは、たのしい味」、他) -キイチゴにクワ、アケビにヤマブドウにブナ……野山には、とってそのまま食べられる実がたくさんあります。そして、ネズミにタヌキにメジロ、カメムシやアリなど人間以外の虫や鳥や動物たちも、同じ実を人知れず味わっているのです。実をおいしく食べて栄養とする動物。食べられることで広く繁殖する植物。野生の生きものたちの知恵比べです。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ292号(2009年7月)-オルゴール誕生 ¥1,500 名村義人・文、風間憲二・写真、新谷雅弘・レイアウト/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2009年7月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 手紙には何が書いてあった?」 作者の言葉・名村義人「オルゴール作り100年」、他) -オルゴールという言葉は、外国語のように聞こえますが、ほんとうは、オランダ語のオルゲル(オルガン)がもとになって、日本で生まれたことばです。その歴史をさかのぼると、はじまりは時計塔にたどりつきます。ふたを開けると音楽の演奏がはじまる小さな箱。その祖先が時計塔だったとは、どういうことなのでしょう?(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ293号(2009年8月号)-おぼん ふるさとへ帰る夏
月刊たくさんのふしぎ293号(2009年8月号)-おぼん ふるさとへ帰る夏
¥1,500 吉田智彦・文、絵 福音館書店 2009(平成21)年8月 月月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ294号(2009年9月)-この子なんの子?魚の子 ¥1,000 吉野雄輔・文、写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆/浅井粂男・ふろく絵 福音館書店 2009年9月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 「子どもでよかった!」ってこと、教えて」 作者の言葉・吉野雄輔「よく見てみたら」、他) 9月号一枚絵ふろく「夏 つながりあう生きものたち」(浅井粂男・絵) -海の中には、なんの魚かわからない小魚がたくさんいます。「この小魚は、大きくなったらどんな魚になるのだろう?」 疑問に思った写真家が、小魚の体の特徴をもとに、少し成長したものを探し、また少し成長した段階のものを探し・・・。そうしてわかった正体は、幼魚時代とは似ても似つかぬ姿の成魚でした! 色も形も模様も目まぐるしく変化する魚の成長をお楽しみください。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ296号(2009年11月号)-飛行船にのって
飛行船にのって
¥1,000 天沼春樹・文/影山徹・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2009(平21)年11月 月刊冊子絵本 端スレ 
本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 作者のことば、みみずの学校、他) -空をゆったりと飛ぶ飛行船を見たことがありますか?これまでは飛行機におされ普及していなかった飛行船ですが、近年その存在が見直され、誰でも乗ることができる飛行船が日本にも登場しました。飛行船ならではの魅力とは?さあ、飛行船に乗りに行きましょう。
月刊たくさんのふしぎ297号(2009年12月)-人と自然がであう場所 僕のデナリ国立公園ガイド ¥1,000 野村哲也・文、写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2009年12月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 未来の自分からの手紙には何が書いてあった?」 作者の言葉・野村哲也「南アフリカ便り」、他) -「アラスカには、すごい山があるぞ!」。アラスカの旅から帰った大学生の兄の一言が、15歳の少年の心に火をつけた。「絶対この目で見てやろう」。そして、大学生になった19歳の秋、著者はついにあこがれの山、デナリ(マッキンリー)山を見に行く。そこで彼が出会ったのは、「すごい山」だけではなかった・・・。自然の宝庫、デナリ国立公園の楽しみ方を、自然写真家・野村哲也さんがご案内します。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ298号(2010年1月)-石の卵 ¥1,000 山田英春・文、写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆/山本太郎・ふろく絵 福音館書店 2010年1月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 巨人になって何をする?」 作者の言葉・山田英春「石の中の秘密」、他) 1月号一枚絵ふろく「宝船祝艝図」(山本太郎・絵) -卵から石が生まれるのかって?いいえ、卵ような石の中に龍の赤ちゃんと雷の赤ちゃんが入っているんです。でもそれは、石の卵をまっぷたつに切ってみないと分かりません。さて、龍の赤ちゃんと雷の赤ちゃんはどんな姿をしているのでしょう。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ299号(2010年2月号)-おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり
