苔花堂古本目録・文庫(児童文学・童話・ファンタジー 日本の作品)

いらっしゃいませ 苔花堂書店です。 

著者別 ア行
書名・書影 価格 著者、挿絵画家、解説者 出版社 発行年 状態、目次抄
車のいろは空のいろ
車のいろは空のいろ
¥800 あまんきみこ/与田準一・解説/佐野洋子・カバー装画、挿絵、カット 講談社 講談社文庫 AA67 36/1 昭56 重版 文庫版 カバー(背うすい水色) 
4編 −車のいろは空のいろ/ふうたの雪まつり/きつねみちは天のみち/とらうきぷっぷ/『車のいろは空のいろ』あとがき/あとがき/
与田準一・解説/略歴
銀の砂時計
銀の砂時計
¥800 あまんきみこ/今西祐行・解説/佐野洋子・カバー装画、本文イラスト 講談社 講談社文庫 あ14−3 昭62 初版 文庫版 カバー 
12編収録 −七つのぽけっと(7話 青いビー玉、みっこちゃんの話、春のお客さん、なみだおに、秋のちょう、すてきなお客さん、コンのしっぽは世界一)/ままごとのすきな女の子/はなおばあさんのお客さま/おにたのぼうし/ふしぎな公園/野原の歌/金の小鳥/きつねのお客さま/ちいちゃんのかげおくり/かまくら かまくら 雪の家/よもぎ野原の誕生会/バクのなみだ/あとがき/
今西祐行・解説
ハンカチの上の花畑
ハンカチの上の花畑
¥500 安房直子/三木卓・解説/司修・カバー装画、挿絵 講談社 講談社文庫 あ12−1 平5 重版 文庫版 カバー端スレ(背ピンク色) 
3編収録 −ハンカチの上の花畑/空色のゆりいす/ライラック通りの帽子屋/三木卓・解説/略年譜・主著
南の島の魔法の話
南の島の魔法の話
¥800 安房直子/西本鶏介・解説/味戸ケイコ・カバー装画、挿絵 講談社文庫 あ12−2 昭59 重版 カバー(背ピンク色) 
12篇収録 
−鳥/ある雪の夜の話/きつねの窓/沼のほとり/さんしょっ子/南の島の魔法の話/青い花/木の葉の魚/夕日の国/きつねの夕食会/もぐらのほったふかい井戸/だれも知らない時間/西本鶏介・解説/安房直子著作目録
ぼんぼん
ぼんぼん
¥500 今江祥智/山田太一・解説/ペーター佐藤・カバー 新潮社 新潮文庫 昭62 初版 カバー背ヤケ色褪せ  
−開戦直前に父を失い、長兄は兵隊にとられ、小学校四年生の洋と中学一年生の洋次郎、そして世間をよく知らぬかあさんの三人が残された。父に恩があるという老いた元ヤクザに助けられながら、懸命に戦争の中を生きて行く子どもたち。しかし日を追って敗戦の色は濃くなり、一家の頭上にも爆撃の音が近づいてくる−。大阪の街を背景に、少年の目の高さで戦争体験を描く感動の自伝的長編(紹介文)
肥後の石工
肥後の石工
¥300 今西祐行/野口達二・解説/山高登・カバー版画、カット 講談社文庫 い12−1 1992(平4) 重版 カバー(背ピンク色) 背スレ 小口ヤケ
口絵「肥後の石工」舞台写真2頁 
−熊本県砥用町に今も健在する「霊台橋」この美しい石橋は、岩永三五郎の指導の下に、石工・大工・庄屋・百姓が協力して築いたものである。悲しく辛い過去とたたかいながら、肥後の石工の技術を弟子達に伝えた石工頭三五郎の物語(紹介文)  
−はじめに、かわら乞食、ふしぎなさむらい、徳之島の仁、ツルのむれ、日奈久の湯、種山村、石切場、石うつ音、丈八老人、かきもちの知恵、寄りあい、夜道、まぼろしの恩人、はじまった工事、人さらい、ハゼのろうそく工場、わかれ、仁の子守歌、おとがめ、誤解、郡代屋敷、ゆめの橋、おわりに/野口達二・解説、年譜
ヒロシマの歌ほか
ヒロシマの歌ほか
¥500 今西祐行/倉澤榮吉・解説/遠藤てるよ・カット/いわさき・ちひろ・カバー装画 講談社文庫 AA11 3/2 昭51 初版 文庫版 カバー(背白色)背ヤケ カバースレ有 
10編収録 −ヒロシマの歌/ゆみ子とつばめのお墓/一つの花/鐘/ハコちゃん/ポールさんの犬/風祭金太郎/むささび星/なたね地ぞう/くらがり峠/聖エレーナの島/倉澤榮吉・解説/あとがき
ヒロシマの歌ほか
ヒロシマの歌ほか
¥500 今西祐行/倉澤榮吉・解説/遠藤てるよ・カット/いわさき・ちひろ・カバー装画 講談社 講談社文庫 い12−2 1993(平5) 重版 文庫版 カバー(背ピンク) カバー端スレ 
10編収録 −ヒロシマの歌/ゆみ子とつばめのお墓/一つの花/鐘/ハコちゃん/ポールさんの犬/風祭金太郎/むささび星/なたね地ぞう/くらがり峠/聖エレーナの島/倉澤榮吉・解説/あとがき
算法少女
算法少女
¥800 遠藤寛子/箕田源二郎・装画、挿絵 筑摩書房 ちくま学芸文庫 2011年 重版 文庫版 カバー折れ痛み有
チョコレート戦争
チョコレート戦争
¥500 大石真/坪田譲治・跋文/北田卓史・カバー装画、カット 講談社文庫 お16−1 昭60 重版 カバー(背ピンク色) カバー
4編収録 −チョコレート戦争/見えなくなったクロ/星へのやくそく/パパという虫/
坪田譲治・跋「チョコレート戦争を読んで」/あとがき/年譜
ヤマネコのきょうだい
ヤマネコのきょうだい
¥1,000 岡野薫子/長谷川泉・解説/清水勝・カバー装画、カット 講談社文庫 A522 103/2 昭53 初版 カバー(背もも色) カバーシミ有 
−野生的な美しさをもつヤマネコは、大変りこうな動物です。いつも自分ひとりで考え、自分の力で切り抜けます。でも時には失敗することもあります。ひきしまった顔をして、夜の森の中を、素早く影のように動き回るヤマネコ・・・・・。それは自信に満ちた誇らしい姿です−野生の魅力を、共感をこめ、清々しい筆致で描く、野間児童文芸推奨賞受賞作(紹介文) 
−はじめに/
第一部 四ひきのきょうだい(ヤマネコの島、四ひきのきょうだい、母ヤマネコの心配、きびしい訓練、おそろしいにおい、うろをすてる、雨の日々)/
第二部 おおぜいでいても、ひとり(おおぜいのなかま、ひとりぼっち、キジ猟、その日・・・、「イヌって、ばかなんだナ」、羽折れのウズラ、マキ毛の死)/
第三部 とらわれの身(キジ笛の季節、島にきた人たち、わな、とらわれの身、飢えとのたたかい、自然のふところへ)/
第四部 自由の天地/おわりに/
長谷川泉・解説/年譜
小川未明童話集3−青空の下の原っぱ ほか
小川未明童話集3−青空の下の原っぱ ほか
¥500 小川未明/保永貞夫・解説/寺田政明・カバー装画、挿画、カット 講談社 講談社文庫 AA115 60/3 昭55 初版 文庫版 174頁 カバー(背黄緑色) カバー ノド割れ補修有 
15編収録−青空の下の原っぱ/トム吉と宝石/風だけが叫ぶ/しいの実/希望/曠野/深山の秋/金歯/船の破片に残る話/たましいは生きている/とうげの茶屋/新しい町/太陽と星の下/渓川のほとり/火を点ず/解説
小川未明童話集
小川未明童話集
¥300 小川未明/坪田譲治・解説/安野光雅・カバー 新潮社 新潮文庫 平5 改版重版 カバースレ 
