苔花堂古本目録・随筆・小説・ルポルタージュ・評論・関連評伝(著者五十音順 ナ行、ハ行)

いらっしゃいませ 古本屋の苔花堂書店です。 

著者五十音順  ナ行
書名・書影 価格 執筆者、装幀、挿絵 出版社 発行年 状態、目次抄
星の王子の影とかたちと
星の王子の影とかたちと
¥2,000 内藤初穂/内藤濯・関連 筑摩書房 2006(平成18)年 重版 カバー 帯
墨東綺譚(さんずい+墨 東綺譚)−荷風小説傑作集1
墨東綺譚(さんずい+墨 東綺譚)−荷風小説傑作集1
¥2,000 永井荷風/木村荘八・口絵/奥野信太郎・解説/佐藤泰治・表紙、函図案/室田武二・文字 六興出版社 昭25 初版 函 小口ヤケ 
8編収録 −墨東綺譚/おもかげ/女中のはなし/あぢさゐ/二人妻/雪解/勳章/踊子/
奥野信太郎・解説
荷風全集 全29巻揃 ¥10,000 永井荷風 岩波書店 昭和37年から昭和49年 全29巻揃 箱スレ 背ヤケ 月報欠
新版 斷腸亭日乗 第1巻 ¥3,000 永井荷風 岩波書店  2001年 初版 函 栞欠 附・『断腸亭日乗』地図」 −移り変わる自然、世相、風俗を写した克明な時代の記録であると共に、詩趣溢れる文体による近代日記文学の白眉。大正6年9月16日「秋雨連日さながら梅雨の如し。夜壁上の書幅を挂け替ふ」。この日から,荷風文学の全容を示す『断腸亭日乗』が起筆される。第1巻には,大正6年から昭和元年の10年分を収める。(紹介文) −はしがき/断腸亭日記巻之一から巻之十(大正六年〜大正15年)、自伝、記/後記
新版 斷腸亭日乗 第2巻 ¥3,000 永井荷風/高橋英夫・栞執筆 岩波書店  2001年 初版 函 栞付き(高橋英夫「密閉された隠逸空間」) −為政者の圧制にその筆鋒は鋭く、社会の推移にその眼は冷厳に、世態人情を写しては濃やかに描かれた近代日記文学の白眉。第2巻には、昭和2年から6年の5年分を収める。「52歳の老年に及びて情痴猶青年の如し、笑ふ可く悲しむ可く、また大いに賀すべきなり」(昭和5年12月31日)。 (紹介文) −はしがき/断腸亭日記巻之十一から巻之十五(昭和二年〜昭和六年)/後記
荷風全集(第二次)月報 不揃30冊 ¥3,500 永井荷風・関連 岩波書店 2009−2011年 2009年から刊行の「荷風全集全31巻」の月報 1から31の内23号(23巻)欠
季刊 明治大正文學研究 第十號 特集・永井荷風
季刊 明治大正文學研究 第十號 特集・永井荷風
¥1,500 永井荷風・関連 東京堂 昭和28年5月 96頁 ヤケ、シミ 蔵書印有
荷風文学とその周辺
荷風文学とその周辺
¥1,500 永井荷風・関連/網野義紘 翰林書房 平5 初版 カバー背ヤケ色褪せ 帯 
−浅草で育った著者が荷風をはじめ万太郎・潤一郎・康成の世界を検証する(帯文) 
15篇 −永井荷風−江戸文化へ向けられた眼、荷風文学の出発、在米時代の永井荷風−『あめりか物語』を中心に、『あめりか物語』の構造、在仏時代の永井荷風−『ふらんす物語』ノート、『ふらんす物語』に於ける荷風のフランス、「すみだ川」ノート、『冷笑』の登場人物をめぐって、「散柳窓夕栄」論、『新橋夜話』の成立、荷風の日記/「人面疽」の出典と主題について、「陰翳礼讃」の世界/久保田万太郎「朝顔」の周囲−明治44年『三田文学』の一齣/『浅草紅団』ノート/あとがき
紀田順一郎著作集 第7巻−日記の虚実/永井荷風−その反抗と復讐
紀田順一郎著作集 第7巻−日記の虚実/永井荷風−その反抗と復讐
¥3,500 永井荷風・関連/紀田順一郎 三一書房 1998(平成10)年 初版 函 帯 月報付
