苔花堂古本目録・子どもの本 海外の作品

いらっしゃいませ 古本屋の苔花堂書店です。 

アメリカ・カナダ、他
書名・書影 価格 著者、訳者、挿絵 出版社 発行年 状態、目次抄
カナダ          
六月のゆり
六月のゆり
¥2,000 バーバラ・スマッカー/いしいみつる・訳/トム・マックニーリイ・挿絵 ぬぷん児童図書出版 心の児童文学館シリーズ7 昭52 横溝英一・表紙、装幀/沢登君恵、リオン・ガーフィールド・「ぬぷん6号」対談
重版 函 
付「ぬぷん6号」(沢登君恵「児童文学のふるさとを訪ねて2 児童文学とは何か−」リオン・ガーフィールド氏との対話」) 
−十三歳になる二人の黒人の少女、ジュリリーとライザが北極星をたよりにミシシッピの大農園から二千キロへだたったカナダへ逃亡する。実在した逃亡奴隷の話をもとに描いた物語(訳者あとがきより)
−読者へ/歌が流れる夜、黒いネッカチーフ、灰色の服を着た男、どろぬま、泰山木の花さくところ、せむしのライザ、むちのあじ、こわいけれど こわくない、ヨタカは三たび鳴く、ぬまをわたる、一人の友に おおぜいの友を、追っ手と猟犬、アパラチア山中の二つの世界、動く壁と地下鉄道、夜のオハイオ川、ライザの笑顔、ロスさんとの再会、エリー湖のかなたに、わたしたちは自由だ/訳者あとがき  
ぼくのペットはフクロウ −現代子ども図書館16
ぼくのペットはフクロウ
¥1,500 ファーリー=モワット/斎藤数衛・訳/太田大八・絵/西山健太郎・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学研(学習研究社) 現代子ども図書館16 1974(昭49) 重版 函背色褪せ、シミ 小口シミ カラー、モノクロ挿絵入 
−かつて自分が愛したペットたちを主人公に、動物たちとの心暖まるふれあいを、ユーモラスに描いた軽妙な作品(あとがきより) 
−大草原のピクニック、ミラー先生がおそわれた、みなしごフクロウ、新入りフクロウのウィープス、ウォルはじめて空をとぶ、大こんらんのペットパレード、いたずら いたずら いたずら、ひみつのほら穴、学校へきたウォル、カヌーをおそう むほうもの、さようなら ぼくのフクロウ/
斎藤数衛・あとがき「自然と動物によせるゆたかな愛情」/
西山健太郎・読書のてびき「大自然の中であそぶ楽しさを」
アメリカ          
ポピー ミミズクの森をぬけて
ポピー ミミズクの森をぬけて
¥500 アヴィ/B・フロッカ(ブライアン・フロッカ)/金原瑞人・訳 あかね書房 ジョイ・ストリート 平10 重版 カバー −仲間を救い、自分を救うために、たったひとりでおそろしい森に向かったネズミの冒険物語。(袖文)
それを勇気とよぼう −現代子ども図書館20
それを勇気とよぼう
¥1,500 アームストロング=スペリー/久保田輝男・訳/梶鮎太・絵/沢辺寿一・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学習研究社(学研) 現代子ども図書館20 1975(昭50) 重版 函シミ 裏表紙シミ有 小口シミ カラー、モノクロ挿絵入 
−ポリネシアの一小島ヒクエルー島の酋長の息子マハツーが、海を恐れていた少年から、脱皮をしようと、海へ挑み、人食い族の領地である無人島で生きぬき、一人前の青年に成長していく冒険物語です。(読書のてびきより) 
−島をでる、海、島、たいこの音、かえり道/
久保田輝男・あとがき「南の海を舞台にしたすばらしい物語」/
沢辺寿一・読書のてびき「独立独歩への道」
海がおそってきた −現代子ども図書館19
海がおそってきた
¥1,500 アルタ=セイマー/河合三郎・訳/市川禎男・絵/西山健太郎・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学習研究社(学研) 現代子ども図書館19 1974(昭49) 重版 函シミ 小口シミ カラー、モノクロ挿絵入 
−1953年にオランダを襲った大洪水に取材して書かれた物語。ごく平凡な農家の家族がいかにこの大洪水と戦い、生きぬいていったかが、迫力をもって語られています(あとがきより) 
−ぼうけんがしたいな、ていぼうがやぶれたぞ!、あっ アンナおばさんが!、波にさらわれた人びと、漁船がかけつけた、ゆうかんな犬レックス、リサがいない、ゆけレックス!、すくいの神ヘリコプター、「女王さまだよ」、ピーターはさがす、こんなとおくの病院に?、生きてたんだね、みんなで力をあわせて/
河合三郎・あとがき「事実に取材した勇気と隣人愛の物語」/
西山健太郎・読書のてびき「広い視野をもつ隣人愛」
ちびっこスチュアート
ちびっこスチュアート
¥1,500 E・B・ホワイト/ガース・ウィリアムス・挿絵/鈴木哲子訳 法政大学出版局 昭50 初版 カバー 
−フレデリック・C・リトル夫人の二番目の息子が生れた時、みんなはその息子がはつかねずみよりそんなに大きくないということに気づきました。ほんとうのところ、どの点から見てもこの赤ちゃんは、はつかねずみそっくりでした。(冒頭)
−配水管の中/家庭での問題/朝のしきたり/体操/助かる/心地よい風/帆船競争/マーガロ/あやういところ/春/自動車/教室/渡し場のある町で/川面の夕暮/北へ向かって/訳者のことば  
ちいさな騎士
ちいさな騎士
¥1,500 エリザベス=ジョンソン/まつのまさこ(松野正子)・訳/ロニ=ソルバート・絵 学研(学習研究社) 新しい世界の幼年童話18 1969(昭44) 初版 カバー端スレ 
−美しく、しとやかであるはずのお姫さまが、こともあろうに勇ましい騎士になりたいといいだして−。さて、お姫さまを待ちうけていたものは?昔話の味わいを新鮮なタッチで描き出した幼年童話の傑作。(紹介文) 幼稚園から小学1・2年生向
魔女ジェニファとわたし
魔女ジェニファとわたし
¥1,500 E・L・カニグズバーグ・文、絵/松永ふみ子・訳 岩波書店 岩波ものがたりの本18 1970(昭和45)年 初版 函背ヤケ有 小口シミ 奥付蔵書印有
ロールパン・チームの作戦
ロールパン・チームの作戦
¥1,500 E・L・カニグズバーグ文・絵/松永ふみ子訳 岩波書店 昭59 重版 函 
−アメリカ中流階級の子どもをリアルに描く
−ロールパン・チームの作戦/訳者あとがき  
−小学4、5年以上
からすが池の魔女
からすが池の魔女
¥2,000 E・G・スピア(エリザベス・ジョージ・スピア)/掛川恭子・訳/寺島竜一・絵 岩波書店 1969年(昭44) 初版 函 頁ヤケ 
−開拓時代のアメリカ東海岸。新しく移ってきた少女の自由奔放さが村中に混乱をまきおこし、ついには村人を魔女裁判という狂気にかりたててしまった。魔女裁判にたちむかう少女の物語  
21章 −イルカ号の旅、ウェザーフィールドへ、ウッド家、いとこたち、礼拝の朝、バルクレイ師の訪問、ウィリアム・アシュビイ、大草原、出会い、ハンナの小屋で、プルーデンス、ナット、トウモロコシの皮むきパーティ、ナットとのいさかい、勅許状のゆくえ、ジョンの出発、魔女がり、拘留、取調べ、暗い日々、魔女号/訳者のことば −小学5・6年から中学
ふしぎな五百のぼうし −現代子ども図書館1
ふしぎな五百のぼうし
¥1,000 ドクター=スース/前田三恵子・訳/横山隆一・絵/水野寿美子・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学習研究社(学研) 現代子ども図書館1 1976(昭51) 重版 函背痛み 函表紙キズ有 函シミ 小口シミ 背・表紙スレ痛み ノド割 
カラー、モノクロ挿絵入 
5篇収録 −
ゾウのホートンたまごをかえす/
ゾウのホートン フーの声をきく/
ふしぎな五百のぼうし(ぼうしをとれ!、かんかんになった王さま、あくまのまほうだ、おそろしいめいれい、五百ばんめのぼうし)/
ふしぎなみどりのオーブレック(わしにできないことはない、みどりのつぶがふってきた、でぃど王国は大さわぎ!、王さまのなみだ)/
おひとよしのオオシカ/
前田三恵子・あとがき「たぐいまれな空想物語」/
水野寿美子・読書のてびき「愛情にささえられたユーモア」
ちびっこたんていとイヌどろぼう
ちびっこたんていとイヌどろぼう
¥1,000 バーバラ=ブレンナー/岡本浜江・訳/池田敬太・画 学習研究社(学研) 昭60 新しい世界の童話シリーズ
重版 カバー 
−ゆくえ不明になった小イヌペロをさがして、ふたごのきょうだいは、すごい冒険にまきこまれていきます。イヌどろぼうも見すてるような雑種のペロをかわいがるきょうだいのすがたをあたたかくえがく。 小学3・4年生向(紹介文より)
目次−
いつもとちがうこと、黄もも色のプードル、動物収容所、ボニー=バルサムのへや、ヘクターに話せ、赤黒いバン、コーヒーショップ、橋が二つ、夜の「はまぐり浜」、みつけたぞ!、さいごの話   
町にきたヘラジカ ¥1,500 フィル=ストング/クルト=ビーゼ・絵/せたていじ(瀬田貞二)・訳 学研(学習研究社) 新しい世界の幼年童話15   カバー欠裸本 −とある北国の町に、ある冬、腹をすかせたヘラジカがまいこんで、町はおおさわぎ。でも、このヘラジカすっかりこの町が気に入ってしまったようです。軽妙なタッチで笑いをさそう、アメリカ童話の傑作。 幼稚園から小学1・2年生向(紹介文)  −シカがり、ヘラジカのボーン、ヘラジカと大男、へらじかをどうするか?、あたまにきた町長さん、おしかけきゃく、おいで ボーン、春のさわぎ、そして 冬
グローバーくん
グローバーくん
¥2,000 ベラ・クリーバー、ビル・クリーバー/井上みどり・訳 冨山房 昭53 初版 函 挿絵有 
−アメリカ南部の田舎町で成長していく、けなげな少年の物語です。・・・グローバーはお母さんの死という事実をまえにして、人生のきびしい現実について考えるのです。(訳者あとがきより)
いたずらっ子オーチス
いたずらっ子オーチス
¥1,000 ベバリイ=クリアリー(ベバリー・クリアリー)/松岡享子訳/ルイス=ダーリング・画 学習研究社(学研)−新しい世界の童話シリーズ 昭55 初版 カバー端スレ 表紙色褪せ 
原題「OTIS SPOFFORD」 
−そばかすオーチスは小学三年生の男の子です。週末になるとなぜか、いたずらムシがあばれだして、大さわぎをひきおこします。おなじクラスの女の子をおいかけまわしたり、三つ編みにするのを楽しみにのばしている女の子の髪を、はさみでバッサリ切ってしまったり、授業中に、くちゃくちゃかんだ紙つぶてを飛ばして、先生におしおきをくったり・・・・。しかしそのオーチスも、ついにしかえしをされる日がきます。(紹介文) 小学3・4年生向き 
−オーチス男をあげる、オーチスと紙つぶて、オーチスと科学実験、オーチスと三十ぴきの昆虫、大酋長オーチス、オーチス対エレン
とどろく雷よ、私の叫びをきけ
とどろく雷よ、私の叫びをきけ
¥800 ミルドレッド・D・テーラー/小野和子・訳 評論社 昭57 重版 カバー痛 天シミ有 
−私たちはニグロと呼ばれた/ナイト・メンを見た!/約束をやぶった私たち/無残なストロベリーの一日/パッカードに乗ってきたハンマーおじさん/奴隷ごっこ/私はティ・ジェーを忘れない!/他
おばけのボロジャグチ −現代子ども図書館6
おばけのボロジャグチ
¥2,000 メアリー=シューラ/生田信夫・訳/村上豊・絵/西山健太郎・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学習研究社(学研) 現代子ども図書館6 1974(昭49) 重版 函 小口ヤケ  カラー、モノクロ挿絵入 
−あたまからシーツをかぶったみたいな着物を着て、おとなのようでいて、気が弱く、はずかしがりやで、他人のおだてにすぐのってしうまうお人よし。おばけのボロジャグチと三人の兄弟の探偵物語 
−シーツをかぶったへんなやつ、『この、ボロジャグチめ!』、ぼくらのゆめと交換教授、デュークとボロジャグチ、さがしっこあそび、船の上の大事件、いなくなったチモシー、チモシーのたからもの/
生田信夫・あとがき「新しいおばけの誕生」/
西山健太郎・読書のてびき「奔放な空想の楽しさを」
シニとわたしのいた二階
シニとわたしのいた二階
¥2,000 ヨハンナ・ライス/前川純子・訳 冨山房 昭52 初版 函 
−この物語は、戦争という暗い時代に、オランダの片田舎で、隠れて暮らさなければならなかったユダヤ人の一少女の、日々の体験をもとに書かれたもので、著者自身がまえがきで断っているように、けっして戦争とか歴史を正面から取り扱ったものではありません。けれども、ごく限られた場所、ごく限られた人々の日常の生活を描くことによって、かえってその背景にある戦争の理不尽さを強調し、それにひきかえ人の心の温かさを浮き彫りにしているように思います(訳者あとがきより)
−著者まえがき/はじめに、『ユダヤ人、お断わり』、黄色い星印、男の子になって、1942年の大晦日、オースターフェルト一家、オープーの誕生日、地下組織の新聞、連合軍 シシリーに上陸、小麦畑の日光浴、家宅捜査、穴ぐらの十日間、カナダ軍の進駐、おわりに/訳者あとがき  
学校へいったヘビ −現代子ども図書館9
学校へいったヘビ
¥1,500 リリアン=ムーア/斎藤数衛・訳/長尾みのる・絵/沢辺寿一・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学研(学習研究社) 現代子ども図書館9 1976(昭51) 重版 函背痛み、函ヤケシミ 表紙シミ 小口シミ カラー、モノクロ挿絵入 
−小学校4年生のハンクは、キャンプから持ち帰ったフクレヘビをどうにかして飼い続けたいと考えます。ところが、おかあさんは「だめだ。」というし、ペット屋のおじさんにもことわられ、ハンクはへびの処理にこまってしまいます。・・・(読書のてびきより) 
−びっくりおみやげだぞ!、へびなんか おことわりよ!、ああ ますますゆううつだ!、理科室の世話は四年生だぞ!、ヘビも新入生だよ!、ヘビ(スネイク)はスナックじゃないのよ!、ヘビがにげたぞ!、ヘビをにがしたのはだれだ?、「大そうさく隊」くりだす!、へびが見つかったぞ!/
斎藤数衛・あとがき「子どもの共感をよぶ物語」/
沢辺寿一・読書のてびき「底に流れる信頼と愛情」
学校へいったヘビ
学校へいったヘビ
¥1,000 リリアン=ムーア/斎藤数衛・訳/高橋信也・絵 学習研究社(学研) 平1 新しい世界の童話シリーズ
重版 カバー 
−ハンク少年は、夏休みのキャンプでフクレヘビをつかまえました。学校の理科室で飼いますが、ヘビがゆくえ不明になって、学校は大さわぎ! 小学3・4年生向(紹介文より)
−びっくりおみやげだぞ!、へびなんか おことわりよ!、ああ ますますゆううつだ!、理科室の世話は四年生だぞ!、ヘビも新入生だよ!、ヘビ(スネイク)はスナックじゃないのよ!、ヘビがにげたぞ!、ヘビをにがしたのはだれだ?、「大そうさく隊」くりだす!、へびが見つかったぞ!
ほら穴のふたごの冒険 −現代子ども図書館18
ほら穴のふたごの冒険
¥2,000 ルーシー=フィッチー=パーキンス/磯村愛子・訳/武部本一郎・絵/小畠郁生・解説/西山健太郎・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学習研究社(学研) 現代子ども図書館18 1974(昭49) 重版 函シミ カラー、モノクロ挿絵入 
−まだ畑を耕すことも動物を飼うことも知らなかった大むかしの人(クロマニョン人)たちが、どんな生活をしていたか、どのように自然とたたかい、冒険をかさねて生き抜いたかを、ふたごの兄妹とその家族を主人公に、興味深く描いています(解説より) 
−おばあさんとふたご、野牛まつり、まちぶせ、探検旅行、木の上の一族、地しん、島のくらし、いかだ、ひみつ、航海/
小畠郁生・解説「大むかしの人びととそのくらし」/
今村秀夫・読書のてびき「さらに本格的な知識の本へ」
しっぽをかえたウサギ −現代子ども図書館2
しっぽをかえたウサギ
¥1,000 ロバート=ローソン、マージョリィ=フラック/小出正吾・訳/淵上昭広、センバ太郎・絵/西山健太郎・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学習研究社(学研) 現代子ども図書館2 1976(昭51) 重版 函背痛み 函シミ 小口シミ、汚れ 背・表紙スレ痛み  
カラー、モノクロ挿絵入 
2篇収録 
−ロバート・ローソン(淵上昭広・絵)「しっぽをかえたウサギ」/
マージョリィ・フラック(センバ太郎・絵)「なまけネズミのウォルター」/
小出正吾・あとがき「田園でうまれた「ウサギ」と「ネズミ」の話」/
西山健太郎・読書のてびき「主人公といっしょに成長する喜び」
イギリス
書名・書影 価格 著者、訳者、挿絵 出版社 発行年 状態、目次抄
影との戦い −ゲド戦記1
影との戦い −ゲド戦記1
¥800 アーシュラ・K・ル=グウィン(アーシュラ・K・ル=グイン)/清水真砂子・訳/ルース・ロビンス・挿絵 岩波書店 平17 重版 函 
−霧の中の戦士、影、学院、影を放つ、ペンダーの竜、囚われる、ハヤブサは飛ぶ、狩り、イフィッシュ島、世界のはてへ/訳者あとがき 
−小学6年、中学以上
きみのいきたいところ −現代子ども図書館15
きみのいきたいところ
¥2,000 イーディス=ネズビット/吉田新一・訳/岡本颯子・絵/今村秀夫・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学習研究社(学研) 現代子ども図書館15 1974(昭49) 重版 函シミ、函背色褪せ 小口シミ カラー、モノクロ挿絵入 
3篇収録 −
きみのいきたいところ(ふしぎなゴムまり、たのしい海べ、おそろしい光景)/
青い山(ふたりのトニー、女の子の巨人)/
さかなになった少年(川べの野外劇、水の中で)/
吉田新一・あとがき「ファンタジーの古典」/
今村秀夫・読書のてびき「空想の世界から現実へむけたするどい目」