25編収録  −赤いろうそくと人魚/野ばら/月夜と眼鏡/しいの実/ある夜の星たちの話/眠い町/大きなかに/雪くる前の高原の話/月とあざらし/飴チョコの天使/百姓の夢/千代紙の春/負傷した線路と月/殿さまの茶わん/牛女/兄弟のやまばと/とうげの茶屋/金の輪/遠くで鳴る雷/港に着いた黒んぼ/小さい針の音/島の暮れ方の話/二度と通らない旅人/黒い人と赤いそり/かたい大きな手/
坪田譲治・解説
著者別 カ行
書名・書影 価格 著者、挿絵画家、解説者 出版社 発行年 状態、目次抄
エバリーン夫人のふしぎな肖像
エバリーン夫人のふしぎな肖像
¥500 柏葉幸子/石井直人・解説/三木由記子・カバー装画、カット、イラスト 講談社文庫 か13−4 平1 初版 文庫版 カバー 表紙折れ 小口ヤケ、シミ有 
12編収録  −宵宮の日のゆかた/街灯のある袋小路/ふしぎな忘年会/お仕置倉/いじわるな町/かくらん日の代役/夢みたいな時計/ふくろうの森/女学校通り/寒修行のころ/清水小路がきらいなお話/エバリーン夫人のふしぎな肖像/
石井直人・解説
銀のほのおの国
銀のほのおの国
¥800 神沢利子/阪田寛夫・解説/小野木学・カバー装画、カット 講談社 講談社文庫 AA5 5/1 昭51 初版 文庫版 カバー(背白)シミ  
−トナカイはやてをたずねて「銀のほのおの国」へ出かけた、たかしとゆうこ・・・トナカイの国の興亡をテーマにして、大きな架空の世界が展開されます。トナカイと青イヌの凄惨な戦いの中に自然が自然のままに動いていくための厳しい循環の生態を描きながら、その底に清冽な詩情を秘めたファンタジーの名品(紹介文) 
−第一部(トナカイの首、黒ウサギ 茶袋、知恵と勇気があれば、出立、荒野のしきたり、おにいちゃんは青イヌだ、ニンジン掘り登場、凍れる巨人、天の槍の壁をめぐって、はね坊ずの死、真実の文字か?、とどろき谷の穴掘り族)/第二部(銀の時代 暗い金の時代、木か 人か、湖の彼方の国へ、なぜ戦うか、その前夜、ねんねよ 子よ むすめの子、二つの死、ひとすじ川のビーバー族、旗尾の不安、死すもの生きるもの、最後の戦い)(二部23章)/阪田寛夫・解説、年譜
いたずらラッコのロッコ
いたずらラッコのロッコ
¥800 神沢利子/今江祥智・解説/長新太・カバー装画、挿絵、カット 講談社 講談社文庫 AA89 5/3 昭54 初版 カバー(薄黄緑色) カバーヤケ、シミ有 小口シミ 
−元気よくはねまわるラッコの子ども、遊びずきでいたずらっ子のロッコにもある日、ふと胸つまらせる哀しみが・・・・温かくファミリーなラッコ一家を中心にイルカ、カモメ、アザラシたちが北の海にっくりひろげる世界−大らかな詩情あふれるファンタジーの傑作(紹介文) 
3編収録 −いたずらラッコのロッコ/愛するラシイ/うさぎのモコ/今江祥智・解説
銀のほのおの国
銀のほのおの国
¥800 神沢利子/堀内誠一・カバー画、挿絵 福武書店 福武文庫 Jか1101 平3 初版 文庫版 カバー ツカレ有 
−剥製の壁飾りとして、呪われた永い眠りにおちていたトナカイの王はやてを追って、銀のほのおの国へ迷いこんでしまったたかしとゆうこ。死と隣りあわせの危険に知恵と勇気で立ち向かう兄妹の冒険を神話的な意匠で描く傑作ファンタジー(紹介文) 
−第一部(トナカイの首、黒ウサギ 茶袋、知恵と勇気があれば、出立、荒野のしきたり、おにいちゃんは青イヌだ、ニンジン掘り登場、凍れる巨人、天の槍の壁をめぐって、はね坊ずの死、真実の文字か?、とどろき谷の穴掘り族)/
第二部(銀の時代 暗い金の時代、木か 人か、湖の彼方の国へ、なぜ戦うか、その前夜、ねんねよ 子よ むすめの子、二つの死、ひとすじ川のビーバー族、旗尾の不安、死すもの生きるもの、最後の戦い)(二部23章)/あとがき
宇宙人の宿題
宇宙人の宿題
¥500 小松左京/谷川俊太郎・解説/久里洋二・カバー装画、挿絵、カット 講談社 講談社文庫 AA122 62/1 昭56 初版 文庫版 170頁 カバー(背薄黄緑色)端痛みスレ シミ有 
SF童話24編収録 −算数のできない子孫たち/つり好きの宇宙人/宇宙人のしゅくだい/“ぬし”になった潜水艦/アリとチョウチョウとカタツムリ/キツネと宇宙人/雪のふるところ/宇宙からきた子/タコと宇宙人/理科の時間/つゆあけ/にげていった子/ロボット地蔵/地球を見てきた人/空をとんでいたもの/赤い車/お船になったパパ/大型ロボット/ガソリンどろぼう/六本足の子犬/冥王星に春がきた/未来をのぞく機械/宇宙のもけい飛行機/宇宙のはてで/小さな星の子
著者別 サ行
書名・書影 価格 著者、挿絵画家、解説者 出版社 発行年 状態、目次抄
講談社文庫・斎藤惇夫作品 3冊揃  −冒険者たち−ガンバと十五匹の仲間/グリックの冒険/ガンバとカワウソの冒険
講談社文庫・斎藤惇夫作品 3冊揃  −冒険者たち−ガンバと十五匹の仲間/グリックの冒険/ガンバとカワウソの冒険
¥2,000 斎藤惇夫/薮内正幸・カバー装画、挿絵/菅原啓州、いぬいとみこ、脇明子・解説 講談社文庫 さ12−1・2・3 昭60 重版 全3冊揃 カバー(背ピンク色)シミ、スレ有 
−冒険者たち−ガンバと十五匹の仲間/グリックの冒険/ガンバとカワウソの冒険
冒険者たち−ガンバと十五匹の仲間
冒険者たち−ガンバと十五匹の仲間
¥800 斎藤惇夫/薮内正幸・カバー装画、挿絵/菅原啓州・解説 講談社 講談社文庫 さ12−1 昭62 重版 文庫版 カバー(背ピンク色)シミ、スレ有
22章 −海へ、船乗りネズミたち、助けを求めにきたもの、船の中、甲板で、いざ島へ、上陸、荷馬車に乗って、海岸を走って、ツブリとその仲間たち、高倉の中にいたもの、山のほら穴、岩のかくれ家、海の中の岩山、岩山、イタチとの戦い 第一夜、イタチとの戦い 第二夜、イタチとの戦い 第三夜、イタチとの戦い 第四夜、最後の戦い その一、最後の戦い その二、広い世界へ/解説
グリックの冒険
グリックの冒険
¥800 斎藤惇夫/薮内正幸・カバー装画、挿絵/いぬいとみこ・解説 講談社 講談社文庫 さ12−2 昭58 重版 文庫版 カバー(背ピンク色)シミ、スレ有 小口ヤケ 地に鉛筆で線引き有 
−飼いリスのグリックは自由を求めて故郷“北の森”へと旅立った。途中でめすリスのんのんを道づれに、多くの危険をのりこえて丘、川、山と進んだが、北の森を目前にして雪野原で力つきようとする・・・・。日本で初めてともいえるファンタジックな世界に展開される愛と冒険の物語。(紹介文) 
2部21章 
−第一部 グリック、ピッポー、フラック、グリックとピッポー、グリックとフラック、ガンバ1、ガンバ2、穴の中、ドブネズミの群れ、ガンバと十五匹の仲間たち、作戦会議、ドブネズミとクマネズミの戦い1、ドブネズミとクマネズミの戦い2、ドブネズミとクマネズミの戦い3、グリックとガンバ、ここはぼくのうちではない!、動物園にて)/