月刊たくさんのふしぎ299号(2010年2月号)--おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり
¥2,000 太田大輔・文、絵 福音館書店 2010(平成22)年2月 月刊冊子絵本 端スレ ページシミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ300号(2010年3月)-おかし ¥1,000 なかがわりえこ(中川李枝子)・文、やまわきゆりこ(山脇百合子)・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆/城みどり・ふろく絵 福音館書店 2010年3月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 「たくさんのふしぎ2010年2月号「おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり」販売中止」挨拶文入 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 300な話、教えて~!」 記者が体感!「300への道」 作者の言葉・中川李枝子「おかしのちから」、他) 3月号一枚絵ふろく「OKASHI-MANDALA(おかしまんだら)」(城みどり・コラージュ) -おせんべ、キャンディ、ケーキにクッキー。おやつに大好きなおかしがでてくると、どんなにつまらない気分のときだって、なんだかにっこり。ふしぎと力がわいてくるのはなぜでしょう? 『ぐりとぐら』の大きなカステラで、子どもたちをおどろかせた名コンビが、おかしにこめられたひみつのパワーをときあかします。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ302号(2010年5月)-昆虫少年の夢 オオムラサキ舞う森 ¥1,000 草山万兎・文、足立隆昭・写真/兵庫県立丹波の森公苑・協力/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2010年5月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 こいのぼりとどこへ行く?」 作者の言葉・草山万兎「子どもたちに夢を」、他) 3月号一枚絵ふろく「OKASHI-MANDALA(おかしまんだら)」(城みどり・コラージュ) -動物学者である作者は、子ども時代は昆虫少年で、憧れの蝶はオオムラサキ。ある日、やっと捕まえたオオムラサキの美しさに魅せられ、オオムラサキの舞う森を、心の中で夢見ました。そして62年後、少年の日に夢見たオオムラサキの舞う森の実現のため森を作り、オオムラサキを人工飼育します。オオムラサキの生活史を、貴重な写真によって紹介します。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ303号(2010年6月号)-ゆかいな聞き耳ずきん クロツグミの鳴き声の謎をとく
ゆかいな聞き耳ずきん クロツグミの鳴き声の謎をとく
¥800 石塚徹・文/岩本久則・絵 福音館書店 2010(平22)年6月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ304号(2010年7月)-キタキツネのおかあさん ¥1,000 竹田津実・文、写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2010年7月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 雨でも織姫と彦星が会える方法とは」 作者の言葉・竹田津実「見習いおかあさん」、他) -2009年4月号『キタキツネのおとうさん』の続編。今回は、「おかあさん」に焦点を当てます。秋、子ばなれしたはずの雌の子ギツネは、追い出されてもたびたび帰ってきて、とうとう元の巣に居座ってしまいました。やがて、発情期を迎え、なんと子どもまで産んで、母と2匹の娘、その夫2匹で、11匹の子ギツネたちを一緒に育てはじめたのです。キタキツネの雌たちのふしぎな生態が、明らかになります。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ306号(2010年9月)-ふしぎな動物たち ¥1,000 大村次郷・文、写真/立川武蔵・協力/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2010年9月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 月の住人はだあれ?」 作者の言葉・大村次郷「夜の動物たち」、他) -羽のあるライオン!?角のあるシカ!?ほかにも、しっぽがヘビだったり、月を食べる生きものだったり・・・そんなふしぎな動物が、よくみればあちこちにいます。建物の屋根や壁、窓、柱の下、公園にも、林の中にもいます。ふしぎ動物と出会う旅に、さあ、出発!(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ308号(2010年11月)-中にはいってみよう ¥1,000 葉山勉・文、写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2010年11月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 生まれ変わったら何になる?」 作者の言葉・葉山勉「建築っておもしろい!空間っておもしろい!」、他) -おしいれの中、カーテンの中、体育館倉庫の中。かくれ家のようなちいさな小屋だったり、おおーきな教会だったり。私たちが入れるそんな「中」を「空間」とよびます。空間では、ひろい/せまい、明るい/暗い、まっすぐ/ぐにゃぐにゃ・・・性質によって、中にいる人の気分がかわります。いろんな建築の中にある、おもしろい空間を感じる旅にでよう!(紹介文) -光の空間、色の空間、ギザギザの空間、ぐるぐる空間、曲がっている空間、まっすぐな空間、とうめいな空間、まあるい空間、天井のいろいろ、大きな空間、小さな空間、ぐにゃぐにゃ空間、高い空間、あべこべ空間