砂
¥2,000 ウィリアム・メイン/マージェリー・ジル・挿絵/林克己・訳 岩波書店 1969(昭和44)年 重版 函背色褪せ
リンゴ畑のマーティン・ピピン−ファージョン作品集4
リンゴ畑のマーティン・ピピン−ファージョン作品集4
¥2,000 エリナー・ファージョン/石井桃子・訳/リチャード・ケネディ・挿絵 岩波書店 1980(昭和55)年 重版 函
町かどのジム
町かどのジム
¥1,500 エリノア=ファージョン(エリノア・ファージョン、エリナー・ファージョン)/松岡享子・訳/三芳悌吉・画/江口進・デザイン 学習研究社(学研) 新しい世界の童話シリーズ 1988(昭63) 重版 カバー 
−ジムじいさんがデリー少年におもしろく語って聞かせる水夫時代の奇想天外な冒険の数かず(紹介文) 
−デリーとジム、男の子のパイ、みどり色の子ネコ、ありあまり島、ペンギンのフリップ、九ばんめの波、月を見はる星、大海ヘビ、チンマパンジーとポリマロイ、ジムのたんじょう日/
松岡享子・解説「原作者エリノア=ファージョンについて)
ほらふきマックス
ほらふきマックス
¥2,000 エーロン=ジューダ/神宮輝夫・訳/大古剋己・絵 学習研究社(学研) 新しい世界の童話シリーズ2 昭和41(1966)年 重版 函スレ痛み、端壊れ
たのしい川べ −ヒキガエルの冒険
たのしい川べ −ヒキガエルの冒険
¥1,000 ケネス・グレアーム/石井桃子訳/E・H・シェパード・挿絵 岩波書店 平6 重版 函  
−川の岸、街道、森、アナグマ氏、なつかしのわが家、ヒキガエル、あかつきのパン笛、ヒキガエルの冒険、旅びとたち、ヒキガエルの冒険のつづき、夕立のごとく涙くだりぬ、英雄の帰還/訳者のことば −小学3.4年以上
魔女とふたりのケイト
魔女とふたりのケイト
¥1,500 K・M・ブリッグズ・作/コーディリア・ジョーンズ・装丁、挿絵/石井美樹子・訳 岩波書店  1987(昭和62)年 初版 函
わたしのねこカモフラージュ
わたしのねこカモフラージュ
¥2,000 コーディリア・ジョーンズ・装丁、挿絵、地図共/山内玲子・訳 岩波書店  1991(平成3)年 初版 函
ライオンと魔女 −ナルニア国ものがたり1
ライオンと魔女 −ナルニア国ものがたり1
¥800 C・S・ルイス/ポーリン・ベインズ・挿絵/瀬田貞二・訳 岩波書店 昭49 重版 函スレ背しみ有 小口シミ  
−ルーシィ 衣装だんすをあけてみる、ルーシィの知ったこと、エドマンドのばん、プリン、ドアのこちらにまいもどって、森のなか、ビーバー一家にもてなされる、ごはんのあとの一そうどう、魔女のやかた、魔法のきずな ゆるみだす、アスラン 近づく、ピーターの初陣、世のはじめからの魔法、魔女の勝利、世のはじまりより前からのもっと古い魔法、石像のむれ よみがえる、白ジカ狩り/
訳者あとがき
アーノルドのはげしい夏
アーノルドのはげしい夏
¥1,500 J・R・タウンゼント(ジョン・ロウ・タウンゼント)/グラハム・ハンフリーズ・画/神宮輝夫・訳 岩波書店 岩波少年少女の本17 1979(昭54) 重版 318頁 函スレ有 −小学6年、中学以上 
−原名は『侵入者』です。平凡だけど静かなアーノルドの暮らしの中に、一人の男がふいにわりこんできて、生活を乱し、その上、アーノルドのささやかな生活手段をうばおうとするのですから、この題はぴったりとしています。しかし、アーノルドは、生活手段をうばわれるだけではなく、新しい友人ジェインとピーターとの交際を通じ、自分とはまったく別な若者の世界をのぞいてしまいます。ジェインやピーターも、アーノルドの心を乱す点では、侵入者の仲間です。(あとがきより)
仔犬のローヴァーの冒険
仔犬のローヴァーの冒険
¥1,000 J・R・R・トールキン/山本史郎・訳/クリスティーナ・スカル、ウェイン・G・ハモンド・解説 原書房 平11 重版 カバー 口絵・トールキン画イラスト8頁 
クリスティーナ・スカル、ウェイン・G・ハモンド・解説「『仔犬のローヴァーの冒険』について  
−仔犬のローヴァーが月や海底をかけめぐり、竜や鯨、魔法使いや月の男とくりひろげる魅力いっぱいの冒険物語
ホビット −ゆきてかえりし物語 第4版・注釈版
ホビット −ゆきてかえりし物語 第4版・注釈版
¥1,500 J・R・R・トールキン/ダグラス・A・アンダーソン・注/山本史郎・訳 原書房 2002(平14) 重版 カバー 口絵カラー図版8頁 挿絵入(日本語版を含む各国語翻訳版からの採録) 
−はじめに、序文、ルーン文字について/思いがけないお客たち、羊のあぶり肉、つかの間の休息、山を越え 山にもぐって、暗闇の謎なぞ合戦、フライパンから火の海へ、奇妙な宿、蠅と蜘蛛、樽に乗ったる脱出劇、熱烈歓迎、敷居のうえ、内部情報、鬼のいぬ間に、水と炎、一天にわかにかき曇り、真夜中の泥棒、雲が割れて、帰還、旅のおわり/付録A 本文および改訂の歴史、付録B ルーン文字およびアルファベットとの対応、注釈、訳者あとがき、参考文献
がんばれウィリー
がんばれウィリー
¥2,000 ジリアン・エイブリ/松野正子・訳/フェイス・ジェイクス・挿絵 岩波書店 平8 初版 函背スレ有 小口ヤケ、しみ 
−ウィリーの家出/「押し」のウィリー/ノーザン・スター保険会社/市役所の壁には、からっぽのくぼみがある/土曜日のトラフォードで/マギーおばさん/ラショムで/エレン・チャフィーの息子/お医者さんの意見/「いい方法」/近づくはしご段/二度目の家出/ナンス・プライスの家で/ウィリー、貴族に会う/ふたたびオードリー・ストリートへ/一大家庭騒動/呼び出し/勝利のオーバース/訳者あとがき 
−十九世紀の終わりから二十世紀初め頃、マンチェスターに生れて育つ一人の少年の成長を喜劇風に描いて、マンチェスターという土地、イギリスのこの時代の、この階級(中の下)の人々の考え方や感じ方を描く 小学5、6年以上
木の精と赤い自動車 −現代子ども図書館8
木の精と赤い自動車
¥2,000 ジーン=ヒューズ/工藤張雄・訳/小野かおる・絵/沢辺寿一・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学習研究社(学研) 現代子ども図書館8 1976(昭51) 重版 函シミ 裏表紙シミ カラー、モノクロ挿絵入 
−場面はインドです。ディッタというのは、丘の上の木にすんでいる妖精のことで、いろいろな魔法を知っています。丘のふもとの村人たちは、ディッタを村の守り神と思って、ディッタのところに、花やくだものやおこめ、ディッタのだいすきなさとうがしまでもってきて、おそなえをし、いろいろ願いごとをします。ディッタは魔法をつかったり、おまじないをしたりして、それにひとつひとつていねいにこたえます。ところがある日、村にぴかぴかの赤い自動車が出現したのです。・・・さて、それから・・・(あとがきより)  −原題「ディッタの木」  
−ディッタが、ひっこそうとおもったこと/ディッタを、みんながしたっていること/ディッタのたすけを、みんながかりたいこと、でぃったが、はい色小ザルになったこと/ディッタが、どろぼうをみつけたこと/ディッタがパーティによばれたこと/ディッタが、ニギーと、まほうくらべをしたこと/ディッタの木が、なくなってしまったこと/
工藤張雄・あとがき「人も妖精も動物も一つにとけあう世界」/
沢辺寿一・読書のてびき「土俗と文明の対比を」
ブータレとゆかいなマンモス
ブータレとゆかいなマンモス
¥1,000 デリク=サンプソン/張替恵子・訳/サイモン=スターン・画 学習研究社(学研) 昭60 新しい世界の童話シリーズ
重版 カバー 
−すがたがぶさいくなために仲間はずれにされている男ブータレと、彼にちょっかいをだしてひとさわぎおこすマンモスとの、おもしろいお話 小学3・4年生向(紹介文より)
目次−
ぶつくさのブータレ、ご登場、ブータレ ハチのむれにおそわれる、ブータレ 恩をあだでかえされる、はらぺこブータレ ゆであがる、たいこたたきは まかせとけ、ブータレが 空をとんだらどうなるか!?、ブータレ 男をあげる、まちにまったパーティー、さいごにわらうのはだれか? 
風にのってきたメアリー・ポピンズ
風にのってきたメアリー・ポピンズ
¥1,000 P・L・トラヴァース(パメラ・L・トラヴァース)/林容吉・訳/メアリー・シェパード・絵 岩波書店 岩波の愛蔵版14A 昭59 重版 函ツカレ痛み有 小口シミ汚れ有 
−東風、外出日、笑いガス、ラークおばさんの犬、踊る牝牛、わるい火曜日、鳥のおばさん、コリーおばさん、ジョンとバーバラの物語、満月、クリスマスの買い物、西風/訳者あとがき/パメラ・L・トラヴァース「子どものための本」 −小学4、5年以上
ドリトル先生アフリカゆき −ドリトル先生物語全集1
ドリトル先生アフリカゆき
¥500 ヒュー・ロフティング文・挿絵/井伏鱒二・訳、あとがき/江森瑛子・装幀/石井桃子・解説 岩波書店 昭49 重版 函スレ痛み シミ有 
−パドルビー、動物語、またもや貧乏、アフリカだより、ポリネシアと王様、サルの橋、ライオンの大将、サル会議、無類の動物、黒い王子、薬と魔術、ネズミの御注進、バーバリの竜、早耳のトートー、海の金棒ひき、ふたたびわが家へ、
付・石井桃子「『ドリトル先生物語』について」−日本への紹介のはじめ、作者ロフティングと『ドリトル先生』の誕生、『ドリトル先生物語』の主人公たち、各巻の紹介
ドリトル先生の郵便局 −ドリトル先生物語全集3
ドリトル先生の郵便局
¥1,000 ヒュー・ロフティング文・挿絵/井伏鱒二・訳/江森瑛子・装幀 岩波書店 昭46 重版 函 口絵カラー挿絵1頁 
−まえがき/
第一部(ズザナ、艦上での待遇、偉大なる砲手、ファンティポの王立郵便局、航海 おくれる、無人島、動物の楽園、世界でいちばん早い郵便)/
第二部(たいへんかわった郵便局、チープサイド、鳥たち コロンブスを助ける、スティヴン岬の灯台、カモメと船の話、気象台、通信教育)/
第三部(動物雑誌、先生のお話、ガブガブのお話、ダブダブのお話、白ネズミのお話、ジップのお話、トートーのお話、オシツオサレツのお話)/
第四部(小包郵便、郵便物 大盗難事件、真珠とブリュッセル芽キャベツ、真珠とり、オボンボの反逆、ドリトル先生 牢屋から出る、なぞの手紙、マングローブの沼の国、秘密の湖、郵政大臣さんの最後の命令、さよなら ファンティポ)
ドリトル先生の動物園 −ドリトル先生物語全集5
ドリトル先生の動物園
¥1,000 ヒュー・ロフティング文・挿絵/井伏鱒二・訳/江森瑛子・装幀 岩波書店 昭46 重版 函背ヤケ、スレ有 口絵カラー挿絵1頁  
−物語のまえに/ダブダブのことづて、冒険家のお帰り、びっくり宴会、新しい動物園、動物の町、ふたたび貧乏に、アナグマの歯、パソルビーの金鉱熱、ネズミ文字、新しい学問、ネズミ・クラブ、ツキヅキ記念宴会、ホテル・ネズミ、横目使い、火山ネズミ、地中の物音、ネズミ連合共和国、博物館ネズミ、フーズルバック教授の傑作、牢屋ネズミ、ネズミの牢屋めぐり、うまやネズミ、悪がしこいコクマルガラス、ムアスデン荘園、火事、皮の小箱、番犬、一枚の羊皮紙、クリングきたる、ムアスデン荘園の秘密、犬の探偵、スログモートン老人、秘密の戸棚、ハツカネズミの早駆け、逮捕