第二部 のんのん、畑、台風、水田、丘、湖、川1、川2、川3、海、山をめざして1、山をめざして2、山をめざして3、、山1、山2、山3、雪野原1、雪野原2、雪野原3、、北の森、おやすみなさい/解説
苦心の学友
苦心の学友
¥1,500 佐々木邦/河目悌二・挿絵/安野光雅・装幀 講談社 少年倶楽部文庫3 昭50 重版 カバー  
−花岡伯爵家の三男照彦様のご学友にえらばれた正三郎君。伯爵夫妻や学監安斎老人の期待に応えんものと、中学では照彦を護り、家では勉強の相手、小さい胸に責任感がいっぱいだ。上流家庭のおうような生活ぶりにめんくらう市井の少年のユーモラスな日々(紹介文)
てのひら島はどこにある −佐藤さとるファンタジー童話集5
てのひら島はどこにある
¥500 佐藤さとる/村上勉・カバー装画、挿絵 講談社 講談社文庫 AA37 7/5 昭54 重版 文庫版 154頁 カバー(背茶色) カバー背ヤケ、スレ有 
−てのひら島はどこにある(虫の神さま、てのひら島の地図、てのひら島の冒険、小さな谷間)/タツオの島/マコト君と不思議な椅子/あとがき/収録作品の覚書
ふしぎな目をした男の子 −コロボックル物語4
ふしぎな目をした男の子
¥500 佐藤さとる/村上勉・カバー装画、絵 講談社文庫 A353 82/4 昭53 重版 文庫版 カバー(背茶色) ヤケ、シミ有 
−はじめに/つむじまがりの学者、タケルとヒロシと用水池、二つのいいつたえ、かわいそうな池、ほんとうのトモダチ/あとがき
そこなし森の話 −佐藤さとるファンタジー童話集1
そこなし森の話
¥500 佐藤さとる/神宮輝夫・解説/村上勉・カバー装画、挿絵 講談社文庫 さ1−1 昭60 重版 文庫版 カバー(背緑色) カバー背ヤケ色あせ、スレ痛み有 
14編収録 
−龍宮の水がめ/四角い虫の話/不思議なおばあさん/鬼の話/掌編三話(はごろも、おばけの罐詰、太一くんの工場)/そこなし森の話/夢二つ/椿の木から/きつね三吉/不思議な不思議な長靴/わすれんぼの話/龍のたまご/付記/神宮輝夫・解説/収録作品の覚書
名なしの童子 −佐藤さとるファンタジー童話集2
名なしの童子
¥500 佐藤さとる/村上勉・カバー装画、挿絵 講談社文庫 さ1−2 昭61 重版 文庫版 カバー(背緑色) カバー背スレ痛み有 
12編収録 −水のトンネル/井戸のある谷間/箱の中の山/ろばの耳の王様後日物語/開かずの間/掌編三話(おじいさんの石、ポケットだらけの服、かくれんぼ)/海が消える/太一の机/名なしの童子/ネムリコの話/あとがき/収録作品の覚書
おばあさんの飛行機 −佐藤さとるファンタジー童話集3
おばあさんの飛行機
¥500 佐藤さとる/村上勉・カバー装画、挿絵 講談社文庫 さ1−3 昭60 重版 文庫版 カバー(背緑色) カバー背スレ有 小口シミ有 
13編収録 −カラッポの話/帰ってきた大男おばあさんの飛行機/掌編五話・タッちゃんの話(ぼくの家来になれ、風の子と焚火、友だち、タッちゃんと奴だこ、はさみが歩いた話)/机の上の運動会/大きな木がほしい/机の神さま/だいだらぼっち/いたちの手紙/あとがき/収録作品の覚書
豆つぶほどの小さないぬ −コロボックル物語2
豆つぶほどの小さないぬ
¥500 佐藤さとる/村上勉・カバー装画、絵 講談社文庫 さ1−11 1992(平4) 重版 文庫版 カバー(背緑色) 
−コロボックルがむかし飼っていた豆つぶほどの小さな犬。もう死に絶えたと思われていたそのマメイヌが、いまも生きているらしいという。ほんとうにいるのだろうか?マメイヌ捜索に、コロボックルたちの大活躍がはじまる。(紹介文) 
−はじめに/第一章 コロボックル通信社となかまたち/第二章 コロボックル通信社は動きだした/第三章 コロボックル通信社の事務所/第四章 コロボックル通信社がみつけたこと/第五章 コロボックル通信社に春がくる/あとがき
地べたっこさま
地べたっこさま
¥1,000 さねとうあきら・文/梅田俊作・カバー装画、挿絵/神宮輝夫・解説 講談社 講談社文庫  AA51 28/1 昭53 初版 文庫版 カバー 
−地べたっこさま(大地)が語る、民衆の怨念と仲間への限りないやさしさ−児童文学界に新風を送ったヒューマニズム溢れる民話風創作集  
−はじめに/第一話 かっぱの目だま、第二話 おこんじょうるり、第三話 首なしほていどん、第四話 かた目地蔵、第五話 ふたりのデェデラ坊、第六話 南蛮きつねつき、第七話 赤ガラス大明神、おわりに ツノウシ山の地べたっこさま/
神宮輝夫・解説/年譜
メルヘン諸島
メルヘン諸島
¥1,000 庄野英二/山室静・解説/いわさきちひろ(岩崎ちひろ)・カバー、さし絵 角川書店 角川文庫 緑313−1 昭48 重版 カバー 小口ヤケ 挿絵有 
14編収録 −イブーイブー/仔牛とはりねずみ/りんご少女/朝風のはなし/ある牛飼いの話/子供のデッキ/短い手紙/大きいプラオ/月とシャム猫とシャムのお姫さま/人魚と星/日光魚止小屋/白い帆船/原音松さんのこと/桶屋甚八の話/山室静・解説/あとがき
千鳥
千鳥
¥1,000 鈴木三重吉/坪田譲治・解説 新潮社 新潮文庫 昭43 重版 帯 扉シミ有 小口ヤケ 
8編収録  −千鳥/山彦/おみつさん/鳥物語/黒髪/金魚/瓦/櫛/坪田譲治・解説
小さい心の旅
小さい心の旅
¥1,000 関英雄/中尾彰・カバー装画、挿絵/与田準一・解説 講談社 講談社文庫 AA91 47/1 昭54 初版 文庫版 カバー −8歳で父をなくした昌男は小学校を卒業すると給仕になったが満たされず、小僧奉公に出てもどれも長続きしない。童話作家になりたいと願う昌男を元気づけてくれるのは文通をしている北国の少女だった・・・。大正から昭和への転換期を生きる少年の心の成長をつづった自伝的小説(紹介文)
著者別 タ行
書名・書影 価格 著者、挿絵画家、解説者 出版社 発行年 状態、目次抄
木馬がのった白い船 −立原えりか童話集1
木馬がのった白い船
¥800 立原えりか/山室静・解説/渡辺藤一・挿絵 角川書店 角川文庫 緑393−1 昭50 重版 カバー背端スレ痛み 小口ヤケ 
15編収録 −人魚のくつ/タムタムおばけとジムジムおばけ/お姫さまをたべた大男/木馬がのった白い船/蝶を編む人/野原の食卓/花園/雪の夜のお客さま/ぬいぐるみ/ユニコーン/ユキちゃん/とべない鳥/六本指の手ぶくろ/幸福の家/花の時間割/
山室静・解説/あとがき
でかでか人とちびちび人
でかでか人とちびちび人
¥500 立原えりか/やなせ・たかし・カバー装画、カット 講談社 講談社文庫 AA2 2/1 昭53 重版 文庫版 135頁 カバー(背黄緑色) カバー背ヤケ、すれ、シミ有 小口シミ有 疲れ有 
−九月のある夜、聞きなれないもの音で目覚めたゆりは、おじさん船長が小指の先ほどのかわいらしい生きものと話しているのを見て目を丸くした。すぐに、ゆりもちびちび人と仲よしになり、やがてでかでか人を知る。−豊かな想像力と磨かれた感性とで織りなす香り高い名品。講談社児童文学新人賞受賞作品(紹介文)
