古本屋の苔花堂書店

いらっしゃいませ 古本屋の苔花堂書店です。

苔花堂書店(たいかどうしょてん)は東京は杉並区大宮で営業している古本屋です。何かをちょっと知りたいな、と思い立ったときに気軽にのぞいてもらえる古本屋でありたいと思います。

文学・翻訳・児童書・庭園、造園・華道・美術・絶版文庫など文系一般取り扱います。

ずっと探していた本、今必要としている本、新しく発見した本。気になる本を見つけていただければ本屋として こんなにうれしいことはありません。古本は不要不急の品ではありますが、どなたにとっても、幾ばくかでも心のハリとなりますように。


古本新着情報3月15日号
書名・書影
書名のリンク先には大きな写真や詳しい目次など本の詳細を記載しています
価格 執筆者、挿絵画家 出版社 発行年 状態、目次抄
滋子 遺文抄 ¥5,000 石元滋子 石元泰博・刊 2006年 初版 46頁冊子 カバースレ、シミ有
小沼丹 小さな手袋/珈琲挽き ¥1,500 庄野潤三・編 みすず書房 大人の本棚 2002年 初版 カバースレ、ヤケ、シミ、ツカレ有 -「小説もいいし、随筆もいいという作家はそんなにいない。先ず浮ぶのは井伏鱒二。その次に、学生のころから井伏さんが好きで師事していた小沼丹がいる」「何がそれほど惹きつけるのか。何が親しみと共感のうちにやがて深い喜びと安らぎをもたらすのだろう。誠実味だろうか。腕白とユーモアだろうか。決して愚痴をこぼさない男らしさだろうか。詩的感受性の細やかさだろうか。東西の文学、芸術から吸収して当人の気質に融け込ませてしまった教養の力だろうか。悠々としているところだろうか。つまるところは才能というほかないのである」(庄野潤三)
星新一ショートショート -朗読CD ¥2,000 橋爪功・朗読 株式会社エニー・発行 2009年 CD2枚(試聴済み) ケーススレ、痛み有 4編収録
奇妙な瓦版の世界-江戸のスクープ大集合 ¥2,000 森田健司 青幻舎 2019年 初版 カバー 233頁図録 カラー図版 -江戸のゴシップ紙!?嘘か真か?江戸を沸かせた大事件簿100! 江戸時代、違法出版物として毎日数多く発行された「瓦版」は、庶民の好奇心を満たすメディアとして大変人気を博した。黒船来航、戊辰戦争などの歴史的出来事から、敵討ちに天災地変、はては人魚の目撃情報まで、硬軟自在なネタで庶民を夢中にした。本書では現存する貴重な瓦版を解説とあわせて掲載し、その魅力を初めてビジュアル面から紹介する。(紹介文)
源平闘諍録-坂東で生まれた平家物語 上下2冊揃 ¥3,500 福田豊彦、服部幸造・全訳注 講談社 講談社学術文庫 1999・2000年 初版 文庫版 全2冊揃 カバー -千葉平氏に焦点を当てた異本平家物語 鎌倉末から南北朝初期にかけて、坂東で成立した平家物語-源平闘諍録。坂東の武士団、梶原氏・熊谷氏・千葉氏等に焦点を当て、その活躍を描く注目すべき異本である。歴史学と文学という異なる分野の共著者が、平家諸本との厳密な比較・考証を通して、原本の独特な位置を浮き彫りにした好著。(紹介文))
書の至宝 日本と中国 ¥3,000 東京国立博物館・編 東京国立博物館 2006年 432頁展覧会図録 端スレ有 ヤケ、シミ有 出品189点 全点カラー図録
和様の書 ¥3,000 東京国立博物館・編 東京国立博物館 平成館 2013年 展覧会図録 352頁+英文解説11頁 端スレ有 出品156点 全点カラー図録
常盤山文庫 墨の美 ¥2,000 常盤山文庫・編 大丸東京店、大阪店・巡回 昭和47年 展覧会図録 144頁 端スレ有 ヤケ、蔵書印有 -菅原通済コレクションの古筆・墨蹟・水墨画  出品120点+併陳8点
染付-藍が彩るアジアの器 ¥2,000 東京国立博物館・編 東京国立博物館平成館 2009年 展覧会図録 167頁+英文解説19頁 端スレ有 出品181点 全点カラー図録
骨から見る生物の進化-EVOLUTION ¥8,000 ジャン=バティスト・ド・パナフィーユ/パトリック・グリ・写真/グザヴィエ・バラル・編 河出書房新社 2011年 重版 カバー 287頁 -世界初、前例のない驚異的な骨格写真集! 壮観にして神秘的-数十億年の進化の痕跡をとどめた哺乳類から魚類までの現生脊椎動物たち200点を、精密で躍動感あふれる驚異の高精度印刷で再現。(紹介文)