ドリトル先生の楽しい家 −ドリトル先生物語全集12
ドリトル先生の楽しい家
¥1,000 ヒュー・ロフティング文・挿絵/ジョセフィン・ロフティング・序文/井伏鱒二・訳/江森瑛子・装幀 岩波書店 昭49 重版 函背ヤケ 口絵カラー挿絵1頁 小口シミ、汚れ有 
8編収録 −ジョセフィン・ロフティング「はじめに」/ドリトル先生とその家族/
船乗犬(「ウミツバメ号」、犬の英雄、「ウミツバメ号」の最後、ローバー 姿を消す、「ウミツバメ号」の置き土産、船の影)/
ぶち(品評会の優勝犬、朝飯時の大騒動、狂犬!、先生の演説)/
犬の救急車(最初の患者、王者橋の事故、救急車出動の後始末)/
気絶した男(盗難、雑木林のなかの足跡、足跡に合う靴、探偵犬 考えこむ、オニユリ号のあとを追って、トグルの沈黙、オニユリ号はなぜ逃げ出したか、トビーからの知らせ、オニユリ号帰る)/
カンムリサケビ鳥(レジェント公園、チープサイドの話、サケビ鳥のためにスグリを、チープサイドの危難)/
あおむねツバメ(ガンビア・グーグーの国、先生の計画、韋駄天のスキマー、あおむねツバメは救われる)/
虫ものがたり(実験一七九号、ゆく手に危険!、虫 旅に出る、船のネズミ、調理場への旅、ごみ箱の船に乗って、川船の旅)/
迷い子の男の子(ロンドンの動物園、先生 お客様をつれて帰る、サーカスのやっかい事、お客様のお帰り)
少年鼓手
少年鼓手
¥2,000 リオン・ガーフィールド/アントニー・メイトランド・画/高杉一郎・訳 福音館書店 1976(昭和51)年 初版 函
太陽の戦士
太陽の戦士
¥1,500 ローズマリ・サトクリフ/チャールズ・キーピング・絵/猪熊葉子訳 岩波書店 1968(昭43) 初版 函 
−一人前の戦士になるために、少年はきびしい試練にたえなければならない。片腕のきかぬドレムは、愛犬ノドジロや親友にささえられ、挫折をのりこえて成長してゆく。青銅器時代を舞台に、少年の心理をたくみに描いた、サトクリフ「歴史ロマン」の代表作。(岩波紹介文より) 
15章 −物語のまえに/緋色の糸、猟人タロア、はじめての猟、ノドジロの値段、短剣と火、わかものの家、新王の即位、猟犬の戦い、黒い小石、別れ、村のニュース、オオカミの見張り、灰色の親分、戦士の緋色、太陽の花/訳者のことば  −小学5、6年以上
ともしびをかかげて ともしびをかかげて ¥2,000 ローズマリ・サトクリフ/チャールズ・キーピング・絵/猪熊葉子・訳 岩波書店 1969(昭和44)年 初版 函端スレ
ヨーロッパ各国
書名・書影 価格 著者、訳者、挿絵 出版社 発行年 状態、目次抄
ドイツ          
だれが君を殺したのか
だれが君を殺したのか
¥800 イリーナ・コルシュノウ/上田真而子訳 岩波書店 昭59 あたらしい文学 
重版 204頁 新書版大 小口ヤケ  
火のくつと風のサンダル 火のくつと風のサンダル ¥1,500 ウルズラ=ウェルフェル/関楠生・訳/久米宏一・絵 学習研究社(学研) 新しい世界の童話シリーズ15 昭和41(1966)年9月 重版 函スレ、痛み 小口シミ汚れ
いたずらっ子といたずらヤギ
いたずらっ子といたずらヤギ
¥1,500 ウルズラ=ウェルフェル/関楠生・訳/中島潔・絵 学研(学習研究社) 新しい世界の童話シリーズ 1980(昭55) 重版 カバー端破れ痛み 
−小さな川をはさんで、二つの村が仲たがい。けんかのまっさいちゅうに、おかしなヤギがまよいこんできて、あちこちでいたずらするので大混乱 小学3・4年生向(紹介文より)  
14章 −イモムシ川べりで村人たちがけんかする話、みょうなお客があらわれて、ふたりの少年がにらみあう話、ふたりの女の子がヤギのばんをする話、ヤギがおにごっこで、みんなに勝つ話、けんかがひどくなり、カバンのユリウスがいいことを思いつく話、ユリウスが塩つぼをわすれられない話、ユリウスがコーヒーパーティーのためにめかしこむ話、ユリウスが馬になりたがらない話、ユリウスがガチョウとけんかする話、ヤギのユリウスが学校にいく話、ユリウスが絵本を読む話、ヤギが空気人間とたたかう話、ユリウスが、イモムシ川べりの人たちなんかもうまっぴらだと思う話、カバンのユリウスのとんちで、さいごに万事めでたしになる話
エーミールと三人のふたご −ケストナー少年文学全集2
エーミールと三人のふたごエーミールと三人のふたご
¥800 エーリヒ・ケストナー/高橋健二訳/ワルター・トリヤー・挿絵 岩波書店 −ケストナー少年文学全集2 昭50 重版 函 小口シミ有 
−エーミールと探偵たちの第二の話 −門外漢のためのまえがき/専門家のためのまえがき/十まいの絵が説明する/イェシュケ警部さんのたのみごと、ベルリンとの手紙の往復、エーミールの出発、海べの別荘、バルト海でのめぐりあい、グスタフと物理学、コールスビュッテルの寄席、第三のふたごの出現、少年探偵たち、海と陸の冒険、旅券検査、船長帰る、応急処置、まじめな話、上映のおわり/訳者のあとがき
飛ぶ教室 −ケストナー少年文学全集4
飛ぶ教室
¥800 エーリヒ・ケストナー/高橋健二訳/ワルター・トリヤー・挿絵 岩波書店 −ケストナー少年文学全集4 平11 重版 函端スレ 
−第一のまえがき/第二のまえがき/1−12章/あとがき/訳者のあとがき
プロイスラーの昔話 −地獄の使いを呼ぶ呪文−悪魔と魔女の13の話/真夜中の鐘がなるとき−宝さがしの13の話/魂をはこぶ船−幽霊の13の話
プロイスラーの昔話 3冊揃
¥2,500 オトフリート=プロイスラー/佐々木田鶴子・訳、解説/スズキコージ・絵 小峰書店 2006(平成18)年 重版 全3冊揃 函欠 カバー
ジュニア版 ルイーゼの星
ルイーゼの星
¥500 カーレン−スーザン・フェッセル/オルセン昌子・訳/塚本やすし・絵 求龍堂 平16 初版 カバー 
−死をまえにして生きることの喜びを幼い娘ルイーゼに伝えるママ。母の死をまっすぐに受けとめようとするルイーゼ。母を見つめる家族たちの気持ちやようすを、見たままに、感じたままに、ルイーゼが語る、きびしくてやさしい、家族の愛情物語。(袖文)
オオカミに冬なし −グリーンランドとアラスカとのあわい、ある不安な生活の物語オオカミに冬なし ¥2,000 クルト・リュートゲン/K・J・ブリッシュ・挿絵/中野重治・訳/渡部雄吉・写真 岩波書店 昭和39(1964)年 初版 函ヤケ、端スレ痛み 小口シミ
グリム童話全集−子どもと家庭のメルヒェン 全3冊
グリム童話全集−子どもと家庭のメルヒェン 全3冊
¥4,000 グリム兄弟・編/高橋健二・訳/ルートヴィッヒ・デーネッケ・監修/リヒター、ウッベローデ、シュペクター・挿絵/オーバーレンダー・口絵、カバー画 小学館 昭55 重版 全3冊揃 函 函カバー水ムレ痛み有 小口シミ汚れ 
各巻口絵カラー挿絵8頁(オーバーレンダー・画) 
−全211作品を完訳(含む「子どもの聖者伝説」10編 付・番外1編「長ぐつをはいた雄ねこ」 
1・(作品1から56 付・番外1編 日本の読者に、訳者まえがき/かえるの王さま または鉄のハインリヒ、ねことねずみのともぐらし、マリアの子ども、こわがることを習いに旅に出た男の話、おおかみと七ひきの子やぎ、忠実なヨハネス、うまいとりひき、ふしぎなバイオリンひき、十二人の兄弟、ならずもの、兄さんと妹、ちしゃ、森の中の三人のこびと、糸をつむぐ三人の女、ヘンゼルとグレーテル、三まいのへびの葉、白いへび、麦わらと炭と豆、漁夫とその妻、勇ましいちびの仕立屋さん、灰かぶり、なぞ、はつかねずみと小鳥と焼きソーセージ、ホレおばさん、七わのからす、赤ずきん、ブレーメンの町の楽隊、歌う骨、金の毛が三本あるおに、しらみとノのみ、手なしむすめ、りこうなハンス、三つのことば、かしこいエルゼ、天国の仕立屋、「テーブルよ、食事の用意」と「金貨をはきだすろば」と「こん棒よ、ふくろから」、親指小僧、きつねおくさまの婚礼、こびと、盗賊のおむこさん、コルベスどの、名づけ親さん、トルーデおばさん、名づけ親になった死に神、親指小僧の旅かせぎ、フイッチヤーの鳥、ねずの木の話、老犬ズルタン、六わの白鳥、いばらひめ、めっけどり、つぐみのひげの王さま、白雪ひめ、はいのうと帽子と角ぶえ、がたがたの竹馬小僧、恋人ローラント、長ぐつをはいた雄ねこ/高橋健二「グリム童話集について」) 
2・(作品57から120 金の鳥、犬とすずめ、フリーダーとカーターリースヒェン、ふたりの兄弟、小百姓、みつばちの女王、三まいの羽、金のがちょう、千まい皮、小うさぎのおよめさん、十二人の猟師、ぺてん師とその師匠、ヨリンデとヨリンゲル、三人の幸運児、六人男世界じゅうを歩く、おおかみと人間、おおかみときつね、きつねとおばさん、きつねとねこ、なでしこ、かしこいグレーテル、年とった祖父とまご、水の魔女、めんどりの死、のんきもの、道楽ハンスル、運のいいハンス、ハンスのよめとり、金の子どもら、きつねとがちょうたち、貧乏人とお金持ち、歌ってはねるひばり、がちょう番のむすめ、若い大男、土の中のこびと、金の山の王さま、からす、かしこい百姓むすめ、ヒルデブラントおやじ、三ばの小鳥、命の水、もの知りはかせ、ガラスびんの中のおばけ、悪魔のすすだらけの兄弟ぶん、くまの皮男、みそさざいとくま、おいしいおかゆ、かしこい人たち、へびの話、かわいそうな粉屋の若者と小ねこ、ふたりの旅職人、ハンスはりねずみぼうや、きょうかたびら、いばらの中のユダヤ人、うでききの猟師、天国のからざお、王さまのふたりの子ども、かしこいちびの仕立屋、明るいお天とさまが明るみに出す、青いランプ、わがままな子ども、三人の軍医、七人のシュワーベン男子、三人の職人/「グリム兄弟の一生」) 
3・(作品121から211 何もこわがらない王子、キャベツろば、森の中のばあさん、三人兄弟、悪魔とそのおばあさん、しょうじきフェレナントと腹黒フェレナント、鉄のストーブ、ものぐさな糸くり女、うでききの四人兄弟、一つ目二つ目三つ目、きれいなカトリネリェとピフ・パフ・ポルトリー、きつねと馬、おどってすりきれたくつ、六人の家来、白いはなよめと黒いはなよめ、鉄のハンス、三人の黒いおひめさま、クノイストと三人のむすこ、ブラーケルのむすめ、下男、小ひつじと小さい魚、ジメリ山、旅に出る、小さいろば、恩知らずのむすこ、かぶら、焼かれて若がえった小男、神様のけだものと悪魔のけだもの、うつばり、こじきばあさん、三人のものぐさ、十二人のものぐさ下男、ひつじ飼いの男の子、星の銀貨、くすねた銅貨、よめえらび、糸くず、すずめと四わの子すずめ、のらくらものの国の話、ディートマルシュのほら話、なぞなぞ話、ゆきしろとばらべに、かしこい下男、ガラスのひつぎ、ものぐさハインツ、怪鳥グライフ、力持ちのハンス、天国のお百姓、やせっぽちのリーゼ、森の家、苦楽をともに、みそさざい、かれい、さんかのごいとやつがしら、ふくろう、お月さま、寿命、死に神の使い、プフリーム親方、いずみのそばのがちょう番の女、エバのまちまちな子どもたち、池の中の水の精、こびとのおくりもの、大男と仕立屋、くぎ、はかの中のかわいそうな男の子、ほんとのはなよめ、うさぎとはりねずみ、つむとおさと針、百姓と悪魔、食卓の上のパンくず、あめふらし、どろぼうの名人、たいこたたき、麦の穂、土まんじゅう、リンクランクじいさん、水晶の玉、マレーンひめ、水牛の皮の長ぐつ、金のかぎ、子どもの聖者伝説(森の中の聖ヨーゼフさま、十二使徒、ばら、貧乏とつつましい心は天国に通じる、神さまのごちそう、三本の緑の小えだ、聖母のおさかずき、おばあさん、天国の婚礼、はしばみのえだ)/「子どもと家庭とのメルヒェン」の初版本序文、ベッティーナ・フォン・アルニム夫人にささげることば/グリム兄弟年表、グリム兄弟生前の諸版、メルヒェンの主要な出所、原本題名と邦訳題名入り索引)