−1章 ゆりが、はじめて、ちびちび人たちにあったときのこと/2章 でかでか・ぷんが、船長をたずねてきたときのこと/3章 船長が、でかでか・ぷんとわにがりにいったときのこと/4章 とっぴんしゃん号がやってきた、あらしの晩のこと/5章 のいばら市におこった、ふしぎな事件のこと/6章 ゆりと船長が、ちびちび・ろんをとりもどしたときのこと
タマネギ色のなみだ
タマネギ色のなみだ
¥500 立原えりか/西本鶏介・解説/篠崎三朗・カバー装画、挿絵、カット 講談社 講談社文庫 た9−6 昭62 重版 カバー端スレ痛み 小口シミ 
短編21編収録 −天気予報/野原をひとはこ/うしろの正面だぁれ/砂漠の風/峠の春/朝の野菜売り/チークシャドウ/真珠の首飾り/古いランプ/大発見/花嫁の季節/過去の罪/シェイプアップスクール/パッチワークの材料/迷い子の行列/ロング・ロング・マフラー/亡命者たち/冬休みのアルバイト/年賀状/タマネギ色のなみだ/ほんの少しの場所/
西本鶏介・解説
しあわせな森へ
しあわせな森へ
¥800 立原えりか/西沢正太郎・解説/こうのこのみ・カバー装画、挿絵、カット 講談社 講談社文庫 た9−7 昭62 初版 文庫版 カバー カバー端スレ 
12編収録 −春の神話/はかない心/さよならみるキーウェイ/骨董品店/ラブ・チェア/しあわせな森へ/サンタクロースをさがせ!/雪の夜の流れ星/愛らしい賞品/ヤンバルクイナ幻想曲/いつかうたった唄/アフレシア/西沢正太郎・解説
蝶を編む人
蝶を編む人
¥800 立原えりか/高橋順子・解説/徳田秀雄・カバー装画、本文イラスト 講談社 講談社文庫 た9−11 1989(平1) 初版 文庫版 カバー(背ピンク色) カバースレ有 
21編収録 −青い家にきた人/物置小屋の小鬼/ユキちゃん/蝶を編む人/百円分だけ/笛吹きロバ/鳩/アンズ林のどろぼう/風のおよめさん/アジサイの少女/ぬいぐるみ/長ぐつの中のお姫さま/幸福の家/コチョウ貝/虹をさがしに/お祭り/シラカバの夢/雪娘/聖夜/十二月の旅人/ささやく木/
高橋順子・解説
赤い糸の電話
赤い糸の電話
¥800 立原えりか/徳田秀雄・カット、イラスト、カバー装画/高橋順子・解説 講談社 講談社文庫 た9−12 1990(平2) 初版 文庫版 カバー表紙端破れ 
11編収録 −不老不死のくすり/ほんものの魔法/ねこのおんがえし/南十字星/冬の旅/鳥になる/十万粒のなみだ/アンドロメダ工房/一月のウグイス/南の島のものがたり/赤い糸の電話/
高橋順子・解説
コルプス先生馬車へのる
コルプス先生馬車へのる
¥1,000 筒井敬介/山中恒・解説/渡辺三郎・カバー装画、絵 講談社 講談社文庫 AA35 22/1 昭52 初版 文庫版 カバーシミ有(背黄緑色) 
−はじめに/コルプス先生馬車へのる(まず汽車へのる、やっぱり消えていた、よる九時のアメ屋、さてはどろぼう!、いじわる太陽、朝の花がさくように、ツバメも人もやせている、このトウモロコシを見よ、こわがってはいけない、たべろやたべろ、ハチミツ研究ばあさん、帽子は高く高くふっとんだ)/コルプス先生汽車へのる/付記/山中恒・解説/年譜
風の中の子供
風の中の子供
¥500 坪田譲治/波多野完治・解説 新潮社 新潮文庫 昭58 改版重版 カバースレ痛み 
4編収録  −風の中の子供/お化けの世界/善太の四季/甚七南画風景/波多野完治・解説
ぼくは王さま1
ぼくは王さま1
¥800 寺村輝夫/大石真・解説/和歌山静子・カバー装画、挿絵 講談社 講談社文庫 AA25 19/1 昭52 重版 文庫版 カバー(背黄緑色)  「王さま」童話集 15編 −ぞうのたまごのたまごやき/しゃぼんだまのくびかざり/ウソとホントの宝石ばこ/サーカスにはいった王さま/おしゃべりなたまごやき/木の上にベッド/クジラのズボン/きんのたまごが六つある/なんでもほしいほしがりや/パクパクとバタバタ/ニセモノばんざい/わすれたわすれんぼ/いいことないしょで/ひとつぶころりチョコレート/王さまどうぶつえん/大石真・解説/年譜
ぼくは王さま2
ぼくは王さま2
¥800 寺村輝夫/和歌山静子・カバー装画、挿絵 講談社 講談社文庫 AA26 19/2 昭55 重版 文庫版 カバー(背黄緑色)シミ有 
7篇収録 −なんでもロボット/ヤンコ星のゆき/ガルメ星のどく/モルト星の石/ハアト星の花/とうめいにんげんの十時/まほうつかいのチョモチョモ
魔法使いのチョモチョモ
魔法使いのチョモチョモ
¥500 寺村輝夫/和歌山静子・カバー、口絵、本文イラスト/海野幸裕・カバーデザイン 角川文庫 C−10 感動の名作シリーズ10 平3 初版 カバー(青色) 口絵カラー4頁 
−王さまは、自分のすきなことが、なにもできない。「時間」「時間」でしばりつけられている。だから王さまの口ぐせは「ああおもしろくない。おもしろくない。」黒いシャツに黒いズボン、黒い人形のような魔法使いのチョモチョモが、王さまにねむりの魔法をかけたことから、おもしろくない王さまの、おもしろい話がはじまり・・・!王さまシリーズの最長編(紹介文)  
−ああおもしろくない、200のたまごにふたごが2つ、ズーダラ ビーダラ チョモチョモ、王さまが 目をさまさない、からだのナゾをとくカギは、チョモチョモに できることはない、生き返った 王さま、時計台を ぶったおせ、お城にはいってはいけません、1たい1で しょうぶしよう、王さまを うってしまえ、むだな研究は よせ、やったあ ゆかい ゆかい
著者別 ナ行
書名・書影 価格 著者、挿絵画家、解説者 出版社 発行年 状態、目次抄
こぎつねコンチとおかあさん−読んで聞かせるお話1
こぎつねコンチとおかあさん−読んで聞かせるお話1
¥1,000 中川李枝子/中川宗弥・カバー、挿絵 角川書店 角川文庫 昭53 重版 261頁 文庫版 カバーシミ、端破れ痛み有 小口ヤケ 
−読んで聞かせるお話21編 
−けんた・うさぎ/くじらぐも/カバオのひっこし/ギックと赤かぶ/ぼうし/たんたとひょうの子バリヒ/大きなおなべ/ちいさいおばさん/るすばん/たんぽぽ/こぐまのサム/なわとび/くじらの家/子犬ロクの一日/おのぼせロクちゃん/少女とおばあさん/少女とライオン/少女とひみつ/少女とうさぎ/少女とこぶた/こぎつねコンチとおかあさん/あとがき
童話集 牛をつないだ椿の木
童話集 牛をつないだ椿の木
¥800 新美南吉/巽聖歌・解説 角川文庫 緑帯279 昭43 重版 帯 蔵書印有 
15編収録 
−張紅倫/正坊とクロ/ごんぎつね/てぶくろを買いに/病む子の祭/久助君の話/川/嘘/うた時計/屁/ごんごろ鐘/和太郎さんと牛/花のき村と盗人たち/おじいさんのランプ/牛をつないだ椿の木/解説、年譜
著者別 ハ行
書名・書影 価格 著者、挿絵画家、解説者 出版社 発行年 状態、目次抄