民家ウオッチング事典 ¥2,000 吉田桂二 東京堂出版 平成11年 重版 カバー-失われゆく民家から特長のある家80を収め、日本の伝統的な民家の様式や機能を建築家の的確な目と精緻なペン画により見事に再現し、風土や歴史にふれながら家屋の特長を解説した。(紹介文)
日本の美術448号 -日本人建築家の軌跡 ¥2,000 田中禎彦・編 至文堂 2003年9月 98頁 端スレ 表紙折れ有 図版112点(カラー26点 モノクロ86点)
日本の美術449号 -近代の住宅建築 ¥2,000 江面嗣人・編 至文堂 2003年10月 98頁 端スレ 図版85点(カラー23点 モノクロ62点)
ウィリアム・モリスのフラワー・パターン ヴィクトリア&アルバート博物館コレクションを中心に ¥2,000 ローワン・ベイン/城下真知子・翻訳/ウィリアム・モリス・関連 青幻舎 2020年 初版 144頁 カラー図版 -数々のモリスのデザインの中から、主に花をモチーフとしたパターンを約80点収録!イギリスのヴィクトリア& アルバート博物館監修のもと、フラワー・パターンを中心に、モリスデザインの起源を辿る。ヒナギクやポピーなど、イギリスの自然の花々からインスピレーションを受けたパターンから、絨毯や刺繍、ビロードなどから学んだ中東デザインを取り入れたパターンまで、モリスの発想の足跡を華やかな図版とともに探ってゆく。そのほか、パターンだけでなく、モリスデザインのタペストリーの中で最高傑作と言われる作品「森」なども掲載。(紹介文)
20世紀初頭のロマンティック・ファッション-ベル・エポックからアール・ヌーヴォー、アール・デコまでの流行文化史 ¥2,000 長澤均 青幻舎 2018年 初版 カバー 239頁 全点カラー図版 -著者がコレクションしてきた1910年代から20年代の高級モード誌、『ラ・ガゼット・デュ・ボン・トン』、『ラ・ギルランド』、『ジュルナル・デ・ダーム・エ・デ・モード』の挿絵とファッション・プレートをさまざまなテーマに分類して、ファッションと文化を読み解く。アール・ヌーヴォー期からアール・デコの1920年代まで、当時のポショワール刷りのイラストを一次資料として色彩豊かに再現し、浜辺、喫煙、スポーツ、散歩、黄昏・・・といった日常の風景からインテリアにいたるまで、20世紀初頭の流行ファッションとその背景をひもといた過去に類例のないグラフィカルな文化史。(紹介文)
あまんきみこ童話集 全5巻 ¥4,500 あまんきみこ/渡辺洋二、武田美穂、荒井良二、かわかみたかこ、遠藤てるよ・絵 ポプラ社 2008年 初版 カバー 箱
自伝 じょうちゃん ¥2,000 松谷みよ子 朝日新聞社 2007年 初版 カバー 帯 署名入 -大正15年に東京・神田に生まれ、裕福な家庭に育った著者は、太平洋戦争下でOL生活を体験し、疎開先で生涯の師と出会う。29歳で結婚するも、のちに離婚・・・。激動の昭和史を生き抜いた一人の女の子が、職業を手にし、女性として自立するまでを綴った自伝。(紹介文)
民話の世界 ¥1,500 松谷みよ子 PHP研究所 2005年 初版 カバー -赤神と黒神、福の神と貧乏神、小泉小太郎、つつじのむすめ・・・。民話からは祖先の顔が透けて見えます。その魅力と感動と伝える好著。(帯文)
おばけのトッカビ-朝鮮の民話1 ¥2,000 松谷みよ子・瀬川拓男・再話/梶山俊夫・絵 太平出版社 1972年 初版 函スレ
おときときつねと栗の花 ¥1,500 松谷みよ子/西山三郎・絵 偕成社 偕成社の創作 1984年 初版 カバー 天ヤケ、シミ -生と死のおぼろなさかい 東京生まれの東京育ちのおときが、山の村で子守りをしながら出あったできごとのかずかずを、どうか、あったこととして聞いてほしいとおときはいうのです。生と死の、おぼろなさかいを、こえていく人、もどってくる人の、それは心おののく世界でした。(帯文)
私のアンネ=フランク ¥500 松谷みよ子/司修・画 偕成社 偕成社文庫 2005年 初版 カバー -13歳の誕生日に母から「アンネの日記」をもらったゆう子は、アンネにあてた日記を書き始めます。そして、兄の直樹、母の蕗子も、それぞれのアンネへの想いをつづり・・・。読みつがれる名作「直樹とゆう子の物語」シリーズ。(紹介文)