小さなホセとロバの旅
小さなホセとロバの旅
¥2,000 G・フォイステル(ギュンター・フォイステル)/関楠生・訳/ハンス・バルツァー・挿絵 岩波書店 岩波おはなしの本 1969(昭44) 重版 函 
−物語の舞台はボリビアです。インディオの少年ホセの友情−片耳ロバとの、サンダルづくりの少年たちとの、またとしとった辻音楽師ペドロとの友情の物語が展開していきます。(訳者のことばより) 
13章 −大きな道を歩くホセ、ホセと片耳ロバ、ホセと大きな町、ホセとはらぺこ、ホセが片耳ロバを売る、ホセとペドロ、ホセとサンダル、ホセとあくまのおどり、ホセとサンダル製造団、ホセがサンダルを売る、ホセと小さなおじょうさん、ホセと大きな白い家、ホセがペドロをみつける/訳者のことば  −小学2〜4年以上
アスパラガスで鉄砲はうてない −現代子ども図書館11
アスパラガスで鉄砲はうてない
¥1,500 ジーナ=ルック・ポーケ/塩谷太郎・訳/菊池貞雄・絵/水野寿美子・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学研(学習研究社) 現代子ども図書館11 1974(昭49) 重版 函背色褪せ 小口シミ カラー、モノクロ挿絵入 
−のどかな平和な村に、とつぜん、大臣が視察にやってくることになって、村はいろめきたちます。大臣閣下のごきげんをとりむすぶため、町の動物園から三びきのウサギを買ってきて、それをえものに大々的な歓迎ウサギ狩りをしようというのです。村会の決議にさからって反対した三人の子どもたち。かわいそうなウサギをすくうため、ゆうかんにたちあがります。(あとがきより)  
−ひみつの手紙、五ちょうのさびた鉄砲、ながい日、きみのわるいトラック、子どもたちのあそびあいて、おそろしいことがわかる、タランテラさんがさんせいする、もうおそい!、まちがった字、ビオリーネのけいかく、むゆう病は病気だ、みんなむだだった!、大臣がきた、ウサギがり、「ハライ」と「ホリド」、〈ウサギとび・こうきょう曲〉/
塩谷太郎・あとがき「子どもたちの愛と勇気の物語」/
水野寿美子・読書のてびき「うつくしい情景描写と洗練されたユーモア」
ぼうしネコのたのしい家
ぼうしネコのたのしい家
¥1,500 ジーモン・ルーゲ、デージ・ルーゲ/若林ひとみ・訳/ヘルガ・ゲーベルト・画 岩波書店 平3 初版 函スレ有  
−ネコの家の住人が冬眠する話/夜中にネコがたいへんなめにあう話/巨人を山に追いかえす話/ネコが留守のあいだに、いろいろなお客がくる話/みんなの誕生日パーティをひらく話/ネコの家についての訳者の話  −小学4、5年以上
どこからかきた少女
どこからかきた少女
¥2,000 ヘルタ・フォン・ゲープハルト/大塚勇三・訳/堀内誠一・絵 岩波書店 昭44 重版 函 
−見知らない女の子、空にある家、ふしぎなトランク、オックスとプロックス、王さま、ハイキング、トランクがひらく、ウッソーさんの訪問、馬と箱、車輪とまくらとうば車、イレとマグダレーナ、通りのむこうからくる人/訳者のことば −小学5・6年
はてしない物語
はてしない物語
¥1,000 ミヒャエル・エンデ/上田真而子、佐藤真理子訳/ロスヴィタ・クヴァートフリーク・装画 岩波書店 昭60 重版 函背痛 小口シミ有 
−ファンタージエン国の危機、アトレーユの使命、太古の媼モーラ、群集者イグラムール、夫婦隠者、三つの神秘の門、静寂の声、妖怪の国で、化け物の町、エルフェンバイン塔へ、女王幼ごころの君、さすらい山の古老、夜の森ペレリン、色の砂漠ゴアプ、色のある死グラオーグラマーン、銀の都アマルガント、勇士ヒンレックの竜、アッハライ、旅の一行、目のある手、星僧院、エルフェンバイン塔の戦い、元帝王たちの都、アイゥオーラおばさま、絵の採掘坑、生命の水
ゴッゴローリ伝説 −バヴァリアの民話
ゴッゴローリ伝説
¥1,000 ミヒァエル・エンデ (ミヒャエル・エンデ)/岩淵達治・訳/朝倉摂・画 岩波書店 昭60 初版 カバー背ヤケ −1985年2月 ミュンヘンのゲルトナー広場劇場で初演されたオペラ台本
鏡のなかの鏡−迷宮
鏡のなかの鏡−迷宮
¥1,000 ミヒャエル・エンデ/エトガル・エンデ・絵/丘沢静也訳 岩波書店 昭60 重版 カバー背ヤケ色あせ 表紙カバー皺有 天少シミ
−奇想天外な長短30の話からなる連作短篇集 
目次−
許して、ぼくはこれより大きな声ではしゃべれない。/
息子は父親でもある師匠(マイスター)のすぐれた指導のもとで・・・/
屋根裏部屋は空色だ/
駅カテドラルは、灰青色の岩石からなる・・・/
ずっしりした黒布が、垂直のひだをつけて・・・/
貴婦人は馬車の窓の黒いカーテンをひいて、たずねた。/
証人が報告している。−夜の草地に・・・/
大理石のように蒼ざめた天使が/
湿地のように暗いのは母の顔だ。/
惑星の回転のようにゆっくりと/
眼をとじる。顔の内部。ほかには・・・/
すでに何世紀も何世紀も以前より・・・/
ここは部屋である、と同時に・・・/
婚礼の客は踊る炎でした。/
灰色にひろがる空の平面上を・・・/
この紳士は文字だけからできている。/
そもそもは羊が問題でした。だが・・・/
夫と妻が展覧会にでかけようと思う。/
青年医師は、治療室のすみに陣どって・・・/
事務所がひけて、魚の眼をした男は・・・/
山のうえの売春宮殿は、今夜・・・/
世界旅行者は、この港都市(みなとまち)の・・・/
この日の夕暮れ、老船乗りは吹きやまぬ風に・・・/
黒い空のした、ひとの住めない国が・・・/
手に手をとって、ふたりが道を・・・/
教室では雨がたえまなく降っていた。/
俳優たちの廊下で私たちは・・・/
あらためて火ぶたが切られた。/
サーカスが燃えている。/
冬の夕暮れ、雪におおわれた境界(はてし)ない・・・/
訳者あとがき
サーカス物語
サーカス物語
¥1,000 ミヒャエル・エンデ/矢川澄子・訳/司修・絵 岩波書店 昭60 重版 函 裏見返し記名有 −小学5・6年以上
ジム・ボタンの機関車大旅行−ジム・ボタンの冒険1
ジム・ボタンの機関車大旅行−ジム・ボタンの冒険1
¥1,000 ミヒャエル・エンデ/上田真而子・訳/ラインハルト・ミヒル・挿絵 岩波書店 1986(昭和61)年12月 重版 函スレ
夢のボロ市−真夜中に小声でうたう
夢のボロ市
¥1,500 ミヒャエル・エンデ/丘沢静也・訳/司修・装幀/司修、矢崎芳則・本文挿絵 岩波書店 1987(昭62) 初版 カバー 帯 天シミ有  
−フランスのシャンソン、イタリアのカンツォーネのように、ドイツには民衆の夢や憧れ、悩みや悲しみを託されたリート(歌)があります。自らの伝統をこよなく愛するエンデが、ここにリートのための素晴らしい詞集を創り出しました。聞こえて来るメロディに耳を澄まして、ユーモアとペーソスにあふれ、愉快で不思議な、そして愛にみちたエンデの心の世界に旅立って下さい。(帯文) 
−この本について/
リート51編(ポケット・シュピーラー、紙の悲劇、綱渡りフェーリクス・フリーゲンバイルのバラード、透明人間、不思議な料理女のバラード、家の客、雷雨の中の騎士、ヘルメット、舞踊の歌、不道徳なモリタート、カール大帝とピピン小帝のバラード、ガヴァ・ガヴァ・ウゼドゥンプ、愛の夢、永遠の英雄讃歌、かわいいひと、ヨーナタン・ギルプ役立たず人生のバラード、夜の雨のバラード、夢のボロ市、どうすればいい?、思い出、孤独という名の女の子、朝(ひがし)の国の王子様のバラード、阿呆の行進、レディとマリオネット、空飛ぶ夢、幸せの歌、ファンタージエンの旅の歌、裁き手の船、真新しい世界のバラード、盲を案内する盲のバラード、金色の雲のソング、魔法にかかった庭園、ドン・ファンの別れの歌、「女蛇使い」の歌、婚礼最後の客人、沈黙の歌、来たるべき氷の時代の歌、死の舞踊、あるドイツ将校の英雄的な死のバラード、異端審問官、USA版メディア、亡命したわが心(ハート)への手紙、夢の歌、夢漁師、詩人・鳥、ちいさな幽霊、醜いお嬢さん、失われた微笑、別世界の歌、燃えつきるろうそくのためのコラール、どんなことを経験しようと・・・/
訳者あとがき
エンデのいたずらっ子の本
エンデのいたずらっ子の本
¥1,500 ミヒャエル・エンデ・文/ロルフ・レティヒ・絵/川西芙沙、飯吉光夫・訳 岩波書店 1988(昭63) 重版 カバー 帯 シミ有  
−これは いたずらっ子にぴったりの本 さあ これをうけとって よんでみて! きみも たぶんいたずらっ子だとおもうから −ことばの魔術師がユーモア画家と詩の絵本をたくらみました。悪童どもと天使たちがうたう、ABCの唄、数え唄、呪文、謎々、ドイツ伝承童謡のこだま。生の賛歌を、腕白ざかりの少年少女と分別ざかりの大人のために!(岩波紹介文より)
65章 
−前がき この本は、
いたずらっ子ってどんな子?、有名ないたずらっ子たちのABCギャラリー(その1)、最初のなぞなぞ、いたずらっ子がすきな人にご挨拶、だれも、カメ、いちばんのねがいごと、雨の絵描き、かくれたいたずらっ子、なくしたものをみつけるためのおまじない、こぶつき、みちたりた一週間、ネズミのファッションショー、じょうでき、すなおに「こんにちは」をいわんばいいたずらっ子、三つのあたらしい数えうた、ありっこないもの、いたずらっ子の本のなかでいたずらっ子はなにをする、わんぱく学校、まだききめがわかっていない魔法のおまじない、有名ないたずらっ子たちのABCギャラリー(その2)、立場、なきながらいう、そだてっこ競争、いたずらっ子のなげき、クリスマスプレゼント、道しるべ、猛獣つかい、いたずらっ子のさかだち、大奇術師ラマシュラーム、ふたつめのなぞなぞ、いたずらっ子はごきげんななめ、強情っぱりをなおすおまじない、おもいやり、有名ないたずらっ子たちのABCギャラリー(その3)、いちばん小さな森、いたずらっ子のお話、ねむりをさそうつぶやき、船酔いクジラ、ねむれない夜、わるい夢をみないおまじない、みっつめのなぞなぞ、電気ウナギ、ばっかみたい!、いたずらっ子がいたずらっ子にたんかをきる、うつる、とんまのたたり、鼻くそ問題、いたずらっ子の演奏会、シュトルル、いたずらっ子がなりたいもの、じぶんでつくる詩、ぶつぶつのぶつべえ、うたうよろこび、トロル、有名ないたずらっ子たちのABCギャラリー(最後の章)、おまじない、いたずらっ子のいろは、ガヴァ ガヴァ ウゼデュムプ−ごちゃまぜことばのかなしいバラード、いたずらっ子のなやみ、はたらきものになるためのおまじない、有名ないたずらっ子たちのABCギャラリー(最後の最後の章)、いたずらっ子が読者のみなさまにお別れのご挨拶、なぞなぞをとく−なぞなぞのこたえ/