クレヨン王国の十二ヶ月/クレヨン王国の花ウサギ
クレヨン王国の十二ヶ月/クレヨン王国の花ウサギ
¥1,000 福永令三/藤田圭雄、田宮裕三・解説/西川おさむ・カバー装画、挿絵、カット 講談社 講談社文庫 ふ16−2 昭60 十二ヶ月(重版) 花ウサギ(初版) 文庫版 2冊 カバー(背ピンク色) カバー背スレ有 シミ有 「クレヨン王国の花ウサギ」小口ヤケ、水しみ有
クレヨン王国の十二ヵ月
クレヨン王国の十二ヵ月
¥500 福永令三/藤田圭雄・解説/西川おさむ・カバー装画、挿絵、カット 講談社 講談社文庫 ふ16−1 昭55 重版 文庫版 カバー 
−大みそかの夜、ユカが目をさますと、まくらもとで十二本のクレヨンたちが閣議を開いていた。シルバー王妃が悪いくせを改めるまでは、クレヨン王国には戻らぬ、とゆくえをくらましたゴールデン王さま。そこで王妃はユカと王さまを捜しに旅に出る・・・。十二ヵ月を色彩豊かなファンタジーでつづったメルヘンの傑作。(紹介文) 
−ふしぎな大みそか、雪だるまきょうそう、月りょこう、ホントザクラ、青井青太のこと、にげたこいのぼり、人形の町、森のまつり、海と空の旅、けちんぼ所長、だるまおやじ、まよい道、がいこつ島、お正月/
藤田圭雄・解説/著者自筆年譜
クレヨン王国の花ウサギ
クレヨン王国の花ウサギ
¥500 福永令三/田宮裕三・解説/西川おさむ・カバー装画、挿絵、カット 講談社 講談社文庫 ふ16−2 昭60 初版 文庫版 カバー(背ピンク色) カバー背スレ有 シミ有 
−ウサギのロペは、ちほと健治きょうだいの大の仲よし。遠足の日、行方不明になった健治たちを探しに山へ入ったちほは、ロペの案内でクレヨン王国へ。そこで、悪魔のアオザメオニと対決することになったが、伝説の花ウサギのすむヤマボウシの木を見つけなければ勝ち目はない・・・。自然保護の願いをたくした「クレヨン王国シリーズ」の第二作。  
−ちほとロペ、大事件、日向山、ゆめのけしき、あくまのサメ、クレヨン王国へ、大会議、ヒキガエル校長、めぐりあい、水底の国、キリマンの森へ、川原の混乱、白鼻のカモシカ、池の戦い(14章)/解説
トンカチと花将軍
トンカチと花将軍
¥800 舟崎克彦、舟崎靖子/今江祥智・解説/舟崎克彦・カバー装画、挿絵 角川文庫 緑394−1 昭50 重版 カバー背ヤケ 
−アメフラシの木の下で会った水たまりのジャボチンスキー、あねもね館で会ったくしゃみのとまらない将軍、ねこのヨジゲン、くまのブンブン、花の妖精ウイラーなど友情あふれる仲間たち−。愛犬サヨナラを散歩中に見失ってしまった少年トンカチが、彼らの応援を得て無事に捜しだすまでを、さわやかなユーモアで生き生きとした舟崎流ナンセンスで描いた長編小説。(紹介文) 
−ある日トンカチとサヨナラは、あねもね館についたということは、気をつけの森でウィラーは、どろのつくえでお習字のカエルは、大たつ巻がやってきたということは・・・、花ざかりの樫が百年目の樫だったということは、将軍がくしゃみに勝ったということは、さてこの物語のいよいよは/
今江祥智・解説/あとがき
ぽっぺん先生の日曜日
ぽっぺん先生の日曜日
¥800 舟崎克彦・カバー装画、挿絵共/神宮輝夫・解説 角川書店 角川文庫 緑394−2 昭54 初版 文庫版 カバー背ヤケ、シミ有 蔵書印有 
−「ぽっぺん先生」というちょっとかわったあだ名の生物学の助教授は、三十八歳、独身。トレードマークは、黒いべっこう縁の時代おくれのまるいメガネ。桃色ペリカン、電話ウサギ、サルクイワシなど奇妙な動物たちが登場する「なぞなぞのほん」に入りこんでしまって、なぞ解きをしなければ無事に本から出られない。−先生がでくわした、あるおかしな日曜日のできごとをユーモアとナンセンスで描く、好評「ぽっぺん先生」シリーズ第一作。(紹介文) 
−さて そろそろはじめますか、
なぞなぞの1 ペリカンのくちばしには なぜふくろがついているのでしょう、
なぞなぞの2 タヌキ クロブタ ダチョウ トガリネズミ。この中で はなしのおもしろいどうぶつはどれでしょう、
なぞなぞの3 カタツムリ ミソサザイ ワシ。この中で にてもやいてもふかしても食べられないもの それはいったいだれでしょう、
なぞなぞの4 服がおふろにゆくとき ポケットには何がはいっているでしょう、
なぞなぞの5 イノシシの赤ん坊はなぜいつまでも眠れないのでしょう、
なぞなぞの6 おもちゃかぼちゃは ぜんぶで何種類あるでしょう、
おしまいのなぞなぞ 少年はなぜピッコロをふいているのでしょう。その答えはハモニカを持っていないからです/
神宮輝夫・解説
雨の動物園−私の博物誌
雨の動物園−私の博物誌
¥800 舟崎克彦/畑正憲・解説/赤勘兵衛・カバー、イラストレーション 角川書店 角川文庫 緑394−3 昭55 重版 文庫版 カバー背端痛み 小口ヤケ 
16篇 −ヒキガエル/コウモリ/トカゲとヤモリ/コジュケイ/犬/ウグイス/ヒバリ/カッコウ/モズ/ヤマガラ/鳥かごの家族たち/モグラ/カルガモ/リス/十姉妹・錦華鳥/エナガ/
畑正憲・解説
トンカチと花将軍
トンカチと花将軍
¥500 舟崎克彦、舟崎靖子/今江祥智・解説/舟崎克彦・カバー装画、挿絵 講談社 講談社文庫 ふ27−1 昭61 初版 文庫版 カバースレ(背ピンク色) −ある日突然街から姿が消えた花をさがして、少年トンカチは花畑の中のあねもね館へ。そこはシャムねこのヨジゲン、空飛ぶ馬のシューテンサック、そしてくしゃみのしょうぐんなどがくりひろげるおかしなおかしな、けれど心優しい人間と動物たちの世界−。(紹介文) −ある日トンカチとサヨナラは・・・、あねもね館についたということは・・・、気をつけの森でウィラーは・・・、どろのつくえでお習字のカエルは・・・、大竜巻がやってきたということは・・・、花ざかりの樫が百年目の樫だったということは・・・、将軍がくしゃみに勝ったということは・・・、さてこの物語のいよいよは・・・/今江祥智・解説
宿題ひきうけ株式会社
宿題ひきうけ株式会社
¥800 古田足日/阿部信子・解説/久米宏一・カット、カバー装画 講談社 講談社文庫 ふ4−1 昭61 重版 文庫版 カバー カバー折り返し内側角講談社マーク切取有  
−まえがき/第1章 宿題ひきうけ株式会社(できたてのニュース、けいやく金一千万円、セールスマン活やく、正しいときめるのは、四季と宿題はなくならない、グリーンランド発見、悪いのはサブローたちだけか、べんしょうはいやだ、解散式)/第2章 むかしといまと未来(新学年、「春をつげる鳥」、むかしといまと未来、こわれた夢、八千人のギセイ、三つの未来、学校も家庭も地ごくと思え)/第3章 進めぼくらの海ぞく旗(新聞部、ボス・コウヘイ、口をきかない決議、ボスを追放しろ、優等生にもあやまらせろ、天国の門前で、通信ぼ、勉強の型、労働組合、未来からの報告)/あとがき/
阿部信子・解説/年譜