月刊たくさんのふしぎ309号(2010年12月)-ハクチョウの冬ごし ¥1,000 太田威・文、写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2010年12月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 2010年は13月まで延長!何して過ごす?」 「あっ、あれ気になる!-長崎」 作者の言葉・太田威「ハクチョウたちの冬の生活」、他) -毎年冬になると、山形県庄内地方には、ハクチョウたちがやってきます。はるか北のシベリアから、冬をすごすために渡ってくるのです。例年にない大雪に見舞われた、ある年のハクチョウたちの生活を追います。厳しい寒さの中で、懸命に生きるハクチョウの観察記です。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ310号(2011年1月)-観覧車をたずねて ¥1,000 福井優子・文、たなかみか・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2011年1月 月刊冊子絵本 端スレ ヤケ、シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 太陽が風邪でお休み 地球は真っ暗闇!どうする?」 作者の言葉・福井優子「観覧車と私」、他) -一見単純な乗り物、観覧車。でも、ひとつひとつ見ていくと、面白い発見がたくさん!世界の様々な観覧車とその歴史をたずねます。(紹介文) -私の町の観覧車、ビルに組み込まれた観覧車、旅をする観覧車、2種類のゴンドラがある観覧車、観覧車はどのようにして生まれたのでしょう?、コロンビア博覧会の観覧車「フェリスホイール」、現在 世界でもっとも古い観覧車「リーゼンラート」、世界の観覧車、日本の観覧車
月刊たくさんのふしぎ312号(2011年3月号)-さくら 私のスケッチブックから
月刊たくさんのふしぎ312号(2011年3月号)-さくら 私のスケッチブックから
¥1,000 今井眞利子・文、絵 福音館書店 2011(平23)年3月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ316号(2011年7月号)-バシリスク 水の上を走るトカゲ 嶋田忠・文、写真/高橋幸子、牧野良幸、いしかわけん、カワキタ・カズヒロ、嶋田忠、他・ふしぎ新聞執筆、談 ¥1,500 福音館書店 2011年7月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(じゆうな読者の解放区 みみずの学校(高橋幸子・校腸)「君の学校の伝説おしえて、、、」、いしかわけん「ふしぎ博物館155・背高帽大集合!、牧野良幸「マキノ不思議製作所・自宅買い物樹」、カワキタ・カズヒロ「ふしぎてんし」、作者のことば・岡嶋田忠「野鳥から爬虫類へ」、他)  -南米コスタリカを訪れた写真家の目の前に、川の水面を横切る緑色の影が! その正体は体長が80センチにもなる大きなトカゲ“バシリスク”でした。このバシリスクに魅せられた写真家は、その水上走りの秘密を探るべく、毎日朝から晩まで観察し続けました。水上を走るふしぎな能力が粘り強い観察から明らかになっていきます。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ317号(2011年8月号)-まちぼうけの生態学 アカオニグモと草むらの虫たち
月刊たくさんのふしぎ317号(2011年8月号)-まちぼうけの生態学 アカオニグモと草むらの虫たち
¥1,000 遠藤知二・文/岡本よしろう・絵 福音館書店 2011(平成23)年8月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ320号(2011年11月号)-森はみんなの保育園
月刊たくさんのふしぎ320号(2011年11月号)-森はみんなの保育園
¥1,000 深井聰男・文/深井せつ子・絵 福音館書店 2011(平成23)年11月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ321号(2011年12月号)-これ、わたし
月刊たくさんのふしぎ321号(2011年12月号)-これ、わたし
¥1,000 さわだともこ 福音館書店 2011(平成23)年12月 月刊冊子絵本 端スレ 扉折れ 裏表紙シミ有 「ふしぎ新聞」シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ325号(2012年4月号)-ゴリラが胸をたたくわけ
月刊たくさんのふしぎ325号(2012年4月号)-ゴリラが胸をたたくわけ
¥800 山極寿一・文/阿部知暁・絵 福音館書店 2012(平成24)年4月 月刊冊子絵本 端スレ 裏表紙シミ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 4月号一枚絵ふろく