訳者あとがき
モモ −時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語
モモ −時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語
¥1,000 ミヒャエル・エンデ文・絵/大島かおり訳 岩波書店 平3 重版 函背ヤケ −モモとその友だち/灰色の男たち/「時間の花」/作者のみじかいあとがき/訳者のあとがき
影の縫製機
影の縫製機
¥1,500 ミヒャエル・エンデ/ビネッテ・シュレーダー・絵/酒寄進一・訳 長崎出版 2012(平成24)年 重版 函 帯 60頁 −エンデ珠玉の19篇
オーストリア          
さくらんぼおばさん空をとぶ
さくらんぼおばさん空をとぶ
¥1,000 エルンスト=エッカー/飯豊道男・訳/むかいながまさ・絵 学習研究社(学研) 昭60 新しい世界の童話シリーズ
重版 カバー 
−すっぱいサクランボのすきな魔女の夢は、かっこいい人間のおばあさんになることでした。きのいい魔女の活やくをえがいた楽しい童話 小学3・4年生向(紹介文より)
−さくらんぼのすきな魔女、人間のおばあさんになりたい、SLにのってでかける、ペーターのことを思うと なみだが・・・、ねむりの精の力をかりても ねむれない、魔女が ペーターの絵をかく、回転木馬で大はしゃぎ、カラスのフーゴー 魔女に一目おく、ペーターがかぜをひいた!、魔女が 香水工場ではたらく、人間のおばあさんになれる!、ペーターとあそぶ!、空をとんで 警部につかまる、おかしなこともあるもんだ  
ヤマネと少女キキ −現代子ども図書館17
ヤマネと少女キキ
¥1,500 リリ=ケーニヒ/塩谷太郎・訳/清沢治・絵/水野寿美子・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学研(学習研究社) 現代子ども図書館17 1973(昭48) 重版 函背色褪せ、シミ 小口シミ カラー、モノクロ挿絵入 
−原題『グリンコロ』 −グリンコロというヤマネの子と、キキという女の子を主人公に、ヤマネの生態をあますところなく描いた作品(あとがきより) 
−ふるいカシワの木、キキという名の女の子、すばらしい夜、ネコにおわれる、赤いかさたて、獣医さんが話したこと、ヤマネのごてん、グリンコロ、敵、いなくなったグリンコロ、夜のぼうけん、こわいゆめ、ながいねむり、ふるい長持、〈小川の心〉、さようなら ぐりんころ/
塩谷太郎・あとがき「心あたたまる動物物語」/
水野寿美子・読書のてびき「大自然の中であそぶ楽しさを」
チェコスロバキア          
黒ねこミケシュの冒険
黒ねこミケシュの冒険
¥2,000 ヨセフ・ラダ・作、絵/小野田澄子・訳 岩波書店 岩波おはなしの本10 1972(昭和47)年 重版 函背ヤケ、端スレ痛み 頁シミ有 小口シミ汚れ有 カラー挿絵6図 −人間のことばをはなす黒ネコのミケシュは村の人気者です。ヤギやブタくんと3人組をつくったり、学校へ行ったりして、いつも村は大さわぎ。ところがある日、おばあさんの大切なつぼを割ってしまって……。(岩波紹介文より)
イタリア          
青矢号のぼうけん
青矢号のぼうけん
¥2,000 ジャンニ・ロダーリ/杉浦明平・訳/M・E・アゴスティネルリ・挿絵 岩波書店 岩波おはなしの本 1965(昭40) 初版 函 カラー挿絵入 
−原書旧版を元にして新版を参照する 
−フランチェスコは青い電気機関車のおもちゃがほしくて、毎日おもちゃ屋へ通っていました。でも、家がまずしくて、願いはかないません。そこでショーウィンドーの中のおもちゃたちは一大決心。年に一度のお祭りの前夜にお店をぬけだし、フランチェスコの家へいくことにしたのです! ゆかいで感動的なおもちゃたちの大冒険。(岩波紹介文より) 
− ベファーナおばさんの店、青矢号、フランチェスコ、駅長さんにはいい知恵がうかびません、スピッツにまかしておけ、出発!、はじめの停留所で黄いろグマが下車します、橋の上の警戒警報、バラ人形よさようなら、将軍の英雄的最後、おしゃべり銅像、座り飛行士の着陸、銀羽根酋長の計略、三人組のあやつり人形の心、フランチェスコのぼうけん、案内役のオートバイのり、半分ひげ船長が航海にのりだします、パステル箱のふしぎな物語、踏切番小屋二十七号、ベファーナおばさんはやりかたを心得ています、スピッツが死にたくなります、スピッツがほえることをおぼえます、友情とはなんでしょうか/訳者のことば
犬と五人の子どもたち
犬と五人の子どもたち
¥1,500 ルネ・レッジャーニ/杉浦明平・訳/マーゴット・トームズ・挿絵 岩波書店 岩波少年少女の本4 昭50 重版 函 
−第一部 ツーリと仲間、アザミくんのアイデア、アントニオのおもいつき、トム行方不明となる、オレステとアコーディオン、ぼろマント、指定の場所、トムが見つかる、貝がら、復讐、ぼろマントがからをぬぐ、出発/
第二部 十五番地の管理人、大デパート、どろぼう、取り調べ、アザミくんのアルバイト、アントニオの一日、友人は売りものではない、ぼろマント消えうせる、トム 俗っぽい牝犬と出あう、ぼろマントのレジスタンス、ちびっこシチリア楽団、速達郵便、サーカスで、アントニオが就職口を見つける、ツーリとヴァルリ氏のなやみ、掘りだしもの/
第三部 喝采、光栄、地獄の広間、あそびづかれ、恐怖、むすび/
訳者のことば −小学5・6年以上
フランス          
デブの国ノッポの国 −現代子ども図書館13
デブの国ノッポの国
¥2,000 アンドレ=モーロワ/辻昶・訳/池田龍雄・絵/沢辺寿一・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学習研究社(学研) 現代子ども図書館13 1974(昭49) 重版 函シミ、函背色褪せ 小口シミ カラー、モノクロ挿絵入 
−暮らしぶりも考えかたもまったくちがうデブの国とノッポの国が、ひどくばからしいことからおたがいにゆずらずに戦争をします。そして、デブ国は、二度めの戦争でまけましたが、デブ人たちの楽しい生きかたは、しだいにノッポ人たちに感染してゆき、しまいには、二つの国はひとつになって、地下連合王国をつくり、デブ人とノッポ人を差別しない、平和な国になりました。(あとがきより)  
−ドゥーブルさん一家、二そうの船、ノッポ港ゆき、デブ港ゆき、ノッポの国、ガツガツブー総理大臣、ドナリヤノッポ首相、メチャ港の会談、デブ国とノッポ国の二どめの戦争、デブ国のノッポ人、ノッポ国のデブ人、地上へかえる/
辻昶・あとがき「エスプリと風刺にとんだフランスの童話」/
沢辺寿一・読書のてびき「平和への願いをこめて」
あるきだした小さな木
あるきだした小さな木
¥500 テルマ=ボルクマン/シルビー=セリグ・絵/花輪莞爾訳 偕成社 フランスのどうわ 平6 重版 カバー 挿絵カラー
きらくな空の旅行者たち
きらくな空の旅行者たち
¥1,500 マルセル・レルム=ヴァルテール/山口とも子・訳/パトリス・アリスプ・挿絵 岩波書店 岩波ものがたりの本114 昭50 重版 函 
−あらしがはこんできたもの/ロザリイはどうしたのでしょう?/二枚の小さなつばさがひらく/教室のセバスチアン/ふしぎな物売りのおばさん/よい生徒はおことわり/大とりかごはからっぽになる/強情っぱりのほうき/エーホー、水夫よ!/ハトはとぶ!/ザカリイだけはだめ!/さらわれし子らの哀歌/鳥の病院/のんではだめ!/箱車は空にすいこまれてしまう/めまぐるしい旅/とべよ、わが心、とべよ/風に気をつけて!/クモの巣とコウモリ/夜の王子たち/ツバメよ、わが友/手におえないロザリイ/空中の洗礼/思いがけないひと/テッドのみたもの/魔術/美しいきまぐれなひと/北極星の方角をさして/何という鳥だろう!/二度とふたたび・・・/帰宅/エピローグ−屋根裏のお祝い/訳者のことば −小学3・4年以上
オランダ          
みんなの広場
みんなの広場
¥2,000 アン・ルッヘルス・ファンデル・ルフ/イエンニ・ダレンノールド・挿絵/熊倉美康・訳 岩波書店 昭45 重版 記名有  函背刺し穴有 付・日本のみなさんへ/訳者あとがき
洪水がやってきた
洪水がやってきた
¥1,500 マリウス・コルネルス・カペル/熊倉美康・訳/A・モーレナール・挿絵/永井潔・装幀 岩波書店 岩波少年少女の本23 昭48 初版 函 −1953年のゼーランド地方のデルタ地帯におこった大洪水をとりあげる
−すばらしい自転車旅行/あらしの夜/海がのぼってくる/みんなは、どこへ運ばれるのだろう?/助かったのだろうか?/干拓地のなかの漁船/うれしい再会/もうすこしのしんぼうだ/どろの砂漠/生きかえった島/訳者あとがき   −小学5・6年以上
海がおそってきた −現代子ども図書館19
海がおそってきた
¥1,500 アルタ=セイマー/河合三郎・訳/市川禎男・絵/西山健太郎・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学習研究社(学研) 現代子ども図書館19 1974(昭49) 重版 函シミ 小口シミ カラー、モノクロ挿絵入 −1953年にオランダを襲った大洪水に取材して書かれた物語。ごく平凡な農家の家族がいかにこの大洪水と戦い、生きぬいていったかが、迫力をもって語られています(あとがきより) 
−ぼうけんがしたいな、ていぼうがやぶれたぞ!、あっ アンナおばさんが!、波にさらわれた人びと、漁船がかけつけた、ゆうかんな犬レックス、リサがいない、ゆけレックス!、すくいの神ヘリコプター、「女王さまだよ」、ピーターはさがす、こんなとおくの病院に?、生きてたんだね、みんなで力をあわせて/
河合三郎・あとがき「事実に取材した勇気と隣人愛の物語」/
西山健太郎・読書のてびき「広い視野をもつ隣人愛」
あらしの前/あらしのあと 2冊揃
あらしの前/あらしのあと 2冊揃
¥3,000 ドラ・ド・ヨング/吉野源三郎・訳/ヤン・ホーウィ、寺島竜一・挿絵/寺島竜一・装幀 岩波書店 1969(昭44) 初版 2冊揃  函ヤケ、色褪せ 頁ヤケ、シミ 
−オランダの片いなかの「レヴェル・ランド」という邸にすんでいたお医者さん一家のナチスに占領された五年間のあらしの前とあと。   
−あらしの前(ヤン・ホーウィ・挿絵)−作者のまえがき/家じゅうの人、ヤン、ヴェルネル、ルト、ヤップ、ピーター・ピム、ミープからの手紙、サンタクロース、クリスマス、またルトのこと、ルトの病気、復活祭のお休み、戦争(13章)、訳者のことば/