モグラ原っぱのなかまたち
モグラ原っぱのなかまたち
¥500 古田足日/小林利久・解説/田端精一・カバー装画、カット、挿絵 講談社 講談社文庫 AA123 23/3 昭56 重版 文庫版 カバー(背黄緑色) 表紙、裏表紙シミ有 カバー背端痛み 
−ちびのあきらと、でぶっちょのなおゆき、背の高いかずおと、くりくりっとした目のひろ子、二年生の四人は、大の仲よし。電気掃除機で虫をつかまえたり、池にいかだをうかべたり、いつも元気であばれまわるモグラ原っぱに、ある日、ダンプカーが土を運んできて・・・・。大人社会の利害に無関係ではいられない子供たちの生活を鋭く見つめる意欲的童話(紹介文より)
−校長先生はこわくない、先生の目はエックスせん、モグラ号空にうかぶ、なくしたかぎ、男の子のひなまつり、すて犬チャロ、発明発見ものがたり、日曜日の家出、ドーナツ池のドーナツ丸、モグラ原っぱ さようなら/小林利久・解説/あとがき
著者別 マ行
書名・書影 価格 著者、挿絵画家、解説者 出版社 発行年 状態、目次抄
ちいさいモモちゃん
ちいさいモモちゃん
¥300 松谷みよ子/上野瞭・解説/菊池貞雄・カバー絵、挿絵 講談社 講談社文庫 AA1 1/1 昭51 重版 文庫版 124頁 カバー(背白)背スレ、痛み有 ヤケ、シミ、痛み有 小口読み跡有
−元気でかわいくて、おしゃまなモモちゃんは、電車に乗って空を飛んだり、夢の中でライオン達と遊んだりします。ちょっとばかり、生意気なお兄ちゃん黒猫・プーとの傑作で愉快な対話。そして仕事を持つママは、そんなモモちゃんの純心さに、何かを教えられるのです。(紹介文) 
−モモちゃんがうまれたとき、クーがプーになったわけ、パンツのうた、モモちゃん「あかちゃんのうち」へ、プーのしっぽぱたぱた、にげだしたニンジンさん、モモちゃんおこる、モモちゃんのおくりもの、雨こんこん、プーはおこってます、三つになったモモちゃん、かみちゃまかみちゃま、ママになんかわかんない、モモちゃん動物園にいく、風の中のモモちゃん/上野瞭・解説
モモちゃんとプー
モモちゃんとプー
¥300 松谷みよ子/菊池貞雄・カバー絵、挿絵 講談社 講談社文庫 AA10 1/2 昭51 重版 文庫版 136頁 カバー(背白) 天シミ有 
−モモちゃんシリーズの第2作。元気でおしゃまなモモちゃんは、ママに叱られ押しいれに入れられたりしますが、いつのまにかママの手助けができるようになります。モモちゃんにあまり遊んでもらえなくなった黒猫プーにも、ジャムという雌猫の友達ができます。母と子の心の触れ合いを簡潔な文章と対話で綴った楽しく味わい深い名作。(紹介文)  
−押し入れにいれられたモモちゃん、影をなめられたモモちゃん、虫さんこんにちは、へんなてがみがきて そして・・・、プーもてがみをかいて そして・・・、歯の痛いモモちゃん、クレヨン ドドーン、パパ先生、モモちゃんのお祈り、ぽんぽの赤ちゃん、海とモモちゃん、お月さまとこうもり、みんな大きくなって、雨のふる晩のこと、暗い野原で、おうちがよんでいる、あかちゃんとお留守番
龍の子太郎・ふたりのイーダ
龍の子太郎・ふたりのイーダ
¥800 松谷みよ子/坪田譲治・解説/久米宏一、倉石隆・挿絵/久米宏一・カバー装画 講談社 講談社文庫 A138 71/1 昭53 重版 文庫版 カバー(背青)背端痛み 記名有 
−龍の子太郎(その一 龍の子太郎とあや(龍の子太郎はなまけんぼう、タイコのすきな赤おに、おかあさんはりゅうだって!、さあ たいへんなことになった、あや たすけにいくよ!、力をくれたてんぐさま、赤鬼 かみなりさまになる、くろがね山へ、黒鬼とのたたかい、ふしぎなうた声、なんたらひろい土地だ、大きなむすびが八十八)/その二 おかあさんをたずねて(にわとり長者、手にのこったのはいね三本、九つ山をこえて、おらまけね 死ぬもんか!、さああいこう みずうみへ、めくらのりゅう、どうしてりゅうになったの、龍の子太郎のねがい、ひろい土地が生まれたよ!)/
ふたりのイーダ(列車は花浦についた、歩く椅子とふしぎな家、おほりばたに出るものは、見えなくなったゆう子、ゆう子と椅子、りつ子、ふたりのイーダ、おそうじ おそうじ、それは むかしの話なのだ、赤んぼうは しっている、この椅子はだれが−、おかしなカレンダー、協力者、数字の意味はわかった、リツ子 ふしぎな家へいく、とうろう流し、生まれかわり、ほんとうのことをはなしたとき、これですべてが−、りつ子からの手紙)/
坪田譲治・解説、年譜、単行本目録
ちびっこ太郎
ちびっこ太郎
¥500 松谷みよ子/梅田俊作・カバー装画、本文イラスト 講談社 講談社文庫 AA130 1/14 昭56 初版 文庫版 カバー(背青) カバー、扉シミ有 最終頁端少破れ 
−山の中の村にひとりのじいさまと3人のむすこがいた。末のむすこは「ちびっこ太郎」とよばれていた。ちびっこ太郎は鹿からもらった「うたうひょうたんコ」のふしぎな力に助けられ、地の底の国までもいく冒険をする−。(紹介文) 
−うたうひょうたんコ、お殿さまのおよびだし、うばが峰の山んば、山んばのつきぬ錦、どんこ森からの知らせ、火の鳥、新しいお城、攻めてきた敵、すすきが原の人穴、地の底の国、もうなにもかも−、これでおしまい
まえがみ太郎
まえがみ太郎
¥500 松谷みよ子/遠藤てるよ・カバー装画、本文イラスト 講談社 講談社文庫 AA61 1/13 昭55 初版 文庫版 157頁 カバー(背青) カバー、扉シミ有 
−実直な、子どものない老夫婦に、お正月さんから赤ん坊が授けられた。まえがみ太郎と名づけられた男の子は、超人的な力を得、貧しい村人を苦しめる「どうどうの山」の魔物を退治しようと冒険の旅に出る。・・・伝説上有名な火の鳥などを配し、民話風な構想でえがいた波乱万丈の物語(紹介文) 
−風吹かん村へきた赤んぼう、どうどの山のまもの、火の鳥、お正月さんのおくりもの、ウシオニ淵、なきびそ山、はじけてとんだ山んじい、山の中へきたくじら、山の神のお堂、長者屋敷、龍宮の鉄の剣、山の御殿、長者のお姫さま、大蛇との戦い、さいごの洪水、命の水を持って
ちいさいモモちゃん
ちいさいモモちゃん
¥300 松谷みよ子/上野瞭・解説/菊池貞雄・カバー絵、挿絵 講談社 講談社文庫 ま2−1 1989(平1) 重版 文庫版 124頁 カバー(背水色) カバースレ 水シミ有 
−元気でかわいくて、おしゃまなモモちゃんは、電車に乗って空を飛んだり、夢の中でライオン達と遊んだりします。ちょっとばかり、生意気なお兄ちゃん黒猫・プーとの傑作で愉快な対話。そして仕事を持つママは、そんなモモちゃんの純心さに、何かを教えられるのです。(紹介文) 
−モモちゃんがうまれたとき、クーがプーになったわけ、パンツのうた、モモちゃん「あかちゃんのうち」へ、プーのしっぽぱたぱた、にげだしたニンジンさん、モモちゃんおこる、モモちゃんのおくりもの、雨こんこん、プーはおこってます、三つになったモモちゃん、かみちゃまかみちゃま、ママになんかわかんない、モモちゃん動物園にいく、風の中のモモちゃん/上野瞭・解説