月刊たくさんのふしぎ327号(2012年6月号)-ジミンちのおもち
月刊たくさんのふしぎ327号(2012年6月号)-ジミンちのおもち
¥800 池貴巳子・文、絵 福音館書店 2012(平成24)年6月 月刊冊子絵本 端スレ 裏表紙シミ 頁端折れ有 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ328号(2012年7月号)-ヒトスジギンポ 笑う魚
月刊たくさんのふしぎ328号(2012年7月号)-ヒトスジギンポ 笑う魚
¥800 吉野雄輔・文、写真 福音館書店 2012(平成24)年7月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁
月刊たくさんのふしぎ333号(2012年12月号)-たくさんのふしぎ版 南極のさかな大図鑑
月刊たくさんのふしぎ333号(2012年12月号)-たくさんのふしぎ版 南極のさかな大図鑑
¥1,000 岩見哲夫・文/廣野研一・絵 福音館書店 2012(平成24)年12月 月刊冊子絵本 端スレ 本文48頁+「ふしぎ新聞」8頁
月刊たくさんのふしぎ346号(2014年1月)-虹色いきもの図鑑 ¥800 齋藤槙・文、絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆/伊野孝行・ふろく絵 福音館書店 2014年1月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 なんで太陽は寝坊してしまったの?」 作者の言葉・齋藤槙「虹色いきもの図鑑 番外編」、他) 1月号一枚絵ふろく「午年地口行灯暦」(伊野孝行・絵)-金色の羽をもつ鳥、蛍光色に光る魚、宝石のようにかがやく虫など、動物園や水族館で出会う色とりどりの生きものに、思わず目を奪われたことはありませんか。パズルのような貼り絵の手法で動物を描く齋藤槙さんが、色あざやかな生きものばかりを選んで描きました。地球を彩る生きものたちの虹色の世界をお楽しみください。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ351号(2014年6月)-家にいたイリオモテヤマネコ ¥800 戸川久美・文、横内襄・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2014年6月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 電車と自動車どっちが好き?」 作者の言葉・戸川久美「父の思い」、他) -みなさんは「イリオモテヤマネコ」を知っていますか?沖縄県の西表島にしかすんでいないネコで、国の天然紀念物です。今からおよそ50年前、このイリオモテヤマネコが発見され、そのうちの2頭を、中学生だった「わたし」の家で飼うことになりました。野生のヤマネコのくらしぶりとは、いったいどんなものだったのでしょうか。動物小説作家戸川幸夫氏の娘が綴る、貴重な記録です。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ355号(2014年10月)-木のぼりゴリラ ¥800 山極寿一・文、阿部知暁・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆/阿部知暁・ふろく絵 福音館書店 2014年10月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 森でひろったのはなんのタネ?」 林完次「天文ニュース 皆既月食」 作者の言葉・山極寿一「いろんな国のゴリラたち」、他)  10月号一枚絵ふろく「ムカラバの森のムル」(阿部知暁・絵) -世界の動物園にいるゴリラのほとんどはニシゴリラですが、野生のゴリラにはヒガシゴリラとニシゴリラがいます。早くから研究が進んでいたヒガシゴリラに比べ、ニシゴリラの研究は遅れていました。そのため、動物園のゴリラ舎は、ヒガシゴリラの暮らしに合わせてつくられていたのです。ところが、ニシゴリラの研究が進むにつれて、両者の暮らしに大きな違いがあることがわかってきました。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ358号(2015年1月号)-暗闇の釣り師 グローワーム
月刊たくさんのふしぎ358号(2015年1月号)-暗闇の釣り師 グローワーム
¥800 小原嘉明・文/石森愛彦・絵 福音館書店 2015(平成27)年1月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁 1月号一枚絵ふろく
月刊たくさんのふしぎ364号(2015年7月)-おいかけっこの生態学 キスジベッコウと草むらのオニグモたち ¥800 遠藤知二・文、岡本よしろう・絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2015年7月 月刊冊子絵本 端スレ 裏表紙折れ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 鬼たいじ、おともに誰をつれて行く?」 作者の言葉・遠藤知二「キスジベッコウをさがして」、他)  -前作『まちぼうけの生態学』では、北海道の草むらでひたすらアカオニグモの狩りを網のまえで見つめつづけた遠藤さん。ひと夏観察しつづけ、4678匹の虫が網のまわりを飛ぶのを目撃し、結局クモの口にはいったのはたった74匹、しかもどれも5ミリにも満たない小さな虫だった、という結果をえます。