あらしのあと(寺島竜一・挿絵 作者のまえがき、訳者のまえがき/戦争のあとで、意外なこと、パンケーキと卵、ピムの心配、古いトラックの旅、廃墟の町、昔の知り合い、幸福のみなもと、さあ がんばろう、どうぞ ほめないで、おかあさんの玉手箱、すばらしき日(12章)) −小学5・6年から中学生以上
あらしの前
あらしの前
¥1,500 ドラ・ド・ヨング/吉野源三郎・訳/ヤン・ホーウィ・挿絵/寺島竜一・装幀 岩波書店 昭60 重版 小口シミ 函 
−作者のまえがき/家じゅうの人、ヤン、ヴェルネル、ルト、ヤップ、ピーター・ピム、ミープからの手紙、サンタクロース、クリスマス、またルトのこと、ルトの病気、復活祭のお休み、戦争/訳者のことば
ベルギー          
エルクの日記
エルクの日記
¥1,500 A・ローズ(アン・ローズ)/清水真砂子・訳/喜多迅鷹・装幀、挿画 あかね書房  昭60 あかね世界の文学シリーズ
重版 カバー 
−ユダヤ人少女エルクは、ただひとり、ナチの軍靴がひびくベルギーから、アメリカへと旅立った。両親も、友だちも、なにもかも、祖国に残したまま・・・(袖文) 
1939年10月12日アントワープから1945年11月17日ニューヨークまで、自らの体験を基にした日記と書簡形式による物語
北欧
書名・書影 価格 著者、訳者、挿絵 出版社 発行年 状態、目次抄
スウェーデン          
やかまし村の子どもたち −リンドグレーン作品集4
やかまし村の子どもたち
¥1,000 アストリッド・リンドグレーン/大塚勇三訳、解説/イロン・ヴィークランド・挿絵 岩波書店 昭50 重版 函 
−やかまし村の子どもたち/男のきょうだいはやっかいなものです/いちばんたのしかった誕生日/たのしい誕生日(つづき)/学校が休みになります/カブラぬきと子ネコ/オッレが犬を手にいれた話/じぶんの動物はすてきですがおじいさんもいいものです/男の子には秘密がまもれません/ほし草のなかでねました/アンナとわたしの家出、あそび小屋をつくりました/まえにもいったとおり・・・男の子には秘密がまもれません/また学校がはじまります/わたしたちは変装しました/ものすごい吹雪/もうすぐクリスマスです/訳者のことば/
『リンドグレーン作品集』の作品について −小学3・4年以上
ミオよ わたしのミオ −リンドグレーン作品集別巻1
ミオよ わたしのミオ
¥1,000 アストリッド・リンドグレーン/イロン・ヴィークランド画/大塚勇三訳、解説 岩波書店 昭46 重版 函少汚函背少痛み有 小口、見返少ヤケシミ有 
−昼も夜も旅をつづけて、バラ園で、ミラミス、星は笛の根に気がつくだろうか?、夕暮れにささやく井戸、王子は『暗い森』をとおっていく、魔法にかけられた鳥たち、『死の森』で、いちばん黒い山のいちばんふかい洞穴、鉄の手、これほど危険な剣は見たことがない、ミオよ、わたしのミオ/訳者のことば
はるかな国の兄弟 −リンドグレーン作品集別巻6
はるかな国の兄弟 −リンドグレーン作品集別巻6
¥1,500 アストリッド・リンドグレーン/イロン・ヴィークランド・挿絵/大塚勇三・訳、解説 岩波書店 1980(昭和55)年 重版 函
ちびくんの冒険旅行 −現代子ども図書館10
ちびくんの冒険旅行
¥2,000 インガー=サンドベリ/木村由利子・訳/村上勉・絵/西山健太郎・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学習研究社(学研) 現代子ども図書館10 1976(昭51) 重版 函シミ 小口シミ カラー、モノクロ挿絵入 
−おちゃめで好奇心がつよくて、なんでも見てやろうとばかりに冒険旅行をする小人のちびくんの物語  
−おちゃめさんとヘリコプター、ちびくん町につく、ちびくんパイプのなかをいく、ごみ箱トロールのボロー、美容院のちびくん、映画館へ、印刷屋のちびくん、ちびくんふたたび空をとぶ、おちゃめ家ふるさとへ/
木村由利子・あとがき「北欧がうんだ楽しい空想物語」/
西山健太郎・読書のてびき「奔放で自由な世界にあそぶ楽しさ」
キツネの名たんてい −現代子ども図書館5
キツネの名たんてい
¥2,000 インゲマル=フィエール/塩谷太郎・訳/村上勉・絵/今村秀夫・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学習研究社(学研) 現代子ども図書館5 1976(昭51) 重版 函シミ 表紙シミ 小口シミ カラー、モノクロ挿絵入 
−ふかい森の中にある小さな町で、アナグマの雑貨店が怪盗におそわれるという事件がおこり、名探偵コンテイの出動ということになります。コンテイは、もともとくつやのせがれですが、商売がいやになり、通信教育で探偵術を学んで、探偵になったキツネです。(あとがきより) 
−たんてい大学のゆうとう生、アナグマのざっか屋、Xのなぞ、はじめてのお客さん、松葉省の役人、あつかましいひしょ、ボイラーからとびだしたふたり、ライラックへんそう法、いなくなった子ネコ、おばけやしき、ついせきするニシンだる、映画館ににげこんだどろぼう、二十七ばんめのサボテン、どろぼうのほらあな、あらわれでたガミリーおばさん、子どもたちのけいりゃく、もうひとつの入り口、Xの正体/
塩谷太郎・あとがき「ゆかいな動物探偵童話」/
今村秀夫・読書のてびき「健康なわらいと本の楽しさを」
デンマーク          
アンデルセン童話全集 別巻とも全6冊
アンデルセン童話全集 別巻とも全6冊
¥8,000 ハンス・クリスチャン・アンデルセン/高橋健二訳/エリアス・ブレスドーフ・別巻執筆/高橋洋一・別巻訳/V・ペデルセン、L・フレーリッヒ・挿絵/オーバーレンダー・口絵、カバー画、東山魁夷・口絵/ゲアハルト・オーバーレンダー・口絵、カバー画 小学館 昭58 重版 全6冊揃 函 函カバー端スレ有 4巻函カバー水ムレシミ有 別巻函カバー欠 小口シミ汚れ 
本編各巻口絵カラー挿絵(東山魁夷・デンマークスケッチ2図、オーバーレンダー・挿絵4図)  
−童話全156話を完訳 
1・(作品1から26 日本の読者に、訳者まえがき/火打ちばこ、小クラウスと大クラウス、えんどう豆の上にねたおひめさま、小さいイーダちゃんの花、親指ひめ、いたずらっ子、旅の道づれ、人魚ひめ、皇帝の新しい服、幸運のオーバーシューズ、ひなぎく、しっかりしたすずの兵隊さん、野の白鳥、楽園の庭、空飛ぶトランク、こうのとり、青銅のいのしし、友情のちかい、ホメロスのお墓のばら一輪、眠りの精オーレおじさん、ばらの花の妖精、ぶた飼い王子、そば、天使、よなきうぐいす、好きな人/高橋健二「アンデルセンの生涯1」「作品解説」) 
2・(作品27から66 みにくいあひるの子、もみの木、雪の女王、にわとこおばさん、かがり針、鐘、おばあさん、妖精のおか、赤いくつ、高とび選手、ひつじ飼いのむすめとえんとつそうじ屋さん、デンマーク人ホルガー、マッチ売りの少女、とりでの土手からの一場面、養老院のまどから、古い街頭、おとなりさん、ツックぼうや、影法師、古い家、水のしずく、しあわせな一家、あるお母さんの話、カラー、あま(亜麻)、不死鳥、ある物語、無言の本、「ちがいがあります」、古い墓石、世界で一ばん美しいばらの花、年の話、最後の日に、まったくほんとう!、白鳥の巣、上きげん、心からの悲しみ、みんなあるべきところに!、食料品屋のこびとの妖精、数千年後には/高橋健二「アンデルセンの生涯2」「作品解説」) 
3・(作品67から93 やなぎの木の下で、一つのさやからでた五つのえんどう豆、天国からの一枚の葉、役にたたなかった女、最後の真珠、ふたりのむすめ、海のはてでも、子ぶたの貯金ばこ、イブと小さいクリスティーネ、まぬけのハンス、栄光のいばらの道、ユダヤ人のむすめ、びんの首、賢者の石、ソーセージのくしのスープ、ひとり者のナイトキャップ、ひとかどのもの、年をとったかしの木の最後のゆめ、ABCの本、どろ沼の王さまのむすめ、かけっこ、鐘の淵、悪い王さま(伝説)、風がワルデマル・ドウとそのむすめたちのことを話します、パンをふんだむすめ、塔の番人オーレ、アンネ・リスベト/高橋健二「アンデルセンの生涯3」「作品解説」) 
4・(作品94から124 子どものおしゃべり、真珠のかざりひも、ペンとインキつぼ、墓の中の子ども、農家のおんどりと風見のおんどり、「美しい」、砂丘の物語、人形つかい、ふたりの兄弟、古い教会の鐘、郵便馬車できた十二人、まぐそこがね、お父ちゃんのすることはいつもまちがいない、雪だるま、あひる園で、新しい世紀のミューズ、氷ひめ、ちょうちょう、プシケ、かたつむりとばらの木、鬼火が町にいると沼のおばさんがいった、風車、銀貨、ベアグルムの司教とその同族、子どもべやで、金の宝、あらしが看板をうつす、お茶のポット、民謡の鳥、小さい緑のものたち、小妖精とおくさん/高橋健二「アンデルセンの生涯4」「作品解説」) 
5・(作品125から156 パイターとペーターとペーア、しまっておいたのはわすれたのではありません、門番の息子、引っこし日、夏ばかのまつゆきそう、おばさん、ひきがえる、名親の絵本、ぼろきれ、ベーン島とグレーン島、だれが一ばん幸福だったか、木の精、にわとりばあさんグレーテの一家、あざみのけいけんしたこと、うまい思いつき、幸運は一本の木ぎれの中に、ほうき星、週の七日、日光物語、ひいおじいさん、ろうそく、とうてい信じられないこと、家族中みんなのいったこと、「おどれ、おどれ、わたしのお人形さん!」、「アマーガーのやさい売り女にきくがよい」、大きなうみへび、庭師と領主、のみと教授、ヨハネおばあさんの話したこと、げんかんのかぎ、からだの不自由な子、歯いたおばさん/高橋健二「アンデルセンの生涯5」「作品解説」、アンデルセン年表、現代名と邦訳題名一覧) 
別巻・エリアス・ブレスドーフ(高橋洋一・訳)「アンデルセン生涯と作品」(第一部 アンデルセンの生涯、第二部 アンデルセンの童話/年表、参考文献、索引)
完訳アンデルセン童話集 コンパクト版全8冊
完訳アンデルセン童話集 コンパクト版全8冊
¥4,500 アンデルセン/高橋健二訳/V・ベーダーセン、L・フレーリッヒ(L・フレーリク)・挿絵/G・オーバーレンダー・カバー画 小学館 1989(平成1)年 重版 全8冊  カバー ヤケ、シミ有 帯
−アンデルセンが生涯に残した童話全156話を完訳 小学館刊「アンデルセン童話全集全5巻」を軽装の普及版にして各作品に成立の次第や関連項目について注釈をつける。
絵のない絵本
絵のない絵本
¥1,000 岩崎ちひろ・画/アンデルセン/山室静・訳 童心社 若い人の絵本シリーズ 1994(平6) 重版 裸本 表紙スレ 
−絵のない絵本(序章、第一夜から第三十三夜)/山室静「『絵のない絵本』の背景」
探偵キムと仲間たち
探偵キムと仲間たち
¥1,000 イエンス・K・ホルム/石渡利康・訳/ウルリーク・シュラム・挿絵 評論社 探偵キムシリーズ1 昭50 初版 新書版大 カバー 
フィンランド          
星のひとみ
星のひとみ