ちびっこ太郎
ちびっこ太郎
¥500 松谷みよ子/梅田俊作・カバー装画、本文イラスト 講談社 講談社文庫 AA130 1/14 昭56 初版 文庫版 カバー(背水色)  
 −山の中の村にひとりのじいさまと3人のむすこがいた。末のむすこは「ちびっこ太郎」とよばれていた。ちびっこ太郎は鹿からもらった「うたうひょうたんコ」のふしぎな力に助けられ、地の底の国までもいく冒険をする−。(紹介文) 
−うたうひょうたんコ、お殿さまのおよびだし、うばが峰の山んば、山んばのつきぬ錦、どんこ森からの知らせ、火の鳥、新しいお城、攻めてきた敵、すすきが原の人穴、地の底の国、もうなにもかも−、これでおしまい
ちいさいアカネちゃん−モモちゃんとアカネちゃんの本4
ちいさいアカネちゃん
¥300 松谷みよ子/菊池貞雄・カバー絵、挿絵 講談社 講談社文庫 ま2−28 昭61 初版 文庫版 161頁 カバー(背水色) 小口ヤケ 
−モモちゃんとアカネちゃんは、ママといっしょに新しい家にひっこしました。ねこのプーもいっしょです。赤ちゃんのアカネちゃんは、森のくまさんの家にいったり、おおかみと遊んだりします。小さくすなおな心が、あたたかい思いやりのなかで成長していくさまを描いた名作「モモちゃんとアカネちゃんの本」シリーズの第四作。(紹介文) 
−パパないない、わたしがママよ、パパおおかみ、プーかえる、まいごのカエルがアカネちゃんちにきた話、たいへんたいへん、モモちゃん大奮闘、モモちゃんがおよぐまで、タッタホテルとタアタホテル、ママの黒いぼうし、モモちゃんのよそゆき、ママきらいマコトちゃんすき、タッタちゃんとタアタちゃんのクリスマス、赤いそり、アカネちゃんのおてつだい、スイカズラのおまじない、野原で、おねえちゃんにあげる、タッタちゃんとタアタちゃんのおわかれ
モーレツ!いたづら魔
モーレツ!いたづら魔
¥500 幻余次郎/若菜珪・カバー絵、挿絵 秋元書房 秋元文庫 B33 ファニーシリーズ 昭50 重版 文庫版 小口ヤケ、シミ カバー ヤケ、シミ有 
−先生!オチついて下さい、トンでもないプレゼント、いたづらコンビ危機一髪、金もうけのテクニック、おれ インド人、もぐりの修学旅行、エー ラーメンはいかが、片思いから出発、俺たち売ります、幸せをよぶお年玉、プリンセスの条件、仰げばおかし わが師の顔、高校入学の目標は?、いたづらは芸術?
ほろびた国の旅
ほろびた国の旅
¥2,000 三木卓/高史明・解説/原田維夫・カバー、さし絵 角川書店 角川文庫 緑411−2 昭51 初版 カバー 表紙折れ 小口ヤケ、シミ 記名有 挿絵有
−満洲国で少年時代をすごした著者が、その体験から、時間を30年前に戻して自らに時間旅行をさせる(紹介文)
 −ふしぎな切符、馬車のある町、しのびこんだ世界、やってきた汽車、ついらくした子、ひみつの穴、飛行機の中で、しのびこんで、旅のはじまり、中学生の怒り、追われてる子、悪いことなんかしてません、展望車での会見、あなたはだれだったんだ?、線路が切れてる!、林の中の一夜、エピローグ/解説  
真夏の旗
真夏の旗
¥800 三木卓/篠原勝之・カバー装画、挿絵 講談社 講談社文庫 AA39 10/2 昭52 初版 文庫版 カバー(背黄緑色) カバーシミ有   
−夏の夜の小さな事件が真治と町の人気スター彰五を友だちにした。純粋で奔放な生き方をする彰五たちの世界は、北の港町の大人には受け入れられないが、平凡な少年真治に、新鮮でめくるめくような夏の日々を体験させた・・・・。やさしく繊細な目で若者たちを生き生きと描いた三木卓の少年小説の傑作(紹介文)  
−空飛ぶ英雄、丘の上の廃屋、ブルースをきいて、船、レストラン・マルセーユ、ジュディ・ワタナベ、おれだってやれるぞ!、苦しみぬいた試合、洋上の議論、海と太陽の間で、ひとすじの不安、丘陵の上で、荒れた夜、予期せぬ仕返し、彰五はどうした、源太がやられた、水中の抵抗、帰ってきた人、出発
風の又三郎
風の又三郎
¥500 宮沢賢治/山本太郎・解説/深尾庄介・カバー 旺文社 旺文社文庫 昭56 初版 カバーシミ、スレ痛み有 
12編収録 −蜘蛛となめくじと狸/よだかの星/カイロ団長/ガドルフの百合/虔十公園林/蛙のゴム靴/雪渡り/やまなし/オツベルと象/猫の事務所/ポラーノの広場/風の又三郎/
山本太郎・解説、年譜
著者別 ヤ・ラ・ワ行
書名・書影 価格 著者、挿絵画家、解説者 出版社 発行年 状態、目次抄
ぼくがぼくであること
ぼくがぼくであること
¥500 山中恒/尾崎秀樹・解説/永田力・カバー絵 角川書店 角川文庫 感動の名作シリーズ8 平3 重版 文庫版 320頁 カバー 
 −夏休みのある日、小学校六年生の秀一が突然家出をした。その波紋は、静かに深く広がって激しく家庭をゆさぶった。家出先で出くわしたさまざまな出来事−ひきにげ殺人事件の目撃、武田信玄の隠し財宝の秘密、薄幸の少女夏代との出会いなど−が微妙にからみあって、教育ママの母親や優等生の兄妹の重圧から彼を解放する。家庭がもつ強さともろさの二面性を児童文学の中にみごとに描き、読み物としても抜群におもしろい話題作。(紹介文)
アンソロジー・その他
書名・書影 価格 著者、挿絵画家、解説者 出版社 発行年 状態、目次抄
ねむの木の子どもたち 正続2冊
ねむの木の子どもたち 正続2冊
¥800 宮城まり子 講談社 講談社文庫 昭62・56 正編重版、続編初版 文庫版 2冊 カバー(背ピンク)
わたしのメルヘン散歩
わたしのメルヘン散歩
¥800 矢川澄子/荒俣宏・解説/エリナー・ヴェレ・ボイル・カバー装画(「The story without an end」より) 筑摩書房 ちくま文庫 2008(平20) 重版 文庫版 カバー 
−『ハイジ』や『若草物語』、『大草原の小さな家』『アリス』など、珠玉のメルヘンを紡いだすぐれた子供の本の作者たち−シュピーリ、オルコット、ワイルダー、キャロルなど、十二人の女性作家と七人の男性作家をとりあげてその創作の秘密をたずね、夢を追う子供たちの世界へ読者をいざなう香気高いメルヘン案内。(紹介文より) 
2部構成 −
第一部 本の中の子供(
人間のための家−ローラ・インガルス・ワイルダー、
物語をたべながら−エリナー・ファージョン、
大人こそ神様−ヨハンナ・シュピーリ、
繊細さということ−ケート・グリーナウェイ、
若草の枯れるまで−ルイザ・メイ・オルコット、
遠くをみつめる目−ルーマー・ゴッデン、
子供部屋の博物学者−ビアトリスク・ポター、
雲を紡ぐひと−ジョルジュ・サンド、
さざめきにかこまれて−イーディス・ネズビット、
心のフィヨールド−セルマ・ラーゲルレーヴ、
生まれざりしならば−メアリ・シェリイ、
性の彼方に−ベッティーナ・フォン・アルニム)/