父荷風
父荷風
¥1,500 永井荷風・関連/永井永光/松吉太郎・装幀/松本哉・カバー、扉画、本文地図、間取図 白水社 平17 初版 カバー 帯
−文豪の血縁者がはじめて明かす、貴重な証言(帯文) 文中参考写真有 
−訃報(急死、葬儀、親族会議、刊行会、渦中、改築)/代々木(生家、明治通りの家、偏奇館への道、偏奇館内部、養子縁組、B29の落し物、偏奇館炎上、同居生活、東中野のアパート、五月二十三日の空襲、『断腸亭日乗』の保管)/熱海(疎開先、熱海での暮らし、熱海に来るまでの荷風、再び同居、人々の出入り、進駐軍の慰安所、転居の要請、荷風と谷崎の熱海)/市川(菅野の家、荷風の部屋、荷風の日常、荷風のカイカイ、近所の有名人、小西邸への出奔とその後の独居、荷風と女性たち、廃嫡問題)/荷風の去った後(暁星中学から慶應高校へ、「門」と「カールトン」、父の死、銀座「ヘン喜館」のオープン、荷風の噂)/あとがき、著者略年譜、索引
荷風のリヨン 「ふらんす物語」を歩く
荷風のリヨン 「ふらんす物語」を歩く
¥2,000 永井荷風・関連/加太宏邦 白水社 2005(平成17)年 初版 カバー 帯
永井荷風と河上肇 −放蕩と反逆のクロニクル ¥1,500 永井荷風・関連/吉野俊彦/桂川潤・カバー装画、装丁 NHK出版 平19 初版 カバー 帯 口絵写真4頁 
−四角四面のマルクス経済学者と女三昧の無頼の作家。同年生まれの対極の二人が軍国の世に見たものとは・・・。日記・書簡を読み比べ、時代をひた走った骨太の生涯をたどる(帯文) 
−序章 永井荷風と河上肇/第一章 大学教師就職と尋常ならざる辞任事情/第二章 女性遍歴/第三章 逸民としての文学愛好(上)/第四章 フランス滞在をなつかしむ/第五章 ドビュッシーの音楽とヴェルレーヌの詩に心打たれる/第六章 家計を支えたベストセラーと強力な支援者/第七章 逸民としての文学愛好(下)/第八章 森鴎外を高く評価/第九章 河上肇の家計を支えた須磨の伯父/第十章 反軍国主義を貫く/第十一章 戦時下の生活物資不足とインフレ進展の詳細な記述/対照年譜/あとがき
荷風へ、ようこそ
荷風へ、ようこそ
¥1,800 永井荷風・関連/持田叙子 慶應義塾大学出版会 2009(平21) 初版 カバー 帯 
−快適な住居、美しい庭、手作りの原稿用紙、気ままな散歩、温かい紅茶−。荷風作品における女性性や女性的な視点に注目し、新たな荷風像とその文学世界を紡ぎ出す。(帯文) 口絵図版2頁 
−荷風へ ようこそ、おうちを 楽しく、荷風と ティー・ブレイク、紙よ紙 我は汝を愛す、封印されたヒロイン、レトリックとしての花柳界、戦略としての老い、荷風蓮華曼陀羅/永井荷風略年譜、主要参考文献、あとがき
荷風の永代橋
荷風の永代橋
¥3,500 草森紳一 青土社 2004(平成16)年 初版 カバー背端スレ 帯
清陰星雨
清陰星雨
¥1,800 中井久夫 みすず書房 2002(平14) 初版 カバー 
−冷戦構造の解体から、阪神淡路大震災、オウム真理教、少年犯罪の数々、そして〈9・11〉。このような状況のなかで、この国の元気は次第になくなり、個人も家族も企業も社会も国家も、心の病を訴え、心のケアが主題となってきた。精神科医・中井久夫はこの十余年をどのように見つめてきたか。『神戸新聞』に1990年6月から2001年12月まで年に四回掲載された、同名の連載を元に、それぞれに新たなサブテクストを書き下ろした47編。 
−1990年以後の世界−はじめに/