¥2,000 サカリアス・トペリウス/万沢まき・訳/丸木俊・絵 岩波書店 岩波おはなしの本 1965年(昭和40)年 初版 函ヤケ ヤケ、シミ有 12編
かぎのない箱 −フィンランドのたのしいお話
かぎのない箱 −フィンランドのたのしいお話
¥1,500 ジェイムズ・C・ボウマン、マージェリイ・ビアンコ・文/瀬田貞二・訳/寺島竜一・絵 岩波書店 岩波おはなしの本5 1974年(昭和49)年 重版 函欠裸本 小口ヤケ、シミ有 頁端痛み破れ有 7編
ソビエト・ロシア、他
書名・書影 価格 著者、訳者、挿絵 出版社 発行年 状態、目次抄
ソビエト・ロシア          
ほらふき船長航海記 −世界を笑いで
ほらふき船長航海記
¥1,000 A・ネクラーソフ/榊利夫・訳 理論社 ジュニア・ライブラリー 昭52 重版 カバー端痛み 記名有 −原題「ブルンゲリ船長の奇行」
ぼくとわんぱくミーシカ −現代子ども図書館12
ぼくとわんぱくミーシカ
¥1,500 ニコライ=ノーソフ/佐野朝子・訳/中谷千代子・絵/今村秀夫・読書のてびき/池田龍雄・装丁 学習研究社(学研) 現代子ども図書館12 1974(昭49) 重版 函痛み、シミ、背ヤケ 小口シミ汚れ有 カラー、モノクロ挿絵入  
−おかゆ/ドゥルジョーク/電話/モミの木/トントントン/かかし/
佐野朝子・あとがき「いきいきしたソビエトの生活童話」/
今村秀夫・読書のてびき「子どもの世界が息づくおもしろさ」
グルジア          
男の子とチカラ −グルジアの民話
男の子とチカラ
¥2,000 かんざわとらお(神沢乕夫)、小宮山量平/E・スラートワ、O・ワシーリェワ、E・アマシュケリ、G・メスヒシビリ、K・イグナートフ、G・オチアウリ・挿絵 理論社 カラー版愛蔵本 1973(昭48) 初版 函背痛み有 63ページ 26×21センチ  
−5編収録 
−男の子とチカラ(E・スラートワ、O・ワシーリェワ・挿絵)/
シズマラのゆめ(E・アマシュケリ・挿絵)/
おてんとうさまのむすめ(G・メスヒシビリ)/
チンチラカのちえ(K・イグナートフ・挿絵)/
火かきのケヤキ(G・オチアウリ・挿絵)
アジア
書名・書影 価格 著者、訳者、挿絵 出版社 発行年 状態、目次抄
中国          
チワンのにしき・太陽のむすめ −現代子ども図書館3
チワンのにしき・太陽のむすめ
¥2,000 中国・ソビエト民話/君島久子、田中かな子・訳/丸木俊・絵/水野寿美子・読書のてびき/池田龍雄・装丁/アラ=アフンドワ・作 学習研究社(学研) 現代子ども図書館3 1976(昭51) 重版 函シミ 小口シミ カラー、モノクロ挿絵入 
中国民話3篇、ソビエト民話4篇  
中国民話(君島久子・訳)−
チワンのにしき(蕭甘牛(ショウカンニュウ)編『銅鼓老父(トンクーラオチエ)』より)/
カエルの変身(賈芝(チィアチー)・孫剣冰(スンチエンピン)編『中国民間故事選』より)/
七人のきょうだい(董均倫(トンチュンルン)・江源(チャンユアン)編『找姑鳥(チャオクーニャオ)』より)  
ソビエト民話(田中かな子・訳)−
太陽のむすめ(ユ=ストリジェフスキー再話)/
星の子スールス(リジア=サラビヨワ再話)/
石油の王女(アラ=アフンドワ・作)/
メルゲンと森のなかまたち(セエム兄弟再話)/
君島久子、田中かな子・あとがき「人びとの夢がたくされた民話の世界」/
水野寿美子・読書のてびき「想像の世界にひめられた人びとのねがい」
月からきたトウヤーヤ
月からきたトウヤーヤ
¥1,500 肖甘牛(シャオカンニュウ)/君島久子訳/太田大八・絵 岩波書店 1969(昭44) 初版 函 小口シミ 口絵カラー挿絵 
−中国チワン族の民話を題材とした童話 −山里でわらじを編んで暮らす「わらじおばあさん」の所へ,ある十五夜の晩,月の中のヒツジ飼いのおじいさんがウサギに乗って,わらじの注文にきました.お礼にくれた物は,トウモロコシの種.その種から生まれたトウヤーヤの活躍は….中国チワン族に伝わる民話を素材にした,幻想的でたのしいお話(岩波・紹介文より)
2部17章 −三つのかわいいたからもの、白ひげ老人月からおりてくる、一つぶのたねをまく、ウサギぼうやのトウヤーヤ、ふしぎなウサギをおいかけて、力をあわせてもうじゅうとたたかう、なぞなぞ あてよ、金の鳥がなく/おろかな大臣たち、おひゃくしょうがあてる、ヤナギはかれた、金の鳥が王女にないた、金の鳥王さまの手に、わたひめお城へのりこむ、わらじおばさんもお城へ、花ぞのをぬけだす、一家はかごの中に/訳者あとがき
朝鮮半島          
金剛山の虎退治(クムガンサンの虎退治)−朝鮮の民話3
金剛山の虎退治(クムガンサンの虎退治)
¥2,000 松谷みよ子・瀬川拓男・再話/梶山俊夫・絵 太平出版社 1973(昭48) 重版 函背ヤケ色褪せ 
13編収録 
−フンブとノルブ/にれの木の誓い/山人蔘(にんじん)とり/悪魔の仇討ち/鉄を食う化けもの/末世(まるせ)の怪物/欲ばり長者/山を運んだ九ひきの龍/楽浪(らくらん)の太鼓とラッパ/鳥追いの歌/乞食か仙人か/虎は死んでも/金剛山(クムガンサン)の虎退治/
瀬川拓男「朝鮮民話のリアリズム−あとがきに代えて」
昔話・アンソロジー
書名・書影 価格 著者、編者、訳者、挿絵 出版社 発行年 状態、目次抄
メルヒェン12ヵ月全12冊揃
メルヒェン12ヵ月全12冊揃
¥10,000 L・テッツナー(リザ・テッツナー、リザ・テツナー)・編/アン・アンデルス・挿絵選択/飯豊道男・訳 未来社 1987(昭62)から 初版 函背色褪せ 函スレ、シミ有 小口シミ 
世界でもっとも美しい365日と1日のためのメルヒェン 挿絵有 
−世界各国、民族のメルヒェンを一日一話、さらに最後に「口つぐめ」の一話を添えて収録
グリム童話全集−子どもと家庭のメルヒェン 全3冊
グリム童話全集−子どもと家庭のメルヒェン 全3冊
¥4,000 グリム兄弟・編/高橋健二・訳/ルートヴィッヒ・デーネッケ・監修/リヒター、ウッベローデ、シュペクター・挿絵/オーバーレンダー・口絵、カバー画 小学館 昭55 重版 全3冊揃 函 函カバー水ムレ痛み有 小口シミ汚れ 
各巻口絵カラー挿絵8頁(オーバーレンダー・画) 
−全211作品を完訳(含む「子どもの聖者伝説」10編 付・番外1編「長ぐつをはいた雄ねこ」 
1・(作品1から56 付・番外1編 日本の読者に、訳者まえがき/かえるの王さま または鉄のハインリヒ、ねことねずみのともぐらし、マリアの子ども、こわがることを習いに旅に出た男の話、おおかみと七ひきの子やぎ、忠実なヨハネス、うまいとりひき、ふしぎなバイオリンひき、十二人の兄弟、ならずもの、兄さんと妹、ちしゃ、森の中の三人のこびと、糸をつむぐ三人の女、ヘンゼルとグレーテル、三まいのへびの葉、白いへび、麦わらと炭と豆、漁夫とその妻、勇ましいちびの仕立屋さん、灰かぶり、なぞ、はつかねずみと小鳥と焼きソーセージ、ホレおばさん、七わのからす、赤ずきん、ブレーメンの町の楽隊、歌う骨、金の毛が三本あるおに、しらみとノのみ、手なしむすめ、りこうなハンス、三つのことば、かしこいエルゼ、天国の仕立屋、「テーブルよ、食事の用意」と「金貨をはきだすろば」と「こん棒よ、ふくろから」、親指小僧、きつねおくさまの婚礼、こびと、盗賊のおむこさん、コルベスどの、名づけ親さん、トルーデおばさん、名づけ親になった死に神、親指小僧の旅かせぎ、フイッチヤーの鳥、ねずの木の話、老犬ズルタン、六わの白鳥、いばらひめ、めっけどり、つぐみのひげの王さま、白雪ひめ、はいのうと帽子と角ぶえ、がたがたの竹馬小僧、恋人ローラント、長ぐつをはいた雄ねこ/高橋健二「グリム童話集について」) 
2・(作品57から120 金の鳥、犬とすずめ、フリーダーとカーターリースヒェン、ふたりの兄弟、小百姓、みつばちの女王、三まいの羽、金のがちょう、千まい皮、小うさぎのおよめさん、十二人の猟師、ぺてん師とその師匠、ヨリンデとヨリンゲル、三人の幸運児、六人男世界じゅうを歩く、おおかみと人間、おおかみときつね、きつねとおばさん、きつねとねこ、なでしこ、かしこいグレーテル、年とった祖父とまご、水の魔女、めんどりの死、のんきもの、道楽ハンスル、運のいいハンス、ハンスのよめとり、金の子どもら、きつねとがちょうたち、貧乏人とお金持ち、歌ってはねるひばり、がちょう番のむすめ、若い大男、土の中のこびと、金の山の王さま、からす、かしこい百姓むすめ、ヒルデブラントおやじ、三ばの小鳥、命の水、もの知りはかせ、ガラスびんの中のおばけ、悪魔のすすだらけの兄弟ぶん、くまの皮男、みそさざいとくま、おいしいおかゆ、かしこい人たち、へびの話、かわいそうな粉屋の若者と小ねこ、ふたりの旅職人、ハンスはりねずみぼうや、きょうかたびら、いばらの中のユダヤ人、うでききの猟師、天国のからざお、王さまのふたりの子ども、かしこいちびの仕立屋、明るいお天とさまが明るみに出す、青いランプ、わがままな子ども、三人の軍医、七人のシュワーベン男子、三人の職人/「グリム兄弟の一生」) 
3・(作品121から211 何もこわがらない王子、キャベツろば、森の中のばあさん、三人兄弟、悪魔とそのおばあさん、しょうじきフェレナントと腹黒フェレナント、鉄のストーブ、ものぐさな糸くり女、うでききの四人兄弟、一つ目二つ目三つ目、きれいなカトリネリェとピフ・パフ・ポルトリー、きつねと馬、おどってすりきれたくつ、六人の家来、白いはなよめと黒いはなよめ、鉄のハンス、三人の黒いおひめさま、クノイストと三人のむすこ、ブラーケルのむすめ、下男、小ひつじと小さい魚、ジメリ山、旅に出る、小さいろば、恩知らずのむすこ、かぶら、焼かれて若がえった小男、神様のけだものと悪魔のけだもの、うつばり、こじきばあさん、三人のものぐさ、十二人のものぐさ下男、ひつじ飼いの男の子、星の銀貨、くすねた銅貨、よめえらび、糸くず、すずめと四わの子すずめ、のらくらものの国の話、ディートマルシュのほら話、なぞなぞ話、ゆきしろとばらべに、かしこい下男、ガラスのひつぎ、ものぐさハインツ、怪鳥グライフ、力持ちのハンス、天国のお百姓、やせっぽちのリーゼ、森の家、苦楽をともに、みそさざい、かれい、さんかのごいとやつがしら、ふくろう、お月さま、寿命、死に神の使い、プフリーム親方、いずみのそばのがちょう番の女、エバのまちまちな子どもたち、池の中の水の精、こびとのおくりもの、大男と仕立屋、くぎ、はかの中のかわいそうな男の子、ほんとのはなよめ、うさぎとはりねずみ、つむとおさと針、百姓と悪魔、食卓の上のパンくず、あめふらし、どろぼうの名人、たいこたたき、麦の穂、土まんじゅう、リンクランクじいさん、水晶の玉、マレーンひめ、水牛の皮の長ぐつ、金のかぎ、子どもの聖者伝説(森の中の聖ヨーゼフさま、十二使徒、ばら、貧乏とつつましい心は天国に通じる、神さまのごちそう、三本の緑の小えだ、聖母のおさかずき、おばあさん、天国の婚礼、はしばみのえだ)/「子どもと家庭とのメルヒェン」の初版本序文、ベッティーナ・フォン・アルニム夫人にささげることば/グリム兄弟年表、グリム兄弟生前の諸版、メルヒェンの主要な出所、原本題名と邦訳題名入り索引)