第二部 夢を追う子ら(
失われたフロンティア−マーク・トウェイン、
Life is but a dream ・・・−ルイス・キャロル、
勝ちほこるボジーたち オスカー・ワイルド、
どこで断念すべきか−ジュール・ヴェルヌ、
怒りの文学−ジョナサン・スウィフト、
妹背を契るもの−宮沢賢治、
附・日本児童文学事始 一冊の童話から−巖谷小波)/
あとがき/
荒俣宏・解説「迷った子どもの文学案内」
里の四季 −滝平二郎きりえの世界
里の四季 −滝平二郎きりえの世界
¥500 滝平二郎 講談社 講談社文庫AT−13/1 昭52 初版 93頁 文庫版 シミ有 カバー カラー図版37点、白黒図版13点収録 
エッセイ・私のふるさと(ふるさとの原風景/母/「滝平きりえ」/きりえの舞台裏)

ご注文方法他

ご注文は、できましたらメール、ファクシミリ、葉書にてお願いいたします。メールは、 へご送信ください。携帯電話からのメールは、パソコンから送信されるメールが受信できる設定にしてください。電話でもお受けいたしますが、一人でやっているため留守がちにしており つながりにくく、電話でのご連絡や、「お急ぎ」のご要望には失礼することも多くございます。申し訳ございませんが何卒ご了承下さい。ご注文の際は お名前、ご住所、お電話番号、ご注文の本の書名、金額 を明記してください。

ご注文をいただきましたら在庫の有無と送料、ご送金方法などをお知らせするメールをさしあげます。原則として先払い、代金引換、PayPal(ペイパル)を通してのクレジットカード決済にて承ります。恐れ入りますが振込手数料はご負担下さい。

取扱金融機関は 郵便振替(ゆうちょ銀行当座預金口座)です。

通常の送料は日本国内164円から1000円です。同時に複数点ご注文いただき同梱包で発送する場合は、そのうち最も高く設定された送料のみ頂戴いたします。(送料500円+300円→500円、300+300+300→300円)

代金引換でのご送付の際、大きな荷物や、金額が大きい場合はメール、電話等で確認の連絡をする場合があります。

クレジットでのお支払いを希望される方は注文時にお書き添え下さい。クレジットの手続きはPayPal(ペイパル)を通して行います。

PayPal(ペイパル)ロゴマーク Paypal会員でなくても VISA(ビザカード)・MasterCard(マスターカード)・JCBカード(ジェーシービーカード)・American Express(アメリカン・エキスプレス)のカードにてお支払いいただけます。お客様がペイパルのアカウントを取る必要はありません。また、当方にクレジットカード情報が伝えられることはありません。

公費注文も承ります。ご担当者名、必要書類、書式を併せてお知らせください。

海外へのご送本も承ります。PayPalを通してのクレジットカードをご利用ください。日本に銀行口座をお持ちの場合は銀行振込もご利用ください。海外への発送は日本郵便のEMS、国際e-パケット、国際e-パケットライト、またはヤマト運輸国際宅急便を利用いたします。原則として書留付にて承ります。送料・書留代金は実費を頂戴します。ご相談ください。

About overseas shipment
International shipping available.Please contact me.You can use only PayPal.Shipping fee / registered fee will be charged actual expenses.You can choose the shipping method from the following methods.Japan Post EMS shippment, international e-packet, international e-packet light, Yamato Transport international takkyubin (home delivery service).I recommend that you attach registered number.

目録掲載品は1点限りです。随時更新しておりますが 万一 品切れの際は 何卒ご容赦ください。(線の引いてある本は売約済み、または確認中の本です。)カバー、帯、函など基本的には、それがある場合のみ、その旨表記しております。表記していないときはそれが無い状態です。何卒ご承知おきください。

苔花堂書店(たいかどうしょてん)
168−0061 東京都杉並区大宮1−22−75
月見荘3号室
メールアドレス huruhon@taikado.jp 
電話・ファクシミリ 03−3315−8978
月曜日・祝祭日定休。
その他も留守にしてる事が多く失礼することも多くございます。
お電話、お急ぎのファクシミリ、ご来店の際は何卒ご承知おきください。
通信販売のみの営業です。
東京都公安委員会古物商許可番号 308899803776号
東京都古書籍商業協同組合加盟

2011年3月11日に発生した東北地方の地震で被災された方、震災の影響を受けておられる方、お身内・お知り合いについて心痛めていらっしゃる方々へ蔭ながらお見舞いと、ご無事をお祈り申し上げます。時間はかかるとは思いますが、心身の安定、生活の落ち着きを取り戻せるよう願っております。古本など、不要不急の品ですが、どなたにとっても、幾ばくかでも心のハリとなりますことを願います。  苔花堂書店 五本木広子