さて、つぎに観察するのは、そのクモの天敵キスジベッコウというハチのクモ狩りです。飛び回るハチの行動を観察すべく、遠藤さんも草むらを走り回ります。こんどはどんなことが、わかるのでしょうか。同じ種類の虫でも、ヒトや動物のように、もしかしたら一匹一匹ちがった行動をとっているのではないか? 著者は、そんな素朴な疑問を出発点に、北海道の草むらでキスジベッコウというハチの観察を始める。そこには、個性ある虫たちの世界が広がっていた。ファーブルも観察に苦戦した、ベッコウバチのクモ狩りを追った10年の記録。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ369号(2015年12月)-南極の生きものたち ¥800 水口博也・文、写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2015年12月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」8頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 サンタさんをビックリさせちゃおう!」 木谷美咲「ぞっこん食虫植物3-ウツボカズラ」 作者の言葉・水口博也「地球の環境をほんとうに理解するために」、他)  -南極の短い夏、ペンギンたちが子育てに忙しく、アザラシやクジラも集まります。南極の冷たい海でこれほど多くの生きものたちが生きていけるのは、ある動物が大量に発生してみんなのエサになるから。海にうかぶ氷のうらがわに、その秘密がかくされていました。 世界の海の豊かさをささえる、南極海のドラマをご紹介します。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ395号(2018年2月)-みんなで龍になる 長崎の龍踊り体験 ¥500 河野謙・監修、太田大輔・文、絵/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2018年2月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 コタツ教室のルール」 作者の言葉・河野謙「龍踊りの魔力」 太田大輔「こうちゃんとだいちゃんの息子たち」、他)  -九州の長崎は、日本が外国とつきあっていなかった江戸時代にも、中国やオランダと交流していました。そこから独特の文化がうまれましたが、「龍踊り(じゃおどり)」というお祭りの出し物もそのひとつです。修学旅行の子どもたちが、その「龍踊り」を懸命に練習し、おおぜいの人の前で演じるようすを描きます。心を合わせて、みんなで「龍」になるのです。 (紹介文)
月刊たくさんのふしぎ398号(2018年5月)-海中を飛ぶ鳥 海鳥たちのくらし ¥500 寺沢孝毅・文、写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2018年5月 月刊冊子絵本 端スレ 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 夢の公園をつくろう!」 作者の言葉・寺沢孝毅「海鳥の目線で」、他)  -鳥は空を飛ぶ生きものです。鳥の中で海でくらし、海に浮かぶことができるものを海鳥といいます。といっても海鳥のタイプはいろいろ。いつも空を飛んでいるアホウドリやカモメ。空を飛んでいたかと思うと海に飛びこみ、同じ翼を上手に使って海中を潜水するウミスズメやウミガラス。空は飛ばずにもぐってばかりのペンギン。いずれもエサをさがしてヒナを育てるのに懸命なのですが、さて、あなたなら、どのくらし方をえらぶでしょう?(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ406号(2019年1月)-盆栽をそだてる ¥500 村田行雄・文、関戸勇・写真/高橋幸子、他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2019年1月 月刊冊子絵本 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 体が1センチになったらなにをする?」 作者の言葉・村田行雄「盆栽町の盆栽園」、他)  -舞台は、埼玉県にある、とある盆栽園です。ここではいろいろな種類の盆栽がそだてられています。モミジや松をはじめ、美しい花を咲かせる可憐なものや、ちょっと変わった野菜の盆栽もありました。こうした盆栽の数々は、毎日の水やりなど、人がよりそうことで生き続けています。この盆栽園ではたらく著者が、日々のしごとについて語りました。(紹介文)
月刊たくさんのふしぎ414号(2019年9月)-一郎くんの写真 日章旗の持ち主をさがして ¥500 木原育子・文、沢野ひとし・絵/高橋幸子、藤巻吏絵、カメヤトモカ、木原育子他・ふしぎ新聞執筆 福音館書店 2019年9月 月刊冊子絵本 本文40頁+「ふしぎ新聞」4頁(読者のための月刊新聞 高橋幸子・校腸「みみずの学校 こっそり告白、実は苦手なもの」 藤巻吏絵・作、カメヤトモカ・絵「マユをさがして10」 作者の言葉・木原育子「新聞記者として」、他)  -70年以上前、日本はアメリカと戦争をしました。そのアメリカで、「一郎君へ」と書かれた日章旗が見つかります。日章旗とは兵隊に行く人のお守りがわりに、親族や近所の人たちが日の丸の旗に名前を寄せ書きしたもの。そこに書かれた59人の名前を手がかりに、「一郎くん」を探して、新聞記者が静岡の町を走り回ります。(紹介文) -2014年8月15~8月23日中日新聞朝刊の連載企画「さまよう日章旗」で掲載された記事を大幅に加筆し子供たちにも伝わる様に構成