ご注文方法他

ご注文は、できましたらメール、ファクシミリ、葉書にてお願いいたします。メールは、 へご送信ください。携帯電話からのメールは、パソコンから送信されるメールが受信できる設定にしてください。電話でもお受けいたしますが、一人でやっているため留守がちにしており つながりにくく、電話でのご連絡や、「お急ぎ」のご要望には失礼することも多くございます。申し訳ございませんが何卒ご了承下さい。ご注文の際は お名前、ご住所、お電話番号、ご注文の本の書名、金額 を明記してください。

ご注文をいただきましたら在庫の有無と送料、ご送金方法などをお知らせするメールをさしあげます。原則として先払い、代金引換、PayPal(ペイパル)を通してのクレジットカード決済にて承ります。恐れ入りますが振込手数料はご負担下さい。

取扱金融機関は 郵便振替(ゆうちょ銀行当座預金口座)です。

通常の送料は日本国内164円から1000円です。同時に複数点ご注文いただき同梱包で発送する場合は、そのうち最も高く設定された送料のみ頂戴いたします。(送料500円+300円→500円、300+300+300→300円)

代金引換でのご送付の際、大きな荷物や、金額が大きい場合はメール、電話等で確認の連絡をする場合があります。

クレジットでのお支払いを希望される方は注文時にお書き添え下さい。クレジットの手続きはPayPal(ペイパル)を通して行います。

PayPal(ペイパル)ロゴマーク Paypal会員でなくても VISA(ビザカード)・MasterCard(マスターカード)・JCBカード(ジェーシービーカード)・American Express(アメリカン・エキスプレス)のカードにてお支払いいただけます。お客様がペイパルのアカウントを取る必要はありません。また、当方にクレジットカード情報が伝えられることはありません。

公費注文も承ります。ご担当者名、必要書類、書式を併せてお知らせください。

海外へのご送本も承ります。PayPalを通してのクレジットカードをご利用ください。日本に銀行口座をお持ちの場合は銀行振込もご利用ください。海外への発送は日本郵便のEMS、国際e-パケット、国際e-パケットライト、またはヤマト運輸国際宅急便を利用いたします。原則として書留付にて承ります。送料・書留代金は実費を頂戴します。ご相談ください。

About overseas shipment
International shipping available.Please contact me.You can use only PayPal.Shipping fee / registered fee will be charged actual expenses.You can choose the shipping method from the following methods.Japan Post EMS shippment, international e-packet, international e-packet light, Yamato Transport international takkyubin (home delivery service).I recommend that you attach registered number.

目録掲載品は1点限りです。随時更新しておりますが 万一 品切れの際は 何卒ご容赦ください。(線の引いてある本は売約済み、または確認中の本です。)カバー、帯、函など基本的には、それがある場合のみ、その旨表記しております。表記していないときはそれが無い状態です。何卒ご承知おきください。

苔花堂書店(たいかどうしょてん)
168−0061 東京都杉並区大宮1−22−75
月見荘3号室
メールアドレス huruhon@taikado.jp 
電話・ファクシミリ 03−3315−8978
月曜日・祝祭日定休。
その他も留守にしてる事が多く失礼することも多くございます。
お電話、お急ぎのファクシミリ、ご来店の際は何卒ご承知おきください。
通信販売のみの営業です。
東京都公安委員会古物商許可番号 308899803776号
東京都古書籍商業協同組合加盟

2011年3月11日に発生した東北地方の地震で被災された方、震災の影響を受けておられる方、お身内・お知り合いについて心痛めていらっしゃる方々へ蔭ながらお見舞いと、ご無事をお祈り申し上げます。時間はかかるとは思いますが、心身の安定、生活の落ち着きを取り戻せるよう願っております。古本など、不要不急の品ですが、どなたにとっても、幾ばくかでも心のハリとなりますことを願います。  苔花堂書店 五本木広子