人間であることの条件−英国の場合、ささやかな中国文化体験、「故老」になった気持ち、戦後に勇気づけられたこと、ロシア人、花と時刻表、国際化と日の丸、一夜漬けのインドネシア語、ワープロ考、外国語が話せるということ、冷戦の終わりに思う、一医師の死、ある少女、戦時中の阪神間小学生、新制大学一年のころ、雲と鳥と獣たち、旗のこと、日本に天才はいるか、文化を辞書から眺めると、阪神大震災に思う、震災後150日、学園の私語に思う、震災後の動植物、移り住んだ懐かしい町々、いじめについて、医師は治療の媒介者、ロサンゼルスの美しい朝、日本の心配、定年を迎えて、秋田に行く、昭和72年の歳末に思う、日本人は外国語がなぜできないことになっているのか、「良心」をめぐって、本棚一つの詩集たち、気骨ある明治人の人生−父方祖父のこと、もう一人の祖父のこと、文化変容の波頭−米国で続発する大量殺人の背景、国民性とこれからの日本、続く不安定と予測不能の時代、神戸の含み資産、「起承転結」と「起承“承”結」−日米文化の深い溝、犯罪の減少と少年犯罪、二十世紀を送る、大国に囲まれた「経済大国」、「バカげた質問」ない米国−日米の「問う文化」、2001年9月11日深夜、記憶の風化ということ
時のしずく
時のしずく
¥2,000 中井久夫 みすず書房 2005(平成17)年 初版 カバー
臨床瑣談 正続揃
臨床瑣談 正続揃
¥3,000 中井久夫 みすず書房 2008(平成20)・2010(平成22)年 正編初版 続編重版 正続2冊揃 カバー 帯
私の日本語雑記
私の日本語雑記
¥1,500 中井久夫、カバー他カットとも 岩波書店 2010(平成22)年 初版 カバー 帯 −ことばと文化、そして精神への洞察。ことばを通してこころの深淵をみつめてきた精神科医の卓抜な日本語論。(帯文) 雑誌『図書』に、2006年7月から2009年5月まで一か月おきに掲載された連載に手を加える。
黒鳥の旅もしくは幻想庭園 ¥2,000 中井英夫/建石修志・装幀 潮出版社 昭49 初版 カバー 小口・天にシミ 
−オーストラリア幻想旅行/白鳥盗人・ほか(ミロのビーナスの教えていったもの−女性の同性愛について、鏡と迷宮−男のナルシシズムについて、非国民の思想、私の憲法論 、ほか)/百科事典について/色彩・その毒について(アリス狩り/建石修志の世界/国民服の菊五郎/ぜいたくということ/流行歌について/漫画について/ナチは復活するか/「テオレマ」について/シャンソン二題)
名なしの森
名なしの森
¥2,000 中井英夫/野中ユリ・装幀・画 河出書房新社 昭60 初版 カバー 帯 −名なしの森/変身譜/干からびた犯罪/盲目の薔薇/一粒の葡萄もし・・・/花火闇/あるふぁべてぃく/男色家の朝の歌
中井英夫戦中日記 彼方より 完全版
中井英夫戦中日記 彼方より 完全版
¥2,000 中井英夫/本多正一・編、解題 河出書房新社 2005(平成17)年 初版 286頁 カバー 口絵モノクロ写真4頁 −戦争への憎悪、最愛の母の死、文学への思い−。『虚無への供物』の著者・中井英夫によって綴られていた稀有の〈戦中日記〉を初の完全復刻。衝撃の未刊行部分を多数収録。(紹介文)
中島敦全集 第1巻 ¥3,500 中島敦/河上徹太郎、安岡章太郎、高橋英夫、折原澄子・月報執筆/郡司勝義・解題 筑摩書房 昭和54年 重版 函 月報巻末貼り込み 月報(河上徹太郎「中島敦君の作品について」 安岡章太郎「束の間の「光」」 高橋英夫「運命を見る眼」 折原澄子「兄と私」) −口絵モノクロ写真4頁 作品(斗南先生、虎狩、過去帳(かめれおん日記、狼疾記)、古譚(狐憑、木乃伊、山月記、文字禍)、光と風と夢、わが西遊記(悟浄出世、悟浄歎異)、南島譚(幸福、夫婦、鶏)、環礁(寂しい島、夾竹桃の家の女、ナポレオン、真昼、マリヤン、風物抄)、古俗(盈虚、牛人)、名人傳、弟子、李陵、章魚木の下で(遺稿)/解題、校異