ご注文方法他

ご注文は、できましたらメール、ファクシミリ、葉書にてお願いいたします。メールは、 へご送信ください。携帯電話からのメールは、パソコンから送信されるメールが受信できる設定にしてください。電話でもお受けいたしますが、一人でやっているため留守がちにしており つながりにくく、電話でのご連絡や、「お急ぎ」のご要望には失礼することも多くございます。申し訳ございませんが何卒ご了承下さい。ご注文の際は お名前、ご住所、お電話番号、ご注文の本の書名、金額 を明記してください。

ご注文をいただきましたら在庫の有無と送料、ご送金方法などをお知らせするメールをさしあげます。原則として先払い、代金引換、PayPal(ペイパル)を通してのクレジットカード決済にて承ります。恐れ入りますが振込手数料はご負担下さい。

取扱金融機関は 郵便振替(ゆうちょ銀行当座預金口座)です。

通常の送料は日本国内188円から3000円です。同時に複数点ご注文いただき同梱包で発送する場合は、そのうち最も高く設定された送料のみ頂戴いたします。(送料520円+188円→520円、188+188+188→188円)

代金引換でのご送付の際、大きな荷物や、金額が大きい場合はメール、電話等で確認の連絡をする場合があります。

クレジットでのお支払いを希望される方は注文時にお書き添え下さい。クレジットの手続きはPayPal(ペイパル)を通して行います。

PayPal(ペイパル)ロゴマーク Paypal会員でなくても VISA(ビザカード)・MasterCard(マスターカード)・JCBカード(ジェーシービーカード)・American Express(アメリカン・エキスプレス)のカードにてお支払いいただけます。お客様がペイパルのアカウントを取る必要はありません。また、当方にクレジットカード情報が伝えられることはありません。

公費注文も承ります。ご担当者名、必要書類、書式を併せてお知らせください。

各国での新型コロナウイルス感染の拡大により、海外への発送が困難な情勢となっております。このため、海外への発送を現在停止しております。発送再開時期は未定です。海外のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

About overseas shipment
Due to the spread of new coronavirus infections in each country, it is difficult to ship overseas. For this reason, overseas shipping is currently suspended. The timing for resuming shipping is undecided. We apologize for the inconvenience caused to overseas customers, but we appreciate your understanding.

目録掲載品は1点限りです。随時更新しておりますが 万一 品切れの際は 何卒ご容赦ください。(線の引いてある本は売約済み、または確認中の本です。)カバー、帯、函など基本的には、それがある場合のみ、その旨表記しております。表記していないときはそれが無い状態です。何卒ご承知おきください。

苔花堂書店(たいかどうしょてん)
168-0061 東京都杉並区大宮1-22-75
月見荘3号室
メールアドレス huruhon@taikado.jp 
電話・ファクシミリ 03-3315-8978
月曜日・祝祭日定休。
その他も留守にしてる事が多く失礼することも多くございます。
お電話、お急ぎのファクシミリ、ご来店の際は何卒ご承知おきください。
通信販売のみの営業です。
東京都公安委員会古物商許可番号 308899803776号
東京都古書籍商業協同組合加盟

Yahoo! JAPAN

検索結果はヤフージャパンの別ページで開きます。