中島敦研究
中島敦研究
¥4,500 中村光夫、氷上英廣、郡司勝義・編 筑摩書房 昭和58年 重版 函シミ 口絵モノクロ写真4頁 6部構成(中島敦論、作品論、回想と証言、全集通信、芥川賞選評、関係資料、他)
魚食ふ、飯食ふ(魚食う、飯食う) −エッセイ集 ¥2,000 中村草田男/香西照雄・解説 みすず書房 昭55 重版 カバーヤケ、ツカレ有 
−著者の半世紀にわたるエッセイ34編、評論11編
−生き物三つ、三つの姿(詩)、水仙と眼鏡、御礼、大望、しずかなる所、舞台、しずかなる死、失語症、童話、原馬(ウル・プフェルト)、スコットランド人の会話、伊丹万作の思い出、悪口坂、魚食ふ 飯食ふ、二百年、Sleep no more!、麺麭、わたしの古典、松山の友人たち、俳句実習と私、平生、鵺の画展、学生と読書、章魚と無花果、家庭本位、唯一回の酒のブランク、「どうも」の一語、松山郵便局、このごろ思うこと−権力と権威、永遠の青春、芭蕉について、人生論、抜き足 差し足/
尻尾を振る武士、長生アミーバ、抜粋散歩、俳人としての芥川龍之介、「明暗」解説、師の一句−覚書として、蕪村鑑賞、芭蕉の五句、現代俳句と芭蕉、個人と自己、自覚的自然愛(講演)/解説 
読書三昧
読書三昧
¥1,500 中村真一郎 新潮社 1985(昭和60)年 初版 カバー
俳句のたのしみ
俳句のたのしみ
¥2,000 中村真一郎 新潮社 平成2年 初版 カバー端スレ 小口シミ 帯 −江戸の太祇、凉袋、無腸(秋成)らの句をロココ風の美意識で愛で、漱石、荷風、万太郎ら文士の妙境に親しんで自ら句作。 俳句に関する執筆を一編に纏める。 5部構成12篇
続 冬の華
続 冬の華
¥2,000 中谷宇吉郎・装幀とも 甲鳥書林 昭17 重版(七刷) 函背ヤケ背端痛み カラー挿絵1葉、モノクロ写真2頁 
二部20編 
−第一部(眞夏の日本海、ツーン湖のほとり、北海道の夏、十勝の朝、伊東雜記、珍らしい偶然の話、大謀網、温泉、民族的記憶の名殘、Sの話)/
第二部(語呂の論理、鼠の湯治、兎の耳、清々しさの研究の話、地球の圓い話、映畫を作る話、霜柱と凍上の話、缺航、生活の實驗、雪後記)/
後書/三刷に際しての附記
花水木−あめりか物語 (第八 冬の華)
花水木−あめりか物語 (第八 冬の華)
¥2,000 中谷宇吉郎 文藝春秋新社 昭25 重版 函背ヤケ背痛み 口絵カラー写真1頁、モノクロ写真2頁 
−湯川秀樹さんのこと、牧野伸顯伯の思出、老齢學、書籍の周邊、國際雪氷委員會のことなど/アメリカの旅、アラスカの旅、ネバダ通信、コロラド通信、大學と大學町/デトロイトの一日、シカゴの牛乳會社、バークレイにて、アメリカの佛教、空の御馳走、アメリカの婦人生活、あめりか三界/一日一文(16編)/附録 アメリカ日記/後書
美食 −書物の王国14
美食 −書物の王国14
¥2,000 南條竹則・編 国書刊行会 書物の王国 1998(平成10)年 初版 カバー 帯 美食文学アンソロジー18編
豊饒の女神 現代日本詩集3
豊饒の女神 現代日本詩集3
¥2,000 西脇順三郎/鍵谷幸信・解説/真鍋博・装幀 思潮社 1976(昭和51)年 初版 パラフィンヤケ、スレ、痛み 小口ヤケ、シミ 頁端折れ
蜥蜴の尻っぽ−とっておき映画の話 ¥1,000 野上照代 文藝春秋 2007(平19 ) 初版 カバー 帯
とむらい師たち ¥1,000 野坂昭如/山内ワ・装幀 講談社 昭42 初版 カバー 小口汚れ有 帯  
−とむらい師たち/あゝ水銀第軟膏/四面凶妻/ベトナム姐ちゃん/うろろんころろん
著者五十音順  ハ行
書名・書影 価格 執筆者、装幀、挿絵 出版社 発行年 状態、目次抄
季節の手帖
季節の手帖
¥2,000 春山行夫 東京社  昭19 初版 背ヤケ 扉シミ ヤケ、シミ有 
20編 −
春(四季、春秋の争ひ、花信、動物、氣象、行事)、鴎(鳥類學から、森鴎外)、タイプライター(邦文タイプ)、動物園(観察、生態)、植物園(温室、分類花壇、高山植物園)/
夏(氣象、農業、植物、鳥と蝶)、向日葵(ゴッホ、庭に出て)、ダリア(流行、變種)、ポプラ(分類、並木として)、鹽(岩鹽、製鹽)、錨(発達史、語原、文化史)/
秋(氣象、詩の世界、野を歩く、渡り鳥、行事)、風力(時速、風力計)、鈴懸樹(球状果)、甘藷(傅播、方言、品種)、馬鈴薯(強制栽培、品種改良、名稱)/
冬(氣象、風土、雪、樹木)、落葉(植物季節表、熱帯)、煙突(歴史、種類、煙)/林檎(名稱、産地)/註、あとがき 
−「まへから自然誌と文化史とを一緒にしたものを書きたいと思つてゐた」(はしがきより))
花ことば
花ことば
¥1,000 春山行夫 東都書房 昭33 初版 函スレ痛有 ヤケ、シミ有 口絵カラー挿絵1葉 −補遺、引用を含めて約540の花の花言葉を収録
それからの海舟
それからの海舟
¥1,000 半藤一利 筑摩書房 2003(平15) 初版 カバー背ヤケ 帯 
−江戸城無血開城という大仕事以後の人生を勝海舟はどう生きたのか(帯文) 
−プロローグ「本所の勝麟」ぶらぶら記/
 第1章 苦心惨憺“その日”まで、
 第2章 「虎穴に入らずんば」の横浜行、
 第3章 空しくなった最後の大芝居、
 第4章 静岡−東京 行ったり来たり、
 第5章 ふたたび西郷どんとともに、
 第6章 政府高官はもう真ッ平、
 第7章 「薩摩軍が勝つよ」、
 第8章 逆賊の汚名返上のため、
 第9章 野に吼える「氷川の隠居」、
 第10章 文学は嫌いだよ、
 第11章 「我が行蔵」と「痩我慢」、
 第12章 誰か知る「あひるの水かき」/
 エピローグ 洗足池の墓詣で/
あとがき
盆栽老人とその周辺
盆栽老人とその周辺
¥2,000 深沢七郎/武田泰淳、野坂昭如・付録執筆/粟屋充・装幀/安藤幹久・撮影 文藝春秋 昭48 初版 函天シミ カバー 
付録付(武田泰淳「参加して語る『人間欲ばり論』」 野坂昭如「滅亡を説く救世主」)
たくさんのタブー
たくさんのタブー
¥1,000 星新一/工藤甲人・装画、カット 新潮社 1981(昭56) 重版 新書版 カバー  
20編−解決策/重要な部分/おかしな青年/逃亡の部屋/勧誘/車の客/うけついだ仕事/ひとつのタブー/死ぬほど/知人たち/あれ/親子の関係/背中のやつ/少年期/きょうという日/海岸のさわぎ/頭のいい子/悲哀/きつね小僧/タロベエの紹介
ベルエポック花模様
ベルエポック花模様
¥1,000 堀江珠喜 北宋社 1992(平4) 初版 カバー 地に印有 
ベルエポックを彩った女たちを花になぞらえて語るエッセイ12編 
−蘭・エキゾチックな妖女/百合・皇太子のマドンナ/雛菊・社会主義の皇太子愛人/椿・堕落した娼婦/薔薇・ファムファタール/水仙・薄幸の美青年/向日葵・ピカデリーの道化師とアルルの日本人/桜・可憐な日本娘/菖蒲・吉原の乙女/菊・日本の人形(プウペ)/藤・恋する芸者/罌粟・眠りの魔女/参考文献一覧、写真一覧、あとがき

ご注文方法他

ご注文は、できましたらメール、ファクシミリ、葉書にてお願いいたします。メールは、 へご送信ください。携帯電話からのメールは、パソコンから送信されるメールが受信できる設定にしてください。電話でもお受けいたしますが、一人でやっているため留守がちにしており つながりにくく、電話でのご連絡や、「お急ぎ」のご要望には失礼することも多くございます。申し訳ございませんが何卒ご了承下さい。ご注文の際は お名前、ご住所、お電話番号、ご注文の本の書名、金額 を明記してください。

ご注文をいただきましたら在庫の有無と送料、ご送金方法などをお知らせするメールをさしあげます。原則として先払い、代金引換、PayPal(ペイパル)を通してのクレジットカード決済にて承ります。恐れ入りますが振込手数料はご負担下さい。

取扱金融機関は 郵便振替(ゆうちょ銀行当座預金口座)です。

通常の送料は日本国内164円から1000円です。同時に複数点ご注文いただき同梱包で発送する場合は、そのうち最も高く設定された送料のみ頂戴いたします。(送料500円+300円→500円、300+300+300→300円)

代金引換でのご送付の際、大きな荷物や、金額が大きい場合はメール、電話等で確認の連絡をする場合があります。

クレジットでのお支払いを希望される方は注文時にお書き添え下さい。クレジットの手続きはPayPal(ペイパル)を通して行います。

PayPal(ペイパル)ロゴマーク Paypal会員でなくても VISA(ビザカード)・MasterCard(マスターカード)・JCBカード(ジェーシービーカード)・American Express(アメリカン・エキスプレス)のカードにてお支払いいただけます。お客様がペイパルのアカウントを取る必要はありません。また、当方にクレジットカード情報が伝えられることはありません。

公費注文も承ります。ご担当者名、必要書類、書式を併せてお知らせください。

海外へのご送本も承ります。PayPalを通してのクレジットカードをご利用ください。日本に銀行口座をお持ちの場合は銀行振込もご利用ください。海外への発送は日本郵便のEMS、国際e-パケット、国際e-パケットライト、またはヤマト運輸国際宅急便を利用いたします。原則として書留付にて承ります。送料・書留代金は実費を頂戴します。ご相談ください。

About overseas shipment
International shipping available.Please contact me.You can use only PayPal.Shipping fee / registered fee will be charged actual expenses.You can choose the shipping method from the following methods.Japan Post EMS shippment, international e-packet, international e-packet light, Yamato Transport international takkyubin (home delivery service).I recommend that you attach registered number.

目録掲載品は1点限りです。随時更新しておりますが 万一 品切れの際は 何卒ご容赦ください。(線の引いてある本は売約済み、または確認中の本です。)カバー、帯、函など基本的には、それがある場合のみ、その旨表記しております。表記していないときはそれが無い状態です。何卒ご承知おきください。

苔花堂書店(たいかどうしょてん)
168−0061 東京都杉並区大宮1−22−75
月見荘3号室
メールアドレス huruhon@taikado.jp 
電話・ファクシミリ 03−3315−8978
月曜日・祝祭日定休。
その他も留守にしてる事が多く失礼することも多くございます。
お電話、お急ぎのファクシミリ、ご来店の際は何卒ご承知おきください。
通信販売のみの営業です。
東京都公安委員会古物商許可番号 308899803776号
東京都古書籍商業協同組合加盟

2011年3月11日に発生した東北地方の地震で被災された方、震災の影響を受けておられる方、お身内・お知り合いについて心痛めていらっしゃる方々へ蔭ながらお見舞いと、ご無事をお祈り申し上げます。時間はかかるとは思いますが、心身の安定、生活の落ち着きを取り戻せるよう願っております。古本など、不要不急の品ですが、どなたにとっても、幾ばくかでも心のハリとなりますことを願います。  苔花堂書店 